突然 まぶた が 腫れる。 まぶたの腫れの予防方法。むくみやストレスなども原因!

まぶたの腫れ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

突然 まぶた が 腫れる

A ベストアンサー >これは自然と治りますか? ご質問の症状は、疲労がたまって現れる方もおられるようです。 この場合は、疲れが取れると2~3日程で回復するので医師の診察を受けない方がいらっしゃいます。 質問主様は、このような症状は初めてのようですから、念のため時間があれば、眼科で診てもらったほうが安心できると思います。 似たような質問を紹介します。 質問主様は目の上瞼と仰っておられますが、下記のURL様は左目の上瞼です。 ご参考になるかと思います。 どうぞ。 [瞼がいきなり腫れます。 chiebukuro. yahoo. 最初は蚊に刺されたような6ミリくらいの湿疹がまぶたの数箇所にでき、時間がたつと全部が合体してまぶたが真っ赤に腫れ上がります。 最初ちょっとだけ出て、数分後にはおさまって元通りになることも有ります。 ここ最近(7月くらいから)はしょっちゅうそんな湿疹が出てとても困っています。 普段は冷房の中で仕事をしていますし、もともとひどい冷え性なのですが何か関係があるのでしょうか?原因がわからないのでどこか体に異常があるのか心配しています。 花粉、黄砂、髪の毛、化粧品、整髪料の他に植物、家屋や家具からの揮発成分、バッグやアクセサリーが原因になることがあります。 日によって症状が変化する場合はアレルギーであることが一番考えられます。。 季節や気候などが全く関係しないなら細菌 内側わ覆いが外側では少ない や真菌によるとも考えられます。 アレルギー系、細菌系、真菌系と効用のあるクスリは違います。 何処にいってもすぐにこれをはっきり見極めてくれる事は少ないようですが基本的にはこの3タイプでしょう。 アレルギー科で具体的な皮膚症状を見ることは厳しいようです。 駄目だったら皮膚科に行く・・・という順番でしょうか。 特殊な事例を除いて基本的には上述した3タイプなので、アレルギーならホルモン剤系、細菌なら抗生物質、真菌なら抗真菌剤のいずれかが効きます。 抗生物質は目に入ってもいいものが多く出ていて市販もされていたと思いますが、抗真菌剤系では少なかったと思います。 ほとんどがホルモン ステロイド 系か抗真菌系でとりあえず効きくと思います。 ご参考に少しでもなればと。 花粉、黄砂、髪の毛、化粧品、整髪料の他に植物、家屋や家具からの揮発成分、バッグやアクセサリーが原因になることがあります。 日によって症状が変化する場合はアレルギーであることが一番考えられます。。 季節や気候などが全く関係しないなら細菌 内側わ覆いが外側では少ない や真菌によるとも考えられます。 アレルギー系、細菌系、真菌系と効用のあるクスリは違います。 何処にいってもすぐにこれをは... Q いつも皆様からの回答で勉強させていただいております。 今週初め頃から、左目の上だけが腫れてきており、 今日で一週間くらい経ちます。 症状としては、特にかゆくもなく痛くもないのです。 ただ朝起きたら二重が全く無い状態で、 手の爪で二重の線をえどってみれば、一応もとにもどるのですが 非常に重たいです。 目の周り(まぶたと目頭あたり)は、かぶれたようになっており 友人からは「赤くなってる、かぶれてるみたい」と言われました。 一日のうちでも時間が経つにつれ、だんだんと目の晴れがひどくなります。 二重がなくなるほどではありませんが、今でも片目だけ重たいです。 生活で特に変化したことと言えば、1月から職場環境が変わったこと、 化粧下地を変えたこと、ファンデーションを今までと同じで色が違うのを使用し始めたこと、くらいです。 だた、下地に関して付けると少しピリっとした感覚はありました。 これが原因でしょうか? 明日病院へ行ってみようと思いますが まず何科を受けたらよいのか分かりません。 皮膚科か眼科でしょうか? どなたか良きアドバイスをどうぞよろしくお願いいたします。 いつも皆様からの回答で勉強させていただいております。 今週初め頃から、左目の上だけが腫れてきており、 今日で一週間くらい経ちます。 症状としては、特にかゆくもなく痛くもないのです。 ただ朝起きたら二重が全く無い状態で、 手の爪で二重の線をえどってみれば、一応もとにもどるのですが 非常に重たいです。 目の周り(まぶたと目頭あたり)は、かぶれたようになっており 友人からは「赤くなってる、かぶれてるみたい」と言われました。 一日のうちでも時間が経つにつれ、だんだんと目の... Q 最近、よくまぶたが腫れるんです。 