米倉 涼子 薬物。 薬物疑惑の主演級女優Yは誰?第2の沢尻エリカという逮捕間近の芸能人とは?|まるっとログ

米倉涼子の学歴と学生時代は?中学校・高校はどこ?出身大学は?

米倉 涼子 薬物

生い立ち 横浜市立南希望が丘中学校を経て、卒業。 5歳からの15年間、を続けていた。 小学3年生からはのジュニアスクールに通い、その後AMスチューデンツに合格、バレエ団にも通ってコンクールにも出場した。 1992年、高校生の時に友人が応募してくれたことがきっかけで 、オスカープロモーション主催「第6回」の審査員特別賞を受賞 、翌年としてデビューし、ファッション雑誌 『』(小学館)などに掲載された。 、「女優宣言お披露目発表会」をする。 以後は女優として、いわゆるトレンディードラマを中心に活動する。 女優に転じた際には誰かのようになりたいとは考えていなかったが 、ドラマ『』で共演、芝居を教えてくれたの姿を目の当たりにして、「真田広之のような芝居が好きな役者になりたい」と決意する。 「米倉との3部作」である『』、『』、『』では悪女役を演じて役柄を広げ 、2006年秋には『黒革の手帖』の舞台版で本人念願の舞台を公演した。 これが予想以上の反響を呼び、本人の役者としての精神に火をつけた。 2008年には『』の日本版でミュージカルに初挑戦した。 米倉はブロードウェイで鑑賞したこの作品に魅了され、日本版の構想を聞きつけると自ら売り込んで主役を得た。 それまで本格的な歌を披露した経験はなかったが 、主役をこなし、月刊誌『ミュージカル』が選んだ「2008年ミュージカルベストテン」の女優部門で7位に入った。 2010年にも同作品を再演、この頃からブロードウェイ進出を考え始め、2011年には渡米して三ヶ月間ジャズダンスやバレエのレッスンを受けた。 2012年7月には『CHICAGO』でで主演デビュー。 女優が系でないの役柄を演じるのはブロードウェー史上初で、アジア出身の俳優としても初めて。 同年10月から主演を演じる『』シリーズは当たり役であり、最高視聴率27. 2014年12月26日に2歳年下の一般人男性と結婚した が、2016年12月30日に協議離婚が成立した。 2020年3月24日、27年間所属したオスカープロモーションとの契約を同月31日を持って終了、退社することが発表される。 同年4月3日、個人事務所「Desafio(デサフィオ)」を設立して再始動。 1995年• ファッション雑誌『CanCam』専属モデル• 1996年• 「」キャンペーンガール• 1999年• 『CanCam』専属契約終了• 2003年• 韓国文化観光親善大使 ()• 2004年• 女性誌『』表紙などでセミヌード公開 人物 名前の由来 8月の非常に暑い日に生まれたので、名前だけでも涼しくということで両親が「涼子」と名付けた。 主演女優 「クールな役を演じることが多いからかっこいいイメージがありますが、実は暗い性格で自信がなく、よく周りのスタッフから「お前は自信がなさ過ぎる」と言われる」という。 『』『』などのゼネラルプロデューサーを務める内山聖子は「実はもの凄く小心者」「人見知り」「姉御肌というより、甘えっ子です」と言っている。 にも積極的に出演している数少ない主演女優 でもあり、『』、『』で司会進行他、を発揮している。 『』では難しい手術シーンもすべて本人が演じている。 関係者によると念のために本物の医師をスタンバイさせているが、米倉の方がうまかったので「もはや、簡単な手術ぐらいならできちゃうかも」と本人が言っていたこともある。 その他 最初、高校卒業後はの専門学校か、好きであるため、ペットトリマーに本気でなりたく、トリマーの専門学校に進学したいと思っていた。 しかしトリマーの学校の方は、ちょうど犬の病気が増えていた時期だったことから泣く泣く辞めたという。 初恋の人と語っていたのは、弟が幼稚園児の時に所属していたサッカークラブのコーチ。 そのコーチは当時高校生だった。 とは、中学1年生の時に横浜のバレエ教室で一緒にレッスンをしていた間柄だった。 「」での共演をきっかけに2003年から2005年春までと交際していた。 2007年3月、パリ・オペラ座へ海老蔵の歌舞伎公演を観に行ったことで復縁説が浮上していたが、米倉は否定。 仕事などで古いつきあいのある()が好きであることを2013年頃から公言している。 2014年4月に『』(系)にゲスト出演した際には、松岡を「理想のタイプ」と評したほか、松岡に対し何度も結婚を迫っていることも明らかにされた。 のことを「親方」と呼び、プライベートでも仲が良い。 (現:会長)のことを「洋」と呼んでいるという。 愛読書は作「太陽の王ラムセス」(の時点)。 虫が大嫌いである。 ゴキブリなど気持ちの悪いものはもちろん、蝶などもダメ。 鳥もダメである。 