鬼 滅 の 刃 あかざ。 【鬼滅の刃】冷静に考えたら猗窩座(あかざ)がめっちゃ可哀想!って話!

【鬼滅の刃】最強の鬼集団!十二鬼月・上弦の鬼メンバーまとめ!

鬼 滅 の 刃 あかざ

【鬼滅の刃】上弦の参・あかざ(猗窩座)死亡シーンが感動 もう18巻の絵ばれいいかね?嫌な人は見ないでくれ 猗窩座の最後抱きつきながら消えていくの幸せなんだか悲しいんだかわからないなんかフワフワした気持ちになるコマだよね — 多趣味野郎 Jz8HiVEK4ur4PgM 猗窩座(あかざ)の最後の死亡シーンは上の画像です。 何かを抱きかかえるような形で亡くなっていますね。 いったい何を抱えているのでしょうか? 気になります…。 また、戦闘中、猗窩座は 炭治郎に頸を斬られました。 ですが、 頸の弱点を克服してしまったんです! となると、上の画像のように死ぬにはどんな戦いとなったのでしょうか? また、誰が倒したのでしょうか? 【鬼滅の刃】上弦の参・あかざ(猗窩座)死亡は最後誰が倒した? 上弦の参 猗窩座だ。 また、 最後の手を広げて体が崩れていくシーン。 あれは、どういう意味なのかも気になりますよね。 ということで、早速順を追って見ていきましょう! 猗窩座(あかざ)の不快感 猗窩座は炭治郎と義勇さん相手に戦います。 強者が好きな猗窩座は、 炭治郎が格段に強くなったことに喜びますがなぜか 不快感がぬぐえないままでした。 あと、あかざと対峙したときの、「弱い者を守る」という価値観に対して、「お前が今そこに居ることがその証明だよ」「生まれたときは誰もが弱い赤子だ」というぐうの音も出ない説得力を付け加えたのも最高。。 顔も思い出せませんが、 道着を着て炭治郎と同じことを言っていた人でした。 猗窩座の暴走 炭治郎に言われたことにカチンときて猗窩座は 今までにないくらいの速度で技を出し始めます。 そこで炭治郎を仕留めようとしたときに義勇さんが参戦します。 しかも痣を出していました。 ですが痣を出しただけではかなうはずもなく猗窩座に殺されそうになります。 そんな時覚醒した炭治郎が登場! 頸を斬られる 「透き通る世界」に入った炭治郎を危険だと感じ 猗窩座は、 不可避でほぼ同時に100発の乱れうち 「終式 青銀乱残(あおぎんらんざん)」 という技を繰りだします。 これで炭治郎が死んだと思っていた矢先… 炭治郎に背後を取られ 頸を斬られてしまいました。 頸の弱点の克服 殺気も闘気も放たず頸を斬った炭治郎。 これにより、猗窩座は自分が求めていた 「至高の領域」があると確信しました。 そう思うと同時に、 「ここでは終われない、もっと強くなる」 という思いも込み上げてきます。 そして、首を繋げようとしました。 その最中炭治郎の得意技「刀投げ」で猗窩座の頸がつながるのを防ごうとします。 頸は崩れたものの胴体だけで動き始めてしまいました。 過去を思い出す猗窩座 そんな時 一人の女の子が猗窩座の手を引っ張り 「もうやめて」といいます。 炭治郎の言動で思い出しかけていた過去がここで完全によみがえりました。 そんな過去は… ということ! その3人は父親、恋人、武術の師範。 そのうち恋人と師範は毒殺されたんです。 それにより、彼は犯人を殺し師範の武術をけがしてしまいました。 また、父親とのまっとうに生きるという約束を守れませんでした。 そんな我慢が出来ない 弱い自分を殺したかったと猗窩座は思い至ります。 猗窩座の自爆 そうして 猗窩座は炭治郎に感謝しながら自爆しました。 ですが、 思いとは裏腹に体は再生し続けます。 そんな時、猗窩座の意識の中では 人間だった頃の 師範、父親が出てきて 「もういいんだよ、天国には連れていけないけど見捨てない」 的なことを言います。 その言葉で、 鬼の身体だった猗窩座は人間に戻りかけました。 ですが、 無惨が登場し 「もっと強くなるんではなかったのか、これで終わるのか?」 的なことを言います。 その言葉で 大切な3人のためにもっと強くならねばと思いだした猗窩座は 体が鬼に戻っていくんです。 猗窩座の意志と最後 鬼滅の刃、17巻18巻読んだけど 猗窩座….. すかさず、 呼び止める無惨。 ですが、それを無視し、積を切ったように猗窩座は恋人に抱き着き泣き始めます。 すると、 鬼の身体は人間の身体に戻ったんです。 そうして二人はそのまま業火に焼かれ消えていきました。 それと同時に 現実では、 猗窩座の再生が止まり体が崩れ消えていきましたとさ。 これが、猗窩座の最後までの道のりでした。 大分長くなってしまいましたがこんな感じです。 笑 しかし、自爆したなんて衝撃ですよね! 意識の中で 無惨様を振って人間だった頃の人の手を取っているし。 それで、 無惨の鬼呪が解けて死ぬことが出来たんでしょうね。 また、猗窩座が 強さを求めるのは強くないと誰も守れないから。 弱い人が嫌いだったのは自分が嫌いの裏返しだったのですね。 鬼となって記憶がなくなっても無意識に行動に過去がでていた…。 最後に 抱きかかえていたのは恋人だったということがわかりましたね。 本当に意外なこと続きの猗窩座戦でした!.

