アルマイト 剥離。 アルマイトが剥離する

【アルマイト処理・化成被膜処理とは?】目的や種類などを徹底解説!

アルマイト 剥離

アルマイト処理初める。。。 鉄の表面処理は塗装。。。 ステンレスの表面処理はヘアラインかバフ。。。 アルミの表面処理はアルマイト。。。 そんなイメージをオヤジは抱いています。 アルマイトとは アルマイトとは陽極酸化処理のことをいいます。 陽極酸化処理とはアルミニウムを陽極 +極 で電解処理して、人工的に酸化皮膜 アルミの酸化物 を生成させる工程です。 アルミニウムは酸素と結びつきやすく、空気に触れていると非常に薄い酸化皮膜を作ります。 この自然に作られる皮膜で保護されているので一般的に錆びにくい、いわゆる耐食性が良いといわれています。 しかし、この皮膜は非常に薄いので、環境によっては化学反応で腐食してしまいます。 そこでアルマイトをかけると耐食性が増すと共に色をつけたりとデザイン性がいい製品になります。 勿論色を入れないクリアアルマイトもあります。 アルマイトについて勉強したところで自宅でアルマイトをするための道具を集めます。 値段も安価なのでこれを買っておけば楽です。。。 現在品切れ中。。。 現在アマゾンで購入可能なのはだけのようです。。。 キット以外で必要な物 あると便利だった物 DC12V電源 これは車のバッテリーでいいとキットの説明書には書いてありますが、別に購入した方がいいと思います。。。 アルマイトを実際にやればわかると思いますが結構電気使います。 充電を気にしながらアルマイトをかけるのは結構なストレスです。。。 使用電源はAC100VからDC12Vに変換できる物なら何でもいい訳ではなくよくある安価なスイッチング電源ではすぐ壊れるようです。 必要なのはトランス式の物! この電源を使用してみた所容量が多いのでバイク部品などは楽勝です。 容量だけ見ればかなり大きな物もアルマイトをかけることが出来ます。 この機械のスペック 入力電源:AC100V 50,60Hz 出力電圧:DC1~15V可変 連続最大出力(13. 8V時):連続30A 13. 30Aという電流を使えるのでアルマイトをしていてストレスをまったく感じません。。。 実際バイク部品くらいの大きさであれば5Aもあれば十分染まります。 バッテリーを買い充電器を購入するならこの製品を購入した方が良い気がします。。。 温度計 温度計はキットに付属されていますが温度管理をするのに普通の温度計では個人的に面倒でこれを使いました。 です!これはレーザーを温度の測りたい場所にあてれば瞬時に温度が表示される優れもので現在は結構安価になってきたのでホントにおすすめです。。。 放射温度計は一家に一台持っておいて損はないです。 是非購入を。。。 アルマイト前の処理剤 とが必要です。 これも専用に売っていますが、剥離剤はパイプユニッシュ、スマット除去はサンポールで代用が効きます。。。 ですが混ぜるな危険なので使用は自己責任で。。。 個人的な感想ですがやはり専用剤の方が落ちがよかったです。 ですがパイプユニッシュで出来ないことはないので私は初めの頃しか使いませんでした。。。 現在パイプユニッシュ 笑 アルミの針金 これは重要です!アルマイトをして一番気にするのが通電で、この通電が上手くいかないと上手く染まってくれません。。。 そこで発見しました。 針金は太い方がいいということを。。。 キットに入っているものでもいいのですが太いの使うと楽です。 これは100円ショップで色つきのアルミの針金を購入し剥離剤で剥離して使用します。。。 試しておどろいてください 笑 ここで注意太い針金を使うと言うことは電流に余裕のある電源が必要だということです。。。 残すはカセットコンロ 鍋二つ 保冷剤 コンロは必須です 笑 必要な物が揃ったら始めよう 初めに剥離材でアルミの酸化皮膜をはがします。。。 ここで汚れも一緒に落とします。 そうすると黒くなるんです。 軽く水で洗いこの黒くなったものをスマット除去材で綺麗にしていきます。。。 ここの状態がアルマイトのかかりに影響するのでしっかり綺麗にしましょう!綺麗になったら水で洗いこれで材料の準備はできました! 電解液を容器に入れ鉛板をセットします。 鉛板も厚い物を使用すると良かったです。。。 そして多めに針金を括り付け 多ければ多いほどいい スイッチオン よく泡が出てくれば成功。。。 このまま30分待ちます。。。 2017 ジュラルミン は特に気にしましょう!待っている間に染める液を準備します。 30分たったので水で洗い染め液にいれ30分漬けます。 この間に次は封孔液を沸騰させておきましょう。 最初の1分でほぼ染まりそこからゆっくり染まるようです。。。 気長に待ちましょう。。。 30分たったら水で洗い沸騰している封孔液にいれ15分ほど煮込み。。。 笑 水で洗えば完成。。。 ですが一応通電確認をし、電気が通らなければ間違いなくアルマイトはかかっています。。。 アルマイトで使う水はカルキの少ない物がいいようです。。。 別に普通の水道水でも染まりますが一応カルキの少ない物を使いましょう。。。 綺麗にアルマイトかかっていますが。。。 艶が出ていません。。。 自宅で出来るアルマイトの艶は切削面の粗さによって決まるようです。。。 上の製品は切削面がフルバックだと思います。。。 切削面が荒いのであまり艶が出ていないですよね。。。 以前バフをかけたジオン軍はバフをかけてあるのでしっかり艶が出ています!アルマイトにこだわるのであれば切削面を綺麗にしましょう!!!このあと剥離し。。。 色を変えてみます。。。 ジオン軍と言えばゴールド。。。 なかなかの艶と色です。。。 是非アルマイト処理の前加工をおすすめします。。。 アルマイトはキットに付属の説明書を見てやれば間違いなく誰でも出来る簡単な作業です。 失敗しても簡単にまた新たにアルマイト出来ます。。。 ぜひ自分の好きなアルミ製品をアルマイト処理していきましょう。。。 クリアアルマイトは染液に入れず封孔液にいれ15分ほど煮込めばいいです。。。 この部品は旋盤の生爪です。 切削面が綺麗なのでキレイなアルマイトがかかっています。。。 この記事、アルマイトで気になる点ございましたらお気軽にコメント、お問合せお願いします。。。

