大正 15 年 生まれ は 何 歳。 数え年一覧

1926年(大正15年)生まれの年齢/干支/星座/九星気学/誕生石/厄年/長寿の祝い/早見表

大正 15 年 生まれ は 何 歳

「あなたは何歳ですか?」と尋ねられた時、あなたはどう答えますか? 多くの人がその時点での年齢=満年齢を答えますよね。 履歴書など、自分の年齢を書かなければならない書類には 「満年齢」を記入しますが、その一方で、厄払いや長寿のお祝いなどでは 「数え年」を基準にすることがあります。 今回は「満年齢」と「数え年」の違いについて調べてみたいと思います。 満年齢とは? 「満年齢」とは、 生まれた時を0歳とし、誕生日を迎えるごとにひとつ年齢が増える数え方のことで、生まれた一年後の誕生日に、1歳になります。 「満20歳」などと表記します。 普段の生活でしたら満年齢は「誕生日に年を重ねていく」ということで問題はありませんが、少しややこしいのが法律です。 年齢計算に関する法律(明治35年12月22日施行)では「年齢は出生の日より之を起算す」と書かれています。 これは、 誕生日に年を重ねるのではなく、誕生日の前日に年を重ねるということです。 誕生日を1日目とし、365日目に年を重ねるのです。 誕生日が1日目なら、365日目は誕生日の一日前なんですね。 誕生日の前日に年を重ねるので、4月1日生まれの人は3月31日に満年齢を迎えます。 そのため、4 月1日生まれの人は「遅生まれ」とされ、4月2日以降に生まれた人よりも学年が一つ上になるのです。 数え年とは? 「数え年」とは、 生まれたその日にすでに1歳で、元日(1月1日)に年を重ねるという数え方です。 例えば、2019年4月10日に生まれた人は、その時点で1歳です。 そして、2020年1月1日に2歳になります。 私たちが一番耳にする長寿のお祝いのひとつに 「還暦」があります。 還暦は満年齢60歳でお祝いをし、それ以外の長寿のお祝いは数え年でお祝いをします。 数え年で自分が今何歳なのか知りたいときは、 「元日から誕生日前までは満年齢+2歳」「誕生日当日から12月31日までは満年齢+1歳」と計算してみましょう。 2020年「満年齢」「数え年」早見表 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 令和2年 2020年 0歳 1歳 平成31年・令和元年 2019年 1歳 2歳 平成30年 2018年 2歳 3歳 七五三 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成29年 2017年 3歳 4歳 平成28年 2016年 4歳 5歳 七五三 平成27年 2015年 5歳 6歳 平成26年 2014年 6歳 7歳 七五三 平成25年 2013年 7歳 8歳 小学校入学 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成24年 2012年 8歳 9歳 平成23年 2011年 9歳 10歳 平成22年 2010年 10歳 11歳 平成21年 2009年 11歳 12歳 平成20年 2008年 12歳 13歳 平成19年 2007年 13歳 14歳 中学校入学 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成18年 2006年 14歳 15歳 平成17年 2005年 15歳 16歳 平成16年 2004年 16歳 17歳 高校入学 平成15年 2003年 17歳 18歳 平成14年 2002年 18歳 19歳 女性厄年 平成13年 2001年 19歳 20歳 平成12年 2000年 20歳 21歳 成人 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成11年 1999年 21歳 22歳 平成10年 1998年 22歳 23歳 平成9年 1997年 23歳 24歳 平成8年 1996年 24歳 25歳 男性厄年 平成7年 1995年 25歳 26歳 平成6年 1994年 26歳 27歳 平成5年 1993年 27歳 28歳 平成4年 1992年 28歳 29歳 平成3年 1991年 29歳 30歳 平成2年 1990年 30歳 31歳 平成元年・昭和64年 1989年 31歳 32歳 昭和63年 1988年 32歳 33歳 女性厄年 昭和62年 1987年 33歳 34歳 昭和61年 1986年 34歳 35歳 昭和60年 1985年 35歳 36歳 昭和59年 1984年 36歳 37歳 女性厄年 昭和58年 1983年 37歳 38歳 昭和57年 1982年 38歳 39歳 昭和56年 1981年 39歳 40歳 昭和55年 1980年 40歳 41歳 