出演 テレビドラマ• (1月 - 3月、) - 西園寺エリカ 役• (2000年、) - 須藤郁子 役• (2000年、TBS) - 中願寺蘭子 役• (2000年、) - 市野由香 役• (、フジテレビ) - 遠藤真理子 役• (2001年、フジテレビ) - 的場ひかる 役• (、フジテレビ) - エリ 役• (2002年、TBS) - 倉井歩美 役• (2002年、フジテレビ) - 主演・早乙女保奈美 役• ソナギ〜雨上がりの殺意(2002年、フジテレビ) - 主演・大月千鶴 役• (、) - お通 役• (TBS) - 主演・松井ありさ 役• 奥さまは魔女()• 奥さまは魔女 リターンズ(2004年)• () - 主演・原口元子 役• (2004年)• (2005年、TBS) - 主演・浜田文乃 役• (2005年10月、NHK) - 主演・高倉ハル 役• 「悪女の一生〜芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯〜」(2005年、フジテレビ) - 主演・ 役• (、テレビ朝日) - 主演・成沢民子 役• (2006年、フジテレビ) - 主演・浅井道子 役• (、テレビ朝日) - 主演・寺島豊美 役• (2007年、TBS) - 主演・早坂萌 役• (テレビ朝日) - 主演・宇佐木玲子 役• 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜()• 交渉人スペシャル〜THE NEGOTIATOR〜()• 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜 II(2009年)• (2008年、フジテレビ) - 主演・高村樹季 役• (2008年、テレビ朝日) - 主演・瀬野恭子 役• (テレビ朝日) - 主演・松平松子 役• ナサケの女 〜国税局査察官〜()• ナサケの女 スペシャル 〜国税局査察官〜(、テレビ朝日)• (2011年、) - 主演・井坂黎 役• (テレビ朝日) - 主演・ 役• ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2012年)• ドクターX〜外科医・大門未知子〜2(2013年)• ドクターX〜外科医・大門未知子〜3(2014年)• ドクターX〜外科医・大門未知子〜スペシャル(2016年)• ドクターX〜外科医・大門未知子〜4(2016年)• ドクターX〜外科医・大門未知子〜5(2017年)• ドクターX〜外科医・大門未知子〜6(2019年)• (2012年、テレビ朝日) - 主演・河野信子 役• (2013年、フジテレビ) - 郁美 役• (2013年、日本テレビ) - 主演・馬場亜矢子 役• (2014年、テレビ朝日) - 主演・沢口信子 役• ドラマスペシャル 家政婦は見た! 2(2015年)• (2014年、) - 主演・沢田伊佐子 役• (2014年、フジテレビ) - 主演・八神瑛子 役• (2016年、フジテレビ) - 主演・縫 役• (2018年、テレビ朝日) - 主演・小鳥遊翔子 役• 2019年2月3日、テレビ朝日) - 主演・佐原卓子 役 その他のテレビ番組• ソトロケ(1999年、よみうりテレビ)• (2001年、フジテレビ)• (2001年、フジテレビ)• (2002年、日本テレビ) - 司会• (2001年、TBSテレビ) - 司会• (2010年、日本テレビ) - チャリティーパーソナリティー• 米倉涼子・悪女伝説を訪ねて〜〜(2013年4月6日、BSフジ) - ナビゲーター• (日本テレビ、半熟ことば)• 米倉涼子 フランス 美食の旅〜ワインと料理 マリアージュの奇跡〜(2014年3月16日、BS朝日) - ナビゲーター• 米倉涼子のなんでもやります! 私ニューヨークでも失敗しないのでSP(2014年10月5日、テレビ朝日)• 米倉涼子のミュージカルライフ〜ブロードウェイ生活と「ピピン」との出会い〜(2015年7月26日、BSフジ)• 小さなレストランの挑戦〜米倉涼子を魅了した三ツ星の味〜(2015年8月8日、北海道放送制作、TBS系列) - ナビゲーター 映画• (2001年、) - 主演・桜井杏 役• (2002年、キュームービー) - 主演・山田沙紀 役• (2006年、) - 弔問客 役• (2008年、) - 若松志乃 役(特別出演)• (2010年、) - 主演・宇佐木玲子 役 テレビアニメ• (2019年11月9日、テレビ朝日) - 大門未知子 役 吹き替え• - 役〈〉• (2012年)• (2014年)• (2015年)• (2016年)• (2017年)• (2018年)• (2019年)• (2019年)• (2020年)• (2013年) - 役〈〉 舞台• (2006年、2009年) - 主演・原口元子 役• (2008年、2010年、2012年) - 主演・ロキシー・ハート 