イソジン綿棒。 口内炎ができたら、綿棒でイソジンを直接塗る治療方法。

イソジン液10%

イソジン綿棒

Bスポット療法とは Bスポット療法とは、消炎剤である塩化亜鉛と言われる薬剤を鼻の奥にある口蓋垂(通称のどちんこ)の後ろの部分である上咽頭(別名:鼻咽腔)と言われる部位に塗布する治療法のことです。 Bスポット療法の「B」は、想像がつくかもしれませんが、Biinku(鼻咽腔)の頭文字をとったものです。 「のどが痛い」と言われ患者さんが耳鼻咽喉科を来院された際にドクターが患者さんに口を開けていただき、お薬をスプレーでかける部位ではなく、それよりも少し上の部位(のどちんこの裏)をBスポットと言います。 この上咽頭(鼻咽腔)は、呼吸をする(鼻呼吸)と必ずこの部位を空気が通るので、空気中のホコリやウイルス、細菌の影響を受けやすい場所・ホコリやウイルス、細菌が溜まり場となりやすいため、上咽頭は炎症を起こしやすい部位の一つになります。 風邪かもしれないと思われる時の初期症状として、「喉に痛み」を感じる際には上咽頭(鼻咽腔)が腫れているということが多々あります。 この上咽頭(鼻咽腔)は、呼吸をする(鼻呼吸)と必ずこの部位を空気が通るので、空気中のホコリやウイルス、細菌の影響を受けやすい場所・ホコリやウイルス、細菌が溜まり場となりやすいため、上咽頭は炎症を起こしやすい部位の一つになります。 風邪かもしれないと思われる時の初期症状として、「喉に痛み」を感じる際には上咽頭(鼻咽腔)が腫れているということが多々あります。 Bスポット療法の方法としては、綿棒に塩化亜鉛もしくはルゴール液という薬剤(消炎剤)に染み込ませ、口の中から捲綿子(けんめんし)を使用して上咽頭に十分に塗布します。 上咽頭に消炎剤を綿棒で塗布をすることがBスポット療法であり、実施時間は短い(約1分程度)です。 Bスポットに薬剤を塗布している際は、炎症を起こしている部分にお薬を塗っている状態ですので正直に申し上げると「痛み」を感じます。 しかし、その痛みこそ炎症を起こしている部位にお薬が塗られているという証拠になります。 Bスポット療法の方法としては、綿棒に塩化亜鉛もしくはルゴール液という薬剤(消炎剤)に染み込ませ、口の中から捲綿子(けんめんし)を使用して上咽頭に十分に塗布します。 上咽頭に消炎剤を綿棒で塗布をすることがBスポット療法であり、実施時間は短い(約1分程度)です。 Bスポットに薬剤を塗布している際は、炎症を起こしている部分にお薬を塗っている状態ですので正直に申し上げると「痛み」を感じます。 しかし、その痛みこそ炎症を起こしている部位にお薬が塗られているという証拠になります。 Bスポット療法を行った(上咽頭(鼻咽腔)にお薬を塗布した)後は、ヒリヒリとした感じがBスポットの部位に数時間します。 しかし、そのヒリヒリした感じも徐々に治まっていき、その後は症状がスッキリと改善します。 患者さんからの声として多いのは、このヒリヒリとした痛みが強いほど、その後の治りが良かったという内容です。 Bスポット療法は、上咽頭(鼻咽腔)の局部に対してのみの治療になるので、乳幼児から大人の方まで、また、妊娠中の方や授乳中の方にも安心して治療を受けていただける方法になります。 Bスポットは、人間の免疫機能のポイントであると言われており、Bスポット療法を実施することで、のど風邪以外の様々な症状、疾患の改善・効果があったと報告されています。 Bスポット療法の効果• 鼻やのどの痛み• 鼻やのどの違和感• のど風邪(咽頭炎)• 後鼻漏(鼻水が喉の奥に流れていく症状)• 軽い風邪であれば1回のBスポット療法を受けていただくだけで症状が改善することもあります。 患者さん個々人の症状・炎症の度合いにもよりますが、基本的には週1~2回の通院をしていただき治療を受けていただくことが目安になります。 「ヒリヒリ感が強い」ということは、「炎症が強い」ということにつながります。 さらに言えば、「炎症が強い」ということは治療後のヒリヒリとした痛みが持続し、治まるまで時間がかかります。 「ヒリヒリとした痛みがある」ために治療を止めようとするのではなく、逆に炎症が強いため痛みを強く感じるので、そのような方ほど治療(Bスポット療法)を継続していただいたほうが良いでしょう。 炎症が治まってきているという場合には、お薬を上咽頭(Bスポット)に塗布した際にヒリヒリとした痛みが和らいできます。 お薬を塗布した後(治療後)の少しの間(数時間程度)は、血の混じった鼻水や痰が出たり、つばがピンク色(つばに血が混じるため)になったりする場合がありますが心配はありません。 一時的にではありますが、治療後まれに治療をする前より症状が強くなる、頭痛がする、アトピーなど皮膚症状が悪くなることがあります。 その原因としては、上咽頭(鼻咽腔)の炎症が強いためです。 Bスポット療法は補助的治療としてお考え下さい。 現在受けているネブライザー治療や飲み薬などがありましたら対象となる疾患の治療を継続しつつ、並行してBスポット療法を行うのが良いでしょう。 Bスポット療法以外の治療を中断する必要はありません。 Coptright c Masumori Clinic. All Rights Reserved.

