矢沢 永吉 ヨコハマ uououo。 BODY'S

BODY'S

矢沢 永吉 ヨコハマ uououo

」 『向き合え。 感じろ。 震えろ。 これがYAZAWAのど真ん中』 矢沢永吉 7年ぶりの待望のNEW ALBUM「いつか、その日が来る日まで... 」発売! 走り続けるStill Rock Singer矢沢永吉がオリジナルNEW ALBUM『いつか、その日が来る日まで... 」を発売する。 矢沢がオリジナルアルバムをリリースするのは前作『Last Song』から7年ぶり、まさに満を持しての待望のNEW ALBUMリリースとなる。 メーカー・インフォメーションより <収録曲> 1. 今を生きて 作詞:伊秩弘将 作曲:矢沢永吉 2.魅せてくれ 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 3.愛しているなら 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 4.ヨコハマ Uo・Uo・Uo 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 5.海にかかる橋 作詞:なかにし礼 作曲:矢沢永吉 6.ラヴ・イン・ユー 作詞:馬淵大成 作曲:矢沢永吉 7.SEASIDE ROAD 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 8.稲妻 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 9.デジャブのように 作詞:伊秩弘将 作曲:矢沢永吉 10.いつか、その日が来る日まで... 作詞:なかにし礼 作曲:矢沢永吉 前作「Last Song」から約7年ぶりとなるオリジナル・アルバム。 2019年にデビュー47周年を迎えた矢沢が、ロックンロール&ロマンスを描くことに挑戦し続けた一枚。 感性に語りかける楽曲群は聴き所満載だ。 CDジャーナル データベースより.

次の

矢沢永吉 ヨコハマ Uo・Uo・Uo

矢沢 永吉 ヨコハマ uououo

」 『向き合え。 感じろ。 震えろ。 これがYAZAWAのど真ん中』 矢沢永吉 7年ぶりの待望のNEW ALBUM「いつか、その日が来る日まで... 」発売! 走り続けるStill Rock Singer矢沢永吉がオリジナルNEW ALBUM『いつか、その日が来る日まで... 」を発売する。 矢沢がオリジナルアルバムをリリースするのは前作『Last Song』から7年ぶり、まさに満を持しての待望のNEW ALBUMリリースとなる。 メーカー・インフォメーションより <収録曲> 1. 今を生きて 作詞:伊秩弘将 作曲:矢沢永吉 2.魅せてくれ 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 3.愛しているなら 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 4.ヨコハマ Uo・Uo・Uo 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 5.海にかかる橋 作詞:なかにし礼 作曲:矢沢永吉 6.ラヴ・イン・ユー 作詞:馬淵大成 作曲:矢沢永吉 7.SEASIDE ROAD 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 8.稲妻 作詞:いしわたり淳治 作曲:矢沢永吉 9.デジャブのように 作詞:伊秩弘将 作曲:矢沢永吉 10.いつか、その日が来る日まで... 作詞:なかにし礼 作曲:矢沢永吉 前作「Last Song」から約7年ぶりとなるオリジナル・アルバム。 2019年にデビュー47周年を迎えた矢沢が、ロックンロール&ロマンスを描くことに挑戦し続けた一枚。 感性に語りかける楽曲群は聴き所満載だ。 CDジャーナル データベースより.

