韓ドラ キャスト。 韓国ドラマ 海神(ヘシン) キャスト 相関図 感想

病院船~ずっと君のそばに~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

韓ドラ キャスト

ミスティー(미스티) 主要キャスト コ・ヘラン(고혜란)役 キム・ナムジュ(김남주) 成功の境界に立つ女。 コ・へラン、その名前には数多くの象徴が含まれている。 成功した女性。 美しい女性。 すべてのものを持つ女性。 それで似たい女性。 JBC社会部末端の記者として出発、「9時のニュース」のアンカーの座を占めてから今年で7年。 未来がないと思った男イ・ジェヨンを捨てた過去がある。 カン・テウク(강태욱)役 チ・ジニ(지진희) 心の境界に立つ男。 代々、最高裁判事を務めた名望ある家に一人息子として生まれ、定められたとおり法学部に行き、定められたとおり検事となった。 ある日辞表を出し、国選弁護士の道に入った。 7年前、アンカー・オーディションを控えてヘランは子を中絶する。 それにより心が離れ仮面夫婦となっている。 ソ・ウンジュ(서은주)役 チョン・ヘジン(전혜진) イ・ジェヨンの妻でコ・ヘランの高校時代の友人。 ハ・ミョンウ(하명우)役 イム・テギョン(임태경) 出所日が切迫すると、毎回事故を起こし自ら量刑を増やすミステリーな収監者。 イ・ジェヨン(이재영)役 コ・ジュン(고준) コ・ヘランの元恋人。 PGAツアーで優勝するほどの一流ゴルファー。 ハン・ジウォン(한지원)役 チン・ギジュ(진기주) 欲望の境界に立つ女。 コ・ヘランの座を狙っている。 イ・ジェヨンとスキャンダルを起こす。 カン・ギジュン(강기준)役 アン・ネサン(안내상) 江南(カンナム)署強力3班チーム長。 ヘランが容疑者と鳴った事件を担当する。 JBC報道局(JBC ポドグク:JBC 보도국) チャン・ギュソク(장규석)役 イ・ギョンヨン(이경영) JBC報道局局長。 視聴率至上主義者。 ヘランを登用したのも、外そうと画策したのも彼だ。 オ・デウン(오대웅)役 イ・ソンウク(이성욱) JBC報道局ニュースナイン・チーム長。 別名ウンチーム長。 ヘランにアンカーの座を奪われた過去がある。 クァク・ギソク(곽기석)役 ク・ジャソン(구자성) JBC報道局所属カメラ記者。 ハン・ジウォンと入社同期。 報道局の実務は全てクァク・ギソクから出るというほど誠実な男。 イ・ヨンジョン(이연정)役 イ・アヒョン(이아현) アナウンサー。 コ・ヘランの先輩。 かつてのトップアナウンサー。 現在はラジオを担当。 夫は年下の検事ピョン・ウヒョン 過去に放送された韓国ドラマの情報をまとめている、韓国ドラマあらすじ団の別館 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より カテゴリー• メタ情報•

