アジング 仕掛け。 アジング用のラインはフロロ?ナイロン?PE?エステル?どれがいいのか解説します

アジングの仕掛け(リグ)初心者向け完全マニュアル

アジング 仕掛け

フロロは伸びが少なくあたりがわかりやすいが硬くてトラブルになりやすいので太いものは使いづらい。 ナイロンは軟らかく安価であるがアタリがわかりづらく吸水性があり塩分や紫外線による劣化もあるので気をつけなくてはならない。 PEは強度が非常に強く細くて切れにくい上、伸びが無くアタリが明確なのだが透明ではないものが多いためリーダーが必要になり準備に手間がかかる。 エステルラインは伸びが少なく感度が非常に高い。 ただし伸びがない分衝撃に弱いためリーダー推奨。 それぞれの特徴は上記の通りである。 最近のアジングには エステルラインがよく使われている。 どうしてアジングにはエステルラインを使用したほうが良いのか? アジングはアタリを積極的にかけていく釣りなので 伸びないラインの方が圧倒的に有利ではあるからである。 ナイロンやフロロに比べて圧倒的に伸びないエステルラインを使うことでバイトを取りやすくなるのが主な理由である。 では、もっと伸びない PEラインのほうが有利なのでは? と思うだろうが0. 7グラム程度の小さなジグヘッドを単体で7メートル以上ある水深まで沈めるのはPEラインのような編みこみラインでは抵抗を受けすぎ、 比重が水よりも小さいため浮いてしまうことから難易度が高くなるためPEラインは深場を攻めることが出来ない。 アジは底にいることが多い魚であるためPEラインを使うと取れる魚が減ってしまうリスクが生じる。 エステルラインのデメリットとしては瞬間的な衝撃に弱いためリーダーが必要な点と紫外線による劣化があるというところ。 この点が気になるならフロロカーボンラインを使ったほうがよい。 リーダーの結束方法について メインラインとリーダーは一般的にFGノットがおすすめされている場合が多いが、アジングの場合には極端に細いラインを使うことが多いため結び目がガイドに当たってトラブルになるということは殆どないと考えて良い。 リーダーも 30センチ程度のショートリーダーで問題ないため結び目をガイドまで巻き込まないで投げると良いので逆に巻き込んだことが暗闇でもわかるように結び目のラインを1センチ程度残したほうが良い。 結束強度も100%を目指しても元々弱い道糸を使っているので高切れは避けられない。 簡単なノットで十分。 というわけで、オススメは 3. 5ノットと呼ばれるノット。 非常にシンプルなので簡単に結べる。 こちらの動画を見ればだいたいわかると思うので練習してください。 もちろんFGノットでもノーネームノットでも電車結びでもなんでも大丈夫だが夜釣りの場合は 簡単が一番なのでこのノットがお勧めです。 状況別おすすめライン素材紹介 0. 5〜1. 5グラム程度の軽量ジグヘッド単体で使うならエステルライン ジグ単と呼ばれるジグヘッド単体のアジングはシンプルでよく使われる仕掛けなのだがこれにベストマッチすると考えられるのがエステルライン。 極めて軽い仕掛けをディープへ送り込むことができるため繊細なアジングでは一番使われている。 実際に私も少し前から0. 3号のエステルラインを使い始めメバリングなどで使用しているがナイロンよりはトラブルが多い気もするが、普通に使えば丸一日使っても1度トラブるかどうか程度の気にならないレベルで、不意にも難なくランディング出来た。 ポンドで言うと1. 2ポンドくらいしかない極細ラインでもドラグさえちゃんと使うことが出来ればそう簡単には切れないのである。 ちなみに、風が強い日に使うとトラブルになりやすいので使用は控えたほうが良さそうだ。 重い仕掛け、ルアーを使うならメインラインは極細のPE キャロやプラグを使ったアジングで 表層から中層狙い用のタックルを別に用意する場合は0. 2〜0. 3号のPEラインをおすすめする。 細くても引張強度が高いため、重い仕掛けを扱う際にそこまで注意が必要ないと言うのが良いところ。 エステルラインではミスキャストで一個1000円のキャロシステムがちぎれて飛んでいくということになりやすい。 キャロで遠投して大物がかかった時でも強度の高いPEなら安心してやり取りできるというのもメリットだ。 PEラインは根ズレや魚の歯での擦れに弱いため、リーダーはフロロカーボンラインかナイロンラインが30センチほど必要。 水深が浅くて飛距離も不要な小場所ならフロロ直結 飛距離は必要ないという時や近くの障害物を狙う時などにはフロロカーボン素材のラインがをおすすめしたい。 直結でも問題ないという手軽さが夜釣りのアジングにちょうどよい。 根ズレにも強く、障害物の周りを積極的に狙っていける。 巻きぐせが強く飛距離は伸びないが近くの漁船の際を狙ったりスロープを攻めるぐらいなら全く問題ない。 初心者は一番トラブルの少ないナイロンが無難 アジングははっきり言って非常に繊細。 風が強かったりすると細いラインでエステルやPE、フロロカーボンを使うとかなりの割合でトラブルが発生する。 特にフロロカーボンラインは巻きぐせが付きやすく固いので糸ヨレでぐちゃぐちゃになる事が多い。 ナイロンラインなら柔らかいため比較的トラブルの発生が少ないのでアタリは少し取りにくくなるかもしれないが初心者にはナイロンラインをおすすめする。 アジングラインの太さはどのくらいが良いのか? これに関しては プロは0.2号(強度1ポンド 約480グラム)を使っている。 アジという魚の大きさは大体普通20センチ程度で70グラム程度となっていることから強度1ポンド(480グラム)あれば基本的に切られるということはあまりないのでこの太さで問題ないだろう。 ただ、一般人がこれほど究極の細さを追求する必要もないため、海藻などに引っかかった時にあっさり切れてしまう1ポンドという細すぎるラインはあまりおすすめではない。 2ポンド、もしくは3ポンド程度の細さでも、さほど問題はないのでアジングに慣れないうちは多少太めのラインを使用することをおすすめしたい。 PEラインの場合は0. 2号で6ポンド以上あり、十分な強度はあるが細すぎると扱いづらいというデメリットもあるので基本的に0. 2〜0. 3号くらいを使うのをおすすめする。 アジングラインおすすめ商品.

