有名店 チャーシュー レシピ。 有名店の人気メニューの再現レシピ!自宅で完コピ!

あの極秘レシピを公開!有名家系ラーメンを自宅で作る方法

有名店 チャーシュー レシピ

ラーメン屋で実際に作っているチャーシューのレシピを元に、家庭でも作れるチャーシューのレシピを紹介しています。 プロの作り方を参考においしいチャーシューを作るコツなどを説明していきます。 チャーシュー作りの豆知識もあります。 レシピ・作り方 ラーメンに入れるチャーシューの基本的なレシピを紹介します。 実際にラーメン屋さんで作られているレシピです。 自宅でチャーシューを作る時の参考にしてみてください。 材料として用意するものは豚バラ肉塊 半身ブロック・約1㎏。 チャーシューのタレ用の調味料に醤油 500㏄ とみりん 750㏄ を使います。 ほかに肉を縛るタコ糸を用意します。 タコ糸は太い方が良いので10号ほどのものがあると良いです。 それでは作り方です。 まずは豚肉の処理を行います。 半身ブロック肉は前後2分の1に切り分けます。 このとき脂身が均一に入っていないところがあれば取り除いておきましょう。 切り分けたバラ肉は折りたたみ、上下の端肉は切り落とします。 お肉を巻いた時に全体の太さが均一になるように前後左右を切り揃えておきます。 次に肉をタコ糸で巻きます。 この工程は肉の煮崩れ防止の意味があります。 タコ糸を巻く時は中心を縛ってから前後左右に糸を巻き付けていきます。 きっちりと最後まで力を入れて縛ってください。 巻き終えたら両端からはみ出した肉を切り落として成型します。 これで煮込む前の下準備は終わりです。 豚肉は寸胴鍋 家で作るなら普通の鍋でも にいれて、ラーメン用のスープで煮込みます。 およそ2時間。 お肉を煮こんでいる間、スープは沸騰させないようにします。 火が通る前のお肉は鍋の底に沈んでいますが、肉に火が通ると自然と浮かんでくるので、ここで火の通りを確認します。 一度取り出してから、肉の中心に竹串などを刺します。 火が通っていれば透明な肉汁が出てきます。 赤い汁が出てきたら、まだ十分に火が通っていないので、もう少し煮込んでください。 火が通ったお肉はスープの入った鍋から取り出して、味付け用のチャーシューのタレに素早く移します。 ラーメン屋ではこのたれは継ぎ足し継ぎ足しで利用されていて肉の旨みが溶け込んでいる、いわゆる秘伝のタレを使っていることも多いです。 チャーシュータレはお鍋に醤油とみりんを入れたものを沸騰させてアルコールを飛ばします。 10分ほど煮込めば大丈夫です。 ラーメン屋ではチャーシューの仕込みで減った分を継ぎ足しながら使います。 継ぎ足していく内に味にまろやかさやでて旨みが増します。 タレの入った鍋に肉を移したら、ひたひたに浸かるようにして10分ほど弱火にかけます。 火を止めたら蓋をして、ゆっくり冷ましながら寝かしておきます。 味が良く染み込むように一晩は置いた方がよいでしょう。 じっくり寝かせたらチャーシューの完成。 あとはタコ糸を外して終わりです。 いかがでしたか。 ラーメン屋さんが作っている煮豚のレシピをご紹介しました。 家でチャーシューを作る時の参考にしてみてください。 おいしくなるコツと豆知識 ラーメンチャーシューの基本の作り方を紹介しました。 実際にラーメン屋さんで作られているレシピを元に、自宅でもおいしく作れるコツや、チャーシューの作り方の豆知識も紹介します。 まずは使う豚肉について。 豚肉は冷凍していないものを使うようにしましょう。 冷凍肉は硬くなりやすいです。 バラ肉はお店によっては最初からロールに巻いてあるものもあります。 タコ糸でうまく巻けないのであればこれを使っても良いです。 ただ脂身が均一に入ったワンランク上のチャーシューを作ろうと思ったら、ブロックを1本買ってしまうのがおススメです。 切り落とした端肉は別の料理にも使えますし、ブロック肉から質の良い部分を切り出して作ると、よりおいしいチャーシューが作れます。 お肉を煮こむ時、ラーメン屋では出汁をとったラーメンスープで煮込んでいましたが、自宅で作る時にお肉を柔らかく煮込むポイントを紹介します。 タコ糸を巻き終えたお肉はフォークなどで穴をあけておきます。 大き目の鍋にお肉を入れて、一緒にくさみ取りのための生姜やにんにく、ネギの青い部分などを入れます。 生姜やニンニクは1かけらほど、ネギは10cm程度のものがあれば良いです。 ほかにも冷蔵庫に余っている野菜の切れ端などを加えると出汁が出るのでおいしくなります。 お肉と野菜を入れた鍋に、肉がひたひたに浸るほどの水を入れて火にかけます。 これで2時間~3時間ほど弱火にかけてコトコトと煮込んでください。 途中ででるアクはていねいに取ります。 煮込んだらレシピと同じようにチャーシュータレに漬け込んで味を付けます。 チャーシューをおいしくするために欠かせないのは、味を付けた後の寝かせる行程です。 冷めていく過程で味が染み込むので、タレにチャーシューが浸かっている状態で、じっくりと寝かせます。 密閉袋などに移して冷蔵庫にいれて寝かせても大丈夫です。 保存する時はタレに漬けて冷蔵庫にいれておけば数日大丈夫です。 チャーシューを食べる時は温める前に、冷えたままで切り分けるとキレイに切ることができます。 さらに保存は冷凍保存も可能。 使いやすいサイズに切って、汁ごと密閉袋にいれて冷凍しておきます。 汁ごと冷凍しておいたほうが、解凍した時のパサつきを防ぐことができます。 いかがでしたでしょうか。 ラーメン屋のチャーシューというと一見難しそうですが、お肉をタコ糸で縛る以外は難しい行程もないですし、材料や調味料も普通に家庭で揃うもので作れます。 保存もききますし、一度作ってみてはどうでしょうか。