腫れるといっても朝起きた時に目の周り全体がはれぼったくなっている のではなくて、左のまぶたの目頭のあたりに蚊にかまれたように 一部分だけぷくっと腫れるんです。 これは何の前触れもなく起こります。 今日はPCをしている時に視界に違和感があり。。 というかまぶたに 違和感を感じ鏡をみると腫れていました。 以前は仕事中だったり 家でのんびりしている時だったりと 時間も出る時もさまざまです。 腫れてはいるものの、数時間もするとスーと引いていき 元の目に戻ります。 これは何かわかる方いらっしゃいますか? 以前、眼科に行ったときに症状を説明したのですが ドクターは(???)といったかんじで、 『まぁ、今は症状が改善されているから』と言って 真剣に取り合ってくれませんでした。。。 この症状、わかる方いらっしゃいませんか? いらっしゃったら、どうか教えてください。 A ベストアンサー こんにちは! 最近はあまり起きなくなりましたが、私もときどきその症状なります! 二度目に起きた時は眼科に行きました。 質問者さん同様、私の眼科医も「???」状態で、一応まぶた裏の 検査(炎症など起こしていないか)だけをチェックしていました。 結果、瞼の表側が何かに反応(アレルギー)しているんだろう、と 渋々答えを出し、アイシャドーや化粧水など化粧品関係を しばらくの間一切つけないように言われました。 それと塗り薬をもらいました。 「プレドニン」と記してあります。 就寝前にこれをまぶたに塗って寝ると翌朝は引いています。 親戚に元眼科医がいるのですが、その人ですら首を傾げてました。 ただその親戚も「プレドニン」は良い、と言っていました。 お大事に! Q はじめまして。 過去質問の検索をしましたが該当するような記事が見当たらなかったので質問させて頂きます。 顔のみによく起こる症状なのですが、何もできものなど無かった箇所に突然軽いかゆみと肌が盛り上がる(その部分だけ肌が引きつる)感覚がして、見ると徐々に赤くなっていき10秒ほどの間に虫さされのような小さなできものができます。 大きさは2~5ミリほどで、その後もしばらくかゆみが続きますが、かかなくても我慢できる程度ののかゆさです。 特に決まって何かした後にできるわけでもなく、なんの前触れもなく突然発症します。 箇所も鼻や口や額など様々です。 翌日になるとにきびのように先がポチッと尖った形になってかゆみも治まることが多いのですが、これは単なるにきびが起こる症状なのでしょうか?たしかに現在顔全体ににきびが酷い状態です。 以前からよく起こる症状なのですが、近頃頻繁に起こるするので気になって質問させて頂きました。 ご存知の方がいましたら回答よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 髪の毛を染めたりしていますか? 私が疑うのは…(経験上ですけど)毛染め・シャンプー・リンス・ワックスなどが髪の毛に残っていて(ワックスは当然ですけど)、髪の毛の先が触れる場所でアレルギー反応をすると~顔の場合はニキビのような湿疹が出来ます。 それと私も「顔中ニキビ」だったことがありますが、原因は金属フレームのメガネ(金属アレルギー)でした。 毛染めやヘアマニキュアをやめ、メガネをやめ(コンタクト使用あるいはプラスチックに限定)、シャンプー・リンスなども反応しないものを選んでいったら…市販のものは全滅に近いです(スーパーでは買えない。 アレルギーだとすれば…洗顔料・石けんも関係します。 お化粧をしたり基礎化粧品も関係してきます。 どんな商品が身の回りにあるのかご自分で確認を。 プラス~何も原因が考えられずアレルギーだとするなら 化学物質も考える必要があります。 私は化粧品の製造工場の隣の会社に採用されて勤務をしたことがあるのですが1週間で全身蕁麻疹が出て辞めたことがあります。 Q 1週間前に、左目の瞼下に赤くポツンとものもらいのような症状が出来、眼科へ行った所、やはりものもらいでした。 その際は、「ガチフロ0. 3点眼液」と「フルメトロン0. 1」をもらい1日4回医師の指示通りさしてたら2日位でほぼ完治したのですが、今週になって突然左目の瞼が、蚊に刺されたように膨らんでしまいました。 痛みもなく、ものもらいのようでものもらいぽくないこの症状は、すぐに氷を巻いたタオルで冷やすと何とか治りますが、完全に腫れはひきません。 そして今日も突然蚊に刺されたように大きく膨らんでお岩さんのようになってしまいました。 また冷やしたタオルで冷やしましたが、今日は瞼の腫れがあまりひかずに、上記でもらったものもらいの目薬を差して様子伺ってますが、これもものもらいの一種なのでしょうか? コンタクトはしません。 蚊にさされたようになるのは、日中外に出て帰ってきて汗たくさんかいた時になります。 二重の線も消えてぷくっと大きく瞼が腫れてます。 