陰部 痛い。 謎の陰部の痛み…その原因と対策は? : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

腟や外陰部の違和感、感じたことありませんか?

陰部 痛い

感染など原因がはっきりしているものもありますが、明確な原因がみつからない痛みが多くみられます。 「陰部神経痛」や「外陰痛症候群」、「慢性骨盤痛症候群」、男性は「慢性前立腺炎」といった診断を受けることもあります。 痛みの主な原因は、陰部や骨盤の神経痛、自律神経によるもの、精神的な痛み、性ホルモンなどの低下による炎症などと考えられます。 腰やお腹の手術後や出産後に神経痛が残ってしまうこともあります。 年齢や性差に関係なく、ヒリヒリした痛みや刺すような痛み、ムズムズするような不快感、しびれ、違和感、頻尿等のさまざまな症状として現れます。 時間帯や姿勢、動作で症状が強くなったり、常に痛みがあるなど現れ方もさまざまです。 遠絡療法における陰部痛の原因となる主な神経の部位は次のようになります。 1)仙椎(骨盤)の脊髄および末梢神経(陰部神経) 2)延髄(脳幹部) 3)大脳 これらの神経が障害を起こす原因は、外傷や感染(ヘルペスや帯状疱疹など)、慢性的な負荷の蓄積、ストレス、過労などさまざまなものが考えられます。 さらに自律神経の不調によって血流や循環、内分泌などが低下し、痛みが慢性化し治り難いものとなってしまうことが少なくありません。 一般的な病院で処方される抗うつ薬や抗不安薬、神経障害性疼痛の治療薬、または神経ブロックなどは、上記のような部位に働きかけるためです。 神経の電気信号をブロックしたり、脳内物質の量を調節したりする対症療法として有効であり、遠絡療法のような神経の炎症や回復を促す治療法と合わせることでスムーズな改善が期待できます。 症状の発症の仕方や性状から障害されている部位を特定します。 基本的に中枢性の症状であるため、治療の対象は大脳か延髄(脳幹)、骨盤レベルの脊髄となります。 経験的には、男性の陰部痛は主に骨盤レベルの脊髄、女性の陰部痛は延髄(脳幹部)が原因となっていることが多いと感じます。 特に難治性の場合は、大脳や脳幹、脊髄、自律神経系など多系統の障害が慢性化していることもあります。 多くの場合は延髄や脊髄、脊髄から分岐する神経の根元(神経根)の部分に、循環障害や圧迫、摩擦などの負荷がかかることによって神経が炎症を起こし、慢性化してしまっています。 脳幹や脊髄の炎症、自律神経系の機能不全は、薬や理学療法の効果が到達できない部位であるため、一般的な治療ではなかなか改善しないことが多いです。

次の

陰部のかぶれヒリヒリは我慢したら絶対ダメ!

