コオリッポ 考察。 ヌケサーの姫防衛戦!!【概要&結果報告記事】

ポケモン剣盾|初心者向けダイマックス技の使い方、種類と追加効果一覧。

コオリッポ 考察

久しぶりに剣盾の記事。 最近、FortniteやApexの新シーズンだったり、ARKを始めたりで、ポケモンの時間があまりとれていませんでした。 いや、たぶん一般的に見たらかなりやってはいるんですよ。 構築記事を漁ったりする時間を含めれば、毎日2,3時間はやっているし。 ただ、対戦勢から見たら全然時間が取れてない。 というか、今の時期に剣盾やってる人って対戦勢以外にいるんですかね? いや、いるか。 未だに、剣盾はソフトの販売本数ランキングでも上位を取っていますし。 思い返せば、私も対戦勢になる前、子供の頃にポケモンをやった時も2,3ヶ月は遊んだ気がします。 まあ、話を戻し、何はともあれ時間が取れていなかったわけです。 環境の考察とかも全然できていないし、新しいポケモンや型を一から考える気力もない。 個人的には、今はポケモンより恐竜を育てることに興味が向かっています。 とはいえ、流石にシーズン3もそろそろ後半。 今シーズンは順位にこだわらず色々試すとは言ってましたが、それでもシーズン最終盤くらいはガチで勝ちに行きたいところ。 そろそろパーティを決めなきゃなーと思うんですが、中々良いアイデアが出てきませんでした。 で、タイトルを見て頂ければ分かると思いますが、パクったわけです。 シーズン2で最終1位を取った方のパーティをそのままパクりました。 元々気になってはいたんですよ。 というか、対戦勢は皆気になっていましたよね。 コオリッポやシザリガー、ゴリランダー等、あまり採用率が高いとはいえないポケモン達が採用されています。 ドラパルト・ミミッキュ・ドリュウズ、全て使わずに1位を取れるのかって。 ということで、シーズン2最終1位の方のパーティを使わせてもらったので、今回はその感想でも。 順位が高くないので上位層とはメタが違う部分もあると思いますが、その辺は上手く情報を取捨選択しながら参考にして頂ければと思います。 対戦初心者が最終1位の方のパーティを使ってみた、って感じで見て頂けると幸いです。 パーティ紹介 有名中の有名パーティなんで必要ない気もしますが、一応パーティ紹介を。 コオリッポ・シザリガー・ゴリランダーは個体を持ってなかったので、育成が大変でした。 え? レンタルチームを使えばいいって? 君のような勘のいいガキは嫌いだよ 個体作った後に気づいたんですよ。 最終1位のくろのさん、パーティ公開してくれてるじゃんって。 数日間の育成時間は完全に無駄だったよ…… まあね、わざわざ自分で作ったんで、 ちょっとだけ調整を変えてみました。 そのまま同じの作ったら、本当にレンタルで良くなっちゃうからね。 少しでも自分の行為を正当化しようと必死。 とはいえ、あまり大きく変えたらそもそも企画の趣旨が無くなるので、具体的にはカビゴンとトゲキッス。 この2匹を少し弄りました。 カビゴンは調整はそのまま、 あくびの枠をのろいに変更。 あくびが弱いってわけでは無いんですが、のろい積むだけで詰める場面が多々あり、私のランク帯ではのろいの方が合っているなと。 実際のろいは結構刺さりが良く、キッスと共にダブルエースで活躍。 トゲキッスは、道具を 命の珠からラムのみに変えました。 最初は珠を使っていたんですが、私のPSではあくびによる流しを防げずラムのみに変更。 珠を持たせることで確定数が大きく変わるので、運用できるなら珠の方が良いかも。 大文字を火炎放射に変えたのは、単純に外しで泣きを見たからです。 これ以上机を傷つけないために火炎放射に変更しました。 