歌謡 曲 の すべて。 【歌謡曲のすべて】が使いやすくなりました!

門倉有希 あなたがすべて~Only Love~ 歌詞&動画視聴

歌謡 曲 の すべて

「赤本」として歌謡曲集の中で長い間プロの方、愛好家の方に親しまれている「歌謡曲のすべて」は、元々プロの演奏家のレパートリーを集大成したもので、全ページ見開きの実践的な使い良さを持ち、ナツメロから最新ヒットまで1000曲以上が収録され、これ一冊ですべての用途に合うように作られていました。 毎年のヒット曲を追加した年度改訂版を出していましたが、年を追って曲数がふえ、頁数もそれに伴い大変長尺になってきたため、このたびNo. 1からNo. 927までを上巻、No. 928以降を下巻として改訂版として再出発することにしました。 今後とも変わらずご愛用をお願い致します。 なお上巻は年代的にはほぼ明治から昭和までとなっています。 大きな文字で歌いやすい「歌詞集」も出版しています。 収載曲 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• Silent Night 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト : 作曲者 : 作詞者 :• アーティスト :.

次の

何年経っても色褪せない!日本昭和歌謡曲の名曲ランキングを徹底紹介

歌謡 曲 の すべて

Contents• 今、改めて注目されている昭和歌謡 元号が令和になった今、 昭和歌謡が再びブームになっています。 時代を越えて昭和歌謡が再び注目されるようになったのはなぜでしょうか。 まずは昭和歌謡の誕生とその変遷をみていきましょう。 洋楽の影響を受けて生まれた昭和歌謡 歌謡曲とは、 昭和に流行った日本のポピュラー音楽を指します。 昭和初期頃は 「流行歌」とも呼ばれ、モダンな都会文化を歌った歌謡曲や、観光誘致目的で作られた旅情を誘う歌謡曲が流行しました。 代表的な歌手には東海林太郎さんや霧島昇さんがいます。 戦後にはジャズやラテン、ハワイアンなどの洋楽的要素を取り入れた ムード歌謡がブームになり、フランク永井さん、石原裕次郎さんのような人気歌手が誕生しました。 これ以降、歌謡曲はジャンルの多様化が進行します。 一方、1960年代には春日八郎さんを走りとして、演歌が全盛期を迎え、三橋美智也さん、島倉千代子さん、三波春夫さん、都はるみさんなどの人気演歌歌手が登場します。 ポップスには アイドル歌謡も登場し、音楽番組「ザ・ヒットパレード」の放送を機に、テレビを広告として意識したテレビ歌謡が発展しました。 1970年代に入るとフォークやロック・グループが登場し、70年代後半にはYMOが活動を開始したことで、テクノ・ポップが流行しました。 1980年代になるとアイドル歌謡を中心に、一部の楽曲が歌謡曲の範疇から外れるようになります。 1989年には人気歌謡番組「ザ・ベストテン」を始めとした歌番組が終了したことによって、歌謡曲は徐々にその用語自体が使用されなくなりました。 若者や外国人に人気がある 1990年代には昭和歌謡はJ-popに主流を譲ることとなりましたが、 近年では若者や外国人の間で日本の歌謡曲やレコードが再びブームになっています。 今、レコード専門店には明らかに昭和世代ではない若い人や外国人が昭和歌謡のレコードを求めて訪れているのです。 インターネットの動画サイトなどの普及によって、 自分の親世代の歌謡曲や異国の音楽と手軽に出会えるようになりました。 それによって世代や国境も関係なく、日本の昭和の名曲が再び注目を集めています。 音楽配信サービスの台頭でCDがなかなか売れない中、レコードに再び人気が集まっている現在。 それは 昭和歌謡が現代の若者の心にも響く素晴らしい文化だからこそだと言えるでしょう。 【男性アーティスト】が歌う昭和歌謡曲の名曲ランキングベスト5 ここからは、ぜひ聴いていただきたい昭和歌謡の名曲をご紹介していきます。 まずは男性アーティスト編です。 戦前の流行歌から歌謡曲の全盛期である1970年代に発表された曲まで、選りすぐりの名曲を揃えました。 魂にまで響く歌声と、歌詞に使われている美しい日本語に注目してみてください。 