おっちょん 方言。 法事: 天外綺譚“ふっ2”

おっちんことおっちゃんこについて|ぷれ|note

おっちょん 方言

愛知県には「名古屋弁」と「三河弁」の二種類の方言が存在します。 愛知県は大きく分けて尾張地区と三河地区に分かれているので、自身の出身地区によって方言が異なりますが、現代では進学や就職、また県外からの移住者の影響により方言を使用していなかったり、二つの方言をミックスさせて使用している人が多く見られます。 主にテレビなどで愛知県の方言としてわれている「エビフリャ~」や「でら〇〇」といった方言は「名古屋弁」に該当し、名古屋地区周辺のいわゆる尾張地区出身者が主に使用しています。 そして今回ご紹介していく「三河弁」は三河地区出身者が主に使用する方言となります。 愛知のかわいい方言「三河弁」の基本は「じゃんだらりん」! 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第4位は、「ちんちん」です。 「ちんちん」とは、液体が「熱々」の状態の事を表します。 「ちんちん」の他にも、「しゃびしゃび」=「水っぽい」や、「ぱかぱか」=「信号が点滅している」などといった目で見た状態を言葉に置き換えて伝える表現が方言として多くあります。 県外で就職した際に「信号ぱかぱかしてるから早く渡ろう~」や「ちんちんだから気を付けてね!」と普通の同僚に話していたのに、ある日テレビで方言だという事が分かりとてもびっくりしました。 後から、同僚に確認すると方言ではなく勝手に自分で作った言葉だと思われていて少し恥ずかしかったです。 【ちんちん】【しゃびしゃび】【ぱかぱか】 「お風呂ちんちんだから気を付けて入りなよー。 」 「おふろ熱いから気を付けて入りなよー。 」 「このカレーしゃびしゃびじゃん!」 「このカレー水っぽいね!」 「信号ぱかぱかしてるから早くしりん!」 「信号点滅しているから早くしなさい!」 「カップラーメンちんちんでびっくりした。 」 「カップラーメン熱々でびっくりした。 」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第3位:「ちゃんちゃん」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第3位は、「ちゃんちゃん」です。 「ちゃんちゃん」とは、「座る」事を表します。 特に子供に向けて座るように促す時に使用します。 関西では、この「ちゃんちゃん」という方言を「おっちょん」という方言で表します。 子どもが小さいころ関西地区に住んでいたので、家では「ちゃんちゃん」保育園では「おっちょん」と表現が異なり子供が困惑していました。 少したってから、先生に指摘され気が付くことが出来たので、子供に申し訳ない気持ちでした。 【ちゃんちゃん】 「ここに、ちゃんちゃんしてー。 」 「ここに、座ってー。 」 「早くちゃんちゃんしなさい!」 「早く座りなさい!」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第2位:「えらい」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第2位は、「えらい」です。 「えらい」とは、風邪をひいたり体調を崩した時に「体が辛い・しんどい」事を表します。 また、疲れた場合に使用することもあります。 「えらい」は方言だと分かった時に個人的に一番困った言葉です。 「えらい」以外の言葉でどのように表現すれば良いのか分からなくて、少し困惑しました。 「えらい」=「体が辛い状態」を表して使用していたので、地元にいる際にはとても便利な言葉でした。 【えらい】 「今日、熱がでてえらい。 」 「今日、熱がでて辛い。 」 「体えらいの~?」 「体しんどいの~?」 「走り過ぎて、えらい。 」 「走り過ぎて、疲れた。 」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第1位:「放課」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第1位は、「放課」です。 「放課」は学校で主に使用されており、授業と授業の間の休み時間の事を表します。 地元にいる頃から、テレビドラマなどで「放課後」という言葉を聞くと「放課後」=「休み時間後」という意味になるけど当てはまらないなと不思議に思っていました。 後々何となく、他県では「放課後」=「学校が終わった後」という意味で使用されているんだと思っていましたが、なぜそれがイコールになるのか、「放課」が方言だと分かるまで理解することが出来ませんでした。 【放課】 「今日、放課にサッカーしよう!」 「今日、休み時間にサッカーしよう!」 「放課は、もう終わりだから教室に戻って。 」 「休み時間は、もう終わりだから教室に戻って。 」 かわいくて特徴的な方言をもっともっと知りたい!.

次の

育ママ速報 : 【幼児語】小さい子にお座りさせる時なんて言う?

