スプレッド シート 固定 解除。 行と列の固定

AutoCAD ビューポートのロック・解除、ポイントは南京錠!

スプレッド シート 固定 解除

Googleスプレッドシートを開いた時、最初に表示されるシートを指定できたらすごく楽なのに! ぬぉおぉおぉおおおおおーイライラする! ・・・こんな経験、ありませんか? それじゃなくて、こっちのシートなんだよなあ 複数人と一つのプロジェクトをすすめるときなど、メンバー全員でリアルタイムにExcelを共有できるExcelスプレッドシート。 とても便利なので、会社などでも利用頻度が増えていると思います。 Googleスプレッドシートを起動した直後、毎回イライラしてしまうのが「開くシートを自由に設定できない」事。 Office Excelでは起動直後は、前回使用時、最後に保存したシート&セルが開いた状態となります。 でもGoogleスプレッドシートでは、どこで終わろうが無関係。 いつも同じシートが開いてしまいます。 ほんの少しの事ですが、毎日となるとやはりストレスを感じますし非効率的です。 実はとっても簡単な方法で、スプレッドシート起動時、最初に表示するシートを指定することができます。 最初に表示したいシートをクリック > アドレスバーに表示されたURLをコピーしブックマーク パソコンにインストールして使用するタイプのOffice ExcelやOpenOffice・KINGSOFTなどとは異なり、Googleスプレッドシートにはシートごとに「URL」が割り当てられています。 最初に表示したいシートのURLをブックマークし、次回はブックマークからスプレッドシートにアクセスすることで、好きなシートを開いた状態でスプレッドシートを起動することができます。 いままで感じていたイライラがすっきり解決! 業務もスムーズに取り掛かれて、すごく便利です^^ また、Google Chrome右上「:」 > その他のツール > デスクトップに追加 を行うと指定したシートで開くショートカットをデスクトップ上に作成できます。 お気に入り登録(ブックマーク)が禁止されている会社などでは、後者のデスクトップにショートカットを作成する方法のほうが便利ですね。

次の

【必見】スプレッドシートを他人に共有する方法を紹介!

スプレッド シート 固定 解除

シート内の任意の数の行および列を固定して、スクロール不可能な状態にできます。 上端の行(先頭行)、または左端の列(先頭列)を、任意の行数または列数だけ固定できます。 また、シート下端の行(末尾行)または右端の列(末尾列)を、任意の数または列数だけ固定できます。 固定した先頭行および先頭列は、ビューの上端および左端に固定表示され、スクロールされません。 固定した末尾行および末尾列は、ビューの下端および右端に固定表示され、スクロールされません。 次の図では、末尾の1行および末尾の1列がビュー上で固定されています。 先頭の行および列を固定するには、次のプロパティを設定します。 クラスのプロパティ• クラスのプロパティ 末尾の行および列を固定するには、次のプロパティを設定します。 クラスのプロパティ• クラスのプロパティ 固定行または固定列は実行時にはスクロールできませんが、設計時にはスクロールが可能です。 末尾に固定された行および列は、印刷時に全ページの下端および右端に繰り返し印刷されることはありません。 最後の行および列として、一度だけ印刷されます。 しかし、先頭に固定された行および列は、各ページに繰り返し印刷することができます。 詳細については、「」を参照してください。 先頭および末尾に固定された行および列は、それぞれ個別のビューポートです。 各ビューポートのインデックスは、次の図のようになります。 ビューポートの詳細については、「」を参照してください。 階層表示では、子シート内で先頭行および先頭列を固定することができます。 設定方法 クラスのプロパティで先頭の固定行を、プロパティで先頭の固定列を、プロパティで末尾の固定行を、プロパティで末尾の固定列を設定します。 サンプルコード 次のサンプルコードは、先頭の固定行を2行、先頭の固定列を2列、末尾の固定行を2行、末尾の固定列を2列に設定します。 コードのコピー FpSpread1. Sheets 0. Sheets 0. Sheets 0. Sheets 0. デザイナの右上にあるドロップダウン コンボ リストから、「シート」を選択します。 SheetView コレクション エディタで、FrozenColumnCount、FrozenRowCount、FrozenTrailingColumnCount、または FrozenTrailingRowCount の値を設定します。 [ファイル]メニューから[適用して終了]を選択して、変更を保存します。

次の

【Excel】行・列を固定・解除する方法

スプレッド シート 固定 解除

シート内の任意の数の行および列を固定して、スクロール不可能な状態にできます。 上端の行(先頭行)、または左端の列(先頭列)を、任意の行数または列数だけ固定できます。 また、シート下端の行(末尾行)または右端の列(末尾列)を、任意の数または列数だけ固定できます。 固定した先頭行および先頭列は、ビューの上端および左端に固定表示され、スクロールされません。 固定した末尾行および末尾列は、ビューの下端および右端に固定表示され、スクロールされません。 次の図では、末尾の1行および末尾の1列がビュー上で固定されています。 先頭の行および列を固定するには、次のプロパティを設定します。 クラスのプロパティ• クラスのプロパティ 末尾の行および列を固定するには、次のプロパティを設定します。 クラスのプロパティ• クラスのプロパティ 固定行または固定列は実行時にはスクロールできませんが、設計時にはスクロールが可能です。 末尾に固定された行および列は、印刷時に全ページの下端および右端に繰り返し印刷されることはありません。 最後の行および列として、一度だけ印刷されます。 しかし、先頭に固定された行および列は、各ページに繰り返し印刷することができます。 詳細については、「」を参照してください。 先頭および末尾に固定された行および列は、それぞれ個別のビューポートです。 各ビューポートのインデックスは、次の図のようになります。 ビューポートの詳細については、「」を参照してください。 階層表示では、子シート内で先頭行および先頭列を固定することができます。 設定方法 クラスのプロパティで先頭の固定行を、プロパティで先頭の固定列を、プロパティで末尾の固定行を、プロパティで末尾の固定列を設定します。 サンプルコード 次のサンプルコードは、先頭の固定行を2行、先頭の固定列を2列、末尾の固定行を2行、末尾の固定列を2列に設定します。 コードのコピー FpSpread1. Sheets 0. Sheets 0. Sheets 0. Sheets 0. デザイナの右上にあるドロップダウン コンボ リストから、「シート」を選択します。 SheetView コレクション エディタで、FrozenColumnCount、FrozenRowCount、FrozenTrailingColumnCount、または FrozenTrailingRowCount の値を設定します。 [ファイル]メニューから[適用して終了]を選択して、変更を保存します。

次の