陰部 痛い

【 会陰部の痛みはどんな病気?】 会陰部の痛みの症状がみられる場合は慢性前立腺炎の可能性があります。 慢性前立腺炎とは、前立腺が炎症を起こし慢性化すると排尿痛や腰痛を引き起こし日常生活に大きな影響が出ます。 また残尿感や頻尿、血尿、高熱や食欲不振などの症状もあらわれます。 尿検査をし原因となる細菌を調べます。 検出された細菌に有効な抗生剤を使って治療をします。 【 会陰部の痛みの症状】 会陰部の痛みの 股と肛門の間 症状は、男性ですと慢性前立腺炎の可能性があります。 慢性前立腺炎は、残尿感・睾丸の痛み・頻尿の場合も注意が必要です。 女性の場合は、会陰を切開して出産した際に痛烈な痛みを感じる事があります。 前立腺を扱ったサイトではセルフチェックを行う事が出来ますので、気になる事があったらチェックしてみましょう。 【 会陰部の痛みの原因】 会陰部の痛みの原因には、いろいろありますが、慢性前立腺炎を発症しているケースが多くみられます。 前立腺炎には細菌性のものと炎症性のものがありますが、どちらの場合も会陰部に痛みが発生します。 慢性前立腺炎は、ストレスによって発症することが多く、特に働き盛りの30代から50代までの男性に多く発症します。 長時間のデスクワークや長時間の車の運転によっても発症する場合があります。 【 会陰部の痛みの検査と診断】 会陰部の痛みの検査方法とは、女性は産後に会陰を切開する事で痛みが続く場合がありますから、患部に化膿や異常は無いのかを目でみて調べます。 しかし男性の場合の会陰の痛みは前立腺の異常も疑われます。 まずどのような時にどのような痛みを伴うのかを詳しく問診して、内部を写し出して詳しくみる必要があります。 そこで異常があれば詳しい病名が決定します。 【 会陰部の痛みの治療方法】 会陰部の痛みの治療法はその原因によって様々です。 男性の会陰部の痛みの原因の多くは前立腺炎と考えられます。 前立腺炎の治療としては、薬物療法、物理療法、手術療法が選択されます。 また、精囊炎や尿道炎が原因の場合は通常、原因菌に合った抗菌剤や抗ウイルス薬で治療します。

次の

陰部の腫れの原因を4つ紹介!痛みやかゆみがある病気は?