昭和54年 1979年 41歳 42歳 男性厄年 昭和53年 1978年 42歳 43歳 昭和52年 1977年 43歳 44歳 昭和51年 1976年 44歳 45歳 昭和50年 1975年 45歳 46歳 昭和49年 1974年 46歳 47歳 昭和48年 1973年 47歳 48歳 昭和47年 1972年 48歳 49歳 昭和46年 1971年 49歳 50歳 昭和45年 1970年 50歳 51歳 昭和44年 1969年 51歳 52歳 昭和43年 1968年 52歳 53歳 昭和42年 1967年 53歳 54歳 昭和41年 1966年 54歳 55歳 昭和40年 1965年 55歳 56歳 昭和39年 1964年 56歳 57歳 昭和38年 1963年 57歳 58歳 昭和37年 1962年 58歳 59歳 昭和36年 1961年 59歳 60歳 昭和35年 1960年 60歳 61歳 還暦・男女厄年 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和34年 1959年 61歳 62歳 昭和33年 1958年 62歳 63歳 昭和32年 1957年 63歳 64歳 昭和31年 1956年 64歳 65歳 昭和30年 1955年 65歳 66歳 緑寿 昭和29年 1954年 66歳 67歳 昭和28年 1953年 67歳 68歳 昭和27年 1952年 68歳 69歳 昭和26年 1951年 69歳 70歳 古希 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和25年 1950年 70歳 71歳 昭和24年 1949年 71歳 72歳 昭和23年 1948年 72歳 73歳 昭和22年 1947年 73歳 74歳 昭和21年 1946年 74歳 75歳 昭和20年 1945年 75歳 76歳 昭和19年 1944年 76歳 77歳 喜寿 昭和18年 1943年 77歳 78歳 昭和17年 1942年 78歳 79歳 昭和16年 1941年 79歳 80歳 昭和15年 1940年 80歳 81歳 傘寿 昭和14年 1939年 81歳 82歳 半寿 昭和13年 1938年 82歳 83歳 昭和12年 1937年 83歳 84歳 昭和11年 1936年 84歳 85歳 昭和10年 1935年 85歳 86歳 昭和9年 1934年 86歳 87歳 昭和8年 1933年 87歳 88歳 米寿 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和7年 1932年 88歳 89歳 昭和6年 1931年 89歳 90歳 卒寿 昭和5年 1930年 90歳 91歳 昭和4年 1929年 91歳 92歳 昭和3年 1928年 92歳 93歳 昭和2年 1927年 93歳 94歳 昭和元年・大正15年 1926年 94歳 95歳 大正14年 1925年 95歳 96歳 大正13年 1924年 96歳 97歳 大正12年 1923年 97歳 98歳 大正11年 1922年 98歳 99歳 白寿 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 大正10年 1921年 99歳 100歳 上寿 大正9年 1920年 100歳 101歳 大正8年 1919年 101歳 102歳 大正7年 1918年 102歳 103歳 大正6年 1917年 103歳 104歳 大正5年 1916年 104歳 105歳 大正4年 1915年 105歳 106歳 大正3年 1914年 106歳 107歳 大正2年 1913年 107歳 108歳 茶寿 大正元年・明治45年 1912年 108歳 109歳 明治44年 1911年 109歳 110歳 明治43年 1910年 110歳 111歳 皇寿 明治42年 1909年 111歳 112歳 明治41年 1908年 112歳 113歳 明治40年 1907年 113歳 114歳 明治39年 1906年 114歳 115歳 明治38年 1905年 115歳 116歳 明治37年 1904年 116歳 117歳 明治36年 1903年 117歳 118歳 明治35年 1902年 118歳 119歳 頑寿 満年齢と数え年の違いがわかりましたね。 七五三や長寿のお祝いなどは、もともとは数え年で行っていましたが、現在は満年齢で行うこともあるようです。 地域やご家庭によって数え年か満年齢か異なるかもしれませんので、事前に周囲の人に相談して決めるようにしましょう。 また、厄年も多くの神社やお寺では数え年で厄払いを行いますが、満年齢で行うところもありますので事前にチェックしておきましょう。 関連: 関連: 関連: -.

