微熱 続く 血液 検査 異常 なし。 微熱が続く母が心配

微熱が3か月以上続いています。

微熱 続く 血液 検査 異常 なし

帝京大学ちば総合医療センター第三内科(血液・リウマチ)講師の萩野 昇先生の教育講演が10月3日にありました。 演題名は「不明熱・不明炎症へのアプローチ~リウマチ科医の視点から~」です。 不明熱とは、大雑把に言うと原因がなかなか判らない発熱と言うことです(最終的には原因が明らかになる場合が殆どなのですが)。 以下の内容が記憶に残りました。 「血液検査だけでは診断できない」不明熱には次のような疾患があるとのことです。 血管炎(結節性多発動脈炎、高安動脈炎、巨細胞性動脈炎)、リウマチ性多発筋痛症、成人Still病、再発性多発軟骨炎、ベーチェット病、炎症性腸疾患、サルコイドーシス、周期性発熱症候群、IgG4関連疾患。 また発熱患者さんの炎症反応は陽性であることが多いのですが、「炎症反応陰性」の不明熱もあり、(先生の)個人的リストは以下のとおりです。 未確認の自己炎症症候群、ベーチェット病(の一部)、Q熱、ライム病、ある種の結合織病(エーレス-ダンロス症候群の一部)。 さらに不明熱の原因疾患に、リンパ腫と気付けないリンパ腫があることを知りました。 そのリンパ腫の特徴は、 ・リンパ節腫脹がない ・リンパ節の検査をしても腫瘍細胞が認められない ・リンパ節腫脹が自然経過や治療修飾で退縮してしまう であり、肝臓や脾臓の組織検査で初めて診断がつくそうです。 発熱患者さんの発熱の原因を毎回「正しく」診断できているかと言うと、自信がありません。 症状の経過 身体所見 血液・尿検査 画像検査などで原因を絞り込んでいくのですが、上記のような疾患を想起できなければ真の原因を見逃す可能性があります。 たとえ抗生物質を使って熱が下がったとしても、抗生物質が効果のある細菌性感染症だとは言い切れません。 講演会で挙げられた不明熱の原因疾患は経験することが稀な疾患が多いので、疾患の全体像を常に繰り返し学習しておく必要があります。