役• (2011年) - 主演・ 役• (2015年) CM• 「マジカルトップブラ」(1995年)• 「ジェンヌ」(1997年)• 「carrots」(1998年)• 「」(2000年 - 2002年)• 「SALA」(2001年 - 2004年)• 「レヴュー」(2001年 - 2002年)• 「ヴィタロッソ」(2002年 - 2004年)• 「オルフェ」(2002年 - 2004年)• フィットハウス(2000年 - 2002年)• 「ポカリスエットステビア」(2000年)• (2000年)• リンクカード(2000年)• 「元気な街横浜」(2000年)• 「麺の達人」(2001年)• 「アジアンヌードル」(2005年)• 「フォー・はるさめ」(2005年 - 2006年)• 「ru」(2001年 - 2003年)• 「コンタクトレンズ」(2001年 - 2003年)• ジアス(2001年 - 2003年)• 「エアコン」(2001年 - 2002年)• (2001年)• 「503i」• 「503iS」• 「nexia Q1」(2001年)• (現:)「JOMOカードプラス」(2002年)• 「中国緑茶 凛」(2002年)• 「アサヒクリアラテ from おいしい水」(2018年)• (現:)• 「アーモンド・マカダミア」(2002年 - 2003年)• 「レガ」(2002年)• 「クイックス」(2003年 - 2004年)• 「うすまきアーモンド」(2004年)• 「リッチフラン」(2005年)• 「テオブロ」(2005年)• (2002年 - 2003年)• 「」(2002年 - 2004年)• 「」(2003年 - 2004年)• (2003 - 2004年)• 「二本松菊人形展」(2003年)• (2004年)• (2004年)• 「いい部屋ネット」(2004年 - 2008年)• 「バンテリンコーワパップS」(2005年 - 2009年)• 「新QPコーワゴールド」(2005年 - 2009年)• 「キューピーコーワゴールドアルファ」(2009年 - )• (2005年 - 2009年)• (2005年 - 2009年)• (2006年)• 「黒酢ドリンク」(2008年)• 「マウント・レーニア・ダブル・エスプレッソ」(2009年 - 2012年)• A」(2010年 - )• 「Offirio」(2010年 - )• 「」(2012年)• (2013年 - )• (2014年 - )• 「」(2014年 - )• 「アクアトラスト」(2014年 - )• 「黒白波」(2014年 - )• (2017年 - )• 「キシリトールオーラテクトガム」(2017年)• 「無料着付教室」(2017年 -)• 「極上」(2019年) 受賞歴• 1992年• 第6回 審査員特別賞• 2001年• 第29回 ベストドレッサー賞(『』)• 2001ベストレザーニスト賞• 第14回• 2001 ベストネイルドレッサー賞• ミスブリリアント2001(主催)• ヴィーナス・イタリアーナ・ジャパン2001• 2002年• 第13回• 第26回 新人賞• 第39回 放送部門• 第10回E-ライン・ビューティフル大賞• 第33回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(『』)• 第19回 一般選出・女性部門• ベストヘア賞• 2003年• 花キューピットフラワーアワード• 2005年• 第42回ゴールデン・アロー賞 放送賞(ドラマ部門)• 2006年• 第14回(『』、『』など)• 第7回• 第4回きもの大賞• evian Pink Award 2006• 2007年• Lily 2007(もっともユリの似合う女性)• 第1回日本大賞• 2008年• ネイルクイーン2008 女優部門• 2009年• Graceful Woman Award(気品が漂う女性有名人)• 第1回プラチナ・ミューズアワード• パーティー・クィーン・オブ・ザ・イヤー• 2010年• オーキッド・クイーン2010• 第6回ファー・オブ・ザ・イヤー• 2011年• 第9回• 日本リーダーアワード• 2012年• 第23回日本ジュエリーベストドレッサー賞• 第37回 演劇賞• ブルガリブリリアント・ドリーム・アワード2012• 2013年• 第75回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『』)• 第29回 奨励賞• 第21回橋田賞• 第10回 Miss COTTON USA• 2014年• 第3回 女優部門 作品 写真集• tough(2000年、朝日出版社) 出版• 米倉涼子 ryoko yonekura(2002年、ダイヤモンド社)• 米倉涼子2003ファッションBOOK(2002年、光文社)• 121. デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2020年3月24日. 2020年3月24日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2020年4月3日. 2020年4月3日閲覧。 