君恋し|フランク永井 君恋し 唇あせねど 涙はあふれて 今宵も更け行く 『君恋し』は1928年(昭和3年)に二村定一さんという方が吹き込んだ流行歌を、1961年にフランク永井さんがリヴァイバルした曲です。 この曲は 第3回日本レコード大賞のグランプリを受賞しています。 昔の言い回しで書かれた歌詞が印象的。 愛する人に恋焦がれている切ない心情がフランク永井さんの歌声から伝わってきます。 古城|三橋美智也 栄華の夢を 胸に追い ああ 仰げば佗びし 天守閣 三橋美智也さんの『古城」は 約300万枚を売り上げた大ヒット演歌です。 三橋さんはこの曲で紅白歌合戦にも出場しています。 この曲は 独りひっそりと佇む古城の、かつての栄華を偲んだ唄です。 人々に忘れ去られ、崩れた石垣や苔に覆われたあわれな様子に感情移入してしまいます。 荘厳なイントロと三橋さんの歌声に心がゆさぶられる1曲です。 シクラメンのかほり|布施明 疲れを知らない 子供のように 時が二人を 追い越してゆく 呼び戻すことが できるなら 僕は何を 惜しむだろう 1975年に発売された布施明さんの『シクラメンのかほり』は、ミリオンセラーを達成し、 名だたる音楽賞も総なめにしたバラードです。 シクラメンの花に、今は去ってしまった愛する人を重ねた表現は秀逸です。 あの頃に戻れるのなら何もいらないのに、という後悔がひしひしと伝わってきます。 布施明さんのほれぼれするような歌声もポイント。 そこにも注目して聴いてみてください。 上を向いて歩こう|坂本九 上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜 坂本九さんの『上を向いて歩こう』は世界約70ヵ国で発売され、 総売り上げ枚数が1300万枚を超えた昭和の大ヒットソング。 「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」というフレーズは誰もが口ずさめる名フレーズです。 一人ぽっちで泣いてしまいそうなときに、上を向いて歩いて次の一歩を踏み出したという人もいるのではないでしょうか。 次の世代にも語り継ぎたい名曲です。 東京ラプソディー|藤山一郎 楽し都 恋の都 夢のパラダイスよ 花の東京 1936年に発表された藤山一郎さんの『東京ラプソディー』。 古き良き昭和モダンが香る軽快なメロディにのせて、 銀座・神田・浅草・新宿と東京の盛り場を歌った昭和流行歌です。 うきうきとした曲調から、「花の都東京」は昭和の人々の憧れの存在だったことが伝わりますね。 今とは少し違う、 昭和時代の東京の様子が垣間見えるのもおもしろいです。 【女性アーティスト】が歌う昭和歌謡曲の名曲ランキングベスト5 続いて女性編です。 女性が歌う昭和歌謡曲には情熱的な恋愛について歌われた曲が多数あります。 あざといところがなく、ストレートに表現した恋愛観にぐっとくる曲ばかりです。 ぜひ歌詞にも注目してみてください。 恋のフーガ|ザ・ピーナッツ つかのまの たわむれと みんなあきらめて 泣きながらはずしたの 真珠の指輪を 双子デュオのシンクロした歌声が魅力のザ・ピーナッツ。 『恋のフーガ』は 恋人との別れを歌った曲です。 雨の情景が別れの悲壮感を引き立てて、聴いている人に感情移入させます。 ドラマチックなシーンを想像できる歌詞が昭和歌謡の魅力のひとつ。 この曲もその代表です。 発売から50年以上経った現在でも愛されています。 ひと夏の恋模様を歌ったこの曲。 真夏のように燃えた恋も、太陽が沈むのと一緒に破れてしまいます。 ひと夏の恋だったけれど、このときめきは忘れないわという情熱的な歌詞が印象的です。 ひばりさんの歌声とともに、長く語り継がれてほしい昭和の名曲です。 ヒットアルバム「美空ひばり大全集 今日の我れに明日は勝つ」にも収録されています。 少女A|中森明菜 特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A 1982年にデビューした1980年代を代表する歌姫、中森明菜さん。 松田聖子さんなど清純派アイドルが多かった当時、 少し陰のあるアイドルとして独自の路線を確立し、人気を集めました。 