めざまし じゃんけん 結果。 めざましじゃんけんの実施時間と効率的に当選を狙う秘訣を伝授!

めざましテレビじゃんけんの当選者の確認方法は?

めざまし じゃんけん 結果

めざましじゃんけんの傾向と対策 めざましじゃんけんの傾向と対策 めざましじゃんけんの手を分析して現在は数種の方式で予測、対戦結果をまとめている。 この中で調子の良さそうな方式の予測を自動対戦機に設定して実際に対戦させている。 この変化はゆっくりで予測は立て易い。 特定の手が少ないのも特徴的。 [チョキ]にとって、後者はグーが少ないので有利に推移。 残り6戦で80ポイントは 頑張れば達成できそう。 それでも何とか勝越している。 今週から録画からのキャプチャーが できなくなった。 立ち会えない場合キャプチャーは不能。 [負手]:先週末から調子を崩していたがいつの間にか調子は戻った。 [属性]:良く見ると頑張っている。 水曜日の4連敗が痛かった。 残り4戦なので300超えはできそう。 録画時の扱いの変化でドタバタ。 自動対戦機は誤操作で勝ちを3度逃して50Ptロスの190Pt。 それでも一時は危ぶまれた200超えはなんとかクリアできそう。 じゃんけんをする人にはとても不親切!。 作業手順に関わる変化で誤操作してしまい、この2日で勝ちに絡み30Ptをロス。 200Pt超えすら危ぶまれる。 (3連続、2連続の連続) これまで、録画の再生でもDボタンで獲得ポイントを表示できたが、今日から 録画ではできなくなってしまった。 獲得ポイントの表示は20秒ほどしかないため 忙しくなるとともに仕損じる可能性も高い。 昨日第2戦からの3連続パー、更に2連続グーでトドメ。 300Ptの連続は途切れることとなった。 ポイントは365Ptで歴代6位。 この上位5戦のうち4戦は先週まで行われていたファミリーじゃんけん によるWポイントの効果、あと1戦は2018年の冬季五輪関連のWポイントの効果。 ノーマルな状態 では歴代1位。 Fig 1-1 グー、チョキ、パーの出現頻度 Fig 1-2 勝率 (横) (縦).

次の

めざましテレビ|めざましじゃんけん 結果速報

めざまし じゃんけん 結果

めざましじゃんけんに当選した場合 子供達も毎朝取り合いになる『めざましじゃんけん』なのですが、当選した場合の確認方法があるのか気になったので調べてみました。 当選者の確認方法は? めざましじゃんけんの応募フォームには、『 商品の発送をもって代えさせて頂きます』と記載されていることから、当選した場合、特にメールや連絡などはないようです。 ただし、めざましじゃんけんに当選した場合、当選者全員ではありませんが番組のなかで当選者のお名前が紹介される事もあります。 ということで、当選の確認は番組内で紹介されない限りは、商品が届いて初めてわかる、ということになります。 プレゼントはいつ届く? めざましじゃんけんに当選した場合、商品やプレゼントがいつ届くのか気になりますよね! 応募フォームに商品の発送をもって代えさせていただきます、と記載されているとおり、めざましじゃんけんの当選は、番組内で紹介されなかった方については、商品が届いて初めてわかるということになるようです。 では当選した場合、どの程度で商品が手元に届くのでしょうか? 調べてみましたが、はっきりとした情報はありませんでした。 ただし、過去に当選した方によると、 2週間から1か月程度で届いていることがわかりました。 めざましじゃんけんの当選商品が届いた!!! お米と茶碗箸セット。 てかこの手のテレビの懸賞って本当に当選して商品送られてくるんだな。 当てた本人、毎週ポイント貯まったら適当に応募してるらしいから応募したの覚えてないらしいけど。 忘れたころに届くという感じかもしれませんね^^;.

次の

めざましじゃんけん、ボーナスチャンスの抽選の結果「あたり キター!!」「どらもっち」を無料でゲット

めざまし じゃんけん 結果

めざましじゃんけん結果速報の安定動作に向けて そろそろ、めざましじゃんけん広場を活性化させたいのですが、肝心のめざましじゃんけん速報の信頼性が十分に上がっておりません。 2020年も開始し、3週分のめざましじゃんけんが実施されました。 3週目なのですが、2回の結果速報不備が発生しました。 1件目は、実は先週の土曜日から発生しており、1月18日と20日の結果配信に一部不備が発生しました。 2件目は、めざましじゃんけんの対戦者の表示に不備が発生しました。 1件目は、Raspberry Piのフィリーズ。 2件目は、ツイッター情報を本番でテキスト処理するので、想定されていないケースで失敗し、結果速報が正確に行えなくなります。 修正内容とJenkins めざましじゃんけん結果画像検出システム実装方式の変更内容。 端的に説明すると、今まで、独立して動いていた2系統のシステムを統合的に動作させます。 Raspberry Piでシステムを稼働させ、システムの稼働率を上げるためにNVIDIAのJetson Nanoを導入しました。 その際に、それぞれのシステムを独立して動作させておりました。 しかし、片系にしか入らない処理があったり、シングルボードのシステムの信頼性ではシステム稼働率には大きな影響を与えました。 関連記事: 今までの実装• 起動方法は、Raspberry Pi with Intel NSC2およびNVIDIA Jetson NanoのそれぞれのCronで定期処理 それぞれのシステムで定期実行させて、平行実行させておりました• Raspberry Piとテレビを物理HDMIで接続• NVIDIA Jetson NanoのHDMIがCECに非対応• じゃんけん結果後の処理は、結果を早く取得したシステムで実施• 通常はJetson Nanoが実施、結果取得結果が異なる場合は、アラートメール これからの実装• Intel NUCのJenkinsより統合管理、Raspberry Pi with Intel NSC2とJetson Nanoは、じゃんけん結果の取得と登録に専念。 (じゃんけん予想も実施させています)• テレビON処理失敗時には、Nature Remoを利用した電源操作もバックアップとして導入 悩んでいるところ 以下、2点を悩んでおります。 Jenkinsサーバーの冗長化• Raspberry Piの推論部分のIntel NUCへの移管 Jenkinsのノードの冗長化は、Raspberry Piに担当させて見ようかなと考えております。 Raspberry Piの推論部分ですが、Intel NUCに移管しようかと考えております。 Intel NSC2とIntel NUCの組み合わせでの機械学習も試してみたいところ。 WEBアクセスの負荷もあるので、まずは、性能情報を監視しして、どうするか考える予定です。

次の