コオリッポは強いのか このパーティで一番気になるのはそこですよね。 コオリッポは強いのか。 結果として、コオリッポが刺さる試合は殆どありませんでした。 なんでしょうね。 私の使い方が悪いのかな。 そもそも、 構築が完全にパクリなので型や調整が割れてるんですよね。 コオリッポを出したいって言うのが前面に出てるので、相手もトゲキッスやサザンドラで詰めてきますし。 コオリッポが強いとか弱いとかの前に、刺さらなかったって印象。 ただ、ここで終わってもしょうがないので、もう少し使用感を。 これはコオリッポ自身の性質でもありますが、 強い相手には強く、弱い相手にはめっぽう弱い。 まず、火力が足りないので、 まともに使おうとするとはらだいこがほぼ必須。 つまり、1ターンの猶予が必要なわけです。 この猶予が貰える相手と、貰えない相手で刺さるかどうかが全然違います。 特性アイスフェイスの関係上、物理相手ならこの猶予を貰いやすいですが、特殊相手だと大抵そのままやられます。 ですので、 相手が物理か特殊かっていうので有利不利が大きく変わります。 そして、仮にアイスフェイスで耐えてはらだいこを詰めた場合でも、 S130以上の相手には基本的に負けます。 まあ、S130以上のポケモンはそこまで多くはありませんが。 スカーフだったり、ダイジェットで詰まれていると簡単に抜かれる範囲でもあります。 だから、難しいんですよね。 刺されば強いし、刺さらないと仕事できずに退場してしまうし。 選出段階で通りが良い時だけ使うのがベストだと思いますが、いかんせん通りが良い時が少ない。 素のA種族値がもう少しあれば、はらだいこに頼らず行動できるので強いんですが。 でもそれじゃ強すぎるか。 シザリガーが強い コオリッポが若干残念だった一方、シザリガーが大きな活躍をしてくれました。 先制技持ちで高火力、単純に襷と相性が良いんですよね。 特に活躍してくれたのが、 襷ドリュウズ対面。 この流れが潜っている中で何度かあり、シザリガー刺さるなあ~と思ってました。 あと、 はたきおとすをタイプ一致で撃てるのも強みですね。 環境に多いカビゴンに対して、はたきで木の実を落とせるのは大きい。 インファイトで打点も確保していますし。 パーティの総評 パーティの総評になりますが、 想像以上に強かったです。 いや、最終1位の方のパーティなんで強いのは当たり前なんですが。 レート上位の方ではなく、 私のような対戦初心者が使っても勝てるのが意外でした。 てっきり猛者専用のパーティかと思っていたので。 ただ、やはり私の実力では性能を引き出せてない部分もあって。 それが、先に取り上げたコオリッポと、ゴリランダーになります。 コオリッポは前述の通り仕事をさせてやれず、 ゴリランダーはダイジェットが飛び交う環境では全く動かせませんでした。 対面性能は高いポケモンなんですけどね。 ですから、基本はトゲキッス・カビゴン・ヒトム・シザリガーの4匹で回していました。 まあ、それでも十分すぎる程には強かったですよ。 特にシザリガーに関しては、ドリュウズの処理が凄くしやすくて、今後とも使っていきたいなと思いました。 コオリッポやゴリランダーはね、いつか使えるようになるといいな。 全然パーティが思いつかなくて苦し紛れにやった企画でしたが、得られる物が多くてやってよかったなと思います。 やはり、強い人のパーティは参考になることが多いですね。 今後とも、こういった試行錯誤は続けていきたいと思います。 まあ、次はレンタルパを使おうと思いますが…… 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