どらく. 朝日新聞社. 2010年1月30日時点のよりアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 『日刊スポーツ』1992年8月21日付22面。 MSNエンタメ. 美女に直撃!思い出テレビ. 2011年6月14日時点のよりアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 、ORICON STYLE、2007年01月18日。 Entertainment Plus. 2007年1月8日時点のよりアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 (題名は原文ママ)• Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2008年2月1日. の2008年2月3日時点におけるアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 「1位は「スカーレット ピンパーネル」 08年ミュージカル・ベスト10」『毎日新聞』2009年2月10日付夕刊5面。 「ダンス大好き! 自分への投資がいつかきっと… 米倉涼子 女優」『ダンスマガジン』第21巻第7号、新書館、2011年7月、 67頁。 ORICON NEWS oricon ME. 2012年3月15日. 2020年4月3日閲覧。 、まんたんウェブ、2012年3月15日。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2014年12月26日. 2016年12月30日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年12月30日. 2016年12月30日閲覧。 「'96キリン生ビールキャンペーンガール 米倉涼子に決定」『日刊スポーツ』1996年1月19日付24面• 「米倉涼子が盧武鉉大統領と初対面」『スポーツ報知』2003年11月5日付24面。 Asahi Shimbun Digital[and] 朝日新聞社. 2013年5月31日. の2013年6月1日時点におけるアーカイブ。 2020年4月3日閲覧。 eltha oricon ME. 2010年2月19日. 2020年6月27日閲覧。 米倉涼子 2010年2月11日. インタビュー. シネマトゥデイ. 2017年4月9日閲覧。 スポニチ 2014年10月14日. 2014年11月11日閲覧。 『』2017年11月14日号• 、スポニチ、2005年12月6日。 、ORICON STYLE、2007年5月15日。 - Business Journal 2014年5月1日• 、NEWSポストセブン、2016年11月3日• 、NEWSポストセブン、2012年11月22日• gooテレビ 2011年12月30日. 2014年9月7日閲覧。 ORICON STYLE 2015年8月4日. 2015年11月18日閲覧。 SANSPO. COM 株式会社 産経デジタル. 2016年2月19日. 2016年2月19日閲覧。 MANTANWEB. 2018年8月29日. 2018年8月29日閲覧。 スポニチ 2018年6月19日. 2018年10月11日閲覧。 2015年8月8日. 2017年4月9日閲覧。 テレビ朝日 2019年10月30日. 2019年12月6日閲覧。 日刊スポーツ 2019年10月30日. 2019年10月30日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2017年11月3日. 2017年11月4日閲覧。 映画ナタリー. 2018年3月14日. 2018年3月14日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年3月19日. 2019年3月19日閲覧。 映画ナタリー. 2019年4月11日. 2019年4月14日閲覧。 シネマトゥデイ 2020年4月22日. 2020年4月22日閲覧。 2015年7月28日. 2015年7月28日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2012年4月20日. 2020年4月3日閲覧。 2013年5月10日. 2017年4月9日閲覧。 com. 2014年12月3日. 2014年12月4日閲覧。 外部リンク• - (英語)•