かゆみもないし、異物感は特にないです。 虫に刺されたようで、刺されたわけではないこの症状は何でしょうか。 回答宜しくお願いします。 1週間前に、左目の瞼下に赤くポツンとものもらいのような症状が出来、眼科へ行った所、やはりものもらいでした。 その際は、「ガチフロ0. 3点眼液」と「フルメトロン0. 1」をもらい1日4回医師の指示通りさしてたら2日位でほぼ完治したのですが、今週になって突然左目の瞼が、蚊に刺されたように膨らんでしまいました。 痛みもなく、ものもらいのようでものもらいぽくないこの症状は、すぐに氷を巻いたタオルで冷やすと何とか治りますが、完全に腫れはひきません。 そして今日も突然蚊に刺されたように大きく膨ら... A ベストアンサー ステロイドが入っていないものでしたら、アズノールなどがありますが、効果はネオメドロールに劣ります。 ステロイドは抗炎症やかゆみを抑える薬としては効果がたかいものなので。 ちなみに、塗り薬は、目に入る可能性がある薬と、そうでない普通の塗り薬は安全基準が違います。 ネオメドロールEEは目の中に入っても大丈夫なように作られている薬です。 アズノールはそうではありません。 なので、ほんとに目の際にはぬれません。 私はひどいアレルギーではないんですが、花粉の時期だけ、目の際がかゆくなります。 (まぶたの内側と、まつげの生えている細い面が特に痒いです) ステロイドだろうが普通のかゆみ止めだろうが、対症療法でしかないことにかわりはないので、抗アレルギーの目薬を継続的にさすのが一番効果が高いです。 インタールとかザジテンとか、かゆみがひどいときにはステロイドですがフルメトロンなどで補助して。 まつげの生え際は目薬の効果の範囲内ですよ。 ただ、どうしても軟膏がいい場合、私ならネオメドロールEEを選択します。 目用じゃない薬を使うくらいなら、安全性も勝ってますし。 ステロイドは、強さのランクが5段階あり、ネオメドロールは一番弱いランクです。 ステロイドが入っていないものでしたら、アズノールなどがありますが、効果はネオメドロールに劣ります。 ステロイドは抗炎症やかゆみを抑える薬としては効果がたかいものなので。 ちなみに、塗り薬は、目に入る可能性がある薬と、そうでない普通の塗り薬は安全基準が違います。 ネオメドロールEEは目の中に入っても大丈夫なように作られている薬です。 アズノールはそうではありません。 なので、ほんとに目の際にはぬれません。 私はひどいアレルギーではないんですが、花粉の時期だけ、目の際がかゆくなり... Q 今晩は。 昨年の11月頃から左眼目頭下に痒みがあり、あまり気にも留めずたまにかいていました。 すると目頭が少し切れて周囲の皮膚が赤くなってきた為、皮膚科を受診し、塗り薬(プロペト、サンテゾーン0.05%眼軟膏)を処方され、朝晩塗っていました。 4日程で症状はおさまり治りかけましたが、一週間程して痒みが酷くなり始め、次第に右眼の目尻の上部にも痒みがでて、皮膚が盛り上がり赤く腫れ、かさつきもありました。 プロペトは塗っていましたが、サンテゾーンは痒みが酷いときに塗っていました。 しかし症状は良くならないので、再度皮膚科に受診、薬を変えるとの事で、サンテゾーンからプレドニン眼軟膏になりました。 コレを塗っても痒みが収まらない為(最初は収まるがまた痒みが出る)、今年1月に三度受診し、リンデロンA軟膏に変わりました。 一緒に痒み止めでセチリジン塩酸塩錠10mg「イワキ」をもらい夜飲みました。 プロペトは当初からずっと塗っています。 リンデロンを塗ると痒みは数日で収まりますが、しばらくするとまた痒みが出ます。 医師からは痒みがひどいときに塗るようにといわれました。 それからは、両目のまぶたや目尻周辺、眼の下などに範囲が広がり、痒みが出たり収まったりの繰り返しで、皮膚が赤くなったり、盛り上がりやかさつきなども続いています。 皮膚の赤みが酷いと殴られたよなアザのようになったりします。 リンデロンはあまり長期にわたり使用しないほうがいいといわれたので、痒みが酷いときのみ塗っています。 痒み止めもあまり効果が無かったので一週間ほどでやめました。 最近はプロペトを主に塗っています。 症状が出始めてからまもなく半年になります。 無関係かも知れませんが途中2回ほど結膜炎になりました。 このままの同じ病院で治療を続けてていてもいいのでしょうか?もしくは大きな病院を受診したほうがいいのでしょうか?長文になりましたがどうか宜しくお願いします。 今晩は。 昨年の11月頃から左眼目頭下に痒みがあり、あまり気にも留めずたまにかいていました。 すると目頭が少し切れて周囲の皮膚が赤くなってきた為、皮膚科を受診し、塗り薬(プロペト、サンテゾーン0.05%眼軟膏)を処方され、朝晩塗っていました。 