プレステ 4 リモート プレイ。 PS4リモートプレイのラグ(遅延)を失くすor少なくする高速化方法

Mac/WindowsPCでPS4をリモートプレイする方法!導入も簡単で遊びやすい!

プレステ 4 リモート プレイ

PS4が見つからない まずリモートプレイを使うには、 PS4側の設定をする必要があります。 「設定」>「リモートプレイ」>「有効にする。 」を設定してください。 もちろんネットを使ってPCとつなぐので PS4でネットの設定もしてください。 P Cと同じWiFiの方が接続が早いです。 また、PCが自分のPS4を見つけるのは難しいので、 最初の接続時には 「手動で設定」をしてください。 具体的にはPS4の 「設定」>「リモートプレイ」から8桁の番号を入手し、それをPC側に入力すればOKです。 よほどネット回線が遅くない限りはこれで見つかるはずです。 登録したPS4に繋がらない もっとも発生しやすい問題はこれじゃないでしょうかね。 基本的に家の中で同じWiFiに登録していれば、 インターネット経由で探すことはないです。 「インターネット経由で探しています。 時間がかかるかもしれません。 」なんて表示が出たら、 何かしら問題が起きています。 私の場合は、 「PS4の電源の切り方が適切ではなかった。 」時がほとんどでした。 ランプが点灯しているのに電源を引っこ抜いたりすると、次に電源入れた時に 注意のアナウンスが出るんですよね。 その時はリモートプレイに対応できないみたいです。 でも、いちいちその アナウンスを消すためにディスプレイにつなぐのは面倒ですよね? そんな時の対処法は簡単で、 PS4の近くでリモコンのPSボタンを押してリモコンを接続した後、 マルボタンを数回押せばOKです。 要は、 電源の切り方のアナウンスさえ消せればいいってわけです。 ディスプレイがなくても リモコンの操作は有効なのでこれで直ります。 スポンサードサーチ リモコンが反応しない PCからゲームを操作するときは、 PCとリモコンを有線で繋がないといけません。 その際「データを送受信できるUSBケーブル」出ないといけないので、PS4についてくるやつなら大丈夫ですが、 別売りのケーブルを使っている方は注意が必要です。 画質が悪い これには3種類の原因が考えられます。 PS4をつなぐ前にPS4リモートプレイのアプリの 環境設定(Windowsでも設定があるはず) から画質を変えられます。 しかしリモートの 画質やフレームレートを上げすぎると、PS4の録画機能が使えないので、説明を読みながら設定してください。 PS4とPCの間に 遮蔽物があると、通信が遅くなって 画質が悪くなったり、 ラグが発生したりします。 私の場合は、 PS4をLANケーブルでルーターとつなぐことで、2枚の扉越しでも画質が安定しました。 ラグに関してはたまに発生してましたので、遮蔽物はやっぱりない方がいいのかもしれないです。 ゲームの画面は本来、有線で送るような 大量のデータですので、送受信だけでも そこそこ負荷がかかります。 さらにその データを画面に表示し、 リモコンの入力までPS4に送信するとなると 結構な負荷です。 PC自体のスペックはそこまで必要ないと思いますが、 他の重いアプリとかを開きながらやると、画質が悪くなります。 しかし、 PCの画面で画質が変化したからといって、PS4の録画機能で撮れる 動画の画質は変わりませんので、ご安心を。 PCの画質の変化はあくまで、受け取ったデータを表示する際に生じた乱れです。 スポンサードサーチ スポンサーリンク 最近の投稿• 最近のコメント• に sKetchbooKs より• に penguin より• に sKetchbooKs より• に k より• に sKetchbooKs より カテゴリー• 275• 226• 203• 112• 23 アーカイブ• 12 固定ページ• 慶應義塾大学 日吉キャンパス 住所 〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1 交通アクセス 日吉駅(東急東横線、東急目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン)徒歩1分 三田キャンパス 住所 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 交通アクセス 田町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩8分 三田駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄三田線)徒歩7分 赤羽橋駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩8分 矢上キャンパス 住所 〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1 交通アクセス 日吉駅(東急東横線、東急目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン)徒歩15分/約1km 新川崎駅(JR横須賀線)タクシーで約10分/約2km 信濃町キャンパス 住所 〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 交通アクセス 信濃町駅(JR総武線)徒歩1分 国立競技場駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩5分 湘南藤沢キャンパス 住所 〒252-0882 神奈川県藤沢市遠藤5322 交通アクセス 湘南台駅(小田急江ノ島線/相鉄いずみ野線/横浜市営地下鉄ブルーライン)西口よりバス [慶応大学]行き約15分 辻堂駅(JR東海道線)北口よりバス [慶応大学]行き約25分 芝共立キャンパス 住所 〒105-8512 東京都港区芝公園1-5-30 交通アクセス 浜松町駅(JR山手線/JR京浜東北線)徒歩10分 御成門駅(都営地下鉄三田線)徒歩2分 大門駅(都営地下鉄浅草線/都営地下鉄大江戸線)徒歩6分.