次の

数え年一覧

大正 15 年 生まれ は 何 歳

既に回答されてる方もいらっしゃいますが、4年制と5年制がありました。 この旧制中学(男子校)、女学校は公立の場合は新制になった時に現在の高校に変わりました。 戦前は公立私立ともに12歳での受験でしたし、年数的にも今の中高一貫に近いと思います。 蛇足ですが上の白鳳高校は都立の中高一貫校を始めました。 公立が15歳受験となる新制高校に切り替わった事で、中等教育が一般化しました。 昔は12歳で受験する中学/女学校組(15%以下)と、高等小学校組と分かれ、高等小学校組はその上の学校に進学する道は師範学校の一部を除いてあまりなかったので、無試験の高等小学校(今の公立中)に進学する12歳の時点で実質義務教育までの学歴に決定づけられたのです。 つまり9割近くが14歳までしか学校に行きませんでした。 (全く蛇足ですが、一応この高等小学校は義務とはいえ、地方によっては徹底されておらず、14歳にならずして学校に行けなかった子も多かったので、義務教育でも14歳まできっちり通えれば恵まれている方でした)。 それが公立と多くの私立の旧制中/女学校が15歳受験の新制高校に生まれ変わった事で、皆が一旦公立中に進学し、受験機会がそうハードルの高いものではなくなりました。 一部の私立、国立が中高一貫になりましたが、これは旧制時代を踏襲していると言えました(一部の家庭の子供のみが公立中に行かずに12歳で受験して進学する形)。 現在、公立の中高一貫が増えてきましたが、旧制時代の再来のように思えますね。 ちなみに女学校ですが、師範科や専門的な科を本科の上にくっつけている学校も存在しました(17〜19歳)。 今で言う短大になるでしょうか。 ちなみに上記ではざっくり書きましたが、システムや進学率等は当然時代や地域に左右されます。 明治期と昭和(戦前)ではかなり異なる事もあります。 ご了承下さい。 戦前は、例外を除き女子は「大学」には進学できませんでした。 というのも「大学」に進学するには基本的には旧制高等学校(現在の地方国立大の前身や、東大や京大の1〜2年に相当するもので最も入学が難しい機関)か、私立大学の予科というものに入りますが、これらは男子校でした。 日本女子大学校(現:日本女子大)、津田専門学校(現;津田塾大学)、東京女子高等師範学校(現:お茶の水女子大)などは、全て「専門学校」の括りになります。 戦後、これらの女子専門学校のみならず、多くの専門学校が「大学」となりましたので、現在の専門学校とは意味合いが異なります。 これらの専門学校へは、女学校を卒業して入学しました。 もちろん入学試験があり、上記のような学校は難関でした。