4日程で症状はおさまり治りかけましたが、一週間程して痒みが酷くなり始め、次第に右眼の目尻の上部にも痒みがでて、皮膚が盛り上がり赤く腫れ、かさつきもありました。 プロペトは塗っていましたが、サンテゾーンは痒みが酷いときに塗っていました。 しかし... A ベストアンサー 痒みや腫れをともなう湿疹の原因が分かれば無闇に薬を使わないほうが良いことがお分かりになります。 経験上、痒みがどれほど辛いことか、良くわかります。 しかし、それを承知の上であえて言いますが、ステロイドを使っているといつまでも治らないし、かえって悪化することにもなりかねません。 しかも目の周りは顔の中でもさらに皮膚の薄いところです。 血管を収縮させる力の強いステロイドの影響は大きくなるでしょう。 半年かけても治癒に至らない治療を続けるべきではありません。 その病院では治せない、ということです。 症状が慢性化していますが、患者さん自らがこの治療はおかしい、と判断しないといけないでしょう。 また、同様な薬物治療をする病院でしたら、転院したところで余り意味はないと思います。 湿疹は排泄器官としての皮膚からそこに溜まった体にとっての毒を洗い流そうとしている姿です。 皮膚から毒を排泄するときは大なり小なり赤くなったり腫れたり、痒みをともなった湿疹を作る必要があるのです。 毒出しのために湿疹を作り、排泄すべき毒の量が減ってくるにつれて痒みが減り、赤い部分が小さくなったり、腫れが次第におさまってきます。 分泌物も減り湿疹が次第に小さくなって、ついにはかさぶたになり最期に乾燥して屑がはげてきます。 そうしてカサカサしたあと元の皮膚になっていきます。 皮膚から毒を排泄するため(生体の防衛反応です)にはどうしても体はみずからこういう湿疹を作って毒出し作業をしないといけないのです。 もうお分かりだと思いますが、ステロイドや抗ヒスタミン剤はこの毒を排泄しようとする体の自然の治癒反応(防衛反応)を血管を収縮しヒスタミンの放出を無理やり押さえ込もうとします。 すると症状が一時的に消失しても原因の毒が残ったままですから、薬が切れるとまた体は毒を出そうとしますね。 さらに、ステロイドは新鮮なうちは素晴らしい抗炎症作用を現しますが、長期に使っていると、コレステロール骨格をもったホルモンですので、次第に排泄が困難になり、コレステロールが溜まるのと同じように酸化して皮膚に沈着するようになります。 今度は皮膚に沈着した酸化したステロイドが毒となって、体がそれをも排泄しようとして皮膚に炎症を起こそうとします。 リバウンドというのはこの状態です。 湿疹の治療は基本的には毒が体から出るにまかせることです。 体が許容できる毒の量になれば自然に治癒します。 質問者さんの場合も、薬に頼らなければ、痒い痒い、といってる間にとっくに毒が排出され治っていた可能性があります。 どうしても病院やDrの力が必要なら、西洋医学だけでなく鍼や漢方薬などの東洋医学や他の代替医療にも力を入れ、脱ステロイドを手助けしてくれるDrを探してみることをお勧めします。 湿疹が出来やすくなる体質もあります。 特に過食や甘いものの摂り過ぎ、あるいは運動不足はリンパ球を増やしていろんな抗原に敏感に反応しやすくしてしまいますので注意が必要です。 痒みや腫れをともなう湿疹の原因が分かれば無闇に薬を使わないほうが良いことがお分かりになります。 経験上、痒みがどれほど辛いことか、良くわかります。 しかし、それを承知の上であえて言いますが、ステロイドを使っているといつまでも治らないし、かえって悪化することにもなりかねません。 しかも目の周りは顔の中でもさらに皮膚の薄いところです。 血管を収縮させる力の強いステロイドの影響は大きくなるでしょう。 半年かけても治癒に至らない治療を続けるべきではありません。 その病院では治せない、... A ベストアンサー まぶたはこすったりするとすぐに腫れますのでいろいろ考えられます。 最近私が出会った事例では、 アレルギー性結膜炎で、寝ている間にこすったのか、ぼっこりはれてこられた子供さんがいらっしゃいましたが、一番症状で思いつくのが、霰粒腫の出来はじめです 霰粒腫は俗称「内めいぼ」と言われていますが、まぶたの裏の分泌腺が化膿し腫れてくる物です。 患者さんによっては痛みを訴える方も多いのですが、中にはかゆみを訴えたり、無症状の方もいらっしゃいます。 しかし放置し悪化すると切開しなければならなくなりますし、しこり状のものが残ったりします。 もし霰粒腫なら眼科で消炎剤と抗生物質の内服や点眼が処方されるかと思いますので、早めに受診しひどくならない内に治すことをお勧めします。 どちらにしろ明日同じ状態なら、眼科に行かれたら如何ですか.

次の

まぶたのアトピーの原因や治らない時の対処法!薬のおすすめも!

