カシミール 紛争。 印パ戦争をわかりやすく!世界史にないバングラデシュ独立の原因は?

カシミール紛争

カシミール 紛争

現在の北部と北西部にまたがるカシミール(カシュミール)地方は、イギリス統治時代はとされ、 国王はヒンドゥー教を奉じていたが住民は多数がイスラーム教徒であった。 1947年、インド・パキスタンが、ヒンドゥー教徒とイスラーム教徒が分離して独立した際、カシミール藩王はインド帰属としたが、住民のイスラーム教がそれに従わず紛争となった。 インド・パキスタン双方が領有を主張し、同年のうちに早くも第1次カシミール戦争が起こった。 その後も、1965年の第2次のの原因となった。 現在も両国の国境線は画定しておらず、対立が続いている。 現代においてますます秘境的なイメージが強まっているが、自然環境が人間を寄せ付けないからなのではなく、国境紛争という人間の争いが人間の自由な往来を拒否している。 しかし、歴史上のカシミールはけして秘境ではなく、狭隘ではあったが山道を通じて周辺の世界に通じていた。 東は、西はと、北はカラコルム山脈を越えればパミールと、南はへとつながり、文化・経済の交流する地域であった。 特に前3世紀半ばの時代に仏教が伝えられ、それ以後は仏教の一つの中心となり、のの時代には第4回の仏典結集がこの地で行われ、の影響を受けた仏像彫刻も盛んだった。 この地方の中心都市スリナガルとは吉祥天の都という意味であり、また中国文献にも箇失蜜として出てくるという。 唐のもこの地を訪れているが、その7世紀ごろにはが盛んになり始めていた。 そして次第にヒンドゥー教が優勢となり、8世紀にはヒンドゥー教を奉じるカシミール王国が形成された。 この地域が大きく変貌したのはムスリムの勢力が及んだ事による。 11世紀初め、イスラーム教のがアフガニスタンから北インドを支配したことによってカシミールのイスラーム化も始まり、14世紀にはイスラームの支配下に入った。 ムガル帝国以後のカシミール の帝は1586年にカシミールを征服し、帝国の一州とした。 ムガル帝国の皇帝は、カシミールを夏の避暑地にして離宮を置いた。 しかし18世紀に入ると西側からが侵攻してこの地を支配するようになり、さらに19世紀にはがパンジャブ地方からこの地域まで勢力を伸ばしての支配下に入ったが、インド植民地支配を進めたイギリスはこの地にも進出、1845年からのでシク王国を倒した。 第1次シク戦争での和平条約である1846年のラホール条約で、カシミール地方にはヒンドゥー教徒であるグラーブ=シングを藩主とする カシミール藩王国が成立した。 は、独立政権とは言え、外交権・軍事権を奪われ、イギリス人駐在官を通じて間接統治が行われ、イギリス植民地支配を補完する役割に過ぎなかった。 インド大反乱が起こったときもカシミール藩王国はイギリスに協力した。 カシミール藩王国の藩王はヒンドゥー教徒であったが、その住民の多く(70~80%)はイスラーム教(ムスリム)であった。 を主導したのは、宗教的寛容を説き、全インド一体としての独立を目指したが、ヒンドゥー教徒主体の運動に対するの不満が高まり、イギリスが分離独立を工作したこともあって、第二次世界大戦後のインドの独立は分離独立という結果となった。 そのため、インドとパキスタンの間でヒンドゥー教徒とイスラーム教徒がそれぞれの国に移住するという民族移動が一斉に展開され、その過程で衝突や家族離散などの悲劇が多発した。 その中で、から戦争につながったのがカシミール問題であった。 第1次カシミール戦争 1947年、ヒンドゥー教徒はインド、イスラーム教徒はパキスタンとしてとなったが、両教徒は棲み分けしていたのではなく、同一村落で共同生活していた人たちも多かったので、それぞれの居住区に分かれて移動しなければならないという大きな悲劇が生じた。 さらにカシミールは、藩王はヒンドゥー教徒だったのでインド帰属を決定すると、人口の4分の3にのぼるイスラーム教徒は、移動を拒否し、そのままパキスタン帰属を求めたので衝突が開始された。 独立したばかりのインド・パキスタン両軍も軍隊を派遣し、その年10月から第一次カシミール戦争が勃発した。 戦争は発足直後のが調停に乗りだし、1949年1月に休戦が成立した。 国連決議はカシミールの住民投票によって帰属を決定するとしていたが、インドはそれを受けいれず、カシミール帰属問題は棚上げされたまま、両国の軍事占領地域の実効支配の境界が事実上の国境となった。 1954年には中国のとの間でで合意し、紛争の平和的解決への期待が高まった。 しかし、ネルー指導のインドにとって、もう一つの国境問題としてが持ち上がった。 それは1959年のから、が深刻化した1960年代に、中国がインドのチベット支援を警戒する中で持ち上がったもので、東部のマクマホンラインと、西部のカシミールのアクサンティ地方までをインド領とすることに異議を申し立てたことから表面化した。 中国・インド両国は1962年に戦争状態に入ったが、インドはヒマラヤ山地での厳冬期での戦いに敗れ、ネルー政権は窮地に陥った。 パキスタンは好機と捉えて中国を支援、パキスタン=中国の国境問題を解決し経済協力関係を結ぶと、追いこまれたネルーは、非同盟主義を放棄し、アメリカに支援を要請せざるを得なくなった。 第2次カシミール戦争 インドが実効支配しているジャンム=カシミールの完全統合を宣言したことに対して、反発したパキスタンが1965年に攻勢を仕掛けて第2次カシミール戦争となった。 