次の

病院船~ずっと君のそばに~(韓国ドラマ) 全話あらすじと感想 キャスト・相関図 視聴率

韓ドラ キャスト

1982年4月17日生まれ。 01年モデルとして芸能界に入り、05年メガヒット映画『王の男』で一躍トップスターに。 「マイガール」(05)「犬とオオカミの時間」(07)「イルジメ〔一枝梅〕」(08)などの出演作を次々とヒットさせ、人気不動の韓流スターとなる。 1993年5月16日生まれ。 08年歌手デビュー。 11年「ドリームハイ」でドラマデビューし、13年「最高です! スンシンちゃん」で初主演を飾る。 同年「キレイな男」でチャン・グンソクと共演し注目を集め、15年キム・スヒョン、コン・ヒョジン共演のヒット作「プロデューサー」で人気をさらに高める。 本作で時代劇に初めて挑んだ。 1990年2月21日生まれ。 06年ミュージカルでデビューし、ミュージカル界のアイドルとして期待される。 07年ドラマデビュー。 14年大ヒット作「ミセン-未生-」で高い人気を得る。 出演作は「花ざかりの君たちへ」(12)「相続者たち」「TWO WEEKS」(13)「エンジェルアイズ」(14)『二十歳』『ハッピーログイン』(15)など。 1990年1月7日生まれ。 07年モデルとしてデビューし、08年『霜花店(サンファジョム)運命、その愛』で本格的に俳優活動を開始。 1994年2月22日生まれ。 13年モデルとして芸能界デビューし、14年「インヨ姫」で本格俳優デビュー。 同年人気バラエティ「学校に行ってきます!」で、一気に知名度を上げる。 出演作は「恋するジェネレーション」「華麗なる誘惑」」(15)「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」(16)など。 最新作は「力道妖精キム・ボクジュ(原題)」(16)。 1992年5月6日生まれ。 韓国音楽界のさまざまな記録を塗り替え、爆発的な人気を誇る。 15年日本デビュー。 同年WEBドラマ「EXO NEXT DOOR〜私のお隣さんはEXO〜」で演技に挑戦し、本作で2016 Asia Artist Awardsの男性俳優部門人気賞に輝いた。 1993年3月30日生まれ。 09年舞台俳優として活動を開始。 14年ドラマデビューし、15年キム・ヒソン主演作「ラブリー・アラン」で注目を浴びる。 出演作は「恋にチアアップ!」(15)『グローリーデイ』「ドクターズ〜恋する気持ち」(16)など。 最新作はチュ・サンウク主演の「ファンタスティック(原題)」(16)。 1985年9月7日生まれ。 舞台俳優としてキャリアを開始した後、13年『7番房の奇跡』で知名度を上げる。 翌年「一途なタンポポちゃん」の主演に抜擢され注目を集める。 今後の活動が期待されている若手俳優。 1981年2月12日生まれ。 06年「ミスターグッドバイ」でドラマデビュー。 出演作は「愛しの金枝玉葉」(08)『完璧なパートナー』(11)「愛よ、愛」(12)「モンスター 〜私だけのラブスター〜」(13)など。 1991年6月28日生まれ。 13年「熱愛」で女優活動を開始。 翌年ミュージカル女優としても活動を広げ、高い評価を得ている。 1989年1月30日生まれ。 13年「ミス・コリア」でドラマデビュー。 15年話題の映画『純粋の時代』で主演を飾る。 主な出演作は『チング 永遠の絆』(13)『泣く男』(14)「母(原題)」(15)など。 1996年1月3日生まれ。 13年歌手デビュー。 中国にも活動を広げ高い人気を得る。 16年「ファンタスティック・クラブ」でドラマデビューを果たす。 歌手はもちろんバラエティなど幅広い分野で活躍。 1980年5月23日生まれ。 舞台俳優として活動を開始。 12年『悪いやつら』で存在感を発揮し、13年「応答せよ1994」で大ブレイク。 その他の出演作は『シークレット・ミッション 』(13)『群盗』(14)など。 1965年11月5日生まれ。 93年MBC公開採用タレントとしてデビュー。 出演作は「善徳(ソンドク)女王」(09)「蒼のピアニスト」(12)「TWO WEEKS」(13) 「華政 [ファジョン]」(15)など。 1968年12月8日生まれ。 89年MBC公開採用タレントとしてデビュー。 出演作は「ロマンスタウン」(11)「天命」(13)「シンデレラの涙」(14)「嫉妬の化身〜恋の嵐は接近中!〜」(16)など。 演出:キム・ギュテ「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」 脚本:チョ・ユニョン「シンデレラマン」.