突然 まぶた が 腫れる

まぶたが腫れているのに痛みもかゆみもない場合があります。 腫れている箇所が、片目のまぶたのごく一部であり、 2~4mm程度の 小さなしこりである場合、それは 霰粒腫(さんりゅうしゅ)である可能性が高いです。 霰粒腫は各種の薬物治療に対する反応が小さいため、経過観察だけを行うことが多いですが、炎症を伴い痛みが出てくると、麦粒腫(めばちこ)に準じた抗菌治療が必要になります。 両目または片目の まぶた全体が腫れている場合は実にさまざまな原因が考えられます。 痛みはないものの、かゆみを伴う場合は、アレルギーが関係している場合が多いです。 アレルギー性の眼瞼腫脹というべき状態です。 これには接触性皮膚炎とじんましんの2種が含まれます。 接触性眼瞼皮膚炎は化粧品などの化学物質や金属などで生じるものです。 両目のまぶたに同じように接触していれば、必ず両目に症状が出そうなものですが、意外とそうでもなく、 片目のみ腫れるケースもみられます。 かゆみを伴う場合が多いのですが、目立たない場合もあり、このとき原因が判明しにくくなります。 慎重に問診を行ったうえで診察をして診断をつけます。 根治するには、原因を除去する必要があります。 原因不明な段階では、対症療法として各種点眼・軟膏・内服治療を考慮します。 じんましんは一時的にかゆみを伴いつつまぶたが腫れるものです。 全身の一症状として、まぶたにも出現するときは分かりやすいのですが、 まぶただけに出る場合は、診断が難しいと思われます。 食物、ほこり、寒冷、温熱、光線などが原因となり得ます。 いずれの疾患も症状の程度に応じて投与する薬剤が異なります。 放置して自然に治ることが多いので、とくに小さなお子様でかゆみが強くない場合は何も処方しないケースもあります。 しかしアレルギー性結膜炎の所見が強く認められる場合は、これにより眼瞼腫脹を来たしている可能性もあるため、抗アレルギー点眼を処方します。 また、腫れの程度が著しい場合は外見上の具合が悪いので、抗アレルギーの内服薬(抗ヒスタミンなど)を処方することが多いです。 比較的若い女性などに多くみられるかゆみも痛みもないまぶたの腫れについては、 甲状腺の疾患(甲状腺機能亢進症・低下症)を考慮する場合があります。 上記のアレルギー性眼瞼腫脹の可能性が乏しい場合には、甲状腺による眼瞼腫脹を考え、さらに詳しく問診を追加します。 そのうえで必要と判断した場合には、血液検査を行います。 これにより、バセドー病(甲状腺機能亢進症)が見つかることもまれではありません。 最後に中高年以上に多いまぶたの腫れですが、 心疾患や腎疾患による眼瞼腫脹があります。 心不全や腎不全により全身の循環不全が生じ、結果としてまぶたも腫れる場合です。 全身の他部位が腫れることも多いため、診察室に入ってこられる瞬間に全身を目視して既往を聴取すれば診断をつけることができます。 このときの眼瞼腫脹は全身の状態改善がなされるまで続くことになります。 眼科医ができることは限られていますので、全身管理のできる主治医の治療を優先して頂きます。 ただし上記アレルギーなどの病態が加わっていないことを確認する必要があります。 参考文献 「主訴と所見からみた 眼科 common desease」(「眼科」臨時増刊号、金原出版、2018年) 「主訴からみた眼科疾患の診断と治療」(「眼科」臨時増刊号、金原出版、2003年) 「主訴・所見からのアプローチ」(新図説臨床眼科講座 1、メジカルビュー社、1998年) 「主訴からみた鑑別診断」(図説眼科鑑別診断 1 、メジカルビュー社、1987年) 「症状からみた鑑別診断」(図説眼科鑑別診断 2 、メジカルビュー社、1987年) 「診療眼科学 第1巻 診断編」(金原出版、1986年).