次の

イソジン消毒の効果は?注意点は?イソジン焼けとは?

イソジン綿棒

グラム陽性菌、グラム陰性菌、結核菌のほか、真菌や一部のウイルスにも有効です。 消毒効果に 持続性があるため、主に手術部位の消毒に使用されます。 エタノール消毒では30分程度です。 刺激性が弱く、通常の皮膚だけでなく粘膜部位や創傷部位にも使用されます。 消毒後色が残るため、気になる場合はチオ硫酸ナトリウムを含むハイポエタノールやハイポ水で脱色します *もし、自宅でイソジンを消したい場合は石鹸ではなかなか消えないです。 チオ硫酸ナトリウムを含む、ハイポも薬局でかえますが高価です。 それで、安価なチオ硫酸ナトリウムを含むコンタクトレンズの洗浄保存液や金魚のカルキ抜きなどに使用するものでも代用できます。 コンタクトレンズの洗浄保存液は、主成分がいろいろあるので成分表をみてから使用してください。 買おうとすれば、ネットや薬局で手に入りますね。 イソジン消毒が適用にならない例• ヨウ素に対し過敏症のある人(ヨードアレルギー)には使用できない• 消毒薬は人の細胞に刺激し、かえって、傷の治りを悪くするおそれがある場合• 器具に対しては、腐食性があり、茶色に着色するため使用できない イソジンの効果は高くて有名ですが、使用の際には注意して消毒しないとまったく意味のない消毒になりかねません。 医者が消毒を適当にしたり、少なめで消毒するような場面はみたことがないくらいです。 十分足りてそうでも「先生そのくらいでおねがいします」なんて言ったことはないです。 オペ室の床にも多少、消毒が飛び散ってもいいようにシーツをひいているんですが医者によってはその範囲を大きくこえたりしますが文句もいわないですしね。 外回りになったら、ハイポアルコールをもって術中暇をみつけて掃除したりしてます。 イソジンの色素沈着って手術室を汚くみせてしまうんですよね… 消毒なのできれいなものの沈着なんですが…. エタノールと比べる乾燥に時間がかかります。 しかし、 十分な時間作用させないと消毒効果が期待されません。 いくら、消毒効果が高いからといって使い方を守らないのでは意味がありません。 *また、イソジン消毒したあとは 色素沈着し茶色になります。 処置後に、きれいにイソジンを消すことも看護師の役割ですので気をつけましょう。 患者はもちろんのこと、手術後で家族が待っていて最初にあったときにイソジンで汚れていては手術室で何があったのかと思ってしまいます。 もしかしたら、汚れもきれいにとってくれないまま手術室からでてきたという印象になってしまいます。 もしくは、帰室先であるICUなどにも迷惑がかかってしまいます。 毛もたんぱく質ですので毛深い人のイソジン消毒の前に洗浄したりします。 もしくは、アルコールで拭いたりします。 血液培などでも、アルコールで消毒してイソジンで消毒している場合の理由もこれです。 せっかく、消毒効果の高いイソジンを使用するのに、たんぱく質が残っていては効果減になってしまいます。 以上です。 100mL中 日局ポビドンヨード 10g 有効ヨウ素1g 含有。 添加物としてグリセリン、クエン酸水和物、リン酸水素2Na、ラウロマクロゴール、pH調整剤を含有する。 本品は暗赤褐色の液で,わずかに特異なにおいがある。 本品自体は暗赤褐色の粉末で、わずかな匂いがある[1]。 液剤は黒褐色であり、ヨウ素の特異な匂いと味がする[2]。 ポビドンヨードの殺菌作用はヨウ素の酸化作用によるため、塗布後30〜60秒の経過で最も殺菌力が強くなる。 日本では古くから用いられてきた消毒剤として一定の評価を得ており、特にその持続効果は他の消毒剤と比較して高い。 そのため、手術前の皮膚消毒や術野の消毒といった分野で使用されることが多い。 通常、芽胞菌に対して有効性をもつ消毒剤は人体毒性も高いが、ポビドンヨードは人体毒性が低いにも関わらず、一部の芽胞菌に対しても有効性を発揮するため、院内感染に対して有効な消毒剤として注目されている。 なお、ポビドンヨードは衣服等に着色すると落ちにくいため、色消し用の消毒剤としてハイポアルコール(チオ硫酸ナトリウムのエタノール溶液)が用いられる。 うがい薬として有名なイソジンガーグル以外にも、スクラブ剤(手指消毒剤)、ゲル化剤(塗布剤)、ゲルチューブ剤(塗布用)、水溶液剤、フィールド剤(アルコール製剤)、ポビドンヨード含浸綿製品、ソフトコンタクトの洗浄など、幅広く商品が展開されており、使用頻度の高さが窺える。 3 石けん……[ゲル,スクラブ液,液,フィールド]石けん類は本剤の殺菌作用を弱めるので,石けん分を洗い落としてから使用してください。 4 その他…… [イソジンゲル,スクラブ液,液] ・妊婦での安全性:原則として長期にわたる広範囲の使用をしない。 ・授乳婦での安全性:原則として長期にわたる広範囲の使用をしない。 そのほかにも報告された副作用はあるので,体調がいつもと違うと感じたときは,処方医・薬剤師に相談してください。

