ヤノ ネ カイガラムシ。 カイガラムシの駆除や予防方法まとめ!

ヤノネカイガラムシとは

ヤノ ネ カイガラムシ

A ベストアンサー 油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物 で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。 マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。 温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す る事はありません。 ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布 時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って も、収穫時に使用する事は避けるべきです。 カイガラムシの駆除で使用されるのは問題ありませんが、今の時期に散布 してもマシン油が無断になるだけです。 マシン油がカイガラムシに付着するとカイガラムシは窒息しますが、今の 時期はカイガラムシは体内に固いロウ状の膜を持っていて、全ての薬剤を 寄せ付けなくなっています。 カイガラムシの表面にはマシン油は付着しま すが、体内に浸透しないため死ぬ事は無いと言う事です。 確実な時期は春先の、少し気温が上がって暖かくなった頃です。 今は休眠 していますから、動く事(肉眼では見えませんが、微妙に動いています) も冬場はしませんので、使用するなら休眠期以外に行う事です。 全ての薬剤は、収穫時期には使わない事が鉄則です。 油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物 で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。 マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。 温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す る事はありません。 ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布 時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って も、収穫時に使用する事は避けるべき...

次の

カイガラムシの駆除や予防方法まとめ!

ヤノ ネ カイガラムシ

さらに密度が高まると落葉する 果実への寄生状況(文旦) 作物名 かんきつ 一般名称 ヤノネカイガラムシ 学術名称 Unaspis yanonensis Kuwana 症状 寄生部位が黄変し、ひどい場合は落葉する。 高密度になると枝幹にも寄生し、木を枯らすことがある。 果実に寄生すると、寄生部位の着色不良、果実の肥大阻害が起こり、商品価値が低下する。 発生条件 雌は成熟成虫、雄は2齢幼虫を主体に越冬する。 雌は2齢幼虫を経て、雄は2齢幼虫・蛹を経て成虫になる。 1雌当たりの産卵数は約150個で、産卵は介殻下に行われる。 孵化直後の雌幼虫はしばらく歩行し、新葉や枝などに定着する。 雄幼虫は母虫の近くに集団で定着する。 県下では年3回発生する。 第1世代の1齢幼虫は5月上旬頃から発生し、5月中下旬にピークとなる。 この時期は、幼虫の初発から成虫になるまで50日程度かかる。 第2世代の1齢幼虫は7月下旬頃から発生し、発生のピークは8月中下旬である。 第1世代よりも約10日早く成虫になる。 第3世代幼虫は9月頃から発生するが、発生量は少ない。 対策 1 寄生の多い枝を剪定時に切り落とす。 2 薬剤防除は1齢幼虫〜雌2齢幼虫までを対象に行う。 第1世代の防除時期は通常6月中下旬、第2世代は8月中下旬である。 3 ミカンハダニとの同時防除をかねて、冬期(12〜1月)にマシン油乳剤の散布を行う。

次の

カイガラムシの駆除や予防方法まとめ!

ヤノ ネ カイガラムシ

さらに密度が高まると落葉する 果実への寄生状況(文旦) 作物名 かんきつ 一般名称 ヤノネカイガラムシ 学術名称 Unaspis yanonensis Kuwana 症状 寄生部位が黄変し、ひどい場合は落葉する。 高密度になると枝幹にも寄生し、木を枯らすことがある。 果実に寄生すると、寄生部位の着色不良、果実の肥大阻害が起こり、商品価値が低下する。 発生条件 雌は成熟成虫、雄は2齢幼虫を主体に越冬する。 雌は2齢幼虫を経て、雄は2齢幼虫・蛹を経て成虫になる。 1雌当たりの産卵数は約150個で、産卵は介殻下に行われる。 孵化直後の雌幼虫はしばらく歩行し、新葉や枝などに定着する。 雄幼虫は母虫の近くに集団で定着する。 県下では年3回発生する。 第1世代の1齢幼虫は5月上旬頃から発生し、5月中下旬にピークとなる。 この時期は、幼虫の初発から成虫になるまで50日程度かかる。 第2世代の1齢幼虫は7月下旬頃から発生し、発生のピークは8月中下旬である。 第1世代よりも約10日早く成虫になる。 第3世代幼虫は9月頃から発生するが、発生量は少ない。 対策 1 寄生の多い枝を剪定時に切り落とす。 2 薬剤防除は1齢幼虫〜雌2齢幼虫までを対象に行う。 第1世代の防除時期は通常6月中下旬、第2世代は8月中下旬である。 3 ミカンハダニとの同時防除をかねて、冬期(12〜1月)にマシン油乳剤の散布を行う。

次の