中国がインドに対してパキスタン側で参戦する最後通牒を出すなど、全面対決の危機となったが、国連の場での米ソの働きかけによって停戦となった。 アメリカは当時、の本格化に備えており、インド・パキスタン関係のこれ以上の悪化を望まなかったため、調停を働きかけたとされている。 この停戦によって両国の実効支配している範囲が固定され、停戦ラインが事実上の国境となった。 第3次カシミール戦争 インドとパキスタン両国は1971年に東パキスタンの分離独立問題から、第3次を起こしている。 この戦争で東パキスタンにいたパキスタン軍はインド軍の攻撃によって無条件降伏し、東パキスタンがとして独立することを承認した。 この実質的敗北はパキスタンの軍政批判を強め、75年にはパキスタン人民党のズルフィカール=ブットが大統領となって文政に移管した。 1972年、インドとパキスタンの首脳はシムラ協定を締結、71年12月の停戦ラインを実効支配の境界とすることで合意した。 しかし、それぞれの主張する国境内の主権を放棄することには至らず、カシミール帰属問題は本質的には未解決のまま現在まで続いている。 現在のカシミール問題 グーグルでみるカシミール地方の現状(第3次インド=パキスタン戦争後の実効支配と停戦ライン) 『世界各国史 南インド』山川出版 p. 472を参考に、Gougle Map 上にインド、パキスタン、中国の主張する国境と、停戦ラインを色分けして示した。 ただし概略を示すもので細部は正確ではない。 パキスタンと中国の間では国境協定が成立しており、紛争状態ではない。 両国の核実験 停戦が成立したものの、宗教感情の対立もあって両国関係はさらに悪化を続け、1974年にはを行い、さらに1998年にはインドの再実験とが相次いで実行され、あくまで自衛のためと称しつつ、核武装による潜在的対立が続いている。 その最大の争点が、カシミール帰属問題であり、インド・パキスタン・中国がそれぞれ領土を主張し、複雑に交錯しあっている(上図参照)。 ジャンム=カシミール州の反インド暴動 現在インドのジャンム(ジャム)=カシミール州は、ヒンドゥー教徒が多数を占めるインドで、唯一のイスラーム教が多数を占める州である。 この地は第2次カシミール紛争の際にインドが実効支配したもので、ジャンム=カシミール州として統治しているが、実態は多くの軍隊と治安部隊が「占領軍」として駐留し、イスラーム教徒住民の人権を侵害することが頻発し、しばしば衝突が繰り返されている。 2016年7~8月にも治安部隊と反インドデモ隊が衝突し、40日間で64名が死亡するという事態となっている。 事態を深刻にしているのは、現在のインドの中央政府を握っている(BJP)が、同州に特別な地位を与えている憲法条項を廃止し、完全併合を掲げていることである。 政府はヒンドゥー教徒の居住区建設を進めており、同時にBJPの支持母体である団体である民族義勇団(RSS)はイスラーム教徒に対する暴力とヘイトキャンペーンを続けている。 中央政府はイスラーム教徒の背後にはパキスタンからの越境テロリストが煽動していると非難しており、事態の解決への見通しは立っていないようだ。 NewS インド、カシミールの自治権剥奪 2019年8月5日、のモディ首相は、ジャム(ジャンム)=カシミール州に70年前から認めていた自治権を剥奪することを明らかにした。 ヒンドゥー教徒が8割を超えるインドで、ジャム=カシミール州だけは人口の大半がイスラーム教徒であるため、インド憲法によって一定の自治が認められ、外交・防衛・財政・通信を除く分野では州が独自の政治を行っていた。 今回の措置はこの規定を改正する大統領令をまず発表し、その上で憲法改正のための法案や決議案を議会に諮って可決される見通しで、改定されれば同州はインド中央政府の直轄統治とされることとなる。 インド人民党は「ヒンドゥー至上主義」をかかげ、この春の総選挙でもカシミールの自治を剥奪することを公約に掲げ、その結果として勝利したことから、モディ首相は「公約」を実行するにすぎない、と述べている。 また、インド国民の統合を阻むカシミールの自治権を剥奪するのは国民の悲願である、とまでいって正当化している。 さらにカシミールがイスラーム過激派や分離主義者のテロの温床になっているとして、テロ根絶のため、という理由もあげている。 しかし、カシミールのイスラーム教徒はモディ首相・インド人民党の狙いはインド政府の直轄州とすることによってヒンドゥー教徒がカシミールで土地を取得しやすくし、入植を増やすことにあるとして警戒している。 このインドの措置に対してパキスタンは強く反発、カーン首相はただちに声明を発表して、インドの動きに対しあらゆる対抗措置をとる、と牽制している。 しかし、州都スリナガルなどではインドの措置に反発する元州首相など有力政治家の拘束が始まっており、現地情報では軍と警察が町を制圧し、市民生活も自由を奪われているという。 それに対してパキスタン側のカシミールでは抗議活動が広がり、パキスタン軍も軍事境界線に部隊を結集させている。 パキスタンは国連でインドの措置を強く非難し、中東の友好国などに支援を要請しているが、インド政府は国際社会の批判は内政干渉であるとして一切受け付けないと表明している。 最も憂慮されるのは、核保有国である両国が、核兵器の使用に踏み切るのではないか、ということであるが、両国の防衛担当者も部分的な核兵器の使用の可能性を否定していないので、国際社会も警戒を強めている。

