声優養成所 いつから。 声優養成所の入所試験で気をつけることは?

山下大輝

声優養成所 いつから

私は声優として仕事をしていたことがあります。 高校を出て上京し、20代前半まで、あるプロダクションに所属していました。 何も知らない十代の小娘が上京して憧れの声優にはなったものの、実態はバイトで食いつなぐ日々でした。 そんな苦しい精神状態のとき、先輩の声優さんが言ってくれた一言。 20年ほど経った今でも心に残っています。 自分の気持ちに自信がなくなったとき、ぶれそうになったときにふと思い出す、二人の先輩の言葉です。 声優をめざして上京 多くの子供達と同様、私もアニメや漫画が大好きな子供でした。 学校から帰るとランドセルを放り出して、TVや漫画にかじりついていました。 当時、アニメって「絵」なのに、どうして動くのか、どうして人の声がするのか、不思議でした。 子供の頃の私は口が達者で、大人の前でも物怖じせずハキハキしゃべる子でした。 その度胸を買われて、幼稚園や小学校の発表会では重要な役を任されることが多く、またそれが全然苦にならない性格でした。 その流れで、中学に入ると演劇部に入部。 「声優」という仕事があることを知ったのは中学1年のとき。 大好きなアニメと大好きな芝居のコラボなんて、まさに理想的な仕事じゃん! これしかない!! すごく短絡的に将来を決めました。 それからは一直線。 親の反対もまったく意に介さず、自力で費用を稼ぎ、19歳で俳優養成所に入るために上京しました。 アニメみたいにはいかないよね 養成所時代は本当に楽しかったです。 最初は、同じ高校から大学に進学した子達と共同生活。 親の目から離れて、友達だけで暮らす日々。 そして養成所では毎日芝居に関わることだけをやっていられて、夢のようでした。 どこの青春漫画だよ、と言いたくなるような生活を送っていました。 やがて養成所を卒業。 卒業試験も無事合格してプロダクション所属となり、 新米声優として一歩を踏み出しました。 憧れていた声優になれた! と、有頂天でした。 でも、青春漫画はここまで。 いろいろなオーディションを受けても落ちまくり、仕事は「ガヤ」ばかり。 「声優」なんて肩書きだけ。 実際はバイトで生計を立てる毎日。 いつの間にか、好きだったはずの芝居への気持ちも「好き・・・なのか? バイトばっかりで、なんのために東京にいるんだろう・・・」とあやふやなものに。 先輩の言葉 アイドル声優 Nさん Nさんはとても可愛くて、知名度、人気ともに急上昇中の、アイドル声優の走りのような存在でした。 同じ事務所の先輩が舞台をやるときなど、ペーペーは裏方としてお手伝いをすることがあります。 あるとき、Nさんが主要キャストの一人として出演される舞台に、ペーペー何人かでお手伝いをすることになりました。 舞台をやっている間はみんな忙しいし、そもそも主要キャストと裏方ではほとんど接点がない。 会話をすることもなく舞台は終了し、打ち上げの席でのこと。 Nさんとお話しする機会がありました。 と言っても1対1ではなく、ペーペー数人でNさんを囲むような感じに。 売れている役者さんと、まだ仕事もろくにないペーペーでは、おのずと会話の内容は 「どうすれば仕事もらえるんでしょう?」になります。 細かな内容は忘れましたが、Nさんのこの一言ははっきりと覚えています。 「一つあたればすぐだよ!」 聞けば、Nさんも最初はオーディション落ちまくりで、仕事もろくにない時期があったとか。 それが、1つオーディションに受かったら次々と受かるようになり、仕事も指名で来るようになったそうです。 たった1度オーディションに受かっただけで自分の環境が激変したことに、Nさん自身びっくりしたと。 オーディションに受かってヒロインを経験したことで、「この人ならまかせても大丈夫」という信頼が生まれたわけです。 どんな仕事でも、経験のない新人に頼むより、経験があって、人となりもわかっているベテランに頼む方がリスクが少ない、普通はそう考えます。 