ズイフト コース。 ズイフト「CRIT CITY」新登場!観戦も楽しいレース専用コース|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|blog.datarank.com

リアルなライドよりも楽しい? ハマる人続出の「ズイフト」の魅力に迫る

ズイフト コース

もくじ• Tour de Zwift Stage4を終えて Tour de Zwift が始まっていますね! みなさんレース、ライドイベントには参加されていますか? 全部のレースを終えると、コレクションアイテムがもらえるのです! RideでもRaceどちらでも良いのですが、ダブルで制覇することで更に追加でもらえるとの情報も Stage4自体は終わりましたが、Bolongaのコースは今後もいろんなイベントで走る機会があると思いますので攻略を紹介 コースの全長 上り坂の平均は9. 6%でおおおよそ2kmの長さ。 獲得標高は198m スタートしてからだいたい3km平坦を下る感じでスタートして、そのあとも平坦3km。。。 かと思いきや 3kmゆるやかーーに登っていきます。 Bologna TT こちらのコースを折り返すことになります 実はジロ・デ・イタリア2019と同じ 私自身、このコースを走ったあとのStravaで驚いたのですが なんと、こちらのBolongaタイムトライアルのコース。 ジロ・デ・イタリアと同じなんです。 テレビ中継で見たことあるような街並み。 そして最後に殺しにかかってくる激坂だなぁー!と走りながら思っていた次第・・・ というのを脳裏によぎる間もなく死にそうに、酸欠になっていましたが景色は見覚えありました。 激坂を何分で登るのか Zwiftインサイダーの記事を参考に、私も走ってみました。 と聞きました。 実際、今回のコースは序盤平坦でしかも下り坂 がんばって高パワーで踏んだところでそれほど速度差が付きません。 現実世界だとエアロフォーム云々でも多いに変わってくると思います。 しかし、登り坂だとそうは言ってられません。 高パワー=速度差につながる!!! 参考までに、某チームの個人ベストタイムを掲載してみます。 目指せ8分切り! なによりも、タイムトライアルにおいては今回のStage4のように 折り返して2回登るなんて設定のときもあるほどなのでお気をつけて。。。 出力は出しすぎずセーブしつつ2回目に備えましょう! ちなみに。。。 6%の速度増加 Bolongaの平坦コース6kmでは約19秒速くなる計算。 5%の速度増加 Bolongaの登りコース2kmで約50秒タイムが速くなる。 つまり。 10%のワット上昇させる区間=頑張る区間は平坦よりも登りだ。 ということ!!! みなさん、登り坂まで温存して自己ベストのタイムを狙ってみましょう。

次の

ズイフト「2019UCIロード世界選 公式バーチャルコース」をリリース予定|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|blog.datarank.com

ズイフト コース

アスリートのための世界的なオンライントレーニングとレースのプラットフォームであるZwift(ズイフト)は2019年12月9日、8番目となる最新マップを発表した。 今回登場したCrit Cityはイベント専用コースで、観戦するのも参加するのも楽しいレースを実現する。 レース専用として設計されたCrit City。 距離わずか1. 9 km、獲得標高26フィート 約7. 9 m のこのコースで、フルスピードのレースが繰り広げられるのは必至。 本物のクリテリウムサーキットと同様に、このサーキットはCrit Cityに密集する建物の間を縫うように伸び、石畳や急カーブのラウンドアバウトを駆け抜ける。 道路の真ん中に登場するUターンや並行道路が用意された区間では、ブレイクアウェイや追走集団の白熱したアクションを目撃できるだろう。 CRIT CITYの見所は建物の壁面に描かれた色鮮やかなグラフィティ。 Watopiaの風景にインスパイアされたもので、もしレースを生中継で観戦するなら、コースのすぐ外れにあるBig-Zビルなど選手の視界には入らない隠れたポイントを見つけられる。 Crit Cityはイベント専用のマップ。 ヨークシャーやニューヨークなどのゲストマップと違い、Crit Cityで開催されるイベントに参加しない限り、本コースを体験することはできない。 タイトルに「Crit City」と記されているので、スケジュールをオンラインで閲覧できるズイフトのイベントカレンダーや、Zwiftコンパニオンアプリで確認しておこう。 ZwiftのCEOで共同創設者のEric Min氏のコメント: 「私自身、ジュニア時代はクリテリウムレースに励んだものでした。 だから、Crit Cityで自分の足を試してみるのが楽しみでなりません。 クリテリウムレースはまさに芸術の域に達するもので、今回登場した新コースも例外ではないと確信しています。 レースに勝利するには、エネルギーの温存方法やアクションを起こすタイミングを熟知することが最も重要です。 Zwiftのレーシングコミュニティは、Crit Cityを必ず気に入ってくれることでしょう。 」 月額料金:1650円(税込).

