周知 する 英語。 周知

「周知」の意味とは?ビジネスでの使い方や類語での言い換え方

周知 する 英語

基本は angry 怒りの感情を形容する最も基本的で一般的な表現は、やはり angry でしょう。 怒りとは、積極的・能動的、かつ、否定的・攻撃的な強い感情です。 立腹、憤怒、憤懣、不満、敵意、敵愾心、等々、一通りのニュアンスを含みます。 angry は形容詞であり、基本的には叙述用法で用いられます。 名詞に係る限定用法は、「怒っている」という心境そのものよりも、表情や言動が「怒りを伴っている」さまを表現する際に用いられます。 「怒る」は get angry と表現できる angry は anger から派生した語です。 anger は名詞または動詞。 ただし動詞としては他動詞で「人を怒らせる」という意味合いです。 「腹が立った」「むかついた」というように述べる場合は、状態の変化を示す動詞 get を使って get angry と表現するとうまく表現できます。 get の代わりに become や grow などの動詞で表現すると、「だんだん怒りが湧いてきた」というニュアンスが表現できます。 I became angry with him. I grew angry with him. 怒りの対象は at や with で表現する 誰か人に対して怒るという場合は with を使って表現します。 at も使えます。 怒る対象が物・事柄である場合には前置詞 at あるいは about で表現します。 何らかの動向や状況が怒りの原因である場合は to do あるいは that でも表現できます。 Because of this, I have been as cross as two sticks for two hours. そのせいで、2時間ずっと腹を立てていた crossword puzzle は、いわゆるクロスワードパズルのことですが、cross-word には「意地悪な言葉」という含意もあります。 annoyed は迷惑によるイラ立ち・怒り annoyed は動詞 annoy の過去分詞(形容詞的用法)です。 annoy は「人を煩わせる」「苛立たせる」という意味の他動詞。 つまり、annoyed は外部から何かしら迷惑な煩い要因をもたらされてイラ立ちを募らせている様子を形容します。 annoyed は「怒り」というより「悩まされている」というニュアンスの方が適切な場合も多々あります。 ただし、annoyed には不快な感情が明確に含まれるため、悩みの心情にも怒りやいら立ちが混じります。 「悩んでいる」という意味では bothered のような表現もありますが、bothered は心配や面倒さによる不穏な心境を指し、怒りの要因となる不快感のニュアンスは特にありません。 irritated はイラ立ちが募った怒り irritated は他動詞 irritate の過去分詞(形容詞用法)。 イライラしている、いら立ちが募ってムシャクシャしている、腹立たしい気分になっている、といった心境を表現します。 irritated は「炎症を起こしてヒリヒリする」という意味でも用いられます。 怒り・イラ立ちのニュアンスも炎症になぞらえると理解しやすいかもしれません。 文脈によっては「焦れる」「焦る」という意味でも用いられます。 sullen は不機嫌によるムッツリ無愛想 sullen は陰鬱な雰囲気をまとっている様子を指す語で、機嫌が悪くふさぎ込んでいるさま、むっとして無愛想なさまを表現できます。 いわゆる、むくれた状態。 無骨で無愛想(シブい)という意味を込めて用いられることもあります。 bitter は苦々しい、忌々しい感情 bitter は基本的には味覚の「苦さ」を表現する語彙ですが、日本語の「苦い」と同様、苦痛や不快感を形容する表現としても用いられます。 bitter は、特に叙述用法で用いる場合、「憎しみを抱いている」「いまいましく思っている」という意味合いを取ることがあります。 He was furious at what she had done. 彼は彼女のしたことに対して激しく怒っていた outraged は憤慨、業腹、とりわけ義憤 outraged は動詞 outrage の受動態(形容詞的用法)です。 outrage は名詞として、主に無法行為、乱暴、蹂躙といった意味で用いられる語です。 「憤り」という意味もあります。 また、動詞としては主に「人を憤慨させる」という他動詞の意味用法があります。 を参照すると、「特に unfair(不正)な行為や状態に対する怒り」を示すニュアンスがあることが分かります。 outraged は「蹂躙された(メチャクチャになった)」という意味で用いられることも多々あります。 mad は狂わんばかりの立腹、ぶちギレ状態 mad は主に「狂った」「気がふれた」という意味で用いられますが、口語表現としては「狂うほど怒っている」という意味で用いられることがあります。 いわゆる「キレた」状況です。 mad は怒りの感情の他に「狂うほど興奮している」「狂喜している」という意味でも用いられます。