次の

Vol.61 微熱がずっと続いています。病院では問題ないと言われたのですが…【40歳からのからだ塾WEB版】

微熱 続く 血液 検査 異常 なし

こんにちわ。 長くなりますがお願いします。 去年の夏に、 ・突然手足に力が入らなくなり 立ってるのがやっとで、 一人では歩けなくて 誰かに寄りかかりながら歩いてました。 ・少し動くだけで息切れ、動機 ・体がだるい 病院に行くと 甲状腺が腫れていると言われ エコー、血液検査をしました。 血液検査は異常なし。 エコーでは服甲状腺に影が見えるが 悪いものではないから大丈夫と言われました。 ですが、少し気になるので 2カ月後に来てください。 と言われたんですが 2カ月後には体調も良くなってて 仕事も普通に行けてたんで 病院には行かずに過ごしてました。 そして今年の3月末ぐらいから また急に手足に力が入らなくなりました。 病院に行くと やはり同じ事を言われました。 ・甲状腺は腫れてる ・服甲状腺に影がある ・血液検査は異常なし そして、やはり影が気になるので 次は3カ月後に来てくださいと言われました。 去年の夏程ではないですし ほっとけばまた良くなるかなとも思うんですが いつまで続くか分からないですし 良くなったとしても また急に... と思うと不安です。 ・吐き気とまではいかないんですが たまに気持ち悪くなります。 仕事自体は行けてるんですが やはり、仕事をしていると しんどくなり早退さしてもらってます。 足に力が入らないので 仕事のスピードが大分落ちてます。 融通の効く仕事場で助かってますが 迷惑をかけているのには変わりません。 なので、何か知ってる人がいれば教えてください。 最後まで読んで頂き有難うございます。 よろしくお願いします! Q 以前に疲れやすい、ということで内分泌系の内科にかかり、検査をしました。 まず触診を受け、喉を触り「つばを飲んでみて」と言われたのでごくっと飲むと、「ああ、腫れていますね」と言われました。 その後血液検査とエコー(首の周りを含む)をしましたが、血液検査では問題はなく、正常範囲でした。 結果、エコーと触診において「甲状腺の腫れが診える」ということでした。 私は血液検査上では問題がなかったので「よかったー」と声を漏らしたのですが「でも、腫れていますからね・・」と言われました。 その後、内分泌専門外の先生にかかってしまい、詳しい話が聞けず、数値的に問題がないから大丈夫と言われましたが、「血液検査で異常はないが、腫れている」ということが何を示すのか、知りたくなってきました。 また、最近耳鼻科にかかったのですが、喉の触診をする際に、ただ喉を触るだけのお医者さんと「ごくっとつばを飲んで」とおっしゃるお医者さんがいます。 「ごくっと飲んで」というのは、触診で若干の腫れを感じるからでしょうか?「ごくっと飲んで」とおっしゃった先生は、触診後にちょっと腫れているなぁという雰囲気で言われたような気がしました。 あいまいな質問ですが、よろしくお願いいたします。 以前に疲れやすい、ということで内分泌系の内科にかかり、検査をしました。 まず触診を受け、喉を触り「つばを飲んでみて」と言われたのでごくっと飲むと、「ああ、腫れていますね」と言われました。 その後血液検査とエコー(首の周りを含む)をしましたが、血液検査では問題はなく、正常範囲でした。 結果、エコーと触診において「甲状腺の腫れが診える」ということでした。 私は血液検査上では問題がなかったので「よかったー」と声を漏らしたのですが「でも、腫れていますからね・・」と言われました。 その後、内... A ベストアンサー 血液検査では恐らく甲状腺機能を評価されたものと推察します。 甲状腺の大きさには、もともとかなり個人差があります。 ただ大きいだけということもあります。 また、超音波検査で良く見つかるものに、結節性甲状腺腫があります。 これは甲状腺の一部が結節状に固くなったもので、特に悪いものではありません。 大小の差はあれ、10人に1人くらいにはあります。 かかった先の病院での診断がどのようなものか分かりませんが、超音波検査と採血のみでも良性・悪性の判断はかなり正確にできます。 診断名は聞かれましたか? 問題ないとして判断されたのであれば、また定期的にチェックされるのであれば特に問題ないのではと思います。 「ごくっとつばを飲んで」と言う医師、言わない医師がいたとのことですが…。 一口に医師と言っても、診察のやり方は必ずしも同じではありません。 つばを飲み込ませないから充分な触診ができていないということもありませんよ。 Q 今年4月に母と医者に指摘され甲状腺が腫れていることに気がつきました。 その時に血液検査を行ったのですが異常なしとのことでしたが、その頃から体調が安定せずに学校を休みがちになってしまいました。 主な症状です。 毎日あるわけではありません。 ・手の震え・・・手の甲を上にして差し出すと指が震えます。 ・腹痛・・・下痢と便秘の繰り返しです。 毎日あります。 ・だるい・・・頻繁にあります。 ・汗がすごい・・・登校するだけで首に汗がびっしょり。 周りの子にも驚かれるほど・・・。 ・イライラ・・・反抗期なのか分かりませんが些細なことでもイライラします。 ・やる気が起きない・・・好きなことでも長く続かなかったりします。 ・生理不順?・・・一時期1ヶ月に2回きたことがありました。 元々4日~5日で終わります。 他には夏バテからかもしれませんが、食欲がなくなりました。 2月頃から喉に痰がずっと絡んでます。 声が裏返ったりします。 咳はありません 私は腕を上げると脈が消える体質らしくその影響で肩こり、頭痛があると言われました。 詳しい名前は忘れてしまいました) 頭痛はそれからのようですが、気になります・・・。 受験生、今月下旬に体育祭と学校を休むわけには行きません。 しかし、頭痛がひどかったりして遅刻や欠席が増えてしまいました。 親にも「また休むの」と言われてしまうほどです。 血液検査で異常がなくても甲状腺の病気の疑いはあるのでしょうか。 やはりもう一度血液検査をした方が良いのでしょうか。 宜しくお願いします。 今年4月に母と医者に指摘され甲状腺が腫れていることに気がつきました。 その時に血液検査を行ったのですが異常なしとのことでしたが、その頃から体調が安定せずに学校を休みがちになってしまいました。 主な症状です。 毎日あるわけではありません。 ・手の震え・・・手の甲を上にして差し出すと指が震えます。 ・腹痛・・・下痢と便秘の繰り返しです。 毎日あります。 ・だるい・・・頻繁にあります。 ・汗がすごい・・・登校するだけで首に汗がびっしょり。 甲状腺の専門病院で一度は診療を受けてみてはいかがですか? 甲状腺の血液検査も項目は多数あります。 甲状腺ホルモン(FT3, FT4 濃度の他に 甲状腺刺激ホルモン(TSH 濃度、抗サイログロブリン抗体、抗甲状腺ペルオキシターゼ(マイクロゾーム)抗体の測定 は、 すべてなさっていますか? FT3,FT4 が 正常な範囲であっても、 TSHが正常からずれている状態も良くあります。 ito-hospital. kanaji. kuma-h. 病院のサイトに 甲状腺関係の疾病について詳しい解説がありますので一読なさることをお勧め致します。 血液検査の数値と自覚症状が 必ずしも一致しないというのが、甲状腺関係疾患を持っている方々のコミュで良く言われている事柄です。 その事を理解して下さる医師を見つけ出すことが 一苦労だとも。 普段は遠方までの通院が困難だとしても、専門医による正確な診療を一度は受けた方が望ましいと思います。 甲状腺学会の専門医リストをリンクしておきます。 umin. umin. 甲状腺の専門病院で一度は診療を受けてみてはいかがですか? 甲状腺の血液検査も項目は多数あります。 甲状腺ホルモン(FT3, FT4 濃度の他に 甲状腺刺激ホルモン(TSH 濃度、抗サイログロブリン抗体、抗甲状腺ペルオキシターゼ(マイクロゾーム)抗体の測定 は、 すべてなさっていますか? FT3,FT4 が 正常な範囲であっても、 TSHが正常からずれている状態も良くあります。 ito-hospit...

