昭和ポスター。 これは興味深いぞ!明治〜昭和の日本のポスター文化を紹介する展覧会「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」

大正ロマン・昭和レトロ、大正から昭和にかけての企業ポスターが面白い : カラパイア

昭和ポスター

プラトン万年筆:プラトンインキ [女性とインクのボトル] 「プラトン」ブランドのインクと万年筆のポスター。 女性がインクのボトルを掲げている構図。 黒を背景にしたシックな雰囲気。 新進珍菓カットル[コウイカ] 磯の香りが漂ってきそうなポスター。 このお菓子の主な原材料はきっとイカ。 カルシウム豊富な当時の珍味 またはスナック菓子 だったようだ。 南洋郵船株式会社[鳥] 青い海と船を背景にトロピカルな黄色の極楽鳥が舞う。 下にあるのは当時の航路らしい。 貯蓄は根の如く, 平和は花の如し[ユリ] かつて郵便や電信、鉄道など様々な事業を管轄していた逓信省のポスター。 影絵風のユリで貯金と平和を表現。 一寸先は暗 闇 [ロウソク] 簡易保險 花火のように灯るろうそくの下には簡易保険加入を勧める言葉が書かれている。 これで一寸先も安心。 株式會社東京築地活版製作所[七福神] 包まれた琵琶を片手にした弁財天が際立つポスター。 社名下の"H"のマークは、後に石川島造船所の創設者となった平野富二のイニシャルらしい。 山東鐵道[鶴] 山東省の空に羽ばたく鶴。 山東鐵道のロゴも印刷されている。 大阪商船会社[赤い着物の女性] 華やかな柄の着物をまとってポーズをとる女性。 背後の小さな白い旗にはこの商船会社にシンボルである"大 "の文字が描かれている。 文部省主催印刷文化展覽會[印刷文化展覧会] グラフィックアートの展覧会の会期を知らせるポスター。 1921年の9月25日から10月25日にかけて東京博物館で開催された。 航空博覽會 The First Aero Show [航空機] 第一回航空ショーの会期を知らせるポスター。 1921年の3月15日から5月13日にかけて行われた。 この博覧会の会長は男爵・滋野清武、主催は航空博覽會組合、会場は九州別府温泉場。 レトロな飛行機の下には湯けむりが立ち昇る別府温泉の風景が描かれている。 日本郵船[浮世絵、3人の女性] 浜辺に佇む着物の女性達。 背景にあるのは伊勢市の夫婦岩のように見える。 右下に小さなカレンダーが付いている。 Japan Tourist Bureau [五重の塔] 松の木の向こうに鹿と五重の塔、藤の花が描かれている。 大日本製糖株式會社[黒い着物の女性] 製糖会社のポスター。 女性の顔が写実的に描かれている。 鶴之卵石鹼 [白い鶴] 白い鶴を描いた石鹸のポスター。 Asia via Honolulu from San Francisco to the Orient[傘をさす女性] 当時の日本女性を描いたと思われるアメリカの郵船会社のポスター。 サンフランシスコからハワイ経由で東アジアへ向かう太平洋航路には5隻の大型姉妹客船が用意されていたらしい。 鐵道院運輸局 [鶴] 一羽の鶴の下に当時の鉄道路線図が描かれている。 運輸局のポスター。 東洋滊船株式會社 [扇を持つ女性] 女性の青い着物の色がそのまま背景につながっている。 サンフランシスコ航路と南米航路のポスターらしい。 東洋滊船株式會社 日本の20世紀初頭のポスターシリーズは南カリフォルニア大学のイースト・アジアン・ライブラリーから寄せられたもので、同大学のにて展示されている。 ポスターのテーマには旅行や逓信省、商品、そして企業や博覧会が含まれている。

次の

【楽天市場】アートポスターの販売:アートオブポスター[トップページ]

昭和ポスター

黄桜の日本髪着物姿が良く似合う三浦布美子。 昭和43年(1968)の黄桜の女優ポスターの初代です。 写真を拡大してご覧下さい。 なんと艶やか妖艶なことでしょうか。 まるで元禄時代を彷彿とさせます。 三浦布美子は元京都祇園の芸子、浅草の芸妓上がりと いわれているが編集者は知識不足で細かな情報を記載できませんが、ただ艶やか!! イメージ女優の初代三浦布美子以来多くの女優が競い黄桜のポスターは現在、高島礼子ですが皆和服が似合う。 昭和43年(1968)スポーティーなカローラスプリンター1100ccは587,000円でした。 昭和43年(1968)東京府中で3億円事件。 昭和44年(1969)アポロ11号が月面着陸。 昭和43年(1968)の大卒初任給は30,500円でした。 サッポロワインポレールの 昭和51年の看板。 サッポロビール創業100周年記念で山梨県勝沼町に勝沼ワイナリーを竣工しワインを造る。 ポレールはフランス語で北極星を意味しサッポロビールの星印に由来する。 松竹映画。 幸せの黄色いハンカチ。 昭和52年(1977)の作品。 役務を終え出所した高倉健。 妻倍賞千恵子は夕張の丘の上で 風にはためく何十枚もの黄色いハンカチをロープにくくり付け 待ち続ける・感動、眼が潤みました。 山田洋次監督。 監督と名コンビの渥美清も参加している。 昭和52年(1977)の大卒初任給は100,300円でした。 王貞治756本のホームラン世界記録樹立。 沢田健二「勝手にしやがれ」 清水健太郎「失恋レストラン」。

次の

【楽天市場】アートポスターの販売:アートオブポスター[トップページ]

昭和ポスター

人生のあの日あの時、あの瞬間の思い出には、映画やレコードが共にあったはず。 そんな懐かしい気持ちと移り行く時代を振り返りながら、当時の思い出に浸ってみてはいかがでしょうか。 平成生まれの人も、今一度過ぎ去った昭和という時代の良さを垣間見る良い機会になるかも?! 開催地は昭和村の生まれ変わった観光スポット『喰丸小』。 クラウドファンディングにより朽ちかけていた木造校舎を改修した、奥会津で話題の観光スポットです。 秋の鮮やかなイチョウの葉が落ちれば、一面黄色の絨毯が敷き詰められる。 喰丸小内には、当時の生徒が使っていた机や椅子が残っていて、今にも子供達の声が聞こえて来そうな程に復元された校舎内が懐かしい雰囲気。 外装にも当時使われていた木材がそのまま使われていたりと、ノスタルジー漂うその姿は今も目にする人の心を奪います。 『昭和の映画ポスターと昭和歌謡レコード展』、展示と合わせたスペシャルイベントも予定しているとのこと。 新元号が「令和」となり、より過ぎてしまった時代だけに、注目度の高いイベントになりそうです。

次の