だから 経験のない新人の場合、その経験を積める機会を得るのがそもそも難しいのですよね。 これって、声優に限った話ではなく、転職活動とか経験された方はよくわかるのではないでしょうか。 未経験の業種への転職の難しさといったら… 私も経験ありますが、本当に心が折れそうになります。 能力以前に、 「経験を積む機会を得るまで我慢できるか」が重要なポイントになるんですよね。 お話ししたのは、何かの打ち上げ? 事務所の新年会? ちょっとうろ覚えですが、Kさんの発した一言はよく覚えています。 当時、ペーペーの私はアルバイトで生計を立てていました。 いつ仕事が入るかわからないので、日中は予定を空けておかなくてはなりません。 アルバイトできる時間は夜になります。 夜、短時間、生活できるくらいのお金を稼げるバイト、とくれば、必然的に水商売になります。 六本木や銀座のクラブでホステスのバイトをしました。 といってもバイトなので、プロのお姉さんたちのヘルプ専門。 お給料は時給でした。 気楽といえば気楽ですが、当時、「彼氏いない歴=年齢」だった私には酔っぱらいの相手はなかなかハードルが高く、時には体を触られることもありました。 芝居をやっていて、生活のためにこういうアルバイトをしている子はごまんといて、私もその一人。 お客さんに「昼間は何やっているの?」と聞かれるたびに 「役者です!」と答えることで、プライドをギリ保っている状態でした。 そんな心情を吐露した私にKさんがくれた言葉。 「僕が芝居を始めたころ、所属していた劇団には僕より芝居がうまくて、才能があって、かっこよくて、人気がある奴がいっぱいいたんだよ。 でも、 いま芝居で食っているのは僕だけだよ。 どうしてかわかる?」 黙って首をかしげる私にKさんが言いました。 「やめなかったからだよ」 涙が出ました。 Kさんはもう亡くなりましたが、YouTubeで検索すれば、声は今でも聞くことができます。 それは、 Kさんがやめなかったから。 Kさんのご冥福をお祈りします。 やめた後の方がつらい せっかく 先輩たちにいい言葉をもらったのに、私は一つあてるまで我慢できずにやめてしまいました。 Kさんの言葉が身にしみたのは、やめて地元に帰ってからです。 中学1年生から「声優になる」ことだけを考えて突き進んでいたから、それがなくなったら、どう生きていけばいいのかわからん状態に陥りました。 いろいろな仕事をしてみるものの長続きせず、空虚感を埋めてくれるものが見つからない。 TVを見ても漫画を読んでも、友達と遊んでも、どこかうわの空で心から楽しめない。 目標がないというのは、こんなにつまらないものかと愕然としました。 その虚しさをごまかそうと精神安定剤を飲むようになり、次第に飲む量が増えていきました。 *こちらの記事で書いています。 この経験で学びました。 やりたいことが何もない空っぽの状態より、 頑張る方がずっと楽だということを。 Kさんは「やめる」という経験をしなくても「続ける」ことの価値を知っている、素晴らしい人でした。 凡人の私は「やめる」という経験を通じて「続ける」ことの意味を知りました。 英語の勉強でも、やめようかと思ったときはありました。 でも、なんとか仕事で使えるレベルまで持ってこれたのは、 止めた後の虚しさを経験していたからだと思います。 だからやめない この記事を書きながら、あのころ考えていた事をいろいろ思い出しました。 当時のことをこんな風に形にしたのは初めてで、 「書く」って大事なことですね。 やめたくなったとき、自分の気持ちが「やめたい」のなら、自分の気持ちに正直になってやめればいい。 その時はやめる。 でも、 思っていたようにうまくいかないから、人と比べて上手くできないから、なんて理由でやめたら、絶対後悔する。 後悔の後にくる虚しさの方が、続けるよりもずっとつらい事を知りました。 この記事を書いてみて、自分の気持ちの棚卸しができたように思います。 こんな風に、徐々に自分の気持ちも書いていきたいなぁ。 それではまた。 *こんな記事も書いています。

