小さい 白ニキビ たくさん。 白ニキビの原因と治し方!治すために潰すのはOKなの?

小さいニキビの原因と治し方とは!

小さい 白ニキビ たくさん

顔などの肌にできるブツブツの種類と原因 ひとくちに「ブツブツ」と言っても、肌にできるものは白かったり、赤かったり、さまざまな種類があります。 代表的な種類と原因、主な治療法を紹介します。 ニキビ 顔や胸元、背中など皮脂の分泌が活発なところに現れやすいニキビ。 皮膚科では「尋常性ざ瘡」と呼ばれる立派な病気です。 ニキビができるきっかけは、厚くなった角層が毛穴をふさぐことです。 毛穴にたまった皮脂を栄養源としてニキビ菌が増殖し、炎症を起こすと赤ニキビとなります。 ニキビの初期段階では、皮脂や肌の老廃物が毛穴につまり、白いブツブツ(白ニキビ)が発生します。 この毛穴につまった状態を面皰(めんぽう/コメド)と言い、面皰が空気に触れて酸化すると、黒ニキビになります。 ニキビは初期の段階で治療薬を使うなどして、悪化させないことが大切です。 予防のためには肌を清潔に保ち、保湿ケアで角層をやわらかく保つことを心がけましょう。 また甘いものや油っこいものの食べすぎは、皮脂の分泌を活発にするので注意してください。 あせも 「汗疹」とも書くあせもは、急激な発汗や細菌によって汗腺(汗の出口)がつまり、皮膚の内側に汗が溜まって起こる病気です。 症状が軽いものから順に、透明な膜状のもので覆われた水ぶくれができる「水晶様汗疹」、かゆみをともなう赤いブツブツができる「紅色汗疹」、へん平に隆起したブツブツがたくさんできる「深在性汗疹」の3種類があります。 あせもは肌と肌、肌と衣類が擦れやすい部分や、汗が乾きにくい部位で起こりやすくなります。 顔の場合は、髪の毛の雑菌が顔についてあせもの原因になる場合があります。 また汗腺の数に比べて体の表面積が小さい子供にも起こりやすい病気です。 水晶様汗疹は、特別な治療を行わなくても数日で症状が治まります。 紅色汗疹は、炎症を抑える塗り薬を塗りましょう。 いずれも肌を清潔に保ち、かゆくても肌をかかないよう気をつけてください。 汗をかきやすい夏は、こまめに汗を拭いたり、吸湿性のよい下着や衣類を身につけたりすることも大切です。 毛嚢炎(もうのうえん)・毛包炎(もうほうえん) 毛嚢炎(または毛包炎)は直径1cm以下の赤いブツブツで、内部に白や黄色の膿を含んでいることがあります。 一見、炎症を起こした赤ニキビによく似ていますが、ニキビに見られる芯がなく、皮脂分泌が少なめで乾燥しやすい肌にも発生します。 かゆみや痛みは、ほとんどありません。 毛嚢炎は、毛抜きやカミソリを使ってムダ毛処理をした後に起こりやすくなります。 毛穴に黄色ブドウ球菌などの細菌や真菌(カビ)が入り込むことで炎症を起こします。 ステロイドの塗り薬を長い間使用していたり、汗で肌が湿っていたりする場合も起こりやすくなります。 軽い毛嚢炎の場合、肌を清潔に保っていれば数日で自然に治っていきます。 ただし、症状が長引いたり、頻発したりするときは、皮膚科を受診して治療を受けることをおすすめします。 稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ) 目の周りやおでこ、頬(ほお)など皮膚の薄い部分にできる直径1~2mm粒状の白いブツブツです。 毛穴の奥にある毛包という袋や皮脂腺に、肌の老廃物や細くて柔らかい毛が溜まることで発生します。 体質に影響されることも多く、小さな子供や若い女性にも見られます。 稗粒腫は炎症を起こしているわけではないので、放置していても問題はありません。 自然となくなることもありますが、肌を触ったりこすったりするくせがあるとできやすくなるので、できるだけ触らないようにしましょう。 皮膚科での治療は、注射針や圧出機器で内容物を取り除く治療や、レーザー治療などが行われます。 蕁麻疹(じんましん) 皮膚の一部が赤くくっきりと盛り上がり、数十分から数時間以内、長くても1日程度で跡形もなく消えてしまう皮膚の病気です。 激しいかゆみやチクチクとした痛み、焼けつくような感じをともなうことがあります。 蕁麻疹はエビやソバ、果物など特定の食べ物や添加物によって発症することもあれば、イラクサや蜂、ゴムなどに触れることで発症することがあります。 また日光や温度変化、発汗やストレスなど、さまざまな原因があります。 ほとんどの蕁麻疹はたまたま一度だけ現れるか、くり返し起きても1か月ほどで起こらなくなります。 原因がはっきりしている場合は、その原因物質を避けることで症状の発生を防ぐことができます。 湿疹・皮膚炎 湿疹とは、かゆみやヒリヒリ感をともなう皮膚の炎症の総称です。 その症状は赤みからブツブツ、小さな水ぶくれ、膿やジクジク感のあるただれまでさまざまです。 湿疹は花粉やハウスダスト、細菌や真菌(カビ)、肌に合わない薬剤や化粧品、アレルギー物質といった「外的要因」と、体調不良、アレルギー・アトピー素因の有無などの「内的要因」とが、互いに影響しあうことで発症しやすくなります。 さらに角層から水分が失われて乾燥し、外的刺激から肌を守る「バリア機能」が低下しているときも起こりやすくなります。 湿疹ができたときは原因となる物質(汗やホコリ、アレルギー物質、肌に合わない化粧品など)をすみやかに取り除き、肌を清潔に保ちましょう。 かゆみがひどいときはかくのではなく、患部を冷やしたり、かゆみを抑制する塗り薬などを使用しましょう。 湿疹を引き起こしている原因や物質がわからないときは、皮膚科やアレルギー科を受診することをおすすめします。 湿疹やあせも、かゆみにおすすめの治療薬 ブツブツの正体が湿疹やあせもの場合、お薬を使うと早期治療に役立ち、かゆみも炎症も抑えることができます。 そこでおすすめなのが、IHADA(イハダ)の治療薬です。 イハダの治療薬は、デリケートな顔や目もとに使いやすいノンステロイド処方。 顔に使いやすいエッセンスタイプやクリームタイプがあります。

次の

顔に小さいブツブツ!それ白ニキビ?原因はなんと…!