次の

知らないと損するPS4の便利機能! PCやPS Vitaでリモートプレイできる

プレステ 4 リモート プレイ

2014年02月22日 13時32分 PS VitaでPlayStation 4をリモートプレイして遊んでみました 2014年2月22日に日本で発売された「 PlayStation 4」にはさまざまな機能が搭載されており、その中の1つにPS Vitaを使用してインターネット経由でPS4をリモートプレイできる、というものがあるので早速試してみました。 PS VitaでPS4をリモートプレイするには、使用するPS VitaとPS4をインターネットに接続し、同じ アカウントにサインインしておく必要があります。 PS4のホーム画面から設定を選択。 「PlayStation Vita接続設定」を選びます。 「リモートプレイを有効にする」「PS Vitaと直接接続する」にチェックをいれて、「機器を登録する」にカーソルを合わせて決定。 ディスプレイに番号が表示されたら、PS Vitaを起動します。 PS Vitaを起動したら、Wi-Fiに接続。 ホーム画面に表示されている「PS4リンク」をタップ。 「はじめる」をタップします。 「リモートプレイ」をタップ。 先ほどPS4を接続したディスプレイに表示されていた番号を入力して「登録」をタップします。 登録中。 登録が終了すると、PS VitaにPS4と同じ画面が表示されました。 これでリモートプレイ成功です。 PS VitaでPS4をリモートプレイするとどんな感じなのかは下記のムービーから確認出来ます。 リモートプレイで「 」を遊んでみます。 PS VitaでPS4をリモートプレイするときは、PS Vitaの本体上部にある2つのボタンにPS4のL1・R1、背面のタッチパッドの上部にL2・R2、下部に押し込みボタンのR3とL3が割り当てられます。 ムービー再生中。 映像が止まってしまったり、遅延するといったことはありません。 実際にPS4のリモートプレイでAssassin's Creed 4 BLACK FLAGをプレイしている様子は下記のムービーから確認できます。 PS Vitaでリモートプレイをすれば、家の中のどこにいてもPS4のゲームを楽しむことが可能。 リモートプレイを終了するにはPS Vitaから「LiveArea」をタップするだけです。 PS VitaでPS4をリモートプレイする時は、プレイしている間PS4の電源をオンにしておく必要があります。 今回はPS4とPS Vitaを同じ回線に接続していますが、外出先からもインターネットを経由してリモートコントロールが可能になっています。 ただし、ネットワーク環境によっては接続が不安定になるとのことです。

