台湾 オードリー タン。 台湾当局のデジタル行政はなぜ先進的なのか、オードリー・タンIT担当大臣が語る

唐鳳(オードリータン)の台湾マスク政策とは?神対応の天才IT大臣の経歴も調査

台湾 オードリー タン

また、 IQ180もある人としても有名で、タン氏は米国の外交政策研究季刊誌『Foreign Policy』で 「世界の頭脳100」に選出されたことがあります。 タン氏は 8歳からプログラミングを学び始め、 15歳の時にはもう中学校を中退し、IT企業を起業していたそうです。 15歳までに起業できるほどのプログラミングの知識を身につけたなんて、どうやって勉強したのか知りたい所ですよね。 また、タン氏は トランスジェンダーであることも公表しています。 20歳の頃にホルモンの濃度検査を行い、中性的な結果が出たそうです。 マスクの持ち出し・転売を禁止する• 薬局にあるマスクのデータをインターネット上に公開する• マスクの購入を実名制にする• 1 人あたり 1 週間で 2 枚までの購入に制限する• デマの情報を信じないよう注意喚起のメールを配信する• バスやタクシー運転手など必要な人に行きわたるよう優先的に届くよう情報を発信する• ダイヤモンドプリンセスの乗客の下船してから訪れた場所を公開する 日本と同じように、台湾でもマスクの在庫不足は深刻な問題となっていました。 そこで、マスクの購入を 実名制にすることで、マスクの高額な転売を防ぎました。 他にも、国内の薬局のマスクの在庫状況の情報を公開したそうです。 これをしたことによって、民間のITエンジニアがマップ上にそのデータを埋め込み、どこでマスクが手に入るのかが一目でわかるアプリを無償で開発しました。 これらの政策を早い段階でしたことによって、台湾は アジアの中では感染者がかなり少ないです。 厳しい規制によって最初は国民からの批判がありましたが、だからと言って政策を変えずに批判を受けながらも国民を守ろうとしたことがすごいと思います。 日本ではマスクの生産量を増やすといった対策をとっていますが、転売をなんとか防止しなければ供給量が増えても本当に必要としている人のもとに届かないかもしれません。 オードリー・タンの経歴と性別について オードリー・タン氏は、2016年9月、蔡英文総統の下で史上最年少(当時35歳)で閣僚となり、話題になりました。 それだけではありません、中卒の人として初、そしてトランスジェンダー(MTF)としても初、同時に世界初のトランスジェンダーとして初の閣僚となり、初物尽くしの閣僚の誕生だったわけです。 そんな天才プログラマーでもある、 オードリー・タン氏の経歴を詳細に調べていきます。 新聞記者出身の両親のもとに生まれる• IQ180と天才級の頭脳を持ち、8歳からコンピュータプログラミングに関心を持つ• 14歳の時に中学校を離れ、独学を選択• 15歳で起業し、プログラミング言語「Perl(パール)」発展に寄与• 20歳の時に、男性ホルモンの濃度を検査して、ほぼ男女の中間だと判明• 24歳の時、 性別適合手術を受け、名前も唐宗漢から唐鳳に変更• その後、台湾内外のIT企業の顧問や米アップル社のコンサルタントとして活動• 35歳で、台湾政府の閣僚に抜擢 幼少期は、あまりにも早熟だったため、かえって学校に適応できず、同期から「お前さえいなければトップなのに」と殴られたこともあったそう。 世界に知られるきっかけは、15歳の時に、プログラミング言語「Perl(パール)」発展に寄与したことで、IT業界では誰もが注目する天才として認められました。 プログラミング言語「Perl(パール)」とは、世界的に使われているオープンソースのプラグラミング言語のこと タン氏は20歳の頃、男性ホルモンの濃度を検査して、だいたい男女の中間だと判明したそうです。 この時に自身がトランスジェンダーだと科学的に立証されたのですね。 また、両親が『男性はこう、女性はこうあるべき』という教育をしなかったので、性別に関して 特定の認識が無かった模様。 思春期には、10代で男性の、20代で女性の 両性の思春期を経験しているので、性別に関してはどちらかに属する存在だとは思っていないそうです。 加えて12歳のころに出合ったインターネットの世界でも、性別について名乗る必要も無かったため、尚更ですね。 24歳の時に、両親の応援のもとで性別適合手術を受け、名前も唐宗漢から唐鳳に変更しました。 名前の由来は、「性別は流動的なもの」として中性的な名前に変えたのが理由だそう。 IT大臣に任命された際、台湾の行政院(内閣)に出した身上書の性別欄には 「無」と書いたそうです。 自身の性別について、タン氏は以下のようにコメントしています。 トランスジェンダー(Xジェンダー)であることで「物事を考えるときに男女という枠にとらわれずにいられるから、大半の人よりも自由度が高い」、「すべての立場の人たちに寄り添えるという良さもあります」とタン氏は言っています。 確かに、女性、男性と区別なく、フラットな意見で率直なものが言えるので、人々の心にダイレクトに響きますよね。

