あじにゅーす。 ロケットニュース24

あじ あん にゅーす

あじにゅーす

お店の味を自宅で楽しみたいときのサービスといえば、真っ先に思い浮かぶのがUber Eatsだろう。 ラーメンのような出前の定番はもとより、カフェチェーンのドリンクや配達してくれると聞く。 しかしご存じの通りUber Eatsのサービス圏は一定の人口を有する都市部に限られている。 日本の 多くの地域では、その恩恵を受けられないという事実があるのだ。 Uber Eatsなんてないわ……という地方在住の筆者にとっては、まだまだ 「お取り寄せ」の存在感が大きい。 特に最近では半調理済みの食材セット、いわゆるミールキットを愛用している。 今回は地方では珍しい二郎系ラーメン……ならぬ「二郎系冷やし中華」をお取り寄せで食べてみた。 皆さんは水茄子をご存じだろうか。 まあ、その辺のスーパーで普通に売られている茄子の品種の一つである。 よく漬物にされており、過去にはこともあるようで、きっとどこかで食べていると思われる。 全くレアな存在ではない。 筆者も水茄子は知っていたし、恐らくどこかで食べたこともある……とは思うが、「 つまりは茄子でしょ?」的な感想しか抱かず、特別な関心を抱いたことは無かった。 しかし、先日ふと「水茄子は普通の茄子とどう違うんだろう」と疑問に思い、Wikipediaを閲覧。 そこで「水分を多量に含んでおり、 ほのかな甘みもあって生食が可能である」との記述を発見した。 えっ、それってほぼフルーツじゃん? マジなのか? 急速に気になりだしたので、 生で丸かじりしてみることに。

次の

あじあニュース2ちゃんねる

あじにゅーす

沖ノ鳥島の排他的経済水域内で、海洋調査を続ける中国に日本政府が抗議したことに対し、中国政府は「島ではなく岩だ」と主張しました。 中国外務省・華春瑩報道局長:「(海洋調査の)理由は簡単です。 とても簡単です。 国連海洋法条約に基づけば、沖ノ島礁は『岩礁』であり『島』ではないからです」 中国外務省は会見で沖ノ鳥島は「岩」だと主張し、「排他的経済水域や大陸棚を有するべきではない」としました。 さらに、中国船の調査は「公海における調査権の履行であり、日本の事前許可を必要としない」と述べました。 中国の調査船は沖ノ鳥島の排他的経済水域内で日本側の抗議にもかかわらず、同意を得ないまま活動を続けています。 濁流による堤防の決壊、家屋の浸水といった被害も出ており、多くの住民がボートやいかだに乗って避難している。 中国政府によると豪雨による死者・行方不明者は少なくとも141人に上り、7月だけでも1500万人近い人々が避難を余儀なくされている。 経済的損失も甚大だという。 400以上の河川で水位が警戒レベルを超え、一部の河川では過去最高の水位を記録。 当局によると、記録的水位が確認された期間には長江流域において1961年以降で最大の平均雨量が記録された。

次の

人間のクズが作っている「あじあにゅーす2ちゃんねる」

あじにゅーす

今日に至るまで犯人はわかっておらず、世界で最も有名な未解決事件として知られていたが、DNAの解析により、ついに犯人の正体が明らかとなった。 Journal of Forensic Sciencesに掲載された法医学調査報告書によると、切り裂きジャックは当時23歳だったポーランド人理髪師アーロン・コスミンスキーであることがわかったという。 切り裂きジャックはロンドンのホワイトチャペル地区で1888年8月から11月までの間に、少なくとも5人の売春婦を惨殺したとされる。 犯罪歴、精神病歴があり、ひどく売春婦を憎んでいたコスミンスキーは100年以上前に容疑者として浮上。 しかし決定的な証拠に欠け、1919年に強制入院先の精神病院で死亡している。 2014年に切り裂きジャック研究者のラッセル・エドワーズが真犯人の本命として名指ししたが、当時は確証がなかったため断言はできなかった。 切り裂きジャックは、1888年8月31日から11月9日の約2ヶ月間にロンドンのイーストエンド・オブ・ロンドン、ホワイトチャペルで少なくとも売春婦5人をバラバラに切り裂き、殺人を実行したが逮捕には至らなかった。 署名入りの犯行予告を新聞社に送りつけるなど、劇場型犯罪の元祖とされる。 当時の定義づけによる精神病患者から王室関係者まで、その正体については現在まで繰り返し論議がなされているが、1世紀以上経った現在も犯人は不明。 切り裂きジャックは売春婦を殺人の対象に選んだ。 犯行は常に公共の場もしくはそれに近い場所で行われ、被害者はメスのような鋭利な刃物で喉を掻き切られ、その後、特定の臓器を摘出されるなどした。 そのような事実から解剖学的知識があるとされ、ジャックの職業は医師だという説が有力視されている。 しかし近年、最新のプロファイリングにより肉屋であるという説も有力とされた。 「切り裂きジャック」の正体が明らかになる【写真】 英国人のデイビッド・ブロック氏が、「切り裂きジャック」として知られる19世紀末に発生した 連続殺人事件の犯人とみられる人物を特定した。 ブロック氏は、書籍「The Man Who Would Be Jack(ジャックかもしれない男)」で、 「切り裂きジャック」の正体は、トーマス・カトブシュという男であり、その墓はロンドンの ナンヘッド墓地にあると書いている。 「切り裂きジャック」は、1888年から1891年にロンドンのホワイトチャペル地区で 少なくとも5人を殺害した。 連続殺人の犠牲者となったのは、地元の売春婦たちだった。 ロンドン警察は犯人を特定することができず、未解決事件となった。

次の