次の

米倉涼子

米倉 涼子 薬物

みなさん、こんにちは。 マオです。 沢尻エリカが逮捕されてから、次々と芋づる式に逮捕が展開されるという記事が出回っています。 「大物女優」というのは、誰のことなのだろうと探していると、ある芸能ジャーナリストにヒットしました。 ドラマ「ドクターX」の大門未知子を演じる主演の米倉涼子が、「大物女優X」なのか? 記事を読んで確信はないですが、可能性はある? もしも、米倉涼子がマトリの対象だったとしたら、相当な反響がありそうです。 敢えて、そう文章に書いたのかもしれませんが、キーワードのようにも取れますし、意味深なので引っかかりますね。 誰も予想だにしていない女優だったとしたら、当てはまる気もしますが。 それでは早速どうぞ。 私が米倉涼子を最後に目撃したのは、2年半前ほどの雨の六本木でした。 この日の米倉は、大成功に終わったドラマ『ドクターX』の打ち上げパーティを六本木5丁目のビル内、最上階のクラブで開くスケジュールでした。 当日は米倉の会場入りの写真を押さえるべく、ビル内の全ての出入り口にカメラマンが待機しました。 記者は私ひとりです。 ところがここで予期せぬアクシデントが発生したのです! 私は外苑東通りを挟んでビルの正面の出入りを見張っていたのですが、ふと気が付いた時には6人の制服姿の警察官に囲まれてしまっていたのです。 前編でもちょっと触れましたが、おっさんがひとり、ジッと目を凝らして街角に隠れるように立っていたら、パトロール警察官はもちろん、一般人にとっても不気味な存在なのは間違いないでしょう。 胡散臭い目で見られるか、住宅街なら通報される場合もあります。 この米倉の張り込みのときは、通報されたのかパトロール中の警官が見つけたのかはわかりませんが、六本木で6人…6人もの警察官に囲まれれば、それだけで大騒ぎです。 夕暮れ時の六本木、いつの間にか私と警察官を遠巻きに囲むように黒山の人だかりが…。 六本木の街は半ばパニック状態です。 そんな喧騒を横目に米倉は、薄笑いを浮かべながらビルの裏の『ハードロックカフェ』のある関係者用出入り口から会場内に姿を消してしまいました。 米倉涼子は、打ち上げでそこにいただけなのでしょうけど、芸能ジャーナリストのアクシデント体験から、何か不穏な空気が流れます。 市川海老蔵 大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」の共演から2003年~2005年春までと交際。 松岡昌宏 仕事などで古いつきあいのある松岡昌宏(TOKIO)が、好きであることを2013年頃から公言。 松岡が理想のタイプで、何度も結婚を迫っていることも明らかにされていた。 天海祐希 「親方」と呼び、プライベートでも仲が良い。 早河洋(現:テレビ朝日会長) 「洋」と呼んでいる。 米倉涼子の性格は? ・「クールな役を演じることが多いからかっこいいイメージがありますが、実は暗い性格で自信がなく、よく周りのスタッフから「お前は自信がなさ過ぎる」と言われる」。 ・「黒革の手帖」「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」などのゼネラルプロデューサーを務める内山聖子は「実はもの凄く小心者」「人見知り」「姉御肌というより、甘えっ子です」と言っている。 米倉涼子が大物女優X?は微妙ですね。 交友関係で、引っかかりがあるのは海老蔵ぐらいでしょうか。 海老蔵事件も本人はもう関わりはないように見えますので、接点が見つからないですね。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

米倉涼子は違法薬物疑惑で逮捕間近の主演女優級大物芸能人2020か? 麻薬でマトリが狙っている?