陰部 痛い

A ベストアンサー 股関節の痛みは股関節そのものの異常の他、腰が原因になることもあります。 股関節の異常は例えば、臼蓋形成不全、特発性大腿骨頭壊死症、変形性股関節症などあります。 下肢の神経とは全て腰から出て指先まで伸びています。 ですから腰になんらかの異常があればその走行上、股関節、お尻、太腿、脹脛、足裏などに痛みや痺れなどが出ます。 全て出る人もいれば、お尻だけ、太腿、ふくらはぎだけとかいう人もいます。 原因疾患はヘルニアの他、脊柱管狭窄症、変形性腰椎症、すべり症などです。 しかし特別骨など構造に異状がなくても、炎症が強く起こっていれば出る可能性はあります。 腰疾患の診断にはレントゲンが必要ですので、整形外科で調べてもらってください。 特に安静時痛や周期的な痛みなどは神経痛の特徴でもあります。 レントゲンとは病院でしか撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。 長文、乱文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。 お大事にどうぞ。 A ベストアンサー 友達に看護婦がいて外科で勤務しています。 このような症状を聞いたことがあります。 毛の生えてるところに毛膿炎は出来やすいらしく、炎症が落ち着いた頃に切開して「シン」をとると言ってました。 もし毛膿炎だった場合、シンをとらないと繰り返すようです。 毛膿炎は毛の生えた部分とかお尻の割れ目(恥ずかしい表現ですみません・・・)に発症しやすいらしく、恥ずかしがらずに痛みにとか不快感に耐えるより受診されたほうがいいと思います。 足の付け根の部分ってリンパがありますよね、熱っぽかったりそういった症状はなかったですか?リンパが腫れてグリグリするようなものが触れるとかはないですか?リンパからの腫れでしたら細菌、ウイルスが一般的に関係するので細菌が原因の場合で熱があったりしたら抗生剤が必要になると思います。 (娘がリンパの腫れを繰り返していて経験から書いてます。 ) 参考になればと思います。 Q が昨年の12月の20日頃に激痛は走り病院に行きました。 最初は大腸を疑われて、大腸カメラと胃カメラを検査されましたが、大腸に異常は無く胃カメラで逆流性食道炎と言われて現在薬を飲んでいます。 下腹部の痛みは泌尿器科で尿検査では異常は無い(細菌は無い)、下腹部のエコー検査では前立腺が通常の2倍の大きさになっているが年齢を加味すると大騒ぎする程では無い言われて、前立腺肥大症に伴う排尿障害薬(ハルナールD錠0. 2mg)と膀胱の過敏に因る痛み止め(インテバン座薬50)を処方されて現在に至っておりますが、痛みが辛いと病院(東京都大田区の高橋クリニック)の医者に言いましたら医者の意見は、取りあえずハルナールD錠を30日飲んでそれでも改善されなければ次の事を考えますと言われ、それでも痛みが辛いと申し出をしましたら、他の病院に行って下さいと 本日電話で言われました。 男性の泌尿器の診断は非常に困難なのでしょうか?途方にくれてます。 今は、昭和大学病院を考えてます。 思い当たるには、自分は妻はいますが性交渉を断られてから、永い間AVやアダルト本で自慰を行い射精は週に2回はしてました(昨年の秋迄)。 時には激しい射精もしました。 昨年の11月に自慰で射精感は有ったのですが精液出ず、逆行性射精になりました。 昨日ペニスを触りましたが勃起は可能ですが痛くて止めました。 自分の原因は過去の激しい自慰行為が最大の原因だと思っていますが、医者には話してません。 詳しい方からのアドバイスをお願い致します。 が昨年の12月の20日頃に激痛は走り病院に行きました。 最初は大腸を疑われて、大腸カメラと胃カメラを検査されましたが、大腸に異常は無く胃カメラで逆流性食道炎と言われて現在薬を飲んでいます。 下腹部の痛みは泌尿器科で尿検査では異常は無い(細菌は無い)、下腹部のエコー検査では前立腺が通常の2倍の大きさになっているが年齢を加味すると大騒ぎする程では無い言われて、前立腺肥大症に伴う排尿障害薬(ハルナールD錠0. 2mg)と膀胱の過敏に因る痛み止め(インテバン座薬50)を処方されて現在に至って... Q 1年前くらいからなんですが、ペニスの根元付近、上から見て2センチくらい左側の部分なんですが、膨れるんですね。 特に立ち仕事をしている時、そうなる様です。 2時間くらい立っていると結構、キンキンに張っています。 今のところ左側だけそうなります。 右側は変化しません。 痛みはほとんど感じないのですが、大きさがプチとまとを半分切りにした位になっています。 それから、時折、水枕の中の水がコポッコポッて言う時の音に似た感じの音がします。 結構、大きな音なので少し恥ずかしく思う時もあります。 おしっこをするとキンキン状態が和らいでゆく様なので、おしっこが溜まってキンキンになっているのかなぁ…と自分では思っているのですが、しかし、どうしてそんなところにおしっこが溜まるのかは理解できません。 もしかしたら、精子が尿道へ出てくるまでの管へ、おしっこが逆流し、その管の中へおしっこが溜まる様になってしまったのでしょうか?とにかく、???…です。 心当たりのある方はアドバイス下さい。 A ベストアンサー こんばんは。 放っておかないで、早めに消化器内科、泌尿器科等で見ていただいたほうが良いはずです。 腹腔内から圧が掛かって、臓器の一部がプクーっと突出してきているかもしれませんね。 kenyukai. hsp. city. nemuro. hokkaido. htm とにかくそこまで自覚症状があるのでしたら、病院へ行って見てください。 mobara. htm A ベストアンサー 症状の現れ方は、人それぞでみたいですが、突然痛みが生じるのが胸痛みたいです。 私の場合、痛みもなく血尿が出ました。 その数日後、腹部から背中にかけての痛みが生じました。 その時は、痛いことは痛いのですが、まだ余裕がありました。 最高潮は、腹部全体(どこが痛いかわからない)が激痛って感じです。 (のたうち回る感じ) 造影剤検査などして、数ヶ月薬を服用していたのですが、激痛の後、痛みが消え、尿として出たのかなと思っていたのですが、定期的の造影剤検査をしたところ、石が大きくなり尿管に詰まり痛みが麻痺している状態でした。 危なく水腎症になるところでした。 衝撃波で砕き5年以上経ちますが、再発はありません。 一応、参考まで。

次の