次の

アジングの仕掛け(リグ)初心者向け完全マニュアル

アジング 仕掛け

アジングに行くんだけど、なかなかアジが釣れてくれない。 となりのお兄さんは普通に釣れてるのに、なんで俺には釣れないんだよ…。 ハァ…。 釣りは自然との闘いですのでボウズの日があるのは仕方ないことですが、周りが釣れているのに自分だけ釣れないとめちゃくちゃ萎えますよね?ぼくも昔はよく、自分だけ釣れなくて人格否定されたような気分になっていたものです。 そんなぼくも今では、みじめな思いをすることも無くなり、アジンガーの中で独り勝ちして「ワームとジグヘッドは何を使ってるんですか?」なんて聞かれるまでに成長しました。 ということで、昔のぼくのような悩めるアジンガーを一人でも多く救済するために、本記事ではアジングの釣り方の基本とおすすめの練習法、釣れるようになるためのコツを出し惜しみせずに解説していきます。 ぜひお役立てください。 練習法の前に!アジングの釣り方の基本をおさらい おすすめ練習法の前に、軽~くアジングの釣り方をおさらいしておきましょう。 詳細は記事の後半でしっかり解説しますので、ここではサラっといきますね。 ポイント選び まずはポイント選びです。 ネットや釣具屋で可能な限り実績のある釣り場をリサーチし、釣り場についたら• 常夜灯に照らされた所• 明暗の境目がクッキリしている所• 流れが止まる所• 潮がぶつかる所 など、変化のある場所を見つけて重点的に攻めると良いでしょう。 変化のあるポイントにはアジが捕食しているプランクトンが溜まりやすいので、釣れる確率が上がります。 どの深さ(レンジ)を攻めているのか?を意識しながら釣ることで、効率よく探ることができますし、1匹釣れた後に次の1匹を釣れる再現性が高まります。 カウントが終わったあとは、アジを誘いながらラインを巻き取っていきます。 アクションに関しては、基本パターンを覚えて自分の中のローテーションを持っておくのがおすすめです。 詳しくはキャストのコツ&練習法の所で解説します。 しかしながら、アジはワームを吸い込んで違和感を感じると「ペッ」とワームを吐き出してしまいます。 ですから、 「コツン」「モサッ」といったアタリを感じたら、ロッドを軽く立ててアワセを入れてあげるとアジが吐き出す前に針をかけることができます。 アジが針にかかったら、ロッドの角度をキープしつつ、慎重に寄せてきて抜き上げましょう。 ということで、アジングの釣り方のおさらいは以上です。 次のページからはアジを釣るコツとおすすめの練習法を解説していきます。 キャストのコツ&おすすめの練習法 キャストのコツ&おすすめの練習法は以下の4点です。 力まない、飛ばそうとしない• 手首のスナップを意識する• デイゲームで練習する• 重ためのジグヘッドで練習する 順番に見ていきましょー! 力まない、飛ばそうとしない アジングのキャストでは、 力まず、飛ばそうとしないことが重要です。 軽い仕掛けを使ってるわけなので、飛ばなくて当然です。 躍起になってロッドを振るのではなく、「アジングの飛距離なんてこんなもんだよね~」って気持ちで リラックスして投げた方が飛距離も方向性も良くなりますよ。 手首のスナップを意識する 力まないと同時に、 手首のスナップを使って投げることも意識しましょう。 イメージでいうと、ダーツを投げる感じです。 アジングのキャストで動かすのはヒジから下だけで十分。 肩をグリングリン回す必要はありません。 手首のスナップを効かせて、スマートにピュンと投げましょう。 ちなみに、キャストのコツについては別記事でガッツリと解説していますので、興味のある方はぜひご覧ください。 デイゲームで練習する キャストの練習は 周囲が明るいデイゲームで行うのがおすすめです。 周囲の暗い夜ですと、ジグヘッドの軌道や着水ポイントが見にくくなります。 