次の

一生で一度は食べてみたい!有名店の焼き豚3選

有名店 チャーシュー レシピ

誰もが絶賛する有名店のチャーシューがあります。 決して自宅では作れないすごく美味しいチャーシュー。 そんな、一生に一度は食べたい有名店3つのチャーシューをご紹介。 焼き豚の名店その1「肉のたかさご」 沖縄の「あぐー豚」や、北海道の室蘭名物として有名な、豚なのに「やきとり」、横浜中華街、神戸中華街など日本全国に焼き豚の有名な場所や店があります。 各店、各地域、豚肉の素材や味付け方法に思考を凝らしていますが、一生に一度は食べておきたいと人気の、東京はもちろん関東を代表するといっても過言ではない「肉のたかさご」の焼き豚は外せません。 地下鉄大江戸線の月島駅すぐにある佃島で創業60年の老舗精肉店として有名な「肉のたかさご」。 ショーケースにズラリと並ぶ精肉のとなりには唐揚げやコロッケ、メンチカツなどの揚げ物からローストビーフまで多彩に並びます。 肉の仕入れに自信のある店だけに、もちろんどのメニューも美味しさは格別で全国から買いに来るファンもいますが、とくに評判なのが焼豚。 毎朝10時にできたてのアツアツが店頭に並びます。 毎朝10時にできあがる焼豚は、数量限定で真空パックをしていないのでできるだけ早めに味わうもの。 できたての美味しさはまた格別で、この焼豚を求めて、毎朝行列ができるほどです。 「肉のたかさご」には、日持ちのする真空パックに入った焼豚もあります。 こちらは冷蔵した場合は常温に戻してスライスしたり、真空パックごと湯にくぐらせて少し温めていただくといいでしょう。 アルミホイルに包んで、オーブントースターで10~15分焼いてもできたての味に蘇ります。 ただし、絶対にしてはいけないのが電子レンジでの加温。 風味が損なわれ、肉質も固くなってしまいます。 電子レンジを使うのであれば、必ずオーブンモードに切り替えることが必要です。 コクと深みがあり、味付けもしっかりとしている「肉のたかさご」のチャーシューは万能食材として、さまざまなアレンジメニューが楽しめます。 おすすめの美味しい味わい方としては、急な来客でも切るだけで簡単ゴージャスな一皿になるオードブルや、おつまみの定番「ネギチャーシュー」。 スライスして、茹で卵や付け合わせ野菜などと一緒に彩りよくお皿に盛るだけで、お洒落で本格的なおつまみになるでしょう。 食パンやバンズにチャーシューと一緒にトマトやレタス、キュウリなどを挟んでサンドイッチやハンバーガーに。 カレーやシチュー、オムライス、野菜サラダなどに入れて洋風料理として使っても、意外と相性はバツグンです。 もちろん、ラーメンやチャーハンにもなくてはならない存在。 「肉のたかさご」のチャーシューが入っているだけで、インスタントラーメンだって格別なものとなるでしょう。 焼き豚の名店その2「肉の御嵩屋」 全国各地に焼豚の有名店がありますが、東海地区を代表するチャーシューといっても過言ではないほどの人気店が、岐阜県八百津町にあります。 テレビや雑誌でもよく取り上げられる「肉の御嵩屋」は、創業昭和元年。 70年以上の歴史を持つ店で、御年70歳を超える女将が焼き場に立ち、昔ながらの秘伝の製法と味付けにこだわります。 ネット通販でも人気の炭火焼豚も創業当時からの定番メニューで、有名ネットサイトでも上位にランクインしています。 「肉の御嵩屋」の自慢の焼き豚は、素材から一つひとつ吟味し、ていねいに作り上げています。 地産地消にこだわり炭火焼豚に使用する肉は、岐阜県の食肉組合で選ばれた岐阜県産の豚肩ロースのみ、調理過程に必要な野菜などもできるだけ地元のものを使用します。 コクと深みのある味付けが美味しいと評判のチャーシューで、その味付けには、創業明治24年の「味噌平醸造」の本樽仕込みの醤油を使います。 またチャーシューを焼き上げるのに使用する炭まで岐阜県産に徹底。 