パチンコ データ。 パチンコ版PCデータカウンター「おぐろくパチンコカウンター」 【PCモニターでデータが見れる!ニコ生にも最適!】 中古パチンコ販売店 A

パチンコデータ計数管理〜パチンコ業界人が使うデータの計算方法情報

パチンコ データ

何故パチンコにデータ取りが必要なのか パチンコで勝つためにはデータ取りが必要不可欠です。 パチンコで勝っている人、中でもパチプロは必ずと言っていいほど自分が打っている台のデータを取っています。 データ取りが必要な一番の理由は、 パチンコで勝つためには自分の打っている台の性能を把握する必要があるからです。 自分の打っている台の性能・・つまり、その台は勝てる台なのか負ける台なのか、その台を打つことによって得られる期待値や時給などを把握するためにデータを取る必要があるのです。 仕事やアルバイトをするにしても給料(時給)がいくら貰えるのか把握するのが普通ですよね?それと同じで、自分がその台を打つことによって得られる見返りをきっちりと把握するためにデータ取りが必要なのです。 パチプロにとってデータを取らないということは、給料がいくらなのか分からない仕事をすることと同じなのです。 採取したデータは分析して携帯やメモ帳などに残しておきましょう。 台の性能を分析したデータを残しておくことで翌日以降の稼働スケジュールの参考になります。 パチンコで勝つために必要なデータ パチンコで勝つために必要なデータは以下の通りです。 電サポ時総回転数• 電サポ中の増減玉数• データ取りに慣れてきたら、より正確な台の性能を把握するために電サポ中の細かなデータも取るようにしましょう。 細かく言えば取るべきデータがまだ幾つかありますが、上記の基本的なデータだけで台の性能を十分に把握することができます。 次に、各データを取る意味と効率の良いデータ取りの方法を紹介します。 日付・店名 何時どこのパチンコ店で稼働したのかを後々振り返る時に便利です。 いつどこで稼働していたか過去のデータを分析することで、ホールによって行くべき日が見えてきます。 例えば、「このホールはよく月初めに甘い台を用意してくれる」だとか「このホールは月末になると渋くなる」「毎月特定の日に釘を開ける」などのホールによっての傾向を分析することで効率の良い店選びをすることができます。 機種名 何の機種で稼動したのか忘れてしまわないように機種名を必ずメモしておきましょう。 曜日や店によって何の機種をよく打っているか、最近よく打つ機種、扱いが悪くなり打たなくなった機種など、その時に旬の機種や旬が終わった機種などを把握することで、機種選びの参考になります。 台番号 自分が稼働に使った台の番号は必ずメモしましょう。 殆どのパチンコ台は全く同じ釘調整に見えても「回る台」と「回らない台」があります。 回る台を効率良く掴むために「良い台」と「ダメな台」の台番号を必ず把握しておきましょう。 新台入れ替えなどで台の配置が換わる場合があるので、データランプに記された店の台番号だけでなく、台に記されている製造番号もメモするようにしましょう。 通常時の総回転数 自分が回した通常時の総回転数です。 これは回転率や仕事量を算出するために必要なので、必ずデータを取るようにして下さい。 「通常時」とは時短確変中などの電サポ中を除いたゲーム数で、潜伏確変中も通常時扱いになります。