次の

【鬼滅の刃】あかざ(猗窩座)の死亡シーンに感動!最後決着は?

鬼 滅 の 刃 あかざ

鬼滅の刃:上弦の参の猗窩座(あかざ)とは? 上弦の参の名前は猗窩座(あかざ)です。 猗窩座(あかざ)は無惨から直々に特別な任務を与えられており、行動範囲が非常に広いのが特徴的。 通常の人喰い鬼は狩場(テリトリー)にこもることが多いですが、猗窩座(あかざ)はアクティブ。 上弦の参 猗窩座だ。 報告を任命しているということは、猗窩座(あかざ)は無惨が信頼する鬼の一人ということがわかりますね。 猗窩座(あかざ)の外見はピンクの短髪で、細身の筋肉質な体。 それほど身長が高い見た目ではなく、少年から青年といった見た目。 顔を含めた全身に藍色の線状の文様が浮かんでいることが特徴で、足と手の指先は同じ色で染まっています。 俺は上弦の参、猗窩座だ。 初の札の為、迎えは多めにさせてもらう。 人間も鬼もそれ以外でも好きに反応するといい。 しかしそんな中でも、上弦の参である猗窩座(あかざ)は言動が理路整然としています。 このため猗窩座(あかざ)は、戦闘では正面からの勝負を挑み、強者との戦いの中でも冷静さを失わず、敬意すら払うことも。 強者と認めれば戦闘相手にも笑顔を向け、その技を称賛したり相手を鬼へと勧誘したりなどをします。 しかし一方で猗窩座(あかざ)は、すぐに死んでしまう人間という種族を見下し、怪我や病気がすぐに完治する鬼という種族を賛美する価値観の持ち主。 鬼になったのは18歳の頃で、人間の時の名前は狛治(はくじ)。 鬼舞辻無惨から勧誘を受けた際に 「十二体程強い鬼を作ろうと思っているんだ」という発言があるため、猗窩座は十二鬼月の初期メンバーだと考えられます。 上弦の参の猗窩座(あかざ)の能力は? それでは、上弦の参である猗窩座(あかざ)の能力を見ていきましょう! 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・破壊殺(はかいさつ) 身体能力を強化し、その状態から徒手空拳による技を放つ。 身体能力を高め、その状態から徒手空拳の技を放ち、術式展開することで効力を発揮します。 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・羅針(らしん) 『術式展開(じゅつしきてんかい)』と称し武道に従う構えをとり、足元に自らを中心とした雪の結晶を模した陣を出現させます。 闘気を感知して動きを読み取る術であり、これにより死角からの奇襲も易々と対処出来る、チート級の技。 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・空式(くうしき) 中距離面制圧に用いられる、拳圧の乱打。 拳撃による絶大なインパクトを虚空へと打ち込むことで衝撃波を発生させ、距離の離れた対象を打ち砕きます。 インパクトから衝撃の到達までのタイムラグもほぼゼロであり、並みの鬼殺隊士では近づく事すら許されない。 拳撃を虚空に打ち込み、衝撃波を発生嗄声何尺も離れたところにいる相手に届かせます。 並みの剣士では、近づくことすらできません。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・乱式(らんしき) 拳打による連携・乱打。 いわゆる近距離乱舞技。 拳打による連携、高速乱撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・冠先割(かむろさきわり) 背後の相手を下から蹴り上げる。 ほんの僅かに掠っただけでも出血を免れぬ威力。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・流閃群光(りゅうせんぐんこう) 中段から上段にかけての連続蹴り。 受けた相手をはるか彼方にまで吹き飛ばす。 片足で立ったまま連続して蹴りを繰り出す高速の連続攻撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・飛遊星千輪(ひゅうせいせんりん) 近距離から上に向かって蹴りあげる。 冠先割と同様、防御しても吐血は免れない。 流閃群光が片足で立ったままでの連続攻撃に対して、飛遊千輪は左右交互にけりを繰り出しながら相手を追い詰めていく攻撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・砕式・万葉閃柳(まんようせんやなぎ) 頭上に拳を振り下ろす その破壊力は絶大で地面を砕き割るほど。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・砕式・鬼芯八重芯(きしんやえしん) 左右四発合計八発の乱打を放つ。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・滅式(めつしき) 絶技。 煉獄杏寿郎が全身全霊を込めて放った奥義に、正面から一方的にぶつかり、かつ凄まじい威力と疾さを誇る。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・終式・青銀乱残光(あおぎんらんざんこう) 滅式に並ぶ大技。 全方向に同時に百発の乱れ打ちを放つ。 受けを得意とする水の呼吸を極めた冨岡義勇をして不可避と言わしめる威力と速度を誇る。 上弦の参である猗窩座(あかざ)はどれぐらい強い? 無惨直下の鬼として存在するのが、。 その中で上弦の鬼の6人は、あり得ないぐらいの戦闘能力を持っています。 そんな中でも、上弦の参である猗窩座(あかざ)はかなりの強さ。 そんな強さを見ていきましょう。 猗窩座(あかざ)は炎柱・煉獄杏寿郎を倒すほどの強さ 炭治郎と炎柱である煉獄杏寿郎が、十二鬼月の「下弦の壱」を預かる鬼・魘夢(えんむ)を倒した直後、鬼舞辻の指令によって猗窩座が現れました。 猗窩座は煉獄の強さを賞賛し同種の鬼にならないかと勧誘しますが、煉獄は拒否。 そのまま戦闘に突入します。 猗窩座は、他の鬼とは一線を画す力量と再生能力によって次第に煉獄を追い詰めて致命傷を与えますが、動きを封じられて顎に刃を叩き込まれてしまいます。 鬼の弱点である太陽の光が差し始めて焦った猗窩座は、自らの両腕を引きちぎってその場を離脱。 その行動を目にした炭治郎から「逃げるな卑怯者!! 逃げるなァ!!!」と罵倒されて心の中で激昂しながらも、己の命を守るために戦場を後にしたのでした。 この時のダメージで、炎柱である煉獄杏寿郎は亡くなってしまいました。 この時に残したは、鬼滅の刃ファンにとってかなり心に残るものです。 煉獄杏寿郎と炭治郎が、下弦の壱である魘夢と上弦の参である猗窩座との対決が、いわゆる 鬼滅の刃のファンにとって、ものすごく印象的なストーリーなのです。