次の

台湾のIT大臣オードリー・タンさんがすごい!マスクの転売も不可能に

台湾 オードリー タン

台湾の天才IT大臣・オードリータン 唐鳳 の経歴がすごい! オードリータン 唐鳳 のプロフィール• 英語名はAudrey Tang• 1981年4月18日生まれの38歳 2020年3月現在• 台湾の台北市出身• フリーソフトウェアプログラマー 「台湾のコンピュータ界における偉大な10人の中の1人」 との呼び名を持つ凄腕プログラマーです。 気になる学歴はなんと中卒! 12歳の頃からPerlを学び始め 中学生の頃から天才ハッカーとして知られるように。 学生運動でシビックテッカーとして活躍しました。 シビックテックとは 市民自身がテクノロジーを活用して行政サービスの問題や社会問題を解決する取り組み のことです。 このときの功績を買われて現在は台湾のデジタル担当の大臣を務めています。 台湾史上最速の35歳で閣僚になりました。 台湾の天才IT大臣・オードリータン 唐鳳 はトランスジェンダー 小さい頃から、自身の心が女性であると認識していたオードリー・タンさん。 2005年、24歳のときに性転換を始めました。 自身のブログで 「私の脳は私が女性であると認識しているのに、社会的にはそうでないことが要求されるので、私は長年に渡って現実世界を遮断し、ネット上で生活をしてきました。 」 と語っています。 男性として生まれ、たくさんの偏見や苦しみに見舞われてきたのでしょう。 幸い、両親からは理解を得られていたようです。 これは性転換前のオードリー・タンさん。 言われなければ普通の男性の外見です。 こちらは自分に正直なときの外見。 普通に素敵。 台湾の天才IT大臣・オードリータン 唐鳳 の新型コロナへの神対応 ただでさえITの世界で敏腕のオードリー・タンさんですが 新型コロナウイルス対策でも支持率爆アゲ中なのです。 その理由がいくつかあります。 新型コロナウイルスを指定感染症に早期に指定したこと• 共働き家庭への配慮が優れていること• マスク購入の指揮が的確なこと• LINEでデマを信じないよう注意喚起の呼びかけをしていること• バスやタクシーの運転手など感染リスクの高い人に優先で情報提供• ダイヤモンド・プリンセスの乗客の下船以降の行路を公開 など、もう素晴らしすぎて台湾に移住したいレベルなんです。 中国からの距離を考えるとどちらも同時期に国内感染があったものと思われますが、オードリー・タンさんの対応は何日も迅速だったのです。 また、台湾でも子供の学校は休校になっています。 しかし日本と異なる点は、 休校中に保護者が看護休暇を申請できるようになってるところ。 薬局のマスク在庫データもネット公開に。 こうして日本のように転売や買い占めが出来ないようにリーダーシップを発揮してくれるなら、国民もパニックになりません。 オードリー・タンさんになら喜んで税金を使ってほしいですね。 日本、情けないですよねw まとめ 同じアジアでも、台湾ではこんなに優れた大臣がいます。 いまや第2の感染国となった日本も、オードリー・タンさんの行動から学ばなければならないことがたくさんありますね。