次の

印パ戦争をわかりやすく!世界史にないバングラデシュ独立の原因は?

カシミール 紛争

民族紛争 世界各地において民族紛争が発生しています。 センター地理では深い内容までは問われないが、それぞれの紛争の概要は知っておくといいです。 キーワード 連邦国家 多数の民族によって構成され定る場合、それぞれの民族に州・共和国などの支分国が与えられ、それらを単一の主権のもとに統合して形成された国家。 同化政策 国家が少数民族に対して、または本国が植民地民族に対して、自己の生活様式や思想、文化などに同化させようとする政策。 民族自決 各民族が、自己の政治組織または帰属を、ほかの民族や国家によって干渉されることなく、自ら任意に選択し決定すること。 民族浄化 ある特定の民族だけを保護、反映させるために、そのほかの民族を排斥、または虐殺すること。 カシミール紛争 カシミール地方カラコルム山脈の南にあり、標高は2000mで高山気候のために過ごしやすい気候の地域です。 この地域はインドに帰属するか、パキスタンに帰属するかが問題になり印パ戦争につながりました。 そもそもパキスタン、インド、バングラデシュは元々イギリスの植民地であり、1947年の独立の際にヒンドゥ教徒が多い国としてインドが、イスラム教徒つまりムスリムが多いくにとしてパキスタンとバングラデシュが独立しました。 カシミール地方はインドとパキスタンの境界に位置し、そこを統治していた藩王はヒンドゥ教、しかし住民の多くはムスリムであったため、インドに帰属するか、パキスタンに帰属するかで問題が生じたのです。 現在も停戦ラインを挟んで衝突が続いています。 スリランカの民族対立 チベット暴動 ラマ教を信仰するチベット民族は現在、中国の自治区を形成しています。 中華人民共和国が建国された翌年にそれまで実質的に独立国として存在したチベットを中国の領土にすると宣言し、軍隊を派遣しました。 このことにより大規模な暴動が起こり多数の死者、負傷者を出しました。 それまで漢民族はほとんどいませんでしたが、中国が漢民族に同化させる入植政策を進め、人口の半数が漢民族になっています。 ラマ教の最高支持者ダライ・ラマとは観音菩薩の化身として崇められ、亡くなると魂が他の人間に移り、再びこの世にダライ・ラマが誕生すると信じられ、現在のダライ・ラマは14世です。 暴動が起きた当時ダライ・ラマ14世は20代で、身の危険を感じてインドに亡命しました。 またそれ以降一度も故郷であるチベットには戻ってません。 しかし、ダライ・ラマの住居である「ポタラ宮」にはラマ教とたちの参拝が今なお続いています。 フィリピンのイスラム教徒独立運動 フィリピンはスペインやアメリカの植民地だった影響で公用語は英語、宗教はキリスト教です。 お隣の国インドネシアはイスラム教です。 インドネシアに近いフィリピンのミンダナオ島でイスラム教徒が多く、フィリピンからの独立を求めて武力紛争が起こりました。 フィリピンのミンダナオ島などに住むイスラム教徒のことをモロ族と呼びます。 東ティモール分離独立運動 東ティモールという国はポルトガルの植民地だった影響で宗教はキリスト教です。 その後1976年にイスラム教国家であるインドネシアに合併しました。 1999年に住民投票で東ティモールとして独立することが決まりました。 パレスチナ問題 アラブ人のイスラム教徒が居住していたパレスチナの地に、シオニズム運動によりユダヤ人が、1948年にイスラエルを建国しました。 周辺のアラブ諸国と紛争が繰り返され、いまなおパレスチナとイスラエルの間でテロ活動と報復攻撃などが絶えません。 クルド人独立運動 トルコ・イラク・イラン・シリアなどの国にまたがる地域にクルド人という人々が住んでいます。 彼らは独自の国家を持たない民族です。 移動の際に国境線を超えたり、それぞれ国の規則などが違ったり、各国の少数民族として迫害を受けたりしてクルド人にとっては不便です。 そこで独立したいのですが、領土を守りたいイラクやトルコなどの軍事弾圧が行われています。 キプロス問題 キプロスは地中海にある島国です。 島の北部にはトルコ系の住民が、南部にはギリシャ系の住民が多いです。 トルコはイスラム教、ギリシャはキリスト教なので国の南北で衝突が起こり、内戦状態となっています。 チェチェン共和国独立問題 世界最大の面積の国家であるロシアは連邦制をとる国家で、46の州・9の地方・2の市・21の共和国・1の自治州・4の自治管区から構成されます。 その中の一つにチェチェン共和国があります。 チェチェン共和国はイスラム教徒が多いため、ロシアからの独立運動を行いました。 ロシアはそれに対して弾圧し、イスラム武装勢力によるテロなどが起きました。 