米倉 涼子 薬物

薬物疑惑の人気女性タレントXが逮捕間近? 薬物疑惑が浮上した「人気女性タレントX」について夕刊フジは次のように報じています。 ここに来て業界関係者の間でささやかれているのが人気女性タレントXの存在という。 「Xについては長年、 薬物の使用疑惑が取り沙汰されていましたが、 今年(2019年)の夏頃から 『ついにXが逮捕されるらしい』 『マトリがXを徹底マークしている』 という 噂が流れています。 」 「実際、 水面下では某民放テレビ局の情報番組がいざというときに備えて Xの近況情報を集めたり、 編成部がキャスティングにも気を配っているそうです」 (大手レコード会社スタッフ) Xといえば、 若い頃から モデルや グラビアタレントとして活躍。 現在もマルチな活躍を見せているが…。 「類まれなる美貌とプロポーションを誇り、 過去には熱愛スキャンダルを伝えられたこともありながら いまだに独身を貫いているのは、 薬物使用が原因ではとみられている。 」 「バラエティー番組の現場では、 妙にハイテンションになり、 周囲のスタッフや共演者を驚かせるそうです。 交友関係についても、 過去に薬物の所持疑惑で逮捕された 女性タレントYのほか、 以前から同じく薬物疑惑が取り沙汰されている同世代の 女性タレントZとの親密な関係も知られています」 (同レコード会社スタッフ) 上記の通り、タレントXはモデルやグラビアアイドルもこなす人物のようです。 また、このXは、薬物疑惑が取り沙汰されている友人とも親密な関係で、プライベートでも行動を共にしているとのこと。 サイゾーウーマンでも同様の記事が掲載 真偽の程は別にして、実は「サイゾーウーマン」でも今回の似た内容の記事が掲載されていました。 サイゾーウーマンでは、 「ヒロイン級」の女性タレントが逮捕される可能性に言及していました。 ともに10代から芸能界で活躍する、 Xと Z。 あまり広く知られた話ではないものの、 一部業界関係者の間では、 両者の 薬物疑惑のウワサが後を絶たないという。 「特にXの方は、 ネット上でもそれらしい話題が散見されることもあったんです。 Zについては、 芸能活動が『現在がピーク』という声も上がるほどの売れっ子で、 大作映画やドラマに主演または ヒロイン級で出演しています。 そのため、この話自体が フェイクニュースである可能性が高いと思われます。 女優XとYにも薬物疑惑 夕刊フジの報道では「女性タレントX」の薬物疑惑が取り沙汰されましたが、「日刊大衆」では 「30代後半の女優XとY」の逮捕疑惑が掲載されました。 「実は9月21日の土曜日、 女優Xが薬物使用・所持の容疑で逮捕される、 という情報が流れ、関係者に緊張が走りました。 」 「さらに9月24日火曜日には、 別の 女優Yにも違法薬物の使用疑惑があり、 『麻取(まとり)』が内偵に着手するようだという話が流れたんです」 (全国紙社会部記者) X、Yともに 30代後半の人気女優として知られる。 Xは、女性ファッション誌の専属モデルを務めるなど、スタイルも抜群。 ドラマで主演を務めるほか、 現在でもドラマや映画で重要な役どころを任されることが多い。 Yは、出演した映画で数々の賞を授賞するなど、 演技派としての評価も高く、 ドラマへの主演、映画、舞台などで幅広く活躍。 過去には写真集も出版している。 (2019年9月26日配信) 上記の通り、XとYは話題ドラマの主演を務めるほどの人気女優とのこと。 しかし、この情報も 明確な根拠はなく、噂の域を出ない話と言えます。 もし、マスコミに出回っている逮捕情報が事実だとすれば、被疑者に 証拠隠滅を図られる危険性が高ります。 そのため、こうした情報が記事にされている時点で フェイクニュースと判断した方が賢明です。

次の