オリジナルアルバム「バリエーション〈変奏曲〉」から先行でシングルカットされた『少女A』。 子供と大人の狭間にいる17歳の少女の危うい恋愛観を歌った曲です。 大人ぶりながらも、大人の世界に足を踏み入れるのをためらう気持ちは、誰でも経験するものですよね。 昭和世代とのカラオケで歌えば喜ばれること間違いなしの名曲です。 恋の季節|ピンキーとキラーズ 死ぬまで私を ひとりにしないと あの人が云った 恋の季節よ ピンキーとキラーズは5人組の歌手グループです。 男性4人のコーラスをリードするメインボーカルの今陽子さんは当時なんと16歳でした。 その歌唱力と堂々とした姿はとても16歳の女の子には見えません。 『恋の季節』は好きな人との別れの曲です。 空を染めるほど燃え上がった恋の炎は、季節の終わりのように消えてしまいます。 ふられてしまった悲しみが、今陽子さんの情熱的な歌から切ないほどに伝わってくる1曲です。 人生いろいろ|島倉千代子 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 『人生いろいろ』は島倉千代子さんの代表曲であり、最大のヒットソングです。 「人生いろいろ 男もいろいろ」というフレーズは聴いたことがある人も多いはず。 歌詞の中では若い頃に出会った男性と、その人との恋愛を振り返っています。 死にたいと思うくらいに辛い恋をしても、いつかは笑い話になるものです。 タイトルの通り、 人生はいろいろあるよと吹っ切れた気持ちにさせてくれる1曲です。 【デュエット】で歌う昭和歌謡曲の名曲ランキングベスト5 昭和歌謡曲にはデュエットのヒットソングも多くあります。 男女のかけ合いによって、当時の恋愛をより鮮明に思い描くことができます。 デュエット曲の歌詞も必見です。 カナダからの手紙|平尾昌晃・畑中葉子 息が止まるような くちづけを どうぞ私に 投げてください ラブ・レター・フローム・カナダ あなたの居ないひとり旅です 当時、畑中さんは高校2年生、平尾さんは20歳以上年上という異色のデュエットで登場し、注目を集めました。 一人旅先のカナダで、恋人を思い出して悲しみに暮れている様子を歌った『カナダからの手紙』。 今ならメールやテレビ電話がありますが、当時の連絡手段は手紙か国際電話しかありませんよね。 手紙でのやりとりが趣きがあって、古き良き昭和を感じます。 東京ナイト・クラブ|フランク永井・松尾和子 フロアは青く 仄暗い とても素敵な 東京ナイト・クラブ 『東京ナイト・クラブ』は昭和ムード歌謡の代表曲であり、デュエットソングの定番曲でもあります。 男女の歌い手が一行ずつ交互に歌う 「かけ合い式」のデュエットの先駆けとなりました。 この時間を終わらせたくないと引き留める女性、それをたしなめる男性。 男女のかけあいが何とも艶っぽいです。 昭和のナイトクラブの情景が目の前に浮かんでくるようですね。 「飲みすぎたのは、あなたのせいよ」というフレーズが反響を呼び、カラオケの人気曲になりました。 歌詞のかけ合いを見ると、女性は本気のようですが、男性は甘い言葉を囁きながらも本心はどうなのでしょうか? 大人の恋の駆け引きをムードたっぷりに歌った1曲です。 歌番組「ザ・ベストテン」では11週連続でランクインを果たしました。 浮気をした男性とそれを責める女性のやり取りが コミカルに表現された歌詞が特徴的。 注目してほしいのは、男性が最初、「3年目の浮気ぐらい大目にみろよ」と強気な態度だったのに、最後には「3年目の浮気ぐらい大目にみてよ」と弱気になっているところ。 一文字違うだけで印象がまったく変わる表現がおもしろいですよね。 林檎殺人事件|郷ひろみ・樹木希林 アダムとイブが 林檎を食べてから フニフニ フニフニ 跡をたたない アア哀しいね 哀しいね テレビドラマ水曜劇場「ムー一族」の、コントコーナーの挿入歌として起用された『林檎殺人事件』。 コミカルな振り付けと、郷ひろみさんと樹木希林さんの衣装が話題になりました。 林檎はアダムとイヴが口にしてしまった禁断の実。 二人が林檎を食べてしまってから男女の愛のもつれが後を絶たないという、 他にはない個性的な歌詞です。 ここでいう殺人事件もまた、痴情のもつれにより起こってしまった哀しい事件なのです。