次の

【悪性リンパ腫】なぜ?血液検査で異常なし!他の症状についても記録

微熱 続く 血液 検査 異常 なし

ストレス性には高熱タイプと微熱タイプがある 精神的ストレスで熱が出ることがあります。 (1)高熱が出る場合 精神活動(授業に出る、仕事をする、人に会う、極度に緊張する、けんかするなど)に伴って高熱が出ることがあります。 これは小児によくみられるタイプですぐ解熱しますが、ストレスの原因を解決しないと何度でも繰り返すことがあります。 微熱はしばしば頭痛、倦怠感などの身体症状を伴います。 またストレスの原因が解決した後もしばらく続くことがあります。 ストレスによる熱は、かぜなどによる発熱とは起こりかたが違う かぜなどによる発熱は炎症をともなう かぜを引いたときの発熱は、ウイルス感染によって生じた炎症が信号となり、脳が交感神経と筋肉に命令して体温を上げ、ウイルスをやっつけやすくする反応です。 この時の信号として働くのが、炎症性サイトカインとプロスタグランジンE2 PGE2 とよばれる物質です。 かぜを引いたときにのむ漢方薬の葛根湯はサイトカインの産生を抑えることで、また解熱薬はPGE2の産生を抑えることで解熱作用を発揮します。 ストレス性の熱には解熱剤が効かない その一方で、精神的なストレス状況でも、ストレスに対処するために交感神経の働きが活発になり、体温が上がります。 両者は体温が上がるという点では同じですが、ストレス性の場合、サイトカインとPGE2は関与しないので、病院で血液検査をしても異常(炎症反応)はみられず、かぜ薬や解熱薬など炎症を抑える薬を飲んでも、熱は下がらないのです。 私は「ストレス性高体温症」と呼ぶ方がよいと考えています。 病院では「異常なし」と言われることも多い お医者さんは、まず器質的疾患をさがす 発熱をともなう病気にはいろいろなものがあります。 感染症、自己免疫疾患、悪性腫瘍などなど(体のどこかに悪い場所があるので「器質的疾患」といいます)。 これらの病気は手遅れになると、命にかかわることがあるので、病院の先生は、器質的疾患がないか、画像検査(CTなど)をすることもあります。 また血液検査をして炎症反応に特徴的なマーカーの有無を調べたり、甲状腺機能亢進症など代謝が亢進する病気でも体温が上がるので、これらのホルモンの値も調べるでしょう。 このような検査を駆使しても異常が見られないときに、担当の先生は「何も異常がありません」と説明することがあります。 担当の先生は、器質的疾患はないと説明することで患者さんを安心させようとしているのです。

次の