キャノン セルフィー。 試用レポート: キヤノン コンパクトフォトプリンター SELPHY CP1200

キヤノン ミニフォトプリンターセルフィー 「SELPHY SQUARE QX10」の魅力をチェック!|キヤノンオンラインショップ

キャノン セルフィー

以前にもコメントしたと思うのですが・・・ このシリーズは本当に耐久性が無いです。 民生品なので安いし業務用には耐久性が低いというのはある程度理解できますが、それにしても過去のシリーズどれをとっても兎に角壊れやすい。 個人で使うのだからそれで良い?そんな事は無いと思います。 以前は紙送りのギアのトラブル、ギアをモーターに差しただけで固定も無し 年配の方ならマブチモーターに歯車を差し込んだだけの状態と書くと理解出来るでしょう では、時間と共に滑って空回りしたり外れて当たり前でしょう。 但しこれらは分解してギアを付け治すだけで再使用が可能でしたし、最近の物は若干改善されて外れにくくなっているように思えます。 しかし最近の物は以前にもまして給紙カセットの判別エラーが頻発して使えなくなるといった症状が兎に角多いようです。 さてこの1300がどれ位持つものやら・・・ このレビューをもしメーカーの方が見る事が有ればですが、このセルフィーの想定寿命というか耐久性って、いったいどれ位の枚数を使用すると想定しての設計なんでしょうね?教えて欲しい物です。 パソコン・周辺機器ジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

キヤノン:製品マニュアル|コンパクトフォトプリンター【SELPHYシリーズ】

キャノン セルフィー

私,旧世代のES-1を持っています。 私自身はほかにプリンタを持っているのでES-1は写真専用機としてしか使っていませんが・・・ セルフィーは旧型のDS810を除いて「昇華型」という印刷方式をとっています。 セルフィーに限らず,昇華型プリンタは専用インクリボンと専用用紙以外の組み合わせでしか印刷はできません。 ですから,キャノン純正のハガキ用紙を使えば年賀状などのハガキ作成ができますが,普通ハガキ(民営化前でいう官製ハガキ)に印刷することはできません。 また,ハガキ用紙と言っても両面印刷を想定していない(インクが両面印刷分用意されていないし,そもそも,宛名面に表面加工していない)と思いますから宛名印刷はできないでしょうね。 A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 セルフィーというシリーズは「昇華型」といって、普通のインクジェットプリンタとはまったく異なる構造のものです。 構造的には昔のワープロで使われていた熱転写プリンタに近いです。 用紙の幅と同じ幅のインクリボンがあり、シアン、マゼンタ、イエロー、オーバーコート(透明の保護膜用)の4色のインクを用紙の長さ分だけ塗布したリボン(リボンではなくシートといいます)がつながっています。 そのインクシートを一緒にパッケージされている用紙の分だけ巻き込んだのがインクカセットで、現在ではインクカセットと専用用紙のセットしか販売されていないはずです。 canon. jsp ですから、現在はインクだけが先に終わるということは無いはずです。 用紙もインクもすべて専用の物でなければ使えませんので、そういった意味では不自由な感じもしますけど、インクジェットプリンタのように色が濃くても薄くてもランニングコストは変わらないということもあります。 プリンタの修理屋です。 セルフィーというシリーズは「昇華型」といって、普通のインクジェットプリンタとはまったく異なる構造のものです。 構造的には昔のワープロで使われていた熱転写プリンタに近いです。 用紙の幅と同じ幅のインクリボンがあり、シアン、マゼンタ、イエロー、オーバーコート(透明の保護膜用)の4色のインクを用紙の長さ分だけ塗布したリボン(リボンではなくシートといいます)がつながっています。 そのインクシートを一緒にパッケージされている用紙の分だけ巻き込んだのがイン...

次の

canon プリンター インクタンク 引いても押しても動かない

キャノン セルフィー

コンパクトフォトプリンター「SELPHY(セルフィー)」とは? Canon(キヤノン)製の写真専用プリンタです。 一般的な家庭用プリンタに採用されているインクジェット方式と異なり「昇華型熱転写方式」を採用。 薄いセロファンの付いた専用トナーを使います。 2008年に最初のモデル「CP770」が発売され、2012年に「CP900」、そして2014年2月に「CP910」が発売されました。 「CP910」はAirPrintに対応し、iPhoneに専用アプリをインストールしなくてもワイヤレスプリントOK! もちろんSDカード等を直接挿入してプリントすることもできます。 2017年10月に登場した「」は最大8台のスマホやタブレットで撮影した写真をプリンタへ転送&印刷できるように! 8枚の写真がランダムに配置された特別な1枚をその場ですぐにプリントできます。 の「スマホdeチェキ instax SHARE SP-1」は、チェキフィルムがお高くてコスパが悪い。 の「Pocket Photo PD239」は、専用アプリのインストール必須な点がネック。 消去法で選んだ結果、専用アプリをインストールしなくてもiPhoneのカメラロールにある写真をプリントできて、他の2機種よりも価格が安い「SELPHY CP910」の購入に至りました。 コンパクトフォトプリンター「SELPHY(セルフィー)」を使ってみた 購入したばかりの「SELPHY CP910」を開封します。 一番上に入っているのは、説明書やインストールCD。 この中で今回利用したのは、「かんたん印刷ガイド」だけです。 説明書一式の下には、ペーパーカセットが入っています。 プリンタ本体が登場です。 ワクワクしますね。 他に電源コードとアダプターが入っています。 プリンタ本体は、想像以上に小さい!これなら持ち運びも問題なくできそう。 (近くにあった、文庫本サイズのフォトブックと並べてみました。 ) 写真の印刷には、別売りの専用プリント用紙とインクリボンが必要です。 私は、「」を同時購入しました。 家庭用のインクジェットプリンタは用紙とインクがそれぞれ別売りなので、このへんが大きく異なりますね。 では、印刷の下準備。 ペーパーカセットにプリント用紙をセットします。 2段開閉がわかりづらいので説明書を頼り…力任せに開閉すると壊れてしまいそうなので気をつけてセットします。 挿入方向に確認して、インクリボンをプリンタ本体にセットします。 ペーパーカセットをプリンタにセットします。 うまくセットできず、ちょっとハラハラしました。 最後に電源アダプターをセットして、印刷準備は完了です。 SDカードを挿入してデジカメ写真をプリントしてみます。 液晶モニタでプリントする写真を選び、印刷ボタンを押すとプリントが始まります。 ドキドキ・・・。 印刷が始まりました。 え??イエロー一色??と驚いていると、次のカラープリントが始まりました。 そして、3つめの色も・・・ これが最後、4つ目の色がプリントされました。 はい、プリント完了!印刷ボタンを押してから、約40秒で完成しました。 このように印刷の様子を見ているだけでも盛り上がります(笑) ただ、印刷音が大きいので静かな場所では使いづらいですね。 寝ている娘の隣では使えません。 専用プリント用紙のパッケージには「L Size」と表記されていますが、 ミシン目に沿って両サイドを切り取るとL判プリントよりも幅(横)が小さくなります。 気になるクオリティーは・・・インクジェットプリンタと比較するとやや劣ります。

次の