次の

オンエア曲|走れ歌謡曲|文化放送

歌謡 曲 の すべて

Contents• 今、改めて注目されている昭和歌謡 元号が令和になった今、 昭和歌謡が再びブームになっています。 時代を越えて昭和歌謡が再び注目されるようになったのはなぜでしょうか。 まずは昭和歌謡の誕生とその変遷をみていきましょう。 洋楽の影響を受けて生まれた昭和歌謡 歌謡曲とは、 昭和に流行った日本のポピュラー音楽を指します。 昭和初期頃は 「流行歌」とも呼ばれ、モダンな都会文化を歌った歌謡曲や、観光誘致目的で作られた旅情を誘う歌謡曲が流行しました。 代表的な歌手には東海林太郎さんや霧島昇さんがいます。 戦後にはジャズやラテン、ハワイアンなどの洋楽的要素を取り入れた ムード歌謡がブームになり、フランク永井さん、石原裕次郎さんのような人気歌手が誕生しました。 これ以降、歌謡曲はジャンルの多様化が進行します。 一方、1960年代には春日八郎さんを走りとして、演歌が全盛期を迎え、三橋美智也さん、島倉千代子さん、三波春夫さん、都はるみさんなどの人気演歌歌手が登場します。 ポップスには アイドル歌謡も登場し、音楽番組「ザ・ヒットパレード」の放送を機に、テレビを広告として意識したテレビ歌謡が発展しました。 1970年代に入るとフォークやロック・グループが登場し、70年代後半にはYMOが活動を開始したことで、テクノ・ポップが流行しました。 1980年代になるとアイドル歌謡を中心に、一部の楽曲が歌謡曲の範疇から外れるようになります。 1989年には人気歌謡番組「ザ・ベストテン」を始めとした歌番組が終了したことによって、歌謡曲は徐々にその用語自体が使用されなくなりました。 若者や外国人に人気がある 1990年代には昭和歌謡はJ-popに主流を譲ることとなりましたが、 近年では若者や外国人の間で日本の歌謡曲やレコードが再びブームになっています。 今、レコード専門店には明らかに昭和世代ではない若い人や外国人が昭和歌謡のレコードを求めて訪れているのです。 インターネットの動画サイトなどの普及によって、 自分の親世代の歌謡曲や異国の音楽と手軽に出会えるようになりました。 それによって世代や国境も関係なく、日本の昭和の名曲が再び注目を集めています。 音楽配信サービスの台頭でCDがなかなか売れない中、レコードに再び人気が集まっている現在。 それは 昭和歌謡が現代の若者の心にも響く素晴らしい文化だからこそだと言えるでしょう。 【男性アーティスト】が歌う昭和歌謡曲の名曲ランキングベスト5 ここからは、ぜひ聴いていただきたい昭和歌謡の名曲をご紹介していきます。 まずは男性アーティスト編です。 戦前の流行歌から歌謡曲の全盛期である1970年代に発表された曲まで、選りすぐりの名曲を揃えました。 魂にまで響く歌声と、歌詞に使われている美しい日本語に注目してみてください。 君恋し|フランク永井 君恋し 唇あせねど 涙はあふれて 今宵も更け行く 『君恋し』は1928年(昭和3年)に二村定一さんという方が吹き込んだ流行歌を、1961年にフランク永井さんがリヴァイバルした曲です。 この曲は 第3回日本レコード大賞のグランプリを受賞しています。 昔の言い回しで書かれた歌詞が印象的。 愛する人に恋焦がれている切ない心情がフランク永井さんの歌声から伝わってきます。 古城|三橋美智也 栄華の夢を 胸に追い ああ 仰げば佗びし 天守閣 三橋美智也さんの『古城」は 約300万枚を売り上げた大ヒット演歌です。 三橋さんはこの曲で紅白歌合戦にも出場しています。 この曲は 独りひっそりと佇む古城の、かつての栄華を偲んだ唄です。 人々に忘れ去られ、崩れた石垣や苔に覆われたあわれな様子に感情移入してしまいます。 