次の

まぶたの腫れ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

突然 まぶた が 腫れる

まぶたが腫れている ~こんな症状ではありませんか?~ 朝、起きて鏡を見たら、まぶたが腫れている。 誰もが経験したことがあるシチュエーションですが、中には病気が原因でまぶたが腫れることもあります。 むくんで腫れている まぶたの腫れの原因で多いのは、むくみによるものです。 痛みやかゆみなど他の症状がなく、目元が厚ぼったい感じになっていて、よく見ると顔全体もややむくんでいます。 目元は皮膚が薄いので、少しむくんだだけで目立ってしまうのです。 赤みや軽いヒリヒリ感がある 目周辺の皮膚は薄くてデリケートです。 そのため、目を指やタオルで強くこすると、目元の皮膚がダメージを受けて腫れることがあります。 化粧品やメイク道具、つけまつげや二重まぶた用の接着剤などもかぶれやアレルギーの原因になる場合があります。 特にこんな症状に注意 まぶたの腫れだけでなく、赤み、かゆみ、痛み、充血、目やになどの症状がある場合には、炎症を起こしている可能性があります。 まぶた全体、まつげの根本、結膜、余分な涙を鼻に排出する涙嚢(るいのう)など、炎症を起こしている部分や、細菌やウイルスなど原因によっても治療法は変わってきます。 かぶれや炎症の原因を排除せず放置していると、症状がひどくなって治りにくくなりますので、早めに眼科を受診しましょう。 しこりがある場合も注意 まぶたにしこりがあって腫れぼったくなっている場合、そのしこりが大きくなると角膜に障害を起こして視力に影響を与える可能性があります。 まぶたの腫れで考えられる原因と可能性のある病気 むくみなど目の周辺に余分な水分がたまって起こるまぶたの腫れ以外にも、目の病気による症状としてのまぶたの腫れがあります。 まぶたの腫れを引き起こす原因を、ここで紹介します。 むくみ むくみは、血液やリンパ液の流れが悪くなり、余分な水分が滞ることで起こります。 飲酒や食事、睡眠など、ちょっとしたきっかけで朝、まぶたにむくみが起こります。 寝る前にお酒をたくさん飲んだり、塩分の強いものを食べたり、水分を過剰に摂取すると翌朝、むくみやすくなります。 また眠る時に顔を下向きにしていると目や顔全体がむくみます。 原因に心当たりがないか、思い出してみましょう。 また、涙をたくさん流すと、涙に含まれる塩分の刺激や、涙を拭くためにこする刺激で腫れが長く残ることもあります。 また、まぶたの腫れだけでなく、全身がむくんでいる場合は、腎臓など内科的な病気が原因になっている可能性もあります。 メイクトラブル メイクを落とす際に力を入れ過ぎたりするのはNGです。 つけまつ毛や二重まぶたにする接着剤が合わなかったり、はがすときに無理な力がかかって腫れる場合もあります。 また、繊維入りのマスカラを根本ギリギリまでたっぷりつけるのも危険です。 意外に見逃しがちなのはメイク道具による刺激です。 ちょっとしたざらつきが薄い皮膚を傷付ける可能性がありますし、細菌がつくこともあります。 そして、化粧品が合わなくてまぶたが腫れることがありますが、普段問題なく使っている化粧品でも、体調が変化して合わなくなることがあります。 目元は特にデリケートなので、毛染め剤などが目元にだけ影響を及ぼしていることも考えられます。 その他のアレルギー反応 化粧品以外でも、食品などさまざまなものに対するアレルギー反応として、目元に腫れを引き起こす場合があります。 眼瞼炎(がんけんえん) まぶたに起こる炎症で、まつ毛の根本部分、まぶたの皮膚、目尻に炎症が起こります。 原因は、ウイルスや細菌の感染、皮脂の過剰分泌、アレルギー反応があります。 かゆみや赤み、腫れが起こり、涙の分泌量が増え、目やにやただれなどが起こることもありますし、まつ毛が抜けるという症状が出ることもあります。 再発しやすいため、注意が必要です。 結膜炎 結膜炎は、白目の部分を覆っている結膜が炎症を起こす病気での総称で、ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎、春季カタル、アトピー性角結膜炎などさまざまなものがあります。 有効な治療法にも違いがありますので、眼科で検査を受けて、その結果をもとに原因に合わせた治療を受ける必要があります。 結膜炎は目がかゆくなって、いつの間にか治るものと誤解されていることが多いのですが、中には感染力がとても強いアデノウィルス結膜炎、進行すると角膜を傷つけて視力低下を招く可能性がある巨大乳頭結膜炎などもあります。 涙嚢炎(るいのうえん) 涙は目を保護して栄養を届ける役割を持っており、余分な涙は涙嚢を経由して鼻に排出されます。 この涙嚢がなんらかの原因で詰まり、そこに細菌が感染して起こる炎症が涙嚢炎です。 目の腫れのほか、目やにや涙が増加し、痛みも起こります。 ひどくなると切開が必要になる場合もあります。 ものもらい(麦粒腫) 細菌感染で起こる炎症です。 まぶたにある汗腺、まつ毛の根本、涙の蒸発を防ぐ脂を分泌するマイボーム腺などが、黄色ブドウ球菌などに感染して起こります。 