次の

ポビドンヨード

イソジン綿棒

病院で何か処置をしてもらう時、処置の前に「消毒」が行われる事があります。 消毒に使われるお薬はいくつか種類がありますが、• イソジン(ポビドンヨード)• アルコール(エタノール)• ヒビテン(クロルヘキシジン) などが代表的です。 以前は茶色い消毒液であるイソジンが多かったのですが、最近は見かける事が少なくなってきました。 その代わり、透明な消毒液であるヒビテンを見かける事が増えてきました。 また血液検査などでは、アルコール綿で消毒される事が一般的ですが、なぜイソジンではないのでしょうか。 このように消毒液にはいくつかの種類がありますが、それぞれどのように違うのかというのは、あまり知られていないように思います。 医師や看護師さんなど、普段からこの消毒液を使っているような方々でさえ、あまり分かっていない事もあるほどです。 ここではそれぞれの消毒液の特徴と違い、どのような時にどのような消毒液を使うのが良いのかについて紹介させていただきます。 1.持続性に優れる「イソジン」 イソジン(ポビドンヨード)は1959年にアメリカで開発された消毒液です。 茶色い液体で、消毒液と言えば「イソジン」が有名ですので見た事がある方も多いでしょう。 イソジンを皮膚に塗ると、ヨウ素を遊離します。 ヨウ素(I2)は水(H2O)と反応して殺菌作用のある物質を作ります。 イソジンの長所は、持続力と殺菌作用の強さになります。 イソジンは、塗布してから6時間ほどは殺菌作用が持続すると言われています。 また同種の消毒液と比べても殺菌作用は強めです。 消毒液を塗る時、殺菌したい微生物というのは、• 真菌(いわゆるカビ)• ウイルス• 芽胞形成菌 などが挙げられます。 このうち、特に殺菌が難しいのが芽胞形成菌です。 芽胞形成菌は細菌なのですが、「芽胞」という硬い膜を張っているため、簡単に殺菌する事が出来ないのです。 イソジンは一般細菌、真菌はもちろんの事、一部のウイルス、一部の芽胞形成菌にも殺菌作用を発揮します。 イソジンの欠点として、即効性に乏しい事と消毒の際に色がついてしまう事が挙げられます。 イソジンを塗った後、1~2分ほどで殺菌作用が最大になるため、処置をするのは1~2分待ってからになります。 塗ってすぐに処置を行う事は出来ません。 また茶色の液体ですので、消毒をした部位が茶色くなってしまいます。 色消し用の消毒剤としてハイポアルコール(チオ硫酸ナトリウム)もありますが、色消しのためにもう一回塗らないといけないという手間がかかります。 イソジンは殺菌作用が長時間にわたって続くため、処置が長引き、またしっかりと消毒したい時に使われます。 具体的には手術を行う際によく用いられます。 これは手術は短時間では終わらないためと、身体の中に菌が入り込まないようにしっかりと消毒する必要があるためです。 一方で血液検査や予防接種などの簡単な処置は、持続力は必要ないため、イソジンはあまり用いられません。 しかし中心静脈穿刺など、処置に時間を要する可能性が高い場合はイソジンが用いられる事があります。 【イソジンの特徴】 ・即効性は乏しい(塗ってから1~2分かかる) ・持続力に優れる ・殺菌効果は強い ・皮膚に色がついてしまうため、色消し用の消毒液(ハイポアルコール)が必要 2.即効性に優れる「アルコール」 アルコールも古くからある消毒液です。 消毒目的だけでなく、飲用にも用いられていますね。 消毒用に用いられるアルコールは60~80%と高濃度になります。 アルコールは菌の細胞壁を破壊したり、たんぱく質を変性させる事で殺菌作用を発揮します。 