次の

大正世代

大正 15 年 生まれ は 何 歳

目次 Contents• 大正15年・昭和元年(1926年)ってどんな年? 昭和元年は、1926年 大正15年 12月25日に大正天皇が崩御なされ、その日に昭和と改元されました。 ですから、昭和元年は1926年の年末のわずか7日間のみとなり、大半は大正15年ということになります。 これは奇しくも、昭和の最後の年である昭和64年と同じです。 昭和天皇は、昭和64年(1989年)1月7日の午前6時33分に崩御なさいました。 翌1989年1月8日からは「平成」が始まりました。 したがって、昭和の始まりの年である昭和元年と、昭和の終わりの年である昭和64年は、どちらも7日間という短い年となったわけです。 感慨深いですね。 大正15年・昭和元年(1926年)の概要 大正15年・昭和元年(1926年)の動き 既成政党の腐敗と無産政党の分裂が顕著となる 改元も花の七日のカレンダー 阪井久良岐 改元の号外誤報で幕開き 大正15年・昭和元年(1926年)の高校野球決勝戦 春 広陵中(広島) 7-0 松本商(長野) 夏 静岡中(静岡) 2-1 大連商(満州) 大正15年・昭和元年(1926年)の大相撲優勝力士 1月場所 横綱 常ノ花(全勝優勝) 5月場所 前頭三枚目 大蛇山(最終優勝1回) 大正15年・昭和元年(1926年)の内閣 大正15年(1926年)1月30日に組閣した若槻礼次郎(憲政会)内閣。 大正15年・昭和元年(1926年)の政治・経済 政治・経済 1. 28 加藤高明首相病死で内閣総辞職。 29 若槻礼次郎,憲政会の後継総裁に就任。 30 第1次若槻内閣成立(加藤内閣の全閣僚留任。 16 政府,資本家団体の要求をいれた労働組合法案を衆議院に上程 審議未了。 28 大阪の松島遊廓移転問題に関連して汚職事件摘発,政友。 憲政両党の幹部検挙。 4 中野正剛 憲政会 ,衆院で政友会総裁田中義一のシベリア出兵当時の機密費横領事件などを追及。 政友会,中野がソ連の手先だと逆宣伝,政友・憲政両党間の対立激化。 5 日本労働組合評議会,政治けF究会など左派を排除し労働農民党結成 委員長杉山元治郎。 左派の「門戸開放J要求をめぐり抗争表面化。 9 治安警察法改正公布 同盟罷業の誘惑。 煽動を禁止した第17条。 第30条を削除。 労働争議調停法公布 公益事業や軍事工場の争議への強制調停を規定。 10 暴力行為等処罰法公布 大衆行動への処罰規定を強化。 治安・弾圧立法の整備。 21 農林省,自作農倉U設維持補助規制公布の小作の自作化を促す。 25 小作調査会設置。 小作法案が立案されたが大日本地主協会が強く反対,議会に未提出。 24 府県制。 町村制が各改正され,普選制の採用と地方自治の権利拡張なる。 3 浜松市会議員選挙,日本初の普通選挙によって実施。 以後地方選挙で普選方式が適用。 1 陸軍省に整備局設置 初代整備局長松本直亮少将 ,軍装備の近代化促進などを図る。 17 日本農民組合の右派勢力,日本農民党を結成 幹事長平野力三。 24 総同盟など労働農民党の右派勢力,左派への「門戸開放」に反対して脱退。 18 豊田自動織機製作所,愛知県刈谷町に設立 資本金100万円。 4 共産党再建第3回大会開催 山形県五色温泉 ,中央委員を選出。 共産党の活動,活発化。 5 労働農民党脱退の右派勢力,社会民衆党を結成 委員長安部磯雄 の産業民主主義を掲げて独占資本の産業合理化を支持。 9 麻生久。 加藤勘十ら総同盟反幹部派,浅沼稲次郎ら日農の中間派と結び,日本労農党を結成 書記長三輪寿壮。 12 労働農民党,大会で民主主義実現の要求を掲げ再出発。 委員長に大山郁夫就任。 25 大正天皇死去 47歳 ,摂政裕仁親王践祚祀昭和と改元。 大正15年・昭和元年(1926年)の世界 1. 4 広東で国民党2全大会開催。 江兆銘・蒋介石ら実権掌握。 宣伝部長代理に毛沢東選出。 7 ニューコークーロンドン間で初の大西洋横断無線電話開設。 20 落介石,戒厳令を公布し広州封鎖。 共産党員逮捕 中山艦事件。 24 独ソ友好中立条約 ベルリン条約 調印。 1 英で炭坑スト,250万労組員によるゼネストに発展。 12 ボーランドでピウスツキ元帥のクーデター。 28 ボルトガルで軍部クーデター,第1共和制崩壊。 1 米のフィラデルフィアで万国博覧会開催。 7万台収容の駐車場が話題に。 