北アイルランド問題 1921年にアイルランドがイギリスから独立したとき、イギリスから移住したプロテスタントが多い北アイルランドはイギリスの領土のままになりました。 北アイルランドに住むカトリックのケルト系アイルランド人はアイルランドとの結合を望んでいます。 領土をめぐってテロ活動が起きました。 2005年に武装解除が発表されました。 ベルギーの言語紛争 ベルギーはフランスとオランダの間にある国です。 現在ベルギーの南部ではワロン語(フランス語)が公用語として使われ、北部ではフラマン語(オランダ語)が公用語として使われます。 かつてワロン語圏の経済的・支配的勢力が強かったのでワロン語が公用語でしたが、フラマン語圏の勢力が向上したため、対立の要因となっています。 ちなみに首都のブリュッセルでは公用語はワロン語とフラマン語の両方ということになっています。 バスク独立運動 スペイン北部のピレネー山脈地方にバスク人という民族が住んでいます。 彼らはスペインから独立するために過激派のバスク人がテロ活動をしています。 ユーゴスラビアの解体 ヨーロッパのアドリア海に面して、様々な民族が混在する地域がユーゴスラビア連邦という形で一つの国として存在していました。 チトーという独裁者がこの国を統治していましたが彼の死後、地域間での対立が悪化し、7つの独立国家に分かれました。 スロベニア、クロアチア、マケドニア、ボスニアヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、コソボ カナダ・ケベック問題 カナダのケベック州ではフランス系住民が8割を占め、カトリック教徒が多い。 カナダは元々イギリスの植民地なので英語、カトリック文化と対立し、ケベック州の独立運動が活発になりました。 そこでユニオンジャックの入った国旗を現在の国旗に変え、二語主義、二分化主義を進めています。 ルワンダ内戦 アフリカのルワンダとブルンジという国の周辺にはツチ族とフツ族とう民族が暮らしていてかつてツチ族がフツ族を支配し、王国を建設していました。 2つの共和国が独立して、王政が廃止されたことでフツ族が政権を握ることができました。 これに納得できないツチ族は隣国に亡命しました。 しかしツチ族とフツ族は共和制の下で、はじめから犬猿の仲というわけではなく、隣り合った地域に住んでいたり、結婚もしていました。 隣国に亡命していたツチ族は武力でルワンダの政権を奪うことを狙っていてルワンダに侵入し内戦に発展しました。 1994年4月6日フツ族出身のルワンダ大統領と同じくフツ族出身のブルンジ大統領を乗せた飛行機がロケット弾により撃ち落されました。 当時唯一の娯楽であったラジオの放送で、「大統領の死はツチ族の攻撃だ。 ツチ族を殺せ、さもないとフツ族が殺される。 」と放送されたため、これを聞いたフツ族の住民が近所に住むツチ族を刃物やこん棒で虐殺しました。 当時ツチ族かフツ族かを見分けるための身分証明カードのようなものがあったので、車の検閲のような雰囲気で車を止めさせ、ツチ族ならその場で車から下し、道端で殺すというようなことも発生し、ルワンダ内のツチ族100万人のうち数十万人が殺され残りは国外に脱出しました。 ビアフラ戦争(ナイジェリア) 石油資源に恵まれたニジェール川河口付近のイボ族が、1967年に連邦からの分離、独立を唱えてビアフラ共和国を立てました。 内戦となり旧ソ連とイギリスは連邦側を、アメリカとフランスはビアフラ側を支援して介入し、ビアフラ側は多くの餓死者を出し、1970年に降伏しました。 欧米の国の戦いが、ナイジェリアの中で現地の人たちを犠牲にして行われました。 武器を売って欧米国の利益をだし、自分たちは戦争に参加しないという形で内戦は進んで行きました。 受験合格には効率的な地理の勉強法が必須 地理の勉強をするときのポイントは「効率的に」勉強することです。 受験科目の配点割合を考えたとき、理系学生にとって地理の配点は最も低くなる科目になるからです。 そのため、受験合格を目指すのであれば、地理の勉強時間を節約し、数学や英語の勉強時間を増やした方が賢い戦略と言えます。 しかし、センター試験の地理問題はクセの強い問題ばかりであり、独学でセンター地理を攻略することが難しいです。 そこで、 スタディーサプリを利用すれば日本トップレベルの講師による分かりやすい授業を1. 5速などで見ることができるため、圧倒的に効率的な勉強法になります。 いつまでも紙とペンで勉強している真面目な学生は成績が伸び悩んでしまい、受験に失敗する可能性が高くなります。 そこで、以下のページでは理系のための効率的な地理の勉強法について解説しています。