アルコールの長所は即効性にあります。 塗ってすぐに殺菌されるため、すぐに処置を行いたい場合に適しています。 アルコールの弱点は、持続力がない事です。 アルコールを塗ってもすぐにアルコールの成分は蒸発してしまいます。 そのため、長時間の処置になる場合には途中で殺菌作用が切れてしまうのです。 またイソジンと比べると一般細菌や真菌、一部のウイルスには効果は認めるものの、芽胞にはほとんど殺菌効果は認めません。 そのため、アルコールは採血のように短時間で終わる処置をする際に向いている消毒液になります。 【アルコールの特徴】 ・即効性に優れる ・持続力は乏しい ・殺菌効果はイソジンと比べるとやや弱め 3.万能選手の「ヒビテン」 ヒビテン(クロルヘキシジン)は1962年に発売された消毒液で、万能型の消毒液です。 ヒビテンは、菌の細胞膜に障害を与え、細胞中の物質を漏出させる事で殺菌作用を発揮すると考えられています。 ヒビテンは即効性も持続性もあります。 塗ってすぐに殺菌効果が得られ、かつその効果は長く続きます。 イソジンとアルコールの良いところを取り出したような理想の消毒液と言えます。 短所としては、殺菌作用がやや弱い事と、値段が高い事が挙げられます。 一般細菌、真菌と一部のウイルスに殺菌作用を示しますが、芽胞形成菌にはほとんど効きません。 またイソジンやアルコールと比べて、効くウイルスの種類も少なめになります。 【ヒビテンの特徴】 ・即効性に優れる ・持続力にも優れる ・殺菌効果はアルコールと比べてもやや弱め ・値段が高い 4.消毒液の使い分け 以上から、主要な3つの消毒液の使い分けについて考えてみます。 手術などで長時間、殺菌効果を持続させ、かつしっかりと殺菌したい場合にはイソジンが良いでしょう。 イソジンが手術時の消毒に使われているのはこのためです。 殺菌効果が短時間で良い採血や注射などはアルコールが良いでしょう。 アルコールは即効性があるため塗ってからすぐに処置が行えます。 また針を刺す時と抜く時に殺菌されていればよいため短時間の殺菌で問題ありません。 処置にある程度の時間はかかるけども、イソジンほど強力に殺菌しなくても大丈夫である場合にはヒビテンも選択肢になります。 ヒビテンはイソジンよりも即効性があるため、すぐに処置を始められる他、皮膚に色がつかないため、色消しをする手間は省けます。 このように医療者は消毒液を使い分けているのです。 5.それぞれの消毒液が効く菌と効かない菌 毎年、様々な病原体の感染が流行します。 それぞれの菌に対して、各消毒液は効くのでしょうか。 インフルエンザウイルスに対しては、• イソジン• アルコール• ヒビテン のいずれも殺菌作用があります。 インフルエンザウイルスは「ウイルス」の一種ですが、ウイルスを消毒液で殺菌する際に重要なのは、ウイルスに「エンベロープ」が存在するかどうかです。 エンベロープはウイルスの外側にある膜状の構造物ですが、このエンベロープがある方が消毒液は効きやすいという特徴があります。 インフルエンザウイルスはエンベロープを持つため、上記の消毒液はすべて効果があります。 ノロウイルスには、• イソジン が効果を発揮しますが、• アルコール• ヒビテン では殺菌できません。 これはノロウイルスにはエンベロープがないためです。 エンベロープのないウイルスは殺菌が難しくなり、上記の消毒液の中ではイソジンでないと消毒できません。 また上記以外に有効な消毒液としては、「次亜塩素酸ナトリウム」が挙げられ、臨床現場でもノロウイルスの除菌のために用いられています。

次の