炎症はまぶたの表に起こる場合と、内側に起こる場合があります。 まぶたの腫れとともに、痛みやかゆみが生じ、進行すると化膿し、やがてそれが破れて膿が出て回復します。 腫れが長引いてたまった膿の量が多い場合には切開する日地用があります。 霰粒腫 涙の蒸発を防ぐ脂を分泌するマイボーム腺が詰まってしこりができ、腫れぼったい目になります。 他の症状はないことがほとんどです。 しこりが自然に吸収されて治まる場合もありますが、細菌感染を起こして化膿したら治療が必要です。 また、しこりが大きくなったり、位置が悪い場合、角膜を圧迫して視力に影響を与える可能性があります。 まぶたが腫れてしまった時の対処法 まぶたの腫れにかゆみや痛みをはじめとする他の症状やしこりがあるようでしたら、早めに眼科を受診しましょう。 悪化してしまうと腫れがひどくなる可能性がありますし、治療期間が長引いたり、視力に影響を与える場合もあります。 どんな病気でも同じですが、眼科疾病も早期に適切な治療を受ければ、症状をひどくさせずに治療できるケースがほとんどです。 飲酒などの原因がわかっているむくみであれば、血液やリンパ液の流れを改善することで徐々におさまっていきます。 ただし、まぶたが腫れている状態は、デリケートな目元がいつもよりさらに過敏になっているということです。 まぶたをこすったり、押したりするのは避け、強い刺激を与えないように心がけましょう。 そして、単なるむくみだと思っていたら、数日後に腫れが悪化して病気だとわかる場合もあります。 他に症状がなくても腫れがなかなか引かない場合は、念のため眼科で診てもらうと安心です。 原因を排除する アレルギーによる腫れの場合は、原因となっているアレルゲンに接触する機会をできるだけなくします。 新しく使い始めた化粧品などが原因だと思われる場合には使用を中止し、アイメイクを休んで刺激の少ない基礎化粧品を使うようにしましょう。 また、メイク道具をチェックして汚れているようなら洗ってよく乾かすか、新しいものに取り替えましょう。 「温める&冷やす」で血行回復 電子レンジで温めた蒸タオルを顔に乗せて温めます。 いったん首筋に当てて、熱過ぎない穏やかな温度であることを確かめてから乗せましょう。 その後、冷水で絞ったタオルを乗せて冷やします。 これを数度繰り返すと、温冷刺激で血行が回復し、まぶたをむくませている目元の余分な水分も消えていきます。 まぶた以外の場所にポイントを まぶたの腫れが引かないけれど、病院には午後からしか行けないこともあります。 そんな時には、まぶた以外の場所にポイントを持っていくと、腫れたまぶたが目立たなくなります。 印象的なフレームのメガネをかけたり、女性なら鮮やかな色の口紅を使うなどしてまぶた以外の部分を強調しましょう。 まぶたの腫れの検査と治療 まぶたの腫れで眼科を受診した場合、まずはなにによって腫れが起こっているのかを調べる検査を行い、それを解消する治療を行います。 視力検査や屈折検査、眼圧検査といった基本的な眼科検査以外に、症状に合わせていくつかの検査を行います。 眼瞼炎(がんけんえん)の検査 感染性かそうでないのかを調べるために、まぶたの分泌物を採取して細菌を培養し、確認します。 アレルギー性の場合はパッチテストを行いますが、アレルゲンが多岐に渡るため、パッチテストの結果ではわからないこともあります。 眼瞼炎(がんけんえん)の治療 まぶたを洗浄し、清潔に保つことを基本に、原因に合わせた点眼薬や眼軟膏を使って治療します。 アレルギー性の場合には、アレルゲンとの接触をできるだけ避け、症状に応じてステロイドの眼軟膏を使用したり、抗ヒスタミン薬の内服を行うこともあります。 結膜炎の検査 目やにや涙の採取、結膜をこすった綿棒などを使って原因となっているウイルスや細菌を特定します。 アレルギーの疑いがある場合などには、血液検査やパッチテストを行う場合もあります。 結膜炎の治療 細菌感染の場合には、抗菌薬を点眼します。 ウイルスが原因の場合には、細菌感染防止目的の抗菌薬や症状緩和目的の抗炎症薬を点眼しながら体内でウイルスへの抗体ができるのを待ちます。 ウイルス性の場合、感染力が強いので二次感染を防ぐための注意も必要です。 アレルギーが原因の場合には、抗アレルギー点眼薬で症状を緩和します。 症状が強い場合には、ステロイド薬の内服による全身投与や結膜下注射なども行われます。 涙嚢炎(るいのうえん)の検査 涙の排出がどこで閉塞しているかを確認する検査を行います。 麻酔を行って痛みがないよう慎重に確認します。 涙嚢炎(るいのうえん)の治療 シリコン製のやわらかいチューブを入れて閉塞を改善します。 検査の際に極細の管を通すだけで治る場合もありますが、再発しやすいとされています。 シリコンチューブの留置期間は、閉塞している部分の長さによって変わります。 閉塞が進行している場合には、手術が必要になることもあります。 ものもらい(麦粒腫)の検査 眼科医であれば視診で正確に診断できる病気です。 ただし、細菌の種類を特定するための検査を行うこともあります。 ものもらい(麦粒腫)の治療 抗菌の点眼薬や眼軟膏の投与が中心です。 症状に応じて抗生物質や抗炎症の内服薬を使用する場合があり、炎症が長引いた時には切開して膿を出すこともあります。 