ブランドン クラーク。 ブランドン・ラウス

17歳の人気インスタグラマー殺害事件、容疑者が無罪主張

ブランドン クラーク

ブランドン・クラークとグリズリーズ サマーリーグのMVPはグリズリーズのブランドン・クラーク。 これまで誰もおススメしてくれなかったビッグマンが獲得しましたが、まぁサマーリーグは主力が休むのも日常茶飯事。 その中で勝ち上がったチームから選ばれる感じなので、スターへの登竜門とかではありません。 クラーク自身も途中からチームに加わったわけでして、グリズリーズがチームとして勝ち取ったような賞だったりもします。 渡邊雄太が出ていた時は観ていましたが、その後でグレイソン・アレンなんかも加わって良い戦力になっていました。 そんな事情もあってのクラークのMVPですが、渡邊雄太のチームメイトであり、なんだか近しい存在にも思えてきますし、八村がエースとして引っ張ったゴンザガのチームメイトだけに、「八村はもっとやれるかも」と期待もしたくなります。 セカンドチームに選ばれた八村とMVPのクラーク。 そして渡邊とグリズリーズ。 そんなことをざっくばらんに書いていきましょう。 でも、その前にドラフトコンバインの数字から身体的な特徴を捉えておきます。 最大の特徴はブロックでしたが、身長が6-7しかないクラークのウイングスパンは6-8・・・いや、身長通りじゃないか。 ってことで、見た目は腕の長さを有効利用している様子ですが、決してそんなことはないようです。 なお、サイズ的には八村と同じくらい(八村はドラフトコンバインに参加していないから詳細不明)のため、インサイドのビッグマンとして八村も通用する気がしてきます。 なお、クラークも八村も登録はSFです。 クラークのスタンディングジャンプは34インチで、コンバイン参加者で3位と非常に優秀。 そしてレーンアジリティは10.61秒で8位とこちらもビッグマン役ならば非常に優秀です。 これは例えばセルティックスのカーセン・エドワーズで10.53(6位)なので、クラークはガード並みのアジリティも備えていることになります。 つまりクラークはビッグマン的な役割を担っていますが、 「ガード並みのジャンプ力・アジリティを備えたスモールタイプのビッグマン」ということになります。 これを踏まえてハイライトを観てみましょう。 ということで、スモールのビッグマンとしてスピードのミスマッチを有効利用できているシーンが目立ちます。 少しのズレがあればリングにアタックできてしまうし、ゴール下に侵入してからもガード並みのジャンプ力でサイズの不利を補えています。 まぁそんなにサイズの不利ってのもないのだけど。 八村については「ショートレンジの正確性が利点だけど、その反面でゴール下にアタックできていない。 シュートが決まるかどうか判断事項になっている」という評価なのですが、まぁもちろんシュートが決まっているから良いわけです。 それに対してクラークの方はそのスピード差でリングにアタックできているという面白さ。 どちらが優れているとかではないのですが、最近のNBAらしさはクラークの方が発揮できそうって事です。 ただし、その前提になっている3Pについては、セットする位置が低いなど課題もあるので、シーズンで活躍するためにはスキルレベルを向上させないといけません。 その点では八村の方が優れていると思います。 その前もまたスパーズなので、安心と信頼のスパーズブランドですが、ここまで行くとスパーズの派生ブランドみたいになっています。 実際、ブーデンフォルツァーは3Pを積極的に導入するし、戦術は優れているけどポポビッチらしさはないしね。 さて、渡邊雄太には朗報になっている新HCのオフェンスでは両ウイングにシューター的な役割を強めながら、ハンドラーとビッグマンのコンビでピックプレーから崩していく流れがあります。 これが偏りまくるとハーデンですが、偏っていない理由はビッグマンの役割にあります。 サマーリーグ序盤でその役割を担当したのが渡邊。 単にピック役になるのではなく、ボールプッシュしたり、ワイドにパスを振ったり、起点としてボールキープしたりと「ビッグマンに器用さを求める」タイプのHCみたいです。 元々、グリズリーズはモーラントとジェイレン・ジャクソンのコンビを想定していると思われ、シーズンでも使えそうな形を模索していると予想されます。 それがビッグマンとしてはイマイチだけど、プレーの幅って意味ではビッグマンとしては優れている渡邊にハマっていました。 大学時代はガードの渡邊なのでプレーメイクに参加できる利点がありつつ、ウイングに回ってもシューター役をこなせます。 シューターと言っても動き回るのではなくスポットシューターなので。 このシステムの良さは両ウイングに大きく開いた上に、ビッグマンがトップの位置に出てくるのでインサイドが大きく空くことです。 コンリー&ガソルでも同じような形だったのですが、両ウイングがシューターじゃなかったし、ガソルがスピードなかった。 その意味では渡辺の課題はスピードで振り切るドライブが出来なかったこと。 そしてクラークが優れていたのは、空いたインサイドへの突破力。 これがMVP獲得の最大の理由だったと思います。 クラークの得点はキャッチ&シュートとそのフェイクからのドライブ、そしてピックからの合わせであり、プルアップ系のエースムーブはほぼありませんでした。 これがインサイドが混んでいるチームだと高さ負けするでしょうし、ウイングの仕掛けが多いチームだと、インサイドのフィニッシュに顔を出すのが難しかったと思います。 渡邊に適していた役割を、大きく上回る回答で埋めたクラーク。 ジェイレン・ジャクソンがそんなにスピードで振り切るタイプじゃないだけに、クラークの存在は変化もついて面白そうです。 新HC就任により、サマーリーグ序盤で結果を残した渡邊でしたが、それを上回るクラークの活躍ぶりは、ちょっと辛いものがあるのでした。 長かったね。 長かったよ。 トーナメントを減らしてリーグを長くした感じでしたが、そこに馬場や比江島のチャンスもあったのだからポジティブなのでしょう。 グリズリーズ単体で観ても、前半と後半でメンバーに変化があったし、途中でトレードもあったし。 多くの選手を色々な形で試せるのならば、ロスター枠も柔軟にしながら次年度に繋がりそうです。 ファイナルで負けたとはいえ、ウルブズも変化を感じたチームでした。 予想通りのディフェンスやルーズボールみたいなメンバーを強めたい様子で、そこにネッツのACだったプリジオーニが3Pを強気に打たせていくような雰囲気でした。 意外とサマーリーグの方が戦術的だったりします。 それはシーズンに比べて相手が対策なんかしてこない事や、準備期間が短いのでプレーパターンが少ないからこそ、同じプレーが色濃く出てくるからだとも思います。 またドラフト1巡目の期待株でもなければ、ロスターに残るのが大変なわけで多少の活躍をしたところで「戦術に適していなければ意味がない」とも判断されるからかもしれません。 ロスター15人目の選手が戦術理解に乏しいとか意味ないよね。 昨シーズンのサンズはココスコフによるしっかりとしたオフェンスシステムが色濃く出ており、それがシーズンになるとミスのオンパレードになったし、逆にホークスはここで作り始めた形をシーズンで深めていきました。 グリズリーズとウルブズがどっちに転ぶのかはわからないけど、新しい色を求めるチームだけに、その傾向が強かった気がします。 同時にチャンスを掴みたい若手のパワーに溢れていたね。