次の

アミューズメントメディア総合学院の個人的評価と費用とは?

声優養成所 いつから

他の声優学校で経験があってもレッスンを受けることはできますか? A 経験がある方でもレッスンを受けることは可能です。 基礎コースのレッスン40回を受けた後はどうなるのですか? A 実践コースへの進級、各事務所オーディションの受験のご案内をさせていただく予定です。 レッスンを受ける際の年齢制限はありますか? A 原則 13歳以上(SPOT事務局へご相談ください)、上限は設けていません。 未成年の方は保護者の同意が必要となります。 レッスンの見学や体験入学などはありますか? A レッスンの見学は行っておりませんが、レッスンの模様は映像にて確認できます。 オープンキャンパスなどのイベントが随時ございます。 奨学金・特待生制度などはありますか? A どちらも行っておりません。 レッスン料は分割できますか? A いいえ。 システム利用料、教材費を含めて事前一括入金になります。 入会からレッスンまでの流れを教えてください。 A をご参照ください。 教材はありますか? A 教科書は郵送させて頂きます。 動画教材は会員限定公開されますので、会員になられると、いつでも視聴可能になります。

次の

岐阜から通える声優養成所や声優専門学校はどこ?【声優になりたい!】

声優養成所 いつから

好きなところに飛べるよ!• 1、岐阜から通えるおすすめの声優学校 白川郷。。 ひぐらしの泣く頃の聖地がある岐阜。 その意影響で昔は舞台俳優のバイトとして行われていた声優の仕事ですが、 現在は声優になりたい人が続出、東京周辺で3000人から5000人 全国で合わせると1万にが声優を目指して学校に通いはじめるといわれています。 そんな全国のライバルたちから頭一つ抜き出て声優としてデビューできるのは毎年100人ほど。 その100人になるために勉強をしても結局声優に離れず何年も無駄になってしまう人が多いです。 周りなんか腐っ飛ばして「 絶対に声優になりたい! 」そう思ったならそろえなくてはいけないものが5つあります。 1、環境 2、実力 3.出会い 4、時間(年齢) 5、やる気 この5つです。 声優事務所• オーディションの数• スタジオ• バイト どれをとっても揃っているのはここしかありません。 そしてなんといっても 教えてくれる講師の質が現役で活躍している人が圧倒的 なので、 今、現場で求められている声優はどんなキャラクターなのかなどがリアルタイムで情報が入ってきます。 東京以外で現役で活躍している講師の方が教えてくれるところ もありますが、 月1回あればいいところや、月1回あっても収録やイベントの仕事で潰れてしまって 結局1年間で1回しか教えてもらえなかったということも結構あるみたいです。 現役で活躍している方というのは講師はあくまで副業なので、収録を優先させるのは当たりまえ。 実力 いや運でしょ?僕もそう思いますw でもそれよりも まず誰に聞かせても最低限OKがもらえる実力が必要です。 学校で教えてもらうのも必要ですが本気でなりたいなら、自分で独学でも練習することが必要です。 出会い 結局は出会いが重要なのが人生。 あなたのことを買ってくれる人と出会うためには、より多くの人にあなたを見てもらう必要があります。 そのためにはより多くの声優事務所を呼んでくれる学校を選ばないといけないのですが、 これも東京以外だと大差があります。 東京で一番多いところだと70の事務所を呼んでくれる のですが、 地方の学校だと多くて7~10 くらいになります。 呼んでくれないというより事務所側も忙しくて出張している時間がないので行けないんですけどね。。 時間(年齢) 声優は23歳をピークに年を取るごとにチャンスが失われていきます。 なのでなるべく早く できるなら25歳までには所属をしていたいところ ですが、 オーディションを受けるのに1年、2年勉強して1回しか受けられないというのは 高校卒業から始めても3、4回しか受けられないわけです。 その少ないチャンスでものにできる自信があるなら全然大丈夫だと思いますけど。。 やる気(やりたい理由はなんでもいいと思う) 学校というのは友達との生活がほとんど。 一緒に本気で頑張れる仲間ならいいですが、本気ではない人も結構いますし、 途中でみんなと一緒にいることのほうが楽しくなってしまう人もいます。 ですから必要なのは「 周りに流されない絶対に声優になるという強靭な目標」です。 それはあなた自身が決めるもので、難しくも何ともありません。 よくダメと言われる• 好きな声優さんに会いたい• 仕事が楽しそう それだって立派な理由です。 では先輩声優たちはどうやって声優になったのでしょうか? 岐阜県代表といえば先日福山潤さんと事務所独立をされた 立花慎之介 さんですかね! 