明るいうちに自分のキャストの軌道や飛距離をつかんでおくと、暗くなった後のナイトゲームでも上手にキャストできるようになっていきます。 アジングはナイトゲームの方が釣果が上がりやすいのですが、完全に暗くなる前に釣り場に向かって、地形や潮の流れなどを確認しつつキャストの練習をすると良いでしょう。 重ためのジグヘッドで練習する アジングのキャストが難しいのは、仕掛けが軽いからなんですよね。 エギングやシーバス、ショアジギングでは数十グラムのルアーを使うのに対して、アジングでは1g以下がメインになります。 仕掛けの重みがないので、どうしてもロッドのしなりを使いづらくなってしまいます。 キャストの練習をするときは、1. 5~3gといった重ためのジグヘッドを使うのがおすすめです。 力に頼らず、ロッドのしなりを感じながらゆったりとキャストすることを意識しましょう。 自分が投げるんじゃなくて、ロッドに投げてもらうようなイメージの方がよく飛びますよ。 アクションのコツ&おすすめ練習法 アクションのコツ&おすすめの練習法は以下の3点です。 ジグ単の王道3パターンを中心に• なるべく風が弱い日・風が弱い釣り場を選ぶ• 重ためのジグヘッドを使う 順番に見ていきましょー! ジグ単の王道3パターンを中心に アクションについては、ジグ単の王道3パターンを覚えて、それらを中心に反復練習するのが良いでしょう。 王道3パターンは以下です。 ただ巻き(リトリーブ)• ロッドでさびいてレンジキープ• リフト&フォール ただ巻きは、名前の通りリールを一定のスピードで巻いてくるだけです。 アジが違和感を感じづらいように、 なるべく同じスピードで巻くのがポイントです。 ロッドでさびいて、レンジキープはジグヘッドの存在を感じる程度に 「ちょんちょん」とロッドを立て、そのままゆっくりとロッドを起こしていきます。 ジグヘッドが沈むスピードに合わせてロッドを起こすことで、同じレンジ(深さ)をキープできるというわけです。 リフト&フォールは、 軽く2回ほどロッドをシャクってワームの存在をアピールして静止させます。 ラインを張ったままジグヘッドを沈ませ(フォールさせ)ることでアジを食いつかせる釣り方です。 基本の3パターンさえ覚えてしまえば、その他のアクションはこれらの応用です。 王道パターンを中心に練習しておけば、新たなアクションにも対応しやすくなります。 アジングのアクションについては、別記事で詳しく解説しています。 アクションについてもっと知りたいぜって方は、以下リンクよりご覧ください。 なるべく風が弱い日・風が弱い釣り場を選ぶ アジングのアクションを練習するとき、大敵となるのは風です。 アジングではめちゃめちゃ軽い仕掛けを使いますので、風が強くなるとラインもロッドもあおられてしまい、もはや釣りにならないこともあります。 アクションの練習に限ったことではありませんが、 風が弱い日、風が弱い釣り場を狙うことをおすすめします。 天気を調べるときは、予報サイトを使われるかと思うのですが、風に関しては結構アバウトなサイトも多いです。 1mって書いてあるのに、釣り場についたら「バリ風強いやん!萎え~…」ってこともあります…。 個人的にはの風予報が精度が高く、気に入っています。 アジンガーにとって風は死活問題なので、なるべく精度の高い予報サイトでチェックすると良いですよ。 重ためのジグヘッドで練習する キャスト練習のコツと重複するのですが、アクションの練習をするときにも重ためのジグヘッドを使うのがおすすめです。 アジングのアクションで大事なのは、ジグヘッドの存在を手に感じること。 1g未満の軽い仕掛けを使っていると、始めたばかりのうちはジグヘッドがついているのかさえわかりません。 5~3gといった重ためのジグヘッドをメインで使い、しっかりと手に重さを感じながらアクションをつけましょう。 