コオリッポ

コオリッポ 考察

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、 の対戦での扱い、および育成論を記述するところである。 コオリッポの歴史 第八世代 発売後のランクバトルシリーズ1の時点でそれほど活躍しなかった。 というのも、発売から程無くしてが主流の1つとなり、が意味を為さないケースが目立ったのである。 対策のがそのまま刺さってしまうのも痛かった。 しかしランクバトルシリーズ2シーズン2シングルバトル最終1位の構築に、でとにを特化し、とを搭載した型が投入されていた。 一般的な育成論 耐久に優れるフォルムであるアイスフェイス、素早さに優れるフォルムであるナイスフェイスを持つポケモン。 特性でを無効化する代わりにナイスフェイスにフォルムチェンジする。 と積み技、物理技に恵まれるため、型のダイマックスエースにするとよい。 メインウエポンは、。 サブウエポンは、、、。 として外せないものにがあり、物理型に対しては安全にはらだいこを積むことができる。 その他にも、、、といった変化技を覚える。 はらだいこで減ったHPもダイマックスで補うことができ、でを作ってアイスフェイスを復活させることができる。 これらの点では、まさにダイマックスエースになるために生まれたポケモンと言える。 は、がメイン。 に登場するポケモンの中で準速ナイスフェイスコオリッポ(実数値182)を(種族値だけを考慮して)抜けるポケモンは18体であり、これを以て準速で十分と考えるかどうかは人それぞれ。 それらの持ち物が確実に発動するようにHPの実数値は4nに調整するのが基本。 HPを4nに仕上げつつとにを最大まで振ることができるようにするために敢えてHPの個体値を26か27の個体を使うのも1つの手。 こうすることで、無振り実数値を148に調整することができる。 、によって粘りつつで延々とを再生し、スリップで時間切れ判定(いわゆる「TOD」)に勝つ構成も存在する。