次の

Surface Pro 4 で PS4

プレステ 4 リモート プレイ

初めてリモートプレイを体験する人は、スマホやタブレット端末でPS4のゲームが遊べることにきっと驚くはず! まずは、リモートプレイの基本となる情報をおさらい。 前述のとおり、リモートプレイはプレイステーション4をインターネット回線を通じて遠隔操作する機能のこと。 オンオフの切り換えはシームレスに行えるのがポイントで、自宅でプレイした続きを外出先で再開するといったことも可能だ。 リモートプレイを始める際、いちいち本体を再起動したり、プレイ中のソフトを終了したりする必要はまったくない。 また、自宅のプレイステーション4がスタンバイ状態でも、リモートプレイからの起動ができるほか、スタンバイ状態への移行や電源オフといった操作も行える。 プレイしていないときは電力の節約ができるというわけだ。 さらなる注目ポイントとして、2019年10月のアップデートで、iOSとAndroid対応デバイスにデュアルショック4を接続可能になった点も見逃せない。 これまで画面に表示される仮想コントローラで操作していたモバイル端末のリモートプレイも、デュアルショック4を使って快適に行えるようになった。 昔からリモートプレイを使っていた筆者からすると、仮想コントローラとデュアルショック4での操作感は雲泥の差。 まさに革命的とも言えるバージョンアップがついに行われたのだ。 インターネット回線を通じて自宅のプレイステーション4を遠隔操作するとなると、気になるのは操作と画面表示のタイムラグ。 リモートプレイは通信を介してゲームの操作と画面表示を相互に送り合うというその仕組み上、どうしても一定のタイムラグ(ボタンを押してから、実際に操作が反映されるまでの時間)が発生してしまう。 そこで検証のため、自宅のプレイステーション4をHDMI接続したモニターの前でスマートフォンのリモートプレイを同時に行い、タイムラグがどれくらい起こるのかをチェックしてみた。 結論として言えば、通信回線によるタイムラグを感じられることはほとんどなかった(回線状況によってはラグを感じることもある)。 これが、フレーム単位の操作が必要な対戦格闘ゲーム、音ゲー、シューティングゲームなど、高度なプレイが求められるものには向かないかもしれないが、RPGやシミュレーションゲームなどは気にする必要もなく、通常のアクションゲームであってもほとんど問題なくプレイできるだろう。 リモートプレイによって『デス・ストランディング』をプレイ。 デュアルショック4ならボタンの同時押しもしやすく、かなり快適にプレイできた。 ちなみに、プレイステーション4を接続したモニターの自動電源機能がオンになっていると、本体の起動に合わせて突然モニターが起動し、誰もいないのにゲームが動き出しているように見える場合がある。 リモートプレイの存在を知らない人から見るとかなりホラーな現象にもなりかねないので、家族がいる人などはリモートプレイのことをあらかじめ説明しておいたほうがいいかもしれない。 リモートプレイを遊ぶ前にしておくPS4の設定 続いてリモートプレイのやりかたを解説。 まずは、プレイステーション4の設定から。 これでプレイステーション4側の設定は完了だ。 なお、リモートプレイはスタンバイ状態ではなく、電源がオフになっているプレイステーション4では接続できないので、リモートプレイを行う場合は、事前に本体の電源の状態を確認しておくことを忘れずに。 iOS・Android端末でリモートプレイ iOS・Android端末でリモートプレイする場合は、まず『 PS4 Remote Play』のアプリをダウンロードしよう。 快適にプレイするには、以下の推奨環境もチェック。 スマートフォンでのリモートプレイの推奨環境• iPhone・iPad:iOS12. 1以降がインストールされた端末(iPhone7、iPad(第6世代)、iPad Pro(第2世代)以降を推奨)• Android:Android 5. 0以降を搭載した端末 デュアルショック4の接続可能環境• iOS端末では、iOS13およびiPadOS13以降がインストールされた端末で使用可能• つぎにアカウントの登録を求められるので、リモートプレイする自宅のプレイステーション4に登録されているサインインIDとパスワードを入力すれば、すぐにリモートプレイが行えるようになる。 非常に簡単だ。 PCでリモートプレイを遊ぶ場合、有線LANに対応している機器の場合は、回線が安定している有線接続でプレイすることもできる。 ただし、筆者の体感ではWi-Fi接続でも回線が安定してさえいれば、とくに問題を感じることなくプレイが行えた。 スマートフォンやタブレットといったモバイル端末で遊ぶ場合、4G回線を利用してのリモートプレイは不可能で、Wi-Fi回線の用意が必須となる。 ただし、スマートフォンやタブレットで使用できるイーサネット(LAN)アダプタを使用すれば、一部のモバイル端末ではLANケーブルを用いて有線接続でプレイすることは可能。 また、Wi-Fiのルーターやスマートフォンのテザリングなどの機能を使い、Wi-Fi回線がなくともリモートプレイすることも可能だが、その場合かなりの通信量が必要になる。 使うのであれば、端末で契約するプランなどを必ず確認しよう。 その他の設定もチェック リモートプレイは、通信環境に応じて画質とフレームレートを設定・変更することも可能。 当然、品質を高くすればするほど快適なプレイ環境になるが、端末の性能や回線速度によっては画質低下やタイムラグが出やすくなるので、実際にプレイしながら自分の最適な環境を決めるといい。

次の