サウジ アラムコ 時価 総額。 サウジアラムコの時価総額、一時2兆ドル到達

サウジアラムコの企業分析【フォーチューングローバル500企業の強み・ビジネスモデルを徹底解説】

サウジ アラムコ 時価 総額

時価総額世界NO1のサウジアラムコ サウジアラビアの国有石油会社であるサウジアラムコが2019年12月5日にIPO 新規株式公開 を発表。 サウジアラムコというのは、 サウジアラビアの石油を製造している企業となっています。 企業価値を2兆7900億円に設定してIPOをしたことで有名です。 2兆7900億円というと 世界の企業の中でも1番大きい時価総額となります。 この数値は、世界のどの企業よりも上回っていて、 アップルが約6兆円・googleは3兆円なので、この超大手企業2社を足しても超えられないような利益となっています。 オイルマネーを握るオイルメジャー 今から100年前、石油は1番重要な資源となっていました。 第一次世界大戦と第二次世界大戦の間に、世界の石油需要が急増したからです。 内燃機関の発明がその主な原動力でした。 特にフォードのモデルTといった自動車が人気を集め、石油への需要を更に高めました。 ですので、石油を抑えた企業や国が世界を制する状態となっていました。 ご存知のとおり、 中東は化石燃料が沢山眠っている地域ですが、 実際のオイルマネーを握っているのは欧米諸国の石油メジャーと言われるような大企業でした。 石油メジャーで現在も存続している企業としては、【 ロイヤルダッチシェル・エクソンモービル・シュブロン】といった名の企業がこの当時から現在に至るまで続いております。 石油を牛耳ていた石油メジャー 昔は 石油メジャーが世界の石油を牛耳っていました。 当時はこれだけ重要なオイルの価格決定権を石油メジャーが持っていましたから、経営の才能が無い人でも簡単に儲かっていたそうです。 そんな中、とあるアメリカの石油会社が、サウジアラビアには石油が大量に埋蔵していたのを地質調査で知ったため、サウジアラビア政府にけしかけました。 油田を開発させていただき、もし上手く油田が開発でき、そこから出た利益は折半でやりましょう。 という形で イブン=サウード国王とスタンダード・オイル・オブ・カリフォルニアと石油利権協定を結んで、設立されたのが アラビアンアメリカンオイルカンパニー アラムコ と呼ばれる企業の原形です。 ( 元々の名称はカ リフォルニアアラビアンスタンダードオイルカンパニー カリッツ です。 ) OPEC誕生後のオイルメジャー 時代が流れ、 オイルメジャーに対抗して始まったOPECが誕生したことにより、オイルメジャーの力が弱まってきて、OPECが自分達の石油価格を決定するようになりました。 現在では 市場原理 欲しいひと・売りたい人の価格 で公平な価格決めがなされるようになっています。 経済開発協議会と言われるサウジアラビア政府の管轄がOPECを管理しており、 ムハンマド ヒルサルマージ皇太子が、その議会の議長を務めています。 ムハンマド ヒルサルマージ皇太子のビジョン サルマン皇太子は ビジョン2030を掲げています。 困難であったシェール層からの石油や天然ガスの採掘が技術的に可能になったことにより、様々な国でも石油や天然ガスが採掘されるようになったり、石油を用いない電気自動車や再生可能エネルギーといった物が当たり前の世の中になれば、当然のことながら、石油価値は目減りします。 こういった経済的に不安定な状態を打開するために、ITといった別の産業を発展させ、サウジの経済を安定させるために、アラムコ上場によって外部から多額の資金を集め、様々な業界に投資をして伸ばしていきたいといった背景があります。 まとめ 2020年1月には、3兆2230億円相当を誇る時価総額にまでのびました。 その後、2020年3月8日にはじめてIPO価格を下回りました。 8日までの約3カ月間で時価総額の40兆円減少しました。