次の

ズイフトにニューヨークコースが新登場!100年後の未来都市を走ろう サイクルスポーツのニュース

ズイフト コース

ワトピアは常に開かれていますが、 ボローニャ以外の他の5コースは「ゲストワールド」と呼ばれて 日替わり制です。 (ボローニャはイベント限定コース) ただし、ワトピアを別のコースに入れ替える事も可能(後述) 日本時間だと 13時に入れ替わります。 (リッチモンドが「冬時間」 11月第1日曜~3月の第2日曜)の期間は 14時) 13時 以前に始めれば前日のコースですし、 13時 以降に始めれば当日のコースになります。 プレイ中に13時をまたいでも強制転移させられたりはしません。 ちなみに、ZWIFT内の一日は 36分56秒です。 コースを任意に入れ替える裏技 ワトピア、ゲストワールド以外のコースを走りたい場合は、 Zwift Hacksの各種設定ツールを使います。 「検索」「絞り込み」「並び替え」などの機能が付いています。 調べたいルートが決まったら、右の 「Link」をクリック。 すると 「Zwift Insider」のコース紹介ページに飛びます。 3Dでコースプロフィールが載っており、視覚的に把握しやすいです。 さらに詳しく知りたいなら、 上の 赤枠部分 「velo viewer」(又は 「Strava」)をクリック。 コース上にある計測区間一覧 コース上には、 最速タイムを叩き出すと1時間リーダージャージの着用が許される 「タイム計測区間」(周回、スプリント、山岳)が設置されています。 ここでは、ワトピア開発秘話では触れていない 10の名所を紹介していきましょう。 ワトピア内に 「OCEAN BLVD」のモニュメントが置かれた道路は 二箇所存在します。 沈没船、 マンタ、 珊瑚、 イルカ、 クジラ、 潜水艦などが見られます。 海面下に位置し、人工樹が植えられています。 世界最大の樹木 セコイアのトンネルが見所です。 近づくことはできません。 「Scotty」は、ZWIFTのマスコットキャラであるリスの名前です。 ジェットコースターのようなアップダウンとカーブが続く区間の名称で、 レースでは必ずと言っていいほど勝負所となります。 ちなみに、看板のマークは STRAVAのロゴ。 柱には 「JWB」のプレートが貼られています。 ちなみに、JWBは 「Julynn Washington Bridge」の略。 Julynn Washingtonさんは、 国際版の管理者である女性で、 ジャービス島(詳しくはへ)の時代に 何十回も100マイルライドを繰り返した、当時の有名人です。 世界最大級の自転車祭「プルデンシャル・ライド・ロンドン」の 2016年開催に併せて発表されたコースです。 現実エリア(ロンドン市内)と 仮想エリア(サリー州)から構成されます。 そこで 「地下道」が両エリアを繋ぐ 「どこでもドア」のような役割を担っています。 ほぼ毎日、大きめの船が通る度に開いています。 中世に建てられた城塞で、至宝が保管されています。 調べてみると分かりますが、たくさんのストーリーがある建物です。 地元の人たちからは、 ピクルス用の小さいキュウリ 「ガーキン」と親しまれています。 オフィス、ホテル、レストラン、マンションとして利用されています。 関空国際ターミナルを手がけたことでも知られる 建築家レンゾ・ピアノにより設計されました。 来客数は、ルーヴル美術館、メトロポリタン美術館、大英博物館に次ぐ、 世界第4位。 有名作品だと、 ゴッホの『ひまわり』が所蔵。 「プルデンシャル・ライド・ロンドン」のゴール地点でもあります。 ザ・マルの北東にあり、 2022年には高級ホテルとして開業予定。 ロードバイクに乗せられています。 1~2日に1回行われる 衛兵交代式が有名だそうです。 3mの時計台。 開業当時は世界一の高さでしたが、 現在では、165mのシンガポール・フライヤー、 160mの南昌之星(なんしょうのほし)に次ぐ 世界3位。 ちなみに、世界第4位、日本一の観覧車である 「Redhorse OSAKA Wheel」は高さ 123mです。 ロンドンコースには多くの美術館があり、 「ナショナルギャラリー」「テート・ブリテン」以外にも いくつかの美術館の横を走り抜けます。 あれは「バターシー(バタシー)発電所」という旧石炭火力発電所です。 遠くて見えませんが、A発電所とB発電所から成っています。 1983年に完全閉鎖された後は基本ほったらかしだったのですが、現在は着々と再開発が進められています(2018年4月時点)。 オフィスや集合住宅、店舗、レジャー施設、バタシー発電所駅などが、この先数年以内で段階的に開業していくらしく、なんとアップルのイギリス本部もココに移す予定だそうです! そして、何より気になるのが、バターシー発電所の上に浮かんでいる「豚の上にリスが乗っているバルーン」。 ZWIFTの象徴的な動物であるリスはまだ理解できるとして「なんでブタなん???」とずっと疑問に感じていました。 なんでも、今から41年前、まだB発電所が操業していた1977年。 イングランド出身のロック・バンド「ピンク・フロイド」が、小曲「翼をもった豚」を挟んだアルバム『Animals』をリリース。 そのジャケット撮影のために、12mに及ぶ巨大な豚のバルーンを、実際にあの場所へ飛ばしたんだそうです(その様子の)。 下のジャケット撮影当時のエピソードが、なかなか面白いです 笑 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ロンドンのテムズ川沿いにあるバタシー発電所の上空を豚が飛んでいるジャケット。 実際に長さ40ft(約12メートル)の巨大な豚の風船を飛ばして撮影が行われた。 撮影初日は豚が飛ばずに失敗したが、雰囲気のある雲が出ていたため発電所の写真は撮影した。 2日目には撮影中の事故でこの豚が「逃亡」してしまい、ヒースロー空港のフライトが停止され、イギリス空軍が探索にあたるという事件に発展した。 「空飛ぶ豚」はすぐにケント州の農場で発見され、その農家からは「豚を探してるのはあんたらか?うちの敷地で牛を死ぬほど怖がらせている」と電話があったという。 このニュースは翌日の新聞の一面を飾り、バンドは意図せずして大きな宣伝効果を得た。 3日目になって発電所の上を飛ぶ豚の写真を撮影できたものの、初日の写真の雰囲気があまりにもいいため、初日の「雲あり発電所」の写真に、3日目のブタを合成した。 「BROOM WAGON」は、最終走者の後ろをつける 回収車です。 日本語に直すと「ほうきワゴン車」で、 本物のほうきを付けている場合もあるそうです。

次の