荘厳なイントロと三橋さんの歌声に心がゆさぶられる1曲です。 シクラメンのかほり|布施明 疲れを知らない 子供のように 時が二人を 追い越してゆく 呼び戻すことが できるなら 僕は何を 惜しむだろう 1975年に発売された布施明さんの『シクラメンのかほり』は、ミリオンセラーを達成し、 名だたる音楽賞も総なめにしたバラードです。 シクラメンの花に、今は去ってしまった愛する人を重ねた表現は秀逸です。 あの頃に戻れるのなら何もいらないのに、という後悔がひしひしと伝わってきます。 布施明さんのほれぼれするような歌声もポイント。 そこにも注目して聴いてみてください。 上を向いて歩こう|坂本九 上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す 春の日 一人ぽっちの夜 坂本九さんの『上を向いて歩こう』は世界約70ヵ国で発売され、 総売り上げ枚数が1300万枚を超えた昭和の大ヒットソング。 「上を向いて歩こう 涙がこぼれないように」というフレーズは誰もが口ずさめる名フレーズです。 一人ぽっちで泣いてしまいそうなときに、上を向いて歩いて次の一歩を踏み出したという人もいるのではないでしょうか。 次の世代にも語り継ぎたい名曲です。 東京ラプソディー|藤山一郎 楽し都 恋の都 夢のパラダイスよ 花の東京 1936年に発表された藤山一郎さんの『東京ラプソディー』。 古き良き昭和モダンが香る軽快なメロディにのせて、 銀座・神田・浅草・新宿と東京の盛り場を歌った昭和流行歌です。 うきうきとした曲調から、「花の都東京」は昭和の人々の憧れの存在だったことが伝わりますね。 今とは少し違う、 昭和時代の東京の様子が垣間見えるのもおもしろいです。 【女性アーティスト】が歌う昭和歌謡曲の名曲ランキングベスト5 続いて女性編です。 女性が歌う昭和歌謡曲には情熱的な恋愛について歌われた曲が多数あります。 あざといところがなく、ストレートに表現した恋愛観にぐっとくる曲ばかりです。 ぜひ歌詞にも注目してみてください。 恋のフーガ|ザ・ピーナッツ つかのまの たわむれと みんなあきらめて 泣きながらはずしたの 真珠の指輪を 双子デュオのシンクロした歌声が魅力のザ・ピーナッツ。 『恋のフーガ』は 恋人との別れを歌った曲です。 雨の情景が別れの悲壮感を引き立てて、聴いている人に感情移入させます。 ドラマチックなシーンを想像できる歌詞が昭和歌謡の魅力のひとつ。 この曲もその代表です。 発売から50年以上経った現在でも愛されています。 ひと夏の恋模様を歌ったこの曲。 真夏のように燃えた恋も、太陽が沈むのと一緒に破れてしまいます。 ひと夏の恋だったけれど、このときめきは忘れないわという情熱的な歌詞が印象的です。 ひばりさんの歌声とともに、長く語り継がれてほしい昭和の名曲です。 ヒットアルバム「美空ひばり大全集 今日の我れに明日は勝つ」にも収録されています。 少女A|中森明菜 特別じゃない どこにもいるわ ワ・タ・シ 少女A 1982年にデビューした1980年代を代表する歌姫、中森明菜さん。 松田聖子さんなど清純派アイドルが多かった当時、 少し陰のあるアイドルとして独自の路線を確立し、人気を集めました。 オリジナルアルバム「バリエーション〈変奏曲〉」から先行でシングルカットされた『少女A』。 子供と大人の狭間にいる17歳の少女の危うい恋愛観を歌った曲です。 大人ぶりながらも、大人の世界に足を踏み入れるのをためらう気持ちは、誰でも経験するものですよね。 昭和世代とのカラオケで歌えば喜ばれること間違いなしの名曲です。 恋の季節|ピンキーとキラーズ 死ぬまで私を ひとりにしないと あの人が云った 恋の季節よ ピンキーとキラーズは5人組の歌手グループです。 