風が弱い時やどうしても食いが弱い時に1g以下のジグヘッドを使い、超軽量リグにも徐々に慣れていくのがおすすめです。 アワセのコツ&おすすめ練習法 アワセのコツ&おすすめの練習法は以下の4点です。 怪しきはすべてアワセを入れる• アワセは優しく、ドラグはゆるめに• 活性の高い時間帯を狙う• 実績のあるポイントで場数を踏む 順番に見ていきましょー! 怪しきはすべてアワセを入れる アジングを始めたばかりの方にとって一番の問題点は、「どれがアタリなのかわからない…」ということだと思います。 ボトムにコツっと当たる、ワームが藻に絡まるなどなど、紛らわしい感触もありますので、アタリの判別がしにくいんですよね。 ちなみにアジさんのアタリは、大きく分けて3種類。 コツン• モサッ• フワッ 1つ目は 「コツン」という感触で、これはラインを張ってさえいれば楽勝でわかります。 2つ目は 「モサッ」と引っ張られる感触。 大型のアジに多いパターンで、なんとな~くワームを引っ張られている感じがする程度なので、ちょいとわかりづらいです。 3つ目の 「フワッ」は俗に 抜けアタリと言われるやつで、張っているラインがふっと緩むような感触。 これは、よっぽど集中してないとわかりません。 かなり慣れが必要なので、最初はわからなくてもOKです。 とりあえずアワセちゃえ! アジのアタリにもいろいろとパターンがあるのですが、とりあえず初心者の方におすすめなのが 怪しきはすべてアワセを入れることです。 手に少しでも違和感を感じたら、軽くロッドを立てる程度にアワセを入れてみましょう。 本物のアタリじゃなかったときは、「いや、今のシャクリですよ。 アワセそこなったんじゃないですけど」的な澄まし顔をしてればOKです。 とにかく、がつがつアワセてみましょう。 積極果敢なチャレンジがあなたのアワセスキルをUPさせます! アワセは優しく、ドラグはゆるめに 触ってみるとわかると思うのですが、アジの口って超柔らかいんですよね。 特に両サイドが柔らかく切れやすい危険地帯となっています。 アワセが強かったり、掛かった後に無理に巻きすぎると、すぐにバレてしまいます。 アジングのアワセはロッドをぐいぐいシャクる必要は無く、ちょんと立てる程度でぜんぜん問題ありません。 釣り番組なんかで、ぐいぐいロッドを立ててアワセてるシーンを目撃することもあるかと思いますが、あれは青物やシーバスのアワセ方です。 アジングでやっちゃうと、アジのお口が悲鳴を上げますのでご注意をw 優しいアワセを入れるためには、ドラグを緩めにしておくのもおすすめです。 ついつい強くアワセてしまった時でも、力を逃がしてくれます。 活性の高い時間帯を狙う 残りの2つのポイントは、技術的なものではなくアタリに遭遇する回数を増やすためのコツです。 まずは 活性が高い時間帯、つまりアジのごはんドキを狙いましょう。 アジは外敵から身を守るために、昼間は深場で目立たないように身を潜めていることが多いです。 しかし、 辺りが暗くなってくると避難モードが解除され、食事モードに切り替わるというのが定番のパターンとなっています。 アジが空腹で興奮している夕マズメの時間帯にポイントに行くと、必然的にアタリの数が増え、アワセの練習もしやすくなります。 実績のあるポイントで場数を踏む アタリを増やすもう1つのコツは、 実績のあるポイントに行くことです。 時間帯が良かったとしても、そもそもアジがいなかったり、アジの数が少なくてはアタリも数は増えません。 釣具屋さんで優しそうな店員さんを見つけて質問攻めにすれば、たいてい実績のある漁港や爆釣ポイントをいくつか教えてくれるものです。 回遊魚であるアジを釣るためには、群れがどこに入っているか?をしっかりリサーチしておく必要があります。 地元の釣具屋さんにちょくちょく足を運び、情報収集をする習慣をつけておくと、アジに遭遇できる確率は大きくアップしますよ!.