次の

コオリッポ/対戦

コオリッポ 考察

コオリッポ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 コオリッポはポケモン剣盾(ソードシールド)で初登場したポケモン。 育成論について紹介していく。 特性「アイスフェイス」により物理技を受けると無効化した上で「ナイスフェイス」に切り替わる。 防御と特防を削り、素早さ種族値130に変化する。 例えば相手の物理技を無効化して素早さを上げつつ、「はらだいこ」を積み、次ターンに上がった素早さで先手をとり攻撃する立ち回りが可能。 そのため、低い種族値にもかかわらず高い抜き性能を誇る。 アイスフェイスは「ダイアイス」を使って張りなおすことも可能。 ただし、特殊アタッカーに対しては攻撃を無効化できず、 アイスフェイス時でも特殊耐久は並みレベルなので苦手。 他のパーティメンバーで特殊アタッカー対策を行っておくと活躍しやすいポケモン。 スポンサーリンク コオリッポの特性考察 アイスフェイス (一度だけ物理技を無効化し「ナイスフェイス」にフォルムチェンジする。 天候があられになると再び「アイスフェイス」になる。 ) 考察 特性は「アイスフェイス」の1つのみ。 「ばけのかわ」と似た特性だが、物理限定である代わりに物理攻撃を受けても一切ダメージを受けずにすむ。 また、「ダイアイス」を使えば自力で貼り直しが可能。 「ナイスフェイス」時は素早さが大幅に上がる。 「はらだいこ」を使った後、「ナイスフェイス」になれれば抜き性能が非常に高くなる。 ただし、「かたやぶり」で無効化されたり、「ロックブラスト」などの連続技で貫通されるなど弱点も存在する。 特に特殊アタッカー相手には、攻撃を無効化できず素早さを上げられないので非常に弱い。 スポンサーリンク コオリッポの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 つららばり 氷 25 100 2~5回連続攻撃 タイプ一致技。 「みがわり」や「ばけのかわ」に刺さる。 「はらだいこ」後のメインウェポンにおすすめ。 つららおとし 氷 85 90 氷10%。 タイプ一致技。 威力は高いとは言えないが他の氷物理技よりは高威力。 れいとうパンチ 氷 75 100 氷10%。 タイプ一致技。 威力は低いが命中安定。 威力は高くないが命中安定。 追加効果も優秀。 威力は高くないが命中安定。 ナイスフェイス状態であれば怯みを活かしやすい。 もろはのずつき 岩 150 80 反動2分の1。 威力が非常に高いサブウェポン。 特に氷半減の炎に刺さる。 アイアンヘッド 鋼 80 100 怯み30%。 氷半減の氷やフェアリーに刺さる。 ナイスフェイスであれば怯みも活かしやすい。 しねんのずつき 超 70 90 怯み20%。 苦手な格闘タイプに刺さるので交代読みで使うといい。 すてみタックル 無 120 100 反動3分の1。 威力は高く命中安定で多くの相手に等倍。 ただし反動が痛い。 からげんき 無 70・140 100 状態異常時に威力倍増。 火傷での機能停止を防げる。 スポンサーリンク 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 ふぶき 氷 110 70 氷10% タイプ一致技。 威力は高いが命中率が低い。 使うなら特性「ゆきふらし」のポケモンを使うか、自身が「ダイアイス」することであられ状態にしておきたい。 れいとうビーム 氷 90 100 氷10% タイプ一致技。 威力と命中が安定している。 フリーズドライ 氷 70 100 水タイプにも効果抜群になる。 氷10% タイプ一致技。 威力は低いが命中安定。 水タイプにも効果抜群で通りが良い。 相手を素早さ低下させ、次ターンでの素早さ逆転を狙える。 ハイドロポンプ 水 110 80 なし 威力は高いが命中が不安。 炎や岩に刺さる。 なみのり 水 90 100 なし 威力と命中が安定している。 炎や岩に刺さる。 ウェザーボール ノーマル 50 100 天気が変わっていると威力が2倍になる。 ひでりなら炎、雨なら水、砂嵐なら岩、あられなら氷に技タイプが変化する。 天候変化にあわせて攻撃できる。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 あられ 氷 - 天候をあられ状態にする。 「アイスフェイス」の再発動や「ふぶき」の必中化に。 オーロラベール 氷 - 5ターンの間物理攻撃と特殊攻撃のダメージを半分にする壁を張る。 天候「あられ」の時のみ使用可 リフレクターとひかりのかべをあわせた性能の壁を張れる。 相手のほうが素早い場合、ダイマックスでの天候変化技に注意。 はらだいこ 無 - 自身の最大HPの半分を失うが攻撃6段階上昇。 「アイスフェイス」を盾に積むといい。 アクアリング 水 - 毎ターン16分の1回復。 居座って長期戦をするなら使える。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 主に交代読みで使っていく。 まもる 無 - そのターン相手の技を受けない。 様子見や相手ダイマックス時のターン稼ぎに使える。 現環境で素早さ全振りにしても、「ナイスフェイス」時に ドラパルトが抜けず無駄が多い。 素早さ180振り補正ありで120族抜きとなり、 インテレオンや エースバーンを抜けるのでおすすめだ。 持ち物は耐久が下がっているナイスフェイス時に攻撃を受けても一撃は耐えられる「きあいのタスキ」や 確定数を増やせる可能性がある「オボンのみ」がおすすめ。 技は「はらだいこ」と氷技は確定。 氷技のおすすめは「つららばり」。 「はらだいこ」後であれば威力は十分で、「ばけのかわ」、「きあいのタスキ」、「みがわり」に強い。 残りの技は炎に刺さる水技、ほとんどの相手に等倍で威力が高い「すてみタックル」、火傷対策の「からげんき」などの優先度が高め。 以下の順序で進めれば役割を果たせる。 この後は相手によっては「こごえるかぜ」で素早さを下げた後、 「もろはのずつき」か「すてみタックル」でダメージを与えつつ反動ダメージで退場して後続へつなぐ。 どうぐは「オーロラベール」を長持ちさせられる「ひかりのねんど」が一番おすすめ。 特殊相手にもある程度動きたい場合には「きあいのタスキ」も候補となる。 スポンサーリンク コオリッポのパーティメンバー考察 コオリッポは弱点が炎・格闘・岩・鋼と多い。 水・地面の複合タイプのポケモンであれば、炎・岩・鋼を半減し、格闘も等倍にできるのでおすすめ。 コオリッポが苦手なのは特殊アタッカーなので、特殊耐久が高い トリトドンが中でもおすすめだ。 コオリッポの対策 注意点 ・アイスフェイスで物理技を無効化、ナイスフェイスでは素早さ種族値130となる。 ・アイスフェイスを盾に「はらだいこ」を積み、攻撃を大幅に上げてくることが多い。 ・ダイマックスして「ダイアイス」で再度アイスフェイスを張ってくることもある。 対策方法 「アイスフェイス」の発動を防ぐため、特殊アタッカーで攻めるといい。 物理アタッカーでも特性「かたやぶり」を持つポケモンであれば「アイスフェイス」を無視して攻撃できる。 「ロックブラスト」などの連続技も有効。 1発目で「アイスフェイス」を発動させ、 ナイスフェイスにして耐久を低下させた上で残りを当てられる。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の