次の

サウジアラムコ

サウジ アラムコ 時価 総額

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが11日、サウジ証券取引所(タダウル)に新規上場した。 初値は35.2リヤル(9.39ドル)。 ただサウジのムハンマド皇太子が目指していた2兆ドルには届かなかった。 米エクソンモービル の時価総額は3000億ドル弱。 米アップルAPPL. Oの時価総額は1兆2000億ドル。 アラムコ株は、今日と明日2日連続で10%値上がりすれば、時価総額が2兆ドルを超える。 先週の新規株式公開(IPO)では256億ドルを調達。 調達額は、2014年に上場した中国の電子商取引最大手アリババ の250億ドルを上回った。 タダウルは、アラムコの上場により、上場企業の時価総額ベースで世界10位以内の証券取引所となる。 アラムコの株式公開は、海外投資家の反応がいま一つで、主に国内・域内の投資家が発行済み株式の1.5%を購入した。 フランクリン・テンプルトン・エマージング・マーケッツ・エクイティのマネジングディレクター、Bassel Khatoun氏は「新規公開は成功した。 サウジアラビア経済の最も重要なセクターに投資することが可能になり、国内市場の厚みが増した」と指摘。 「アラムコが今回の国内上場をテコに、最終的には海外上場を果たすことを期待する」と述べた。 アラムコ株は、オープニング・オークション(板寄せ)の時間を延長したため、市場の取引開始から30分後に取引が始まった。 出来高は取引開始1時間以内で7億6680万株に上った。 アラムコ株は翌週までにタダウル全株指数. TASIに採用される。 月内にはMSCIやFTSEの指数にも採用される予定で、アナリストは、特にインデックス型ファンドの買いが入ると予想している。 バーレーンの証券会社SICOのリサーチ責任者は「アラムコ株の好調な滑り出しに意外感はない。 域内の大半の運用会社は割り当てられたアラムコ株が少なかった。 買い注文が売り注文を大幅に上回るのは自然だ」と指摘。 「MSCI指数とFTSE指数への採用で、来週からはQFI(適格海外投資家)の買いも入るだろう。 下値がさらに切り上がる可能性もある」と述べた。 ダルマ・キャピタルのZachary Cefaratti最高経営責任者(CEO)によると、アラムコ株を保有する国内個人投資家は、取引初日から6カ月間、株式を保有すれば10株につき1株、最大100株を割り当てられる。 これが売りを抑制する要因になる可能性がある。 アルラジ・キャピタルによると、アラムコ株がタダウル全株指数に占めるウエートは9.7%と、浮動株比率の高いアルラジ銀行 の14.6%に次いで2位となる見通し。 アラムコは、石油輸出国機構(OPEC)プラスの協調減産で原油高が進む中、株式市場への上場を果たした。 当初はニューヨークやロンドンなどでの投資説明会も予定していたが、海外投資家の反応がいま一つだったため、国内市場にのみ上場することを決めた。 ロイターがペルシャ湾岸地域以外の大手資産運用会社26社を対象に実施した調査によると、大半のアクティブ型ファンドは、企業統治・環境問題・地政学リスクなどに対する懸念を理由にIPOへの参加を見合わせる公算が大きいと回答していた。 アラムコ株は、今月17日にMSCI新興市場指数に採用される見通し。 アラムコは、IPOに参加した投資家の名前を明らかにしていないが、関係筋によると、アブダビ投資庁やクウェート投資庁などがアラムコ株を購入した。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

『サウジアラムコ』時価総額1兆8770億ドル。アップルの1.5倍 世界最高額が目指す世界は何?(神田敏晶)

サウジ アラムコ 時価 総額

原油(WTI先物)高止まり。 主要株価指数の高止まりなどで。 金反発。 ドルインデックスの反落などで。 1,475. 上海ゴム(上海期貨交易所)反落。 上海原油(上海国際能源取引中心)反発。 20年02月限は466. 金・プラチナの価格差、ドル建てで536. 5ドル(前日比9ドル拡大)、円建てで1,877円(前日比3円縮小)。 価格の関係はともに金>プラチナ。 東京市場は以下のとおり。 以下の資料のとおり、サウジアラムコの株価は取引開始2日目にあたる12日、一時38. 7リヤル(約10. 45ドル)をつけ、同社の時価総額は約7兆リヤル超(ドル換算で2兆ドル超)を達成しました。 2016年にムハンマド副皇太子(現皇太子)がサウジアラビアの経済改革「ビジョン2030」を打ち出した際、改革を推進する上で必要な資金を調達する手段として、同国国有の、世界最大の生産量を誇る石油会社サウジアラムコの株式(一部)を公開することを表明。 基盤を築く期間が終了することもあり、2019年中にアラムコのIPOを実現する必要があった、なおかつ、同社の時価総額を2兆ドルにする必要があったとみられます。 今では、この2つは達成しましたが、達成したが故に、今後、透明性が高い情報を開示し続けること、そして2兆ドルを維持するために株価を支えることの2点が求められるようになったわけです。 特に時価総額を維持するためには、やはり原油相場が堅調に推移することが非常に重要だと筆者は考えます。 来年3月の次回の総会で、減産をさらに強化・延長するなどの判断下され、原油価格が上昇すれば、アラムコの時価総額が安定的に2兆ドルを超える可能性があります。 今回、一時的にアラムコの時価総額は2兆ドルに到達しましたが、本番はここからなのだと思います。 図:サウジアラムコの株価、時価総額など 出所:サウジアラムコの資料などをもとに筆者作成 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の