霰粒腫の検査 ものもらい同様、眼科医であれば視診で正確に診断できる病気です。 霰粒腫の治療 痛みなどの症状がない場合には、抗菌薬や抗炎症薬の点眼で細菌感染を防いで症状を緩和させ、まぶたの上の温湿布などでしこりの吸収を早める治療を行います。 細菌感染を起こしていたら、抗菌の点眼薬や眼軟膏を使い、場合によっては抗生物質や抗炎症の内服薬も使用します。 また、しこりが角膜に影響を与える可能性がある場合には、切除やステロイドによる治療を行うこともあります。 まぶたを腫れさせないための予防 過剰な塩分摂取を避け、アルコールをほどほどに楽しむなどまぶたをむくませない予防法は、全身の健康にもメリットがあります。 感染予防などにも気をつけて、目の健康を守り、まぶたをむくませないようにしましょう。 むくみ予防 塩分に注意 摂り過ぎた塩分は血液の塩分濃度を上げ、それを薄めようと血液中の水分が増加してむくみが起こります。 人間が必要としている塩分は案外少ないので、通常の食事を摂っているだけで塩分は過剰なのです。 ですから、しょっぱいものを食べすぎたと感じたら、それはかなりの塩分過剰だと思って間違いありません。 むくみやすく、まぶたが腫れやすい方は、塩分摂取を少なくするよう心がけましょう。 塩分の摂り過ぎは高血圧にもつながりますので、塩分を控えることは身体の健康にも役立ちます。 また、カリウムとナトリウムのバランスがよい場合には、余分なナトリウムや水分は排出されますので、カリウムを多く含んだ食品を積極的に摂るのも効果的です。 きゅうり、いも類、納豆、海藻類、アボカドなどはカリウムが多く含まれていて、お酒の席でも頼みやすいメニューに使われているおすすめの食材です。 アルコールはほどほどに ビールなど冷えたアルコールは身体を冷やし、むくみやすくします。 そして、お酒のツマミには塩気が強いものが多いので、余計にむくみやすくなります。 また、血液中のアルコール濃度が高いと血管が広がり、アルコール濃度を薄めようと血液中の水分が増えてさらに血管が拡張し、むくみが起きます。 アルコールの分解にも水は必要ですが、積極的に排出しないとむくみますので、カフェインを含んでいるなど利尿効果のある水分をたっぷり摂りましょう。 その際、冷たい飲み物は身体を冷やしてむくみやすくするので、温かくして飲むとベストです。 睡眠時に注意したいこと 枕が低すぎると顔がむくんだり、まぶたが腫れることがあります。 ただし枕が高いと、それはそれでまた弊害がありますのでほどほどに。 また、顔を下向きにして眠ると、顔の表面に血液などがたまりやすく、むくみやまぶたの腫れの原因になります。 そして、睡眠不足も血行を悪くしますので、しっかり睡眠をとるようにしましょう。 早起き&ストレッチ 血流を改善するために少しだけ早起きしてストレッチをするとまぶただけでなく、全身の血流が改善します。 冷えに注意 身体を冷やすとむくみが起きやすくなります。 お風呂でじっくり温まって、出たらすぐに靴下をはくなどして冷えを撃退しましょう。 夏場もエアコンなどで思っているより身体が冷えていることがあります。 冷たい飲物はできるだけ控えましょう。 デリケートな目元をやさしく扱いましょう 涙活に注意! 涙を流すことはストレス解消にもつながることから、思い切り泣ける映画や本による「涙活」が注目されています。 この時、涙をこするように拭くと目の周りのデリケートな皮膚が傷付き、まぶたが腫れてしまう恐れがあります。 吸水性の良いタオルなどをそっと当てて拭きましょう。 アイメイクに気をつけましょう ペンシルのアイライナーは芯以外の部分がまぶたに触れると傷が付く恐れがあります。 十分な長さの芯になるようにして使いましょう。 マスカラはあまり根本まで塗らず、まつ毛コームで余分な液を取って繊維の流れを整えておくと安心です。 アイメイクをオフする時も、こすらずにやさしく、そしてしっかり落としましょう。 感染防止 帰宅後などの手洗いを徹底し、洗っていない手で目に触れないよう心がけましょう。 洗った手を拭くタオルなども清潔なものを使うことが重要です。 メイク道具は洗ってよく乾かすか、新しいものに取り替えていつも清潔なものを使うようにします。 アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)との接触を避ける ハウスダスト、ダニ、ペットがアレルゲンである場合には、こまめな掃除を心がけましょう。 花粉が原因でしたら、外出時には花粉症対策用のメガネを着用するのも効果が期待できます。 まぶたの腫れポイントまとめ 朝、起きて気付くまぶたの腫れは印象を大きく変え、1日のはじまりをブルーにしてしまいます。 むくみでまぶたが腫れることは日常的によくあることですが、まぶたの腫れには目の病気が原因になっているものもあります。 まぶたの腫れをなんとかしようと自己判断してセルフケアを続けると、かえって腫れをひどくしてしまう場合もあります。 やさしく扱ってもなかなか腫れが引かなかったり、痛みやかゆみなど他の症状がある場合には、悪化して腫れを大きくしてしまう前に、早めに眼科を受診しましょう。

次の