次の

BODY'S

矢沢 永吉 ヨコハマ uououo

トーク 矢沢永吉 『ミュージックフェア』では9月7日(土)と9月14日(土)の2週に渡り、9月14日(土)に70歳の誕生日を迎える、ロックンロール界のレジェンド、矢沢永吉の特集をお送りする。 1973年当時のキャロル時代の数少ない貴重なテレビ出演映像から、ソロになってから幾度も出演した『ミュージックフェア』の過去出演映像まで、若かりし頃の矢沢の秘蔵映像満載でお送りする。 さらに、9月4日に発売の最新アルバム『いつか、その日が来る日まで... 矢沢一色のスペシャルな30分2本立てにご期待いただきたい。 キャロル時代の秘蔵映像公開! 9月7日(土)に放送する1本目は、2010年6月に発売されたアルバムから矢沢らしいロックンロール全開の楽曲『サイコーなRock You! 』で幕を開ける。 司会の仲間由紀恵、軽部真一アナウンサーとのトークでは、矢沢がキャロル時代に初めてテレビに出演することになったというフジテレビの番組『リブ・ヤング!』(1974年4月~1975年1月、毎週(金)23時20分~24時15分)について、出演に至るまでのいきさつや、プロの歌い手として生きていくことになった原点について熱く語る。 『リブ・ヤング!』に初出演した際の映像は残念ながら見ることができないものの、キャロルとして2度目に『リブ・ヤング!』に出演を果たした際の映像(1973年10月21日OA)には、キャロルを代表する楽曲『ファンキー・モンキー・ベイビー』を歌う若かりし日の矢沢が映っている。 久しぶりに見る自身の映像に、「これからやるぞ!という感じ。 バンドというのはこういう風に始まるんだな」と当時を懐かしんだ。 ニューグランドホテル 矢沢永吉 矢沢永吉がいつまでもかっこいい理由は!? 続いて矢沢70回目の誕生日当日となる9月14日(土)の放送では、メモリアルな日にふさわしくスタジオで司会の仲間、軽部アナから矢沢に真紅の大きな花束が手渡された。 70歳の誕生日を迎えた感想を聞かれると、矢沢は「信じられません」と一言、噛み締めるように答えた。 そして長寿番組『ミュージックフェア』ならでは、恒例の『ミュージックフェア』過去出演時の映像が登場。 番組初登場の1979年から、2014年の前回登場時の映像まで、長い歴史を通して進化していく矢沢の姿を見て、「男としてカッコよく年を重ねることができる秘訣は?」と司会の軽部アナが尋ねると、「本当になりたかった、歌を歌うという仕事を全うしようとしたことかな」と持論を答えた。 歌うのは、「南米のにおいが少しして、曲を書いたときから好きだった」という1992年のアルバムに収められた楽曲『長い黒髪』と、発売されたばかりで7年ぶりという最新アルバム『いつか、その日が来る日まで... 70歳という節目を迎え、「まだ歌えるまで歌うぞ、ステージに立つぞ」という今の思いがアルバムのタイトルに込められているという。 そして、待望のニューアルバム、最高の楽曲とともに、最高の映像が収録できました。 一方で、キャロル時代に出演された石田エグゼクティブプロデューサーの担当番組『リブ・ヤング!』の出演時の映像や、それ以降の貴重な過去出演映像もたくさんあり、どう編集しようか頭を悩ませています。 日本のキング・オブ・ロック、矢沢永吉さんの70歳をお祝いするにふさわしい、濃密な回になることをお約束します。 是非、ご覧ください。 2007年に前人未到の武道館100回公演を敢行。 2012年にはデビュー40周年を迎え自身初となるオールタイムベスト『ALL TIME BEST ALBUM』をリリース、オリコンウィークリーチャート1位を獲得。 2014年には、バンドのメンバーをオーディションで選抜、バンド「Z's」を結成。 大きな話題を呼ぶ。 2016年には、膨大なライヴ音源の中から厳選された32曲を収録したアルバム『LIVE HISTORY 2000〜2015』をリリース。 2017年「TRAVELING BUS 2017」と称し、20ヶ所26公演のツアーを行い、日本武道館公演回数も142回として最多記録を更新した。 2018年には69歳のアニバーサリーツアー「EIKICHI YAZAWA 69TH ANNIVERSARY TOUR 2018『STAY ROCK』」を敢行し、初の京セラドーム、3年ぶりの東京ドーム公演を行う。 なお、東京ドームでコンサートを開催した国内アーティストとして史上最年長公演の記録を持つ。

次の