次の

【鬼滅の刃】冷静に考えたら猗窩座(あかざ)がめっちゃ可哀想!って話!

鬼 滅 の 刃 あかざ

【スポンサーリンク】 冷静に考えたら猗窩座(あかざ)がめっちゃ可哀想!って話! しかしそんな鬼舞辻だけど、今回正体を表した堕姫に対してはかなり高く評価しているみたいだ。 それこそ思いっきり女性扱い(?)している感じだし、堕姫も堕姫でウットリしている様子。 このシーンはある妖艶で美しくもあったと思うんだけど、本誌発売から数日経って気がついた。 上記の鬼舞辻の振る舞いが本心からのものならば、以下の猗窩座とかめっちゃ可哀想な気がする! 【スポンサーリンク】 めっちゃ怒られまくりの猗窩座! 以下、鬼舞辻に怒られまくりの猗窩座。 そこに反論・異論・意見を挟む余地など無く、ただただジッと耐えるのみ…って感じだ。 鬼舞辻の意向を自発的に汲み取り、その通りに動けなかったことを追求される。 堕姫を本当に特別視している?• 堕姫の本領を発揮させるため優しくしているだけ?(失敗したら猗窩座の時くらい怒る)• 堕姫が失敗した時「期待を裏切られた」と主張し、強く問い詰めるため? どれも鬼舞辻らしいような気がするけど、中でも一番上は可能性が低いように思えるなぁ。 考えられるとすれば二番目、三番目のルート…って感じだろうか。 あるいは上記には含まれていない 「四番目の考えかた」みたいなものがあるのかもしれない! 比較すればするほど、なんとなく猗窩座が可愛そうになってくる対応の差。 この真意が明かされるのはきっと、これから訪れるであろう堕姫vs宇随の戦いが収束したあとになるんだろうね!.

次の