次の

ブランドン・ラウス

ブランドン クラーク

この時、クラークは「3番でも4番でもプレイできる」と、フォワードの双方のポジションをこなせると話している。 「5番をやることもできるよ。 何よりも、(自分の役割は)ディフェンスから始まる。 自分はブロックできるし、コート上のだれであってもガードできる。 ペイント内でもね。 ショットも良くなってきている。 チームの勝利を助けるためにやることはたくさんあるだろう」。 つまり、グリズリーズにおけるクラークのポジションとは、シンプルなものだ。 試合に勝つ助けとなるために必要とされるところならどこでも、ということである。 グリズリーズのロスターで最も興味深い選手として、クラークは10月1日(日本時間2日)からNBAで初めてのトレーニングキャンプに臨む。 ドラフト全体2位でジャ・モラントを指名し、昨季オールルーキーに選ばれたジャレン・ジャクソンJr. もいるグリズリーズは、高みを目指している。 クラークは7月のMGM Resortsサマーリーグでグリズリーズを優勝に導き、MVPに選出された。 6試合で1試合平均14. 7得点、9. 8リバウンド、2. 0アシスト、1. 8ブロックを記録したクラークは」本当に良かったと思う」と振り返る。 「もちろん、より速い。 でも、本当にフィットするのは問題ないよ。 そういう(NBAレベルの)スピードにもかなりうまく適応していける。 もちろん、相手はみんなより大きいから、自分もより大きくならなければいけない。 (NBA入りしてから)肉体を変えた選手もたくさんいる。 その点は本当にナーバスになっていない。 より大きな選手たちと対戦し、より良い競争ができるのが本当に待ち遠しいよ」。 運動能力があり、効率的で守備もできるクラークは昨季、フィールドゴール成功率やブロック数でNCAAをけん引した。 それらはNBAレベルにもうまく出せていけるはずだ。 1年目のテイラー・ジェンキンズ・ヘッドコーチの下で、若手の主軸が自由に流れるオープンコートなプレイスタイルを計画しているグリズリーズではなおさらだろう。 サマーリーグで成功率55. 6%だった3ポイントショットの自信を増していくことができれば、フォワードの層は厚いが、ジェンキンズHCがクラークを外すのは難しくなる。 モラントは未来のグリズリーズを担うポイントガードとなる運命だ。 だが、クラークはベテランのカイル・アンダーソンやジェイ・クラウダーのほか、ジャクソンJr. に渡邊雄太、ブルーノ・カボクロ、アイバン・ラブと競争が激しい。 クラークとモラントには、堅固な土台を築くうえでの期待が寄せられている。 先日、ジェンキンズHCは「彼らにまず期待するのは、プロ意識だ」と話した。 「彼らにはこのレベルのプレイを学び、仕事する意味を分かってほしい。 ライフスタイルはまったく変わるんだ。 もう大学生じゃない。 プロなんだ。 『自分はどこに入っていける?チームにおける役割は?』と思ってほしい」。 フェデックス・フォーラムや練習場から近い場所に家を見つけたクラークは、「街もファンも本当に素晴らしかったよ」と述べた。 「まず、本当にここにいられるのがありがたい。 夏は移動が多かった。 だから、自分の街にいることができるのは本当に素晴らしいよ」。 モラントとジャクソンはサマーリーグに出場しなかったが、チームを支えるためにいたため、夏にクラークには彼らとの絆を深める機会があった。 指揮を執ったジェンキンズHCとも直接、一緒に仕事をしている。 だから、トレーニングキャンプへの移行はかなりスムーズなはずだ。 今月23歳になったクラークは「チームメイトたちと一緒にいられたのは本当に良かった」と話す。