次の

パチンコデータ計数管理〜パチンコ業界人が使うデータの計算方法情報

パチンコ データ

データは長期的な流れに着目してこそ活用できる <解決策>データ活用の基本は、グラフ化して長期的変化を見ること A店では営業部長と店長でたいていこんな会話が交わされていました。 営業部長「今日は稼働がやけに低いな」 店長「人気機種が入らなかった上に、前日から雨が続いていますからね」 営業部長「落ち込みがひど過ぎるが、対策を何か考えなかったのか?」 店長「対策と言われても、資金がなければできることなんてありませんよ・・・」 一見、原因を分析している会話に見えなくもありませんが、このような会話をいくら重ねても無意味です。 「活用」につながる工夫や知恵は出てこず、ただ現状を嘆いておしまいです。 しかし、持っているデータという面に限れば、ジリ貧ホールと大手ホールに差はありません。 現在ではどのホールでも100%、ホールコンピュータが導入されていて、常に自動的に必要とされる情報が取得され蓄積されています。 A店でも計数管理をしているのですから、売上、利益、割数などのデータは保有しているはずです。 資金力や組織力と違い、「データの取得」という面ではジリ貧のA店と大手ホールにはほとんど差がないのです。 にもかかわらず、A店で発展的な「活用」へとつながる分析ができていないのは、そもそも「分析」の意味を取り違えているからです。 前述の例で営業部長と店長が取り上げているのは、1日のみの短期的な結果です。 1日の出来事だけをもとに分析を行っても、出てくるのは意味をなさない「データのかけら」だけです。 取得しているデータをもとに行う「分析」は、短期的な動きではなく長期的な流れに注目して初めて「活用」につなげることができます。 病気治療と同じく、原因が見つかって初めて効果的な対策を打つことができるのです。 そのために重要な工夫として「グラフ化する」という方法があります。 データを漫然と見つめていても、分析につなげることは難しいものです。 そこで、たとえば時系列に沿った変化をグラフにすることで、「いつどんな変化が表れたのか」「ある数値の変化は別のどんな数値や出来事と連動しているのか」が見えてきます。 グラフ化により、売上低迷の原因の類推・推測が可能に <解決策>グラフ化したデータと「頭取り」データから分析する さっそくA店では、店長が稼働と時間軸をもとにグラフ化をしてみたところ、大きな落ち込みがほぼ1週間に一度、しかもなぜか水曜日に決まって起きていました(図表参照)。 そして大きく上がる日は割と不規則で、こちらは曜日に法則性は見出せませんでした。 [図表]A店の稼働の推移 営業部長「大きな落ち込みがほぼ1週間に一度。 しかもなぜか決まって水曜日だな・・・」 店長「そうですね。 なぜ水曜日なんでしょうか」 営業部長「水曜日、水曜日・・・水曜日に何かあったかな?」 店長「ウチのイベント強化日は木曜ですが・・・ん?水曜日と言えば競合Y店の海海パラダイス感謝デイの日、しかも1週間に一度というのも重なりますね」 営業部長「なるほど。 それだな。 とすると、後はこの大きく売上が上がる日は何を意味するんだろう」 店長「ひょっとするとこれも競合ホールと何か関係があるのかも。 ちょっと調べてみます」 A店を含め、ほとんどのホールでは商圏内の競合ホールを回って「頭取り」をしているはずですから、他ホールのデータも持っています。 大手が持っていてジリ貧ホールが持っていないのは「顔認証システム」を使った顧客管理情報くらいです。 他ホールの「頭取り」データから上がってきた報告を見て、営業部長と店長は次のような会話を交わしました。 営業部長「さすがに大型版権機種の入替となると、Y店はたくさん入ってるな」 店長「そうですね、とても敵いません。 ただ、調べてみてわかったのですが、ウチの売上が不規則に上がる日はY店ではなく、どうもM店の休業日と重なるようです。 Y店の休業日はそれほど売上に変化はありませんでした」 営業部長「なるほど。 すると、イベントのない日の遊技客はM店からの流入と考えられるな」 A店に限らず、稼働のデータがある日突然上がったり下がったりすることはよくあります。 A店の場合、この理由は前述のようなものでした。 商圏外であまり気にしていなかったホールの休業日は稼働が上がり、別の日には大型ホールが大規模な入替をしたので下がったのです。 このように日々の稼働データと他ホールの動向を比較すれば、原因の類推・推測が可能となります。 連載ジリ貧パチンコホールのV字回復戦略• 【第4回】 パチンコホールの業績向上に欠かせない「データのグラフ化」•