次の

【超簡単】アジング初心者の仕掛けはたった2つでOKです!

アジング 仕掛け

アジの習性と生態 アジがエサとしているのは、アミなどのプランクトン、イソメやゴカイなどの多毛類、小型のエビやカニなどの甲殻類、それにイワシの幼魚といった小魚。 それらのエサを求めて日中は沖を回遊したり深場にいることも多い。 しかし、夜になると常夜灯が照りつけて明るい漁港や堤防近くにエサが集まりやすく、そのエサを狙ってアジも回遊するため夜は岸から釣れやすくなっている。 しかし、満月の夜は周囲も明るくなってしまうため、常夜灯の効果が薄くなってしまうので釣れにくいといわれている。 また、地域差はあるが冬~初夏頃に産卵をし、夏~秋は生まれたばかりの小さいアジの数釣りが楽しめる。 寒くなってくる晩秋や冬になると大型のアジが釣れるチャンスも高くなってくるが、基本的には一年中楽しめる釣りとなっている。 ライン:アジングのために生まれたエステルラインがおすすめ! エステルとは糸の素材のこと。 一般的にはナイロン、フロロカーボン、PEと呼ばれる素材のラインが重宝されるが、アジ釣りのために特化したのが、ここで紹介するエステルライン。 近年急速に普及しはじめたライトゲーム用のラインで、特徴は伸びにくく、水馴染みが良いこと。 伸びにくいということは、繊細なアジのアタリも感じやすいということだ。 少しだけ釣りとしての性能はエステルに劣るが、フロロカーボンラインを使うのも手。 フロロカーボンラインはそのままルアー(ジグヘッド)を先端に結んで使用できる手軽さがビギナー向き。 ナチュラム厳選!おすすめアジング用ライン! 安全装備:いざ!というときのためのライフジャケット 便利装備とは異なるが、海で釣りをする場合におすすめなのが安全のための装備。 足元がしっかりと護岸された堤防であっても、落水の可能性はある。 いざ…というときのためにライフジャケットは是非揃えておきたい。 浮力体が付いている大きめなライフジャケットもあれば、より軽量で体にフィットする膨張式(腰巻きや肩掛けで膨らむタイプ)のライフジャケットもあるので、自分のスタイルにあったものを選んで装備しよう。 さらに、サングラスは目、キャップやハットといった帽子類も頭の保護という点と熱中症対策という意味でも着用したいアイテム。 また、濡れた地面でもすべりにくいフィッシングシューズもあればなお良い。 ナチュラム厳選!おすすめ安全装備! 船やロープには気を付けて!釣りの際の注意事項 漁港にはロープで繋がれた船(係留船)などがあり、水中にもロープが張ってある場合がある。 それらのロープや船にキャストしたり、引っ掛からないように注意しよう。 また、底にはいろいろと沈んでいる障害物や根(海中の岩)や海藻帯などがある。 これらにルアーが引っ掛かる(根掛かり)こともあるが、なるべく残るラインを最小限にするためにロッドとルアーを直線的に引っ張って切るなど配慮しよう。 その際にルアーがまっすぐ飛んでくることもあるので、当たらないように注意が必要だ。 その他、漁港は漁業関係者が仕事をする場になるので迷惑駐車には気を付けてください。 また、ゴミなども持ち帰るようマナーは守り、楽しいアジングをこれからも続けられるように心掛けてください。

次の