次の

17歳のインフルエンサーが首を切られて死亡、容疑者の恋人が遺体をSNSに投稿

ブランドン クラーク

経歴 [編集 ] 、でカナダ人の母、ジャマイカ人の父の間に生まれ、3歳の時にに移住した。 フェニックスのデザート・ヴィスタ高校に入学し 、2015年に優勝し、地方新聞アリゾナ・リパブリック紙で、オール・アリゾナに選ばれた。 カレッジ [編集 ] で2シーズンプレーし、1年次に. マウンテン・ウェスト・カンファレンスで、平均10. 1得点、7. 3リバウンドを記録し、シックスマン賞を受賞した。 2年次には、平均17. 3得点、8. 7リバウンド、2. 6ブロック、2. 3アシストを記録し、オール・マウンテン・ウェストの1st. チームと、オール・ディフェンシブ・チームに選出された。 2シーズンの後、に転校した。 3年次に、ウェスト・コースト・カンファレンスの新人賞、最優秀守備選手賞、オール・ウェスト・コースト1st. チームに選ばれた。 カンファレンスで新人賞、最優秀守備選手賞を同時受賞したは初めてのプレーヤとなった。 スポーティング・ニュース紙のオール・アメリカン3rd. チームにも選ばれた。 2019年3月23日、NCAAトーナメント戦で、キャリアハイとなる 36 得点を挙げる傍ら、8 リバウンド、5 ブロック、3 アシストを記録し、,に続き、NCAAトーナメントで35得点以上で、5ブロックを記録した3人目のプレーヤーとなった。 NCAAトーナメントのチーム得点記録もを抜き歴代1位となった。 634. 167. 561 5. 6 1. 7 1. 2 8. 8 2016—17 30 30 31. 592. 333. 572 8. 7 2. 3 1. 2 2. 6 17. 3 2018—19 37 36 28. 267. 694 8. 6 1. 9 1. 2 3. 1 16. 9 Career 98 69 27. 639. 250. 618 7. 7 1. 9 1. 0 2. 3 14. 5 脚注 [編集 ] [] 1. キャメロン・ジョンソン () 12. タイラー ヒーロー () 14. ロメオ・ラングフォード () 15. セク・ドゥンボヤ () 16. チュマ・オキキ () 17. ニッケル・アレキサンダー=ウォーカー () 18. ゴガ・ビタッゼ () 19. マティス・サイブル () 21. グラント・ウィリアムズ () 23. ダリアス・バズリー () 24. タイ・ジェローム () 25. ナジール・リトル () 26. ディラン・ウィンドラー () 27. ムフィオンド・カベンゲル () 28. ジョーダン・プール () 29. 2巡目 31. ニコラス・クラクストン () 32. KZ・オクパラ () 33. カーセン・エドワーズ () 34. ブルーノ・フェルナンド () 35. マルコス・ルーザダ・シルバ () 36. コディ・マーティン () 37. デイビダス・シルブビディス () 38. ダニエル・ガフォード () 39. アレン・スマイラギッチ () 40. ジャスティン・ジェームズ () 41. アドミラル・スコフィールド () 43. ジェイレン・ノーウェル () 44. アイザイア・ロビー () 46. イグナス・ブラズディキス () 48. テランス・マン () 49. ジャレル・ブラントリー () 51. トレモント・ウォルターズ () 52. ジャレン・マクダニエルズ () 53. ジャスティン・ライト=フォーマン () 54. マリアル・シャヨク () 55. カイル・ガイ () 56. ジェイレン・ハンズ () 57. ジョーダン・ボーン () 58. ミエ・オニ () 59. デワン・ヘルナンデス () 60. バンニャ・マリンコビッチ ().

次の