10 朝鮮で反日万歳示威運動。 9 落介石,国民革命軍総司令に就任し,北伐開始。 15 仏ブリアン内閣総辞職。 28 ポワンカレ挙国一致内閣成立。 29 人見絹枝,第2回国際女子陸上競技大会 スウェーデン に単身参加,走幅跳で世界新 5m50 ,個人総合優勝。 7 北伐軍,漢口占領。 25 米のフォード社,一部の工場で8時間労働。 週5日制の導入を発表。 19 英帝国会議開催。 本国と自治領の平等,王への共通の忠誠を宣言。 23 ソ連共産党中央委員会,政治局からトロツキーを追放。 スターリン,主導権争いに勝利。 26 国民党左派,武漢遷都を決定,落介石と対立。 11月 イタリアで特別治安維持法成立。 大正15年・昭和元年(1926年)の社会・文化 1. 15 京都帝大など全国の社研学生,治安維持法違犯で検挙 京都学連事件。 4か月間に38人起訴。 19 共同印刷従業員2300人,操業短縮に反対してスト。 20会社側,工場閉鎖と全員解雇で対抗し,58日間に及ぶ大争議。 10 川崎造船所,主力潜水艦伊1号 2135トン を竣工。 20 青年訓練所令公布。 小卒・高小卒の男子に4年間,修身公民科・普通学科・職業科・教練を課す 7. 1施行。 26 浜松の日本楽器従業員1200人余,待遇改善を要求してストの評議会支援,105日間の大争議。 5 新潟県木崎村での4年越しの小作争議激化,農民と警官隊とが衝突,28人検挙。 5月 東京帝大人類学教室,千葉県姥山貝塚を発掘し,多数の竪穴住居跡を発見 石器時代研究,大きく前進。 18 長野県の県ド警察署統合廃止反対県民大会が暴動化,1万数千人が知事官舎や県会議事堂を襲う。 検挙者862人。 21 1年志願兵及1年現役兵服務特令を公布。 教練の成績検定とその合格者の在営期間の短縮を定める。 23 大逆事件の金子文子,獄中で自殺。 29 朴烈。 金子文子の怪写真出まわる。 6 東京。 名占屋の3放送局,合同して日本放送協会 NHK を設立。 6 同潤会 関東大震災の義捐金1000万円で設立 ,初の公営鉄筋アバート138戸を向島の中ノ郷に建築 9月青山に102戸。 23 広島県安芸中野駅付近で特急列車が脱線転覆,死者34人,重軽傷39人。 車体鋼鉄化の気運高まる。 30 千葉県で5人を殺傷した岩淵熊治郎,自殺 鬼熊事件。 9 石川島造船の神野信一ら,石川自彊組合を結成し,日本主義労働運動を開始。 22 野球場など明治神宮外苑が完成,奉献式。 2 杉野芳子,ドレスメーカー女学院 ドレメ を開校。 11 内務・文部両大臣,女子青年団の組織化に関する訓練・通牒を発する。 12 松本治一郎ら全国水平社幹部,福岡歩兵第24連隊差別反対闘争で連帯爆破を企てたとして検挙。 18 生糸相場暴落。 31まで全国の製糸会社が操業を休止。 大正15年・昭和元年(1926年)の世相 1月 日本交響楽協会,日本青年館で第1回公演開催 会員予約制で会員1000人,会費は月5円と3円の2種類。 4月 青森。 函館間の電話開通 北海道との初の電話連絡。 5月 銀座松屋デパートで初の飛降り自殺。 この年 洋装普及,アッパッパなども流行。 セキセイインコなど小鳥の飼育が流行。 中野英治。 — 設立• — 設立• — 京都学連事件で初の適用• — の技術者、が送受信の公開実験に成功。 — 総辞職(首相死去)• — 成立• 「」創刊() 大正15年・昭和元年(1926年) 2月• — 発覚• 東北帝国大学のとによって、が考案 大正15年・昭和元年(1926年) 3月• — 結成• — 世界最初のSF専門誌『』創刊• — が最初の液体燃料を発射• — が反共クーデターを起こす()• — ・夫妻がによって判決() 大正15年・昭和元年(1926年) 4月• — 東京無線局として開局。 — 星製薬(後の)設立• 「」創刊• (愛知県江南市)開校 大正15年・昭和元年(1926年) 5月• — らがをおこし政権を掌握• — に「」誕生(阪神間初の郊外型ホテル)• — が大噴火(死者144名)、が破綻。 大正15年・昭和元年(1926年) 6月• — が起こる。 — (任意団体)結成。 全世界に向けて設立宣言文を広報発信。 (25日の異説あり)• — 社設立(ダイムラー社とベンツ社が合併)• 「パスカルに於ける人間の研究」発表 大正15年・昭和元年(1926年) 7月• — がを率いてを開始(第一次北伐)• 7月1日 — 第17条の廃止、・の施行により労働者・農民の団結権と争議権が制限付きながら認められる。 — 国民連合内閣が成立する。 大正15年・昭和元年(1926年) 8月• — 設立• — 社設立• — イタリアのサッカークラブ「フィオレンティーナ」が発足。 「マルクス主義と哲学」邦訳 大正15年・昭和元年(1926年) 9月• — の基礎方程式としてが確立• — 、イギリス軍による中国への砲撃事件。 — ドイツがに加入し、常任理事国となる。 — がおこる。 がフルーツパーラーを営業開始 大正15年・昭和元年(1926年) 10月• — 開始• — 新交響楽団(後の)結成• — がで開催され、イギリス本国との地位は平等とされる。 — 竣功奉献式 大正15年・昭和元年(1926年) 11月• — ドレスメーカー女学院(後の)設立• — の旗艦「」保存記念式• 11月12日 — への抗議運動をしていた幹部が一斉検挙• — がラジオ・ネットワーク放送開始• — が現在のトヨタ自動車の母体であるを設立• — が設立。 大正15年・昭和元年(1926年) 12月• — が『現代日本文学全集』を刊行(時代到来)• 12月3日 — 失踪事件(14日に発見)• — でが起き、が権力を掌握。 — が全通。 にが生じる(廃止)。 — 召集• — 崩御。 がする。 と改元(この日から年末まで昭和元年)。 12月25日 — の、電子式(式)を開発。 12月25日 —。 — 金堂火災(国宝など焼失)• — がに「元老として補弼せよ」と勅語を下す。 — の・がを行う。 アメリカ合衆国がに干渉• 会社設立(社名変更) 日付不詳• エーベルがの結晶化に成功• ニュージーランドで家族手当が制度化される。 今のに着陸場(現在のの前身)が出来る。 大正15年・昭和元年(1926年)の芸術・文化・ファッション年表 大正15年・昭和元年(1926年)の流行・文化 一銭玩(ビー玉・おはじき等) 大正15年・昭和元年(1926年)の流行歌 この道 大正15年・昭和元年(1926年)の音楽• 『ヒービー・ジービーズ』 大正15年・昭和元年(1926年)の文学• 「パリの農夫」• 『』 大正15年・昭和元年(1926年)生まれの著名人 大正15年・昭和元年(1926年) 1月生まれ• 1月1日 — 、元プロ野球選手• 1月1日 — 、元プロ野球選手• — 、• — 、• 1月10日 — 、• 1月12日 — 、茶人• — 、第3代大統領• — 、のシェフ• — 、・• — 、女優 大正15年・昭和元年(1926年) 3月生まれ• — 、元• — 、元・• — 、• 3月15日 — 、元会長• 3月16日 — 、ヴァイオリニスト• — 、・• — 、• 3月25日 — 、プロ野球選手• 3月31日 — 、 大正15年・昭和元年(1926年) 4月生まれ• — 、元• 4月5日 — 、・• — 、・• — 、アマチュア野球指導者• — 、基礎医学研究者• — 、女王• — 、元プロ野球選手• — 、牧師• — 、• — 、元・女優• — 、・• — 、・• — 、第3代• — 、会長• 6月3日 — 、• — 、元プロ野球選手• — 、映画監督• — 、• — 、• — 、元プロ野球選手• — 、 大正15年・昭和元年(1926年) 8月生まれ• — 、元・第5代• — 、講談師• 9月1日 — 、・舞台演出家• — 、• 9月15日 — 、• — 、宇宙物理学者• — 、• — 、元プロ野球選手• — 、・• — 、選手• 11月25日 — 、イギリス出身の子役• — 、元プロ野球選手• — 、社会人類学者 大正15年・昭和元年(1926年) 12月生まれ• — 、• — 、・芸能プロモーター(の代表取締役副社長)• 12月25日(戸籍上は1927年) — 、元プロ野球選手、元プロ野球監督• — ()• — ()• — ()• — ()• — ()、() フィクションに登場する大正15年・昭和元年(1926年) 大正15年・昭和元年(1926年)生まれとされているキャラクター• (『』)• (『』。 昭和元年12月元日のクリスマス生まれ)• 12月31日生まれ) 大正15年・昭和元年(1926年)に起こったとされている出来事• 貨物船SSバーニス号がタイムリープに巻き込まれる。 が出現。 (ドラマ『』)• が10代目ドクターと出会う。

次の