次の

台湾「オードリー・タン大臣」のデジタル行政はなぜ世界中で注目されるのか

台湾 オードリー タン

大人になってからのIQについて議論することに意味はありません。 それに、IQ試験の時、携帯電話を持ち込めば、誰でも160くらいは簡単に取れてしまいます。 デジタル機器をうまく使えれば、大人も子どもも関係なく、仕事を有意義にできると思います。 ちなみに、私の身長は180センチです。 事実はどうかは不明ですが、IQという数字に何も意味がないことを語っています。 最後はユーモアで締めているあたりに彼女の柔和な人柄が出ていますね。 台湾の唐鳳(オードリータン)大臣の学歴&経歴 台湾の唐鳳(オードリータン)大臣の学歴 唐鳳氏の学歴は、なんと 中卒です。 唐光華・李雅卿夫妻(ともにジャーナリスト)の子供として生まれた唐鳳氏。 幼い頃からコンピューターに興味を示していたそうです。 子供時代の出来事は以下の通りです。 16歳:起業• 19歳:シリコンバレーでソフトウェア会社を立ち上げ• プログラミング言語「パール6(Perl 6)」を開発• BenQ(ベンキュー)やアップルの顧問に就任• 37歳:2019年1月、アメリカの外交専門誌『フォーリン・ポリシー』の2019年のグローバル思想家100人に選出 唐鳳氏は、HaskellコミュニティーとPerlコミュニティーによるRaku処理系の実装のための共同プロジェクトである Pugsの創始者兼主要開発者としても知られています。 世界的に使われているオープンソースのプラグラミング言語の発展に寄与し 「IT産業では誰もが注目する天才」として認められるようになりました。 これだけ見ても、台湾のIT業界においては欠かせない人物だと分かりますね。 台湾の唐鳳(オードリータン)大臣の政治経歴 近年は公益事業に身を投じていた唐鳳氏。 政府の情報を透明化させる「g0v零時政府」のハッカーでもあった経歴を買われ、2016年8月に 林全内閣の政務委員に任命されました。 2016年10月1日に、35歳の若さで台湾の行政院(日本の内閣相当)に入閣。 無任所閣僚の政務委員(デジタル担当)として大臣級の政務委員を務め、主にデジタルを担当しています。 35歳での閣僚就任は 台湾史上最年少です。 母親:彼がそうしたいと言うのなら、同意しない理由がない 父親:性転換して今より幸せになれるのなら、妻と一緒に支持する 唐氏:過去、現在、そして未来に、皆さんが私に女性的な呼び方で呼んでくれれば嬉しい ご家族の理解が、性転換を後押ししてくれたことは間違いないですね。 長年IT社会で活躍してきた唐鳳氏。 性転換開始前は男性的な見た目でした。 見た目が男性=男性である、などと周囲から本当の自分と違う性を押し付けられたことは相当なプレッシャーになっていたことでしょう。 自分の望む姿になれたことで、より一層輝いているように見えますね! また、唐鳳氏は個人のサイトで市民からの質問にも回答していますのが、自身の性に関する質問にはこう答えています。 8歳:コンピュータープログラミングに興味を持ち始める• 12歳:Perlを学び始める• 14歳:中学を中退• 16歳:起業• 19歳:シリコンバレーでソフトウェア会社を起業• 2005年(24歳):外見と自己意識を一致させるために、名前を変更するなどの女性への性転換を開始• 2016年8月(35歳):林全内閣の政務委員に任命• 2016年10月(35歳):デジタル担当の政務委員に就任(台湾史上最年少での閣僚就任)• 2019年1月(37歳):アメリカの外交専門誌『フォーリン・ポリシー』の2019年のグローバル思想家100人に選出 彼女の理念の1つには 「Radical Transparency」(徹底的な透明性)というものがあります。 公開できる、あらゆる情報がインターネット上にあることで、政府の官僚や大臣が何をやっているのか、何を考えているのかを全部知ることができ、人々が「国家の主人」になれるというビジョンを掲げているそうです。 この理念をもとに今後も台湾のIT分野、そして政治変えてくれることでしょう。

次の