次の

カシミール紛争、領有権争うインド・パキスタン・中国間で緊張高まる

カシミール 紛争

パキスタンで新たに就任したシャリフ首相は、インドとの対話に前向きな姿勢を示し、首脳会談を実現する方向で両国が調整を進めてきたが、こうした事態を受けてインド側では、会談に応じるべきではないとの。 一方、ジャム・カシミール州キシュトワルでは、イスラム教のラマダン 断食月 明けの祭り、イードルフィトルに当たる9日、カシミール地方の分離独立を求めるイスラム教徒住民がインド兵の死亡をたたえ、怒ったヒンズー教徒と衝突した。 暴動はジャムなど中心都市に拡大。 各地に外出禁止令が出されているが、一部住民はこれを無視して商店などに放火し、治安部隊と衝突した。 暴動による。 複数のインド陸軍当局者は、中国と領有権を争うカシミール地方のインド側に中国の人民解放軍が侵入し、と明らかにした。 インド軍も野営地の近くに部隊を駐留させ、双方のにらみ合いが続いているという。 ただ、同様の事案はこれまでも起きており、インド陸軍当局者は、境界の「認識の違い」が原因で、平和的に解決できるとの見方を示した。 インド政府は7月17日に開いた内閣安全保障委員会で、対中防衛力を強化するため、中国との国境付近を中心に約5万人の兵力からなる新たな軍部隊を。 は、インド北部からパキスタン北東部にかけての山岳地域。 農業・牧畜が行われ、カシミア織を産する。 風光明媚な山岳地帯であり、「」とも呼ばれてきた。 イスラム教徒が住民の多数を占めたが、藩王がヒンドゥー教徒だったため、1947年のインド・パキスタン分離独立時に帰属が決まらず、宙に浮いた。 やがて両国が領有権を主張して戦争に発展。 49年に国連の調停で停戦ラインが設けられ、両国に中国を加えた3カ国が。 インド支配地域にはジャム・カシミール州が、パキスタン支配地域にはギルギット・バルチスタン州とアザド・カシミール州があり、両国とも相手地域を含めての。 また、北東部アクサイチン 阿克賽欽 地区は中国が支配しているが、インドは認めていない。 インドは全域の領有を主張し、パキスタンは住民投票による帰属決定を求めている。 インド側では89年以降、分離独立を求める武装闘争が激化。 インド政府によると、死者は。 関連記事.

次の