男性4人のコーラスをリードするメインボーカルの今陽子さんは当時なんと16歳でした。 その歌唱力と堂々とした姿はとても16歳の女の子には見えません。 『恋の季節』は好きな人との別れの曲です。 空を染めるほど燃え上がった恋の炎は、季節の終わりのように消えてしまいます。 ふられてしまった悲しみが、今陽子さんの情熱的な歌から切ないほどに伝わってくる1曲です。 人生いろいろ|島倉千代子 人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの 『人生いろいろ』は島倉千代子さんの代表曲であり、最大のヒットソングです。 「人生いろいろ 男もいろいろ」というフレーズは聴いたことがある人も多いはず。 歌詞の中では若い頃に出会った男性と、その人との恋愛を振り返っています。 死にたいと思うくらいに辛い恋をしても、いつかは笑い話になるものです。 タイトルの通り、 人生はいろいろあるよと吹っ切れた気持ちにさせてくれる1曲です。 【デュエット】で歌う昭和歌謡曲の名曲ランキングベスト5 昭和歌謡曲にはデュエットのヒットソングも多くあります。 男女のかけ合いによって、当時の恋愛をより鮮明に思い描くことができます。 デュエット曲の歌詞も必見です。 カナダからの手紙|平尾昌晃・畑中葉子 息が止まるような くちづけを どうぞ私に 投げてください ラブ・レター・フローム・カナダ あなたの居ないひとり旅です 当時、畑中さんは高校2年生、平尾さんは20歳以上年上という異色のデュエットで登場し、注目を集めました。 一人旅先のカナダで、恋人を思い出して悲しみに暮れている様子を歌った『カナダからの手紙』。 今ならメールやテレビ電話がありますが、当時の連絡手段は手紙か国際電話しかありませんよね。 手紙でのやりとりが趣きがあって、古き良き昭和を感じます。 東京ナイト・クラブ|フランク永井・松尾和子 フロアは青く 仄暗い とても素敵な 東京ナイト・クラブ 『東京ナイト・クラブ』は昭和ムード歌謡の代表曲であり、デュエットソングの定番曲でもあります。 男女の歌い手が一行ずつ交互に歌う 「かけ合い式」のデュエットの先駆けとなりました。 この時間を終わらせたくないと引き留める女性、それをたしなめる男性。 男女のかけあいが何とも艶っぽいです。 昭和のナイトクラブの情景が目の前に浮かんでくるようですね。 「飲みすぎたのは、あなたのせいよ」というフレーズが反響を呼び、カラオケの人気曲になりました。 歌詞のかけ合いを見ると、女性は本気のようですが、男性は甘い言葉を囁きながらも本心はどうなのでしょうか? 大人の恋の駆け引きをムードたっぷりに歌った1曲です。 歌番組「ザ・ベストテン」では11週連続でランクインを果たしました。 浮気をした男性とそれを責める女性のやり取りが コミカルに表現された歌詞が特徴的。 注目してほしいのは、男性が最初、「3年目の浮気ぐらい大目にみろよ」と強気な態度だったのに、最後には「3年目の浮気ぐらい大目にみてよ」と弱気になっているところ。 一文字違うだけで印象がまったく変わる表現がおもしろいですよね。 林檎殺人事件|郷ひろみ・樹木希林 アダムとイブが 林檎を食べてから フニフニ フニフニ 跡をたたない アア哀しいね 哀しいね テレビドラマ水曜劇場「ムー一族」の、コントコーナーの挿入歌として起用された『林檎殺人事件』。 コミカルな振り付けと、郷ひろみさんと樹木希林さんの衣装が話題になりました。 林檎はアダムとイヴが口にしてしまった禁断の実。 二人が林檎を食べてしまってから男女の愛のもつれが後を絶たないという、 他にはない個性的な歌詞です。 ここでいう殺人事件もまた、痴情のもつれにより起こってしまった哀しい事件なのです。

次の