立花さんはプレゼントでもらったレーザーディスクのデッキで「ああ女神さま」を見た時の感動が忘れられなくて 声優を目指したみたいですが、当時は声優専門誌もないという時代。 その行動力はすさまじいもので、高校卒業とともに上京を決意。 青二プロダクションの青二塾に入学をしてそこから声優としての勉強を積もうと考えたみたいです。 ですが高校卒業までは自分で 発声やストレッチを日本ナレーション演技研究所の通信教材でされていた みたいです。 今でこそネットやyoutubeで勉強できますが、学ぶにしても自分の大切な時間を使ってしまう。 何となくで目指すということが出来ない時代だったんですね。 (今は近場でもある程度学ぶことができるのでほんと便利な時代です!) 4、どうして東京で学ぶ人がほとんどなのか? 先輩たちの多くがどうして東京で学ぶのかは上で書いた通り、 1、 環境 2、実力 3.出会い 4、 時間 (年齢) 5、やる気 の内の特に環境と時間に影響してきます。 地元の学校で学んだところで、結局東京の養成所に行くのがほとんど。 何年か地元で勉強した後にまた学校に行かなくてはいけない。。 結局歳も取るし、現役のプレイヤーたちから教えてもらえる機会も少ない。 そうなるとどうしても 地元で目指すより、時間もお金も実力も圧倒的に節約できるのが東京の学校 に通うことになるわけです。 学校の数は圧倒的に東京ですが、次に多いなら選べるでしょ? ここで大阪に住んでいた声優を目指す人たちの実際の意見をご紹介させていただきたいと思います。 東京と大阪にあった声優養成所に通っていたころN君とRさんという大阪住まいの2人友人がいました。 「大阪住まいなのだから大阪の方の学校に行けばいいのでは?」 そう聞いたところ 「東京と大阪じゃレッスン内容もだけど、 在学中に来るオーディションや業界人とつながれる手伝いの話などが全く違う」 なので毎週レッスンの時は東京まで夜行バスで往復しているということでした。 住んでいる場所で通えば確かに楽ですが、 チャンスがより多く転がっているところで学んだほうがいいのは当たり前。 その一番の原因は学校選びで失敗しているということです。 多くの人が学校選びで失敗する例&原因 ・ 料金が安いところ ・ 好きな声優が所属している養成所 ・ 口コミや雑誌で見たので選んでしまう などの理由で選んでしまう人が多いです。 確かに料金が安いところで声優になれる人も、 好きな声優が所属している事務所の養成所に通っても声優になれる人はいます。 しかし 大半の人は事務所の考えや、自分の実力をわかっていないためまだその学校にはあっていない場合がほとんど。 確かに舞台は一般応募も多いし、声優と同じで演技をするのですが 演技力は舞台俳優のほうが高いし、舞台やりたい人は若いころから極めているので、 声優ダメだったから舞台に行っても勝てるわけがありません。 こんなオワタルートたどるくらいなら はじめにしっかり選んでおけばよかったというのはめちゃくちゃ聞きますw なので学校選びは一番重要なことなんです。 6、正しい声優学校の選び方とは? では高校、大学卒業から目指すならどこがいいのか? ここで声優を学べるところは2種類あることを覚えておきましょう。 声優学校、専門学校(演技未経験でもOK) 運営:声優事務所とつながりがある会社 目的:可能性がある新人を育てる 料金:養成所より高い、レッスン回数によって違う オーディションの数:最大70個ほどオーディションを受験できる 所属できなかった場合:学校なのでサポートあり 未経験の場合は1から勉強しなくてはいけないです。 しかし養成所ではすでに演技力がある人しか受け入れをしないので 声優学校に行かなくてはいけないのですが、料金が高いところ。 家がお金持ちならいいですが、高いと家の負担になってしまいます。 しかしお金がたまってからと言っていては時間がかかる。 おすすめの方法は バイトか仕事をしながら学べる 「夜間クラスがある学校」です。 夜間クラスなら多くても週2、3回なので、昼間に仕事をして学費を稼いで、 夜に声優を学べて、無理せず声優を目指すことができます。 週5でレッスンみたいな学校もありますがバイトする時間もなく、 食べていくのがやっとになってしまうので、あまりおすすめ出来ません。 かといって子供のころからやっているから売れるというわけではなく、 ちゃんと売れだす年齢というものがあります。 その年齢は18歳~30歳までの間(ちょっと盛ったかもしれないですねw) 結局子役の時にヒットしてもこの年齢の時にヒットしなければファンがつかないで消えていってしまいます。 なので卒業のタイミングは声優を目指すのにベストな年齢になります。 しかし一方で、目指してなれるひとはほんの一握り。 1度の人生を失敗したくないなら、今自分にできる最高の選択をしてみましょう。

次の