次の

パチンコ・パチスロ 機種解析情報|DMMぱちタウン

パチンコ データ

スポンサードリンク パチンコデータの見方で勝てる確率が高くなる!そのポイントは? 1パチの海物語甘デジを主戦場するポセイドン! ポセイドンはまず、夕方くらいからパチンコTOYO高田馬場店に来店し軽く打って1パチ海物語甘デジの島内をチェックして立ち去ります。 それから数時間後、夜の7時か8時ごろ再び来店し機種上部のデータをポチポチ押してデータをチェック! 打つ台が決まるとコーヒーを置いて貯玉をゲットしに行きます。 ここから数分後・・・ ビカビカビカと海物語の効果音が発生! 見るとポセイドンが大当たり、そして大連チャンがスタートでした。 これは6月26日の夜の出来事でしてホントの話です。 写真のように、海物語甘デジ台で出玉を数箱積んで大当たりしています。 副業リーマン栗栖は、海物語でのデータの見方のポイントがどうしても知りたく店内にあるデータベースでポセイドンが打っている台をチェックしてみました。 たぶんですが、ポセイドンはココを重要視して台選びしたのではと思います。 パチンコデータの見方でポイントはコレだった! この2つのデータからポセイドンのデータの見方について学びたいと思います。 ポセイドンが打ち始めた回転数は79回転~129回転の間になります。 スタッフの話だと数回転で大当たりしたようです。 たぶんポセイドンが打ち始めた回転数は100回転以上ではと思います。 それにしてもいい読みですね。 さらに細かく分けることも可能かもしれません?各島で出玉を管理しているのではないかと思います。 例えば、自分が打っている島で他の人が出ていると自分の台が大当たりしない、連チャンしない、などのケースが多くみられます。 特にポセイドンが打っている海物語甘デジの島は日中は多くの常連さんが打ち、にぎわっていますが夜はほとんどいません。 日中の稼働率を考えると全体的に出玉がよく、大当たりしやすい島になっているのではと思います。 だからでしょうか? ポセイドンは夜専門で海物語を打ち大当たり、ほかの台が稼働していないのでうまくいけば大連チャンで独り占め状態! そして今夜は読み通りでなんと13連チャンでした。 素晴らしい打ち方です。 スポンサードリンク 論より証拠 副業リーマン栗栖は海物語専門ではなくオールマイティーな打ち方になります。 どちらかと言うと大当たりが来そうな台をデータで見分け打つタイプです。 例えば、副業リーマン栗栖が選んだ6月27日朝ー台はコレ! 6月26日の夜からのハマり。 それをポセイドンのように狙い、次の日の朝打ったところ1回目の大当たりは36回転で来ました。 惜しくも確変に突入とはいきませんでしたが、ここは継続打ちすることにしました。 その結果、 次の大当たりは57回転目! そして確変に突入となりました。 出玉は1. 5箱ぐらいで2000円分交換しました。 このようにいったん落ちてから上がる波をつかむと勝ちやすいことがパチンコのデータを見てわかります。 パチンコデータの見方としてはあるときまで順調にきてドーンとハマり、その後貯まった玉を吐き出す感じですね。 このポイントで打ってみると勝てる確率が高くなると思いますのでパチンコファンの皆さんぜひ試してみてください。 副業リーマン栗栖も引き続きポセイドンのデータの見方を学んでいきたいと思います。 失礼します。 カテゴリー• 448• 203• 100• 159• 417• 119• 214• 31 Twitter でフォロー アクセスの多い記事• - 173,657 views• - 164,091 views• - 155,137 views• - 108,588 views• - 102,165 views• - 77,041 views• - 72,383 views• - 67,099 views• - 59,285 views• - 53,809 views• - 46,967 views• - 46,854 views• - 43,254 views• - 36,889 views• - 34,369 views• - 33,077 views• - 30,583 views• - 27,714 views• - 25,483 views• - 23,524 views 応援よろしく!!!.

次の