次の

周知(しゅうち)の意味とは?類語や対義語と合わせて徹底解説

周知 する 英語

「あまねく」は、「全てにわたって」「広く」という意味ですので、「周知」は「広く知れ渡る」「多くの人が知っていること」といった意味になります、『広辞苑』にも掲載されている例の「万人周知の事実」という言い回しは、「誰もが知っている事実」という意味で、これは新聞記事などでも見かける表現でしょう。 「周知」の使い方・例文 ビジネスシーンで「周知」という言葉は、「情報の共有を促す」「連絡を密にすべき」という場面で使用されることが多いようです。 ・新しいマニュアルの使用を、従業員に周知させてください。 ・周知のとおり、経営メンバーが刷新されました。 ・手洗いや手指消毒剤の利用を周知する。 ・新しい社則の周知がなされていません。 ・政権内部に不協和音があるのは周知の事実。 ・ゆっくりでも確実に周知する方がよい。 上記例中の、「周知させる」「周知を図る」=「みんなが知るようにする」という表現が、一般的にはよく使われています。 また、会社に新しいシステムやルールが導入されたときや、プロジェクトを進めるための重要な情報があるときなど、「みんなが知っていなければならない」ことを「周知」という言葉で表現することもあります。 一部では、「周知する」は誤用とする説もあり、「周知させる」の方が一般的ともいわれていますが、新聞などではまだまだ「周知する」という表現も使われているようです。 「周知」と似た言葉との使い分け 「周知」の同意語、類語には、口語であれば「みんなが知っている」「公 おおやけ に知られている」という意味の「公知」。 文章であれば「告知」「案内」という言葉でも言い換えることができます。 ・事前の案内どおり、経営メンバーが刷新されました。 ・新しい社則の告知がなされていません。 ほかにも「周知」を下のように言い換えることもできます。 ・みなさんもご存じのとおり、経営メンバーが刷新されました。 「みなさんもご存じのとおり」を使うと、周知の意味はそのままに少し柔らかい感じにできますね。 まとめ 「周知徹底」「周知を図る」「周知させてください」など、ビジネスシーンでは情報の共有・拡散などについて述べるときに「周知」という言葉が使われます。 「情報の周知徹底」ができると、プロジェクトの進行や会社の運営も、よりスムースに行うことができるでしょう。 ビジネスにおいて「周知」は、情報共有の大切さを表現する言葉としてだけでなく、重要な伝達事項について漏れがないようにするうえでも大事な言葉なので、みなさんもこの機会に覚えてみて下さいね。 柏ケミカル@dcp•

次の

「周知する」は誤用なの!?「周知」の意味と使い方

周知 する 英語

ビジネスでの「周知」の使い方 ビジネスシーンで使える「周知する」「周知させる」 「広く知れ渡る」「広い範囲に知らせる」を意味する「周知」という言葉。 ビジネスシーンでは「周知する」「周知させる」の形で、多く使用されています。 一部では「周知する」は誤用だという意見もありますが、「広い範囲に知らせる」という意味では「周知する」が適しています。 また、新聞や国会会議録に「周知する」が使用されていることからも、誤用であるとは言い切れません。 状況を判断し使用しましょう。 敬語表現を使った「ご周知ください」 ビジネスシーンで目上の相手に「周知」を使用する場合、前後の言葉を敬語表現に置き換える必要があります。 丁寧な表現である接頭語をつけた「ご周知ください」や「ご周知願います」が当てはまるため、状況に応じて使用しましょう。 注意が必要なのは「ご周知ください」や「ご周知願います」は、「周囲に知らせてください」を意味しているという点です。 「知っておいてください」という意味では、使用できません。 「あなたから周りの人へ知らせてください」と言いたい状況で使用しましょう。 広く知られるために計画をする「周知を図る」 「周知」の使い方の1つに、「周知を図(はか)る」があります。 「広く知られるために計画をする」「働きかける」を意味しており、ビジネスシーンでも使用されます。 例えば、「社内に新しいシステムが導入されたため、従業員への周知を図ったが、やはり慣れるまで時間がかかるようだ」などの使い方をします。 「周知の事実」とは「広く知られている事実」 「周知の事実」とは、「広く知られている事実」を意味します。 誰しもが知っている事実や、一般常識とも言えることに対して使用されます。 ただ、反対に「知っていなければおかしい」という意味にもなるため、目上の人へ使用する場合は注意しましょう。 徹底的に広く知らせる「周知徹底」 「周りに徹底的に知らせる」を意味する、「周知徹底」という四字熟語。 「徹底」とは「すみずみまで行き渡る」を意味する言葉であるため、すみずみまで知らせたい状況で使用されます。 「周知徹底する」や「周知徹底を図る」などの使い方をしてください。 「周知」の類語を紹介 「教え導く」を意味する「啓蒙」 「周知」の類語には「正しい知識を教え、合理的な考えへ導くこと」を意味する「啓蒙」が当てはまります。 読み方は「けいもう」です。 「周知」の「知らせること」という意味と、「啓蒙」の「教えること」という意味が似ていることから、類語に当てはまります。 ただ、「啓蒙」の「蒙」という漢字には、「愚か」や「無知」という意味が含まれているため、相手に失礼と捉えられることがあります。 中には差別用語と受け取られることもあるため、使用には注意しましょう。 「広く知られている」を意味する「公知」への言い換え 「世間に対して広く知られていること」を意味する「公知」も、「周知」の類語です。 「こうち」と読み、物事が広く知れ渡っている状況で使用されます。 例えば、「周知の事実」を類語の「公知」で言い換えると「公知の事実」となります。 「周知」の英語表現 「周知」は英語で「Known」「Public」 「周知」を英語で表現する場合、「known」が適しています。 「知られている」を意味する単語であり、「Well known」で「よく知られている」という意味になります。 また、「国民一般の」や「公開の」を意味する「Public」を使った「Make it public」も「周知」の英語表現です。 まとめ 「広く知れ渡る」または「広い範囲に知らせる」を意味する、「周知」という言葉。 「周知させる」や「周知する」などの使い方をして、ビジネスシーンでも使用されます。 目上の相手に使用する場合、敬語表現の「ご周知ください」が適していますが、上から目線に感じられることもあるため注意しましょう。 場合によっては類語「公知」への言い換えが可能です。

次の