次の

韓国ドラマ【棚ぼたのあなた】の相関図とキャスト情報

韓ドラ キャスト

1982年4月17日生まれ。 01年モデルとして芸能界に入り、05年メガヒット映画『王の男』で一躍トップスターに。 「マイガール」(05)「犬とオオカミの時間」(07)「イルジメ〔一枝梅〕」(08)などの出演作を次々とヒットさせ、人気不動の韓流スターとなる。 1993年5月16日生まれ。 08年歌手デビュー。 11年「ドリームハイ」でドラマデビューし、13年「最高です! スンシンちゃん」で初主演を飾る。 同年「キレイな男」でチャン・グンソクと共演し注目を集め、15年キム・スヒョン、コン・ヒョジン共演のヒット作「プロデューサー」で人気をさらに高める。 本作で時代劇に初めて挑んだ。 1990年2月21日生まれ。 06年ミュージカルでデビューし、ミュージカル界のアイドルとして期待される。 07年ドラマデビュー。 14年大ヒット作「ミセン-未生-」で高い人気を得る。 出演作は「花ざかりの君たちへ」(12)「相続者たち」「TWO WEEKS」(13)「エンジェルアイズ」(14)『二十歳』『ハッピーログイン』(15)など。 1990年1月7日生まれ。 07年モデルとしてデビューし、08年『霜花店(サンファジョム)運命、その愛』で本格的に俳優活動を開始。 1994年2月22日生まれ。 13年モデルとして芸能界デビューし、14年「インヨ姫」で本格俳優デビュー。 同年人気バラエティ「学校に行ってきます!」で、一気に知名度を上げる。 出演作は「恋するジェネレーション」「華麗なる誘惑」」(15)「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」(16)など。 最新作は「力道妖精キム・ボクジュ(原題)」(16)。 1992年5月6日生まれ。 韓国音楽界のさまざまな記録を塗り替え、爆発的な人気を誇る。 15年日本デビュー。 同年WEBドラマ「EXO NEXT DOOR〜私のお隣さんはEXO〜」で演技に挑戦し、本作で2016 Asia Artist Awardsの男性俳優部門人気賞に輝いた。 1993年3月30日生まれ。 09年舞台俳優として活動を開始。 14年ドラマデビューし、15年キム・ヒソン主演作「ラブリー・アラン」で注目を浴びる。 出演作は「恋にチアアップ!」(15)『グローリーデイ』「ドクターズ〜恋する気持ち」(16)など。 最新作はチュ・サンウク主演の「ファンタスティック(原題)」(16)。 1985年9月7日生まれ。 舞台俳優としてキャリアを開始した後、13年『7番房の奇跡』で知名度を上げる。 翌年「一途なタンポポちゃん」の主演に抜擢され注目を集める。 今後の活動が期待されている若手俳優。 1981年2月12日生まれ。 06年「ミスターグッドバイ」でドラマデビュー。 出演作は「愛しの金枝玉葉」(08)『完璧なパートナー』(11)「愛よ、愛」(12)「モンスター 〜私だけのラブスター〜」(13)など。 1991年6月28日生まれ。 13年「熱愛」で女優活動を開始。 翌年ミュージカル女優としても活動を広げ、高い評価を得ている。 1989年1月30日生まれ。 13年「ミス・コリア」でドラマデビュー。 15年話題の映画『純粋の時代』で主演を飾る。 主な出演作は『チング 永遠の絆』(13)『泣く男』(14)「母(原題)」(15)など。 1996年1月3日生まれ。 13年歌手デビュー。 中国にも活動を広げ高い人気を得る。 16年「ファンタスティック・クラブ」でドラマデビューを果たす。 歌手はもちろんバラエティなど幅広い分野で活躍。 1980年5月23日生まれ。 舞台俳優として活動を開始。 12年『悪いやつら』で存在感を発揮し、13年「応答せよ1994」で大ブレイク。 その他の出演作は『シークレット・ミッション 』(13)『群盗』(14)など。 1965年11月5日生まれ。 93年MBC公開採用タレントとしてデビュー。 出演作は「善徳(ソンドク)女王」(09)「蒼のピアニスト」(12)「TWO WEEKS」(13) 「華政 [ファジョン]」(15)など。 1968年12月8日生まれ。 89年MBC公開採用タレントとしてデビュー。 出演作は「ロマンスタウン」(11)「天命」(13)「シンデレラの涙」(14)「嫉妬の化身〜恋の嵐は接近中!〜」(16)など。 演出:キム・ギュテ「大丈夫、愛だ」「その冬、風が吹く」 脚本:チョ・ユニョン「シンデレラマン」.

次の