岐阜県の山奥で営むベテラン炭職人に依頼して「肉の御嵩屋」の焼豚に合うように作ってもらいます。 この炭が、あの香ばしい焙りの香りを出しているのです。 「肉の御嵩屋」の焼豚の特徴は、冷たい状態でも柔らかいこと。 真空パックに入っており、冷蔵庫で保存して食べる時に切りますが、冷たくても包丁の入りがよく、その柔らかさには驚くほど。 よく中華街などで人気の中国人の作る焼豚は、もちろん本格的で美味しいのですが、冷蔵庫で冷やすと固くなるのが難点。 オーブンやお湯で温め直さなければなりません。 炭焼焼豚は、切ってそのままおつまみとして味わうのもよし、相性のいいネギチャーシューにするのもよし、チャーハンやラーメンのお供にするのもよし、オムレツやシチュー、スープなどに入れて洋風料理で味わうのもよし。 しっかりとした味付けなので、万能食材としてさまざまな用途で使用できるのが魅力です。 レンジで30秒ほど温めるとさらに柔らかくなるので煮込み料理など、しっかり火を通す調理をしてもいいでしょう。 製造日より1か月半ほどは日持ちがするので、常備食としておいて、忙しい日の夕食や食材のストックがないときに、焼き豚を細かく切ってネギを散らして、温めたタレをかけて、お手軽チャーシュー丼などもいいでしょう。 こだわり醤油の香ばしいタレがよくご飯に絡みついて、極上のチャーシュー丼になるはずです。 焼き豚の名店その3「もりせん」 横浜中華街や神戸元町中華街、沖縄のあぐー豚、北海道室蘭の豚のやきとりなど全国各地に焼豚の名店があります。 今やその場所に行かなくてもネット通販で簡単に買える時代ですが、現地へ行ったならせっかくなので自分用に購入したり、お土産にも喜ばれます。 備後地域に行く機会があれば、ぜひおすすめしたいのがあまりにも有名な広島県福山の「もりせん」。 全国の百貨店やスーパーの物産展でもよく見かける、全国的な有名店です。 「もりせん」は炭焼焼豚と肉味噌の専門店で、炭焼焼豚は、厳選した国産の生の豚肉のみを使用し、秘伝のタレに漬け込み、炭火でしっくりと焼き上げてあります。 余分な脂を落とし、旨みをギュッと凝縮させた焼豚は、チャーシュー特有の脂が濃厚なタイプではなく、脂身が少なめであっさりとした味わい。 豚肉本来の味を楽しめる逸品です。 早めに食べなければなりませんが、保存料や防腐剤などを使用していない安心安全なのも魅力です。 「もりせん」の炭火焼豚は、冷蔵庫から出して常温に戻し、真空パックから出してそのまま薄くスライスして、おつまみやオードブルとしても焼豚本来の味を楽しめます。 真空パックのまま、80度くらいのお湯で5分ほど温めても柔らかな食感が堪能できます。 ネギとからしを添えて、ネギチャーシューもお酒の肴にぴったりの一品です。 細かく千切りや角切りにして、サラダや素麺の具材に、チャーハンに入れるのが定番の楽しみ方。 「もりせん」の焼き豚は肉の旨みを存分に味わえながら、意外とあっさり。 その味わいは洋風の料理にも合います。 例えばレタスやトマトなどと一緒に挟んでサンドイッチにしたり、ボルシチやポトフ、シチュー、カレーライス、オムライスなどにもおすすめです。 もちろん、ラーメンにはたっぷりと並べて、本格チャーシューメンに。 インスタントラーメンも「もりせん」のチャーシューを入れると特別なものになるでしょう。 しっかりと味付けがされているので、そのほかには薬味などの万能食材として使っても便利でしょう。 焼豚の食べ方として「もりせん」でも一番人気なのが、焼豚丼。 付属のタレに焼豚を絡めながらフライパンでこんがり温めて、熱々をご飯の上にたっぷり。 豚バラのとろける脂身と極上のタレがよくご飯と絡みつく絶品の味わいが楽しめます。 お好みで白髪ねぎや海苔を添えて、また半熟卵や目玉焼きをのせても美味しく味わえます。 忙しい日の一品に便利な焼豚は冷蔵庫に常備しておくといいでしょう。