次の

アルマイトのタッチについて

アルマイト 剥離

ママチャリ・ザ・ナローワイド みごとなライムグリーンないしキュウリ色です。 カラフルパーツには旬があります。 ぼくのなかの浅緑ブームは終わりました。 『飽き』はイロモノの功罪です。 車体と気分に合わせて、このアルマイトクランクを剥離して、シルバーカラーに仕上げようと思います。 家庭用の二大強力洗剤 ちかごろのホームセンターには強力な剥離剤がありません。 自然環境保護の観点から本気の業務用剥離剤は近所のホムセンやプロショップのたなから消えました。 そこらの店にならぶのは非塩素系の液剤やチキュウニヤサシイ系のぬるいやつばかりです。 エコブームの光と影です。 が、しかし、家庭用品のコーナーには業務用に匹敵する強力な二大洗剤が存在します。 はい、パイプユニッシュとサンポールです。 アルマイトクランクどぼん て、はやばやパイプユニッシュのクランクに変化が現れます。 この時点で泡がぶくぶくして、緑色がうすくなります。 そして、液剤が熱を発して、あやしい気体がほわほわと・・・ 剥離作業の注意点 剥離作業をするなら、屋外でやりましょう。 通気性がいのちです。 せまい場所でもそもそするのはいのちとりです。 液剤は非常に強力です。 ことさらに塩素系は人体に有害です。 素手で触るのはNGです。 ゴム手袋と水道は必須です。 美容師さんは髪の脱色の作業に塩素系を使います。 で、手と指ががさがさにあれます。 職業病です。 パイプユニッシュは毛を溶かすほどに強力です。 肌へのダメージは脱色剤の比ではありません。 1時間後です。 左・パイプユニッシュ 右・サンポール 結果はれきぜんです。 塩素系のパイプユニッシュの圧勝です。 レーザー刻印のATLASのロゴ文字と地形図、アイコンがくっきりのこりますが、ほかの部分はまっくろです。 このくろずみは『スマット』てものです。 アルミ鍋のくろずみの親戚です。 アルマイトを塩素で剥離すると、この大々的なスマットをおがめます。 で、このくろずみの除去には酸性の液剤が有効です。 代表はサンポールです。 そう、トイレそうじのおともはこの第二段階でこそかつやくします。 アルマイトの剥離の過程をまとめます。 空ぶきして水分と油分をおとす• パイプユニッシュにどぼん• サンポールにどぼん• 3と5の水洗いと水切りは不可欠です。 くれぐれパイプユニッシュまみれのパーツをサンポールにどぶづけしない。 混ぜるな危険。 頭髪の色抜きに塩素系を使うことを思うと、この実験結果になんとなく合点できます。 酸は金属には反応するが、染料を溶かせません、おそらく。 みがく、ひたすら、みがく パイプユニッシュでアルマイトの染料を脱色して、サンポールでスマットのくろずみを除去したら、みがきに入ります。 ここからは物理の時間です。 金だわし、紙やすりと来て、しあげに王道のアレをつかいます。 PIKALさんや!

次の

アルマイト 剥離・脱色の方法 (ミヤビのしてることBLOG 旋盤加工・マシニング加工)

アルマイト 剥離

アルムーバ アルミ製品のアルマイト剥離処理剤 アルムーバはアルマイト処理されたアルミ製品のアルマイト皮膜を剥離する製剤です。 バイク、車、自転車、RCなどの着色アルミパーツの脱色処理が出来ます。 アルカリ剤にキレート剤と界面活性剤を配合しており、均一に剥離処理が行えます。 アルムーバで剥離処理したアルミ部品はアルミ素材が腐食しやすい状態になっています。 弊社製品「スマトリン」で表面処理していただくか、塗装やコーティングなどで防錆処理を行って下さい。 容器が溶ける恐れがあります。 ) アルムーバが入った容器にアルマイト製品を浸漬します。 (漬け込み時間が長い場合、アルミを侵す恐れがあります。 ご注意下さい。 ) 徐々に反応が進み泡が出始めます。 必ずこまめにチェックをしながら剥離処理を行って下さい。 この時にブラシ等で軽く擦るときれいに剥離できます。 途中で水洗しながら様子をみて浸漬を繰り返します。 流水での水洗も可能です。 また、素材がアルミ合金などの場合、スマット(黒色異物)が付着する事があります。 スマットは洗浄や研磨できれいにすることが出来ます。 または、弊社製品「スマトリン」をご使用いただくと簡単に除去出来ます。 さらに「スマトリン」は不動態化処理することで簡易の保護皮膜を形成します。 アルマイト剥離用途以外には使用しないで下さい。 皮膚、粘膜または着衣に触れたり、目に入らないようにご注意ください。 作業の際にはビニール手袋、ゴム手袋を着用してください。 子供の手の届くところに保管しないで下さい。 取扱いに当たっては「製品安全データシート」をよくお読みください。

次の