おっちょん 方言

愛知県には「名古屋弁」と「三河弁」の二種類の方言が存在します。 愛知県は大きく分けて尾張地区と三河地区に分かれているので、自身の出身地区によって方言が異なりますが、現代では進学や就職、また県外からの移住者の影響により方言を使用していなかったり、二つの方言をミックスさせて使用している人が多く見られます。 主にテレビなどで愛知県の方言としてわれている「エビフリャ~」や「でら〇〇」といった方言は「名古屋弁」に該当し、名古屋地区周辺のいわゆる尾張地区出身者が主に使用しています。 そして今回ご紹介していく「三河弁」は三河地区出身者が主に使用する方言となります。 愛知のかわいい方言「三河弁」の基本は「じゃんだらりん」! 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第4位は、「ちんちん」です。 「ちんちん」とは、液体が「熱々」の状態の事を表します。 「ちんちん」の他にも、「しゃびしゃび」=「水っぽい」や、「ぱかぱか」=「信号が点滅している」などといった目で見た状態を言葉に置き換えて伝える表現が方言として多くあります。 県外で就職した際に「信号ぱかぱかしてるから早く渡ろう~」や「ちんちんだから気を付けてね!」と普通の同僚に話していたのに、ある日テレビで方言だという事が分かりとてもびっくりしました。 後から、同僚に確認すると方言ではなく勝手に自分で作った言葉だと思われていて少し恥ずかしかったです。 【ちんちん】【しゃびしゃび】【ぱかぱか】 「お風呂ちんちんだから気を付けて入りなよー。 」 「おふろ熱いから気を付けて入りなよー。 」 「このカレーしゃびしゃびじゃん!」 「このカレー水っぽいね!」 「信号ぱかぱかしてるから早くしりん!」 「信号点滅しているから早くしなさい!」 「カップラーメンちんちんでびっくりした。 」 「カップラーメン熱々でびっくりした。 」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第3位:「ちゃんちゃん」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第3位は、「ちゃんちゃん」です。 「ちゃんちゃん」とは、「座る」事を表します。 特に子供に向けて座るように促す時に使用します。 関西では、この「ちゃんちゃん」という方言を「おっちょん」という方言で表します。 子どもが小さいころ関西地区に住んでいたので、家では「ちゃんちゃん」保育園では「おっちょん」と表現が異なり子供が困惑していました。 少したってから、先生に指摘され気が付くことが出来たので、子供に申し訳ない気持ちでした。 【ちゃんちゃん】 「ここに、ちゃんちゃんしてー。 」 「ここに、座ってー。 」 「早くちゃんちゃんしなさい!」 「早く座りなさい!」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第2位:「えらい」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第2位は、「えらい」です。 「えらい」とは、風邪をひいたり体調を崩した時に「体が辛い・しんどい」事を表します。 また、疲れた場合に使用することもあります。 「えらい」は方言だと分かった時に個人的に一番困った言葉です。 「えらい」以外の言葉でどのように表現すれば良いのか分からなくて、少し困惑しました。 「えらい」=「体が辛い状態」を表して使用していたので、地元にいる際にはとても便利な言葉でした。 【えらい】 「今日、熱がでてえらい。 」 「今日、熱がでて辛い。 」 「体えらいの~?」 「体しんどいの~?」 「走り過ぎて、えらい。 」 「走り過ぎて、疲れた。 」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第1位:「放課」 地元民が選ぶ他県で通じなくて驚いた「三河弁」第1位は、「放課」です。 「放課」は学校で主に使用されており、授業と授業の間の休み時間の事を表します。 地元にいる頃から、テレビドラマなどで「放課後」という言葉を聞くと「放課後」=「休み時間後」という意味になるけど当てはまらないなと不思議に思っていました。 後々何となく、他県では「放課後」=「学校が終わった後」という意味で使用されているんだと思っていましたが、なぜそれがイコールになるのか、「放課」が方言だと分かるまで理解することが出来ませんでした。 【放課】 「今日、放課にサッカーしよう!」 「今日、休み時間にサッカーしよう!」 「放課は、もう終わりだから教室に戻って。 」 「休み時間は、もう終わりだから教室に戻って。 」 かわいくて特徴的な方言をもっともっと知りたい!.

次の

皆さんの方言!!:キッズなんでも相談:キッズ@nifty

おっちょん 方言

おっちんこ もしくは おっちゃんこ という言葉はご存知だろうか。 決して下品な言葉ではなく、幼い子供に「座りなさいね」の意味で使われている(と思われる)言葉なんだけれども 私これ幼少期にテレビではじめて聞いて、 「ええ~www」 と思っておりまして。 「おっちんこてwww」 って。 いやだって、おっちんこて…ってなるやん… 小学生だったし… いや今でもなるけど… テレビでは、おばあちゃんが孫に「そこに座りなさい」の意味で「おっちんこしなさい」って言ってたんですよ。 「おっちんこなんて言うか~?聞いたことないぞ~????」と思ってた小学生な私。 いざ子供産んでみたら、似たような言葉、使ってるよね。 「ここおっちんして~!」って。 友人が「おっちょん」って言ってて、それも使ってるよね。 おっちょんして~って。 ちなみにどちらも座ってくださいよ~の意味。 だがしかしおっちんこですよ。 久々にその単語をTwitterで見まして。 おっちんこ??????? そういや子供におっちんこでも通じるのか?????? と。 んで、検証してみた。 まず小1男子。 「長男!おっちんこして?」「…(ストン)」 ちょっとにやっとしたけどちゃんと座るのか。 3歳児。 「次男~おっちんこして~」「ええ~?(にやにや)(でも座る)」 最後はおっちゃんこに挑戦だ! 「三男!おっちゃんこして~!」「(えっ?!という顔)(うろうろ)(座る)」 といった感じで全員座ったー! 通じるのか…すごいなおっちんこ… これは日頃私がおっちんして~って言ってるからおっちんこでも通じるのかな。 よく考えたら「ちょんして~」とか「はい、ちゃーん。 」とかでも座ってる気がする…統一してないのに、子供たち偉すぎ。 いつもありがとう。

次の