次の

【ヒルナンデス】レンジ烏龍チャーシューの作り方をリュウジさんが紹介、ウーロン茶で!低糖質アレンジ料理レシピ(7月13日)

有名店 チャーシュー レシピ

監修:【オー・ギャマン・ド・トキオ】の木下威征シェフ• 辻調理師専門学校を首席で卒業しフランスへ留学。 三ツ星レストランで働き、帰国後は池袋のホテルを経て【AUX BACCHANALES】に入店。 5年の修業を経て、パートナーと【モレスク】を開店。 その後独立し、2008年【オー・ギャマン・ド・トキオ】を開店。 現在は5店舗のオーナーとして店を切り盛りしている。 一度魚の骨を焼き、香ばしさを加えた上で出汁をとるのがポイント! ご飯は白米ではなく、酢飯を合わせる寿司屋ならではの絶品カレーです。 監修:【ナベノ-イズム】の渡辺雄一郎シェフ• 大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、同フランス校に進学。 リヨン【ラ・テラス】、東京【ル・マエストロ・ポール・ボキューズ】を経て恵比寿の【タイユヴァン・ロブション】へ。 以降、21年間ロブション・グループに勤務し2004年からエグゼクティブ・シェフとして活躍。 2016年【レストラン・ナベノ-イズム】開業。 木下シェフが20歳の頃、お店のまかないで作って好評だった自慢の料理です。 ビールのアテにもぴったりな、和と洋が融合した一品です。

次の