小さい 白ニキビ たくさん

Contents• なぜ小さいニキビがポツポツとできるの? 小さいニキビはいわゆる「白ニキビ」や「微小面ぽう」と呼ばれるもので、ニキビの初期段階として繰り返しできてしまうことがよくあります。 このニキビができてしまう原因は 「コメド(角栓)」です。 肌が乾燥したり、皮脂などの汚れや化粧などで毛穴が詰まってしまうことで発生してしまいます。 小さいニキビができる前に、肌がザラザラする、皮脂が多くなった、毛穴の周りが少しふくらんでいる、などの前兆があり、顔の中でも水分量の少ない あごやフェイスライン、口周り、首などのUゾーンにできやすいという傾向があります。 顎の小さいプツプツニキビの改善方法 まずは洗顔と保湿が大事 毛穴がコメドでつまってしまうことが原因なので、まずは洗顔で皮膚をキレイにすることが大切です。 ゴシゴシと洗わずに、洗顔料の泡の弾力を使って包み込むようにして洗うようにしましょう。 女性の場合はメイクがきちんと落とせるようにクレンジングやダブル洗顔を行うといいでしょう。 ただし、 皮脂を落としすぎてしまっては、逆に乾燥肌になってしまうため、スクラブ入のものや思春期ニキビ用などの強い洗浄力のものはおすすめしません。 ファーバースクラブという食物繊維が含まれる洗顔料を使うと、肌を傷つけずに、毛穴の周りの汚れをキレイにすることができます。 そして、顎のポツポツは肌が乾燥した時にできやすくなります。 洗顔でキレイにしたあとは、皮膚の保水機能が低下しないような、うるおい成分を含んだ化粧品で 保湿してあげることが重要なのです。 女性の場合はメイクも大事 実は化粧下地やリキッドファンデーション、コンシーラーはニキビ肌にとってはあまり良くありません。 密着度の高いファンデーションは 毛穴をふさいでしまったり、中には油分が多く、 ニキビを悪化させてしまうものもあります。 下地を使いたいといった場合にはコメドによくない成分が少ないという意味の「ノンコメドジェニック」や「オイルフリー」のものを使うといいでしょう。 ターンオーバーを促進する 根本的にニキビ肌を改善するにはターンオーバーを正常にすることが大切です。 ターンオーバーが乱れる原因としては、寝不足など生活習慣の乱れや、食生活の乱れ、タバコ、ストレスなどがあります。 思い当たるところがあれば改善し、新陳代謝を高めていきましょう。 悪化させない 小さいプツプツニキビは、悪化すると赤ニキビや膿をもった黄色ニキビとなります。 ニキビが大きくなってしまうと治りにくくなってしまったり、 ニキビ跡になるリスクも高まってしまうので、できるだけ初期段階でケアして治すようにしましょう。 まとめ あごに 小さいニキビが繰り返すと気分は最悪になってしまいます。 しかし、その状態が悪化してしまうと目立ってしまったり、痛くなってしまったりと、もっとひどいことになってしまう可能性もあります。 炎症が進んだニキビとは違い、 ちょっとした生活やスキンケアの意識を変えるだけで改善されることもあるので、原因を知り、ニキビフリーな生活が送れるようにしていきましょう。

次の

顔面全体に突然できたたくさんの小さなニキビ

小さい 白ニキビ たくさん

【この記事は 6 分 前後で読めます】 ブツブツがあると、• 誰かと対面していても、相手に「うわ~」と思われているのではないか?• あまり写真に写りたくない• このまま悪化して、広がっていったらどうしよう?• 何かの病気ではないか?• メイクなども乗りが悪くなるし、ムラができる• 気になってテンションが下がり、堂々と過ごせない• いったい正体は何だっていうの!• とにかくうっとうしい と考えてしまったりしますよね。 この記事では、 主に 美容の観点から、分かりやすくまとめたつもりです。 でも、きちんと伝えようとすると、どうしても長くなってしまいますね 汗。 お時間の許す限り、休憩をはさみながらご覧いただけたらと思います! まずは疑おう!白ニキビの可能性 まず疑っておきたいのは、その顔のブツブツは「白ニキビ」。 以下にてチェックしてみて、白ニキビでありそうなら、早速対策・ケアをしていきましょう! チェックしたい項目 白ニキビであるかそうでないか判断するには、以下の項目を確認してみると良いでしょう。 乾燥肌になりやすい• 毛穴が目立つ• 皮脂が多く、べたつきやすい・テカりやすい• 削るとポロポロ落ちる• 痛みやかゆみが特に無い• 赤み(炎症)が広がっていない• 定期的に赤ニキビができる• ピーリングなどでケアすると落ちてスッキリする 当てはまるものが多いほど、その顔のブツブツは 「白ニキビ」(コメドや角栓と言ったりもします)の可能性が高いかもしれません。 当てはまるものが少ない人は、皮膚疾患等を疑ったほうが良いかもしれません(本記事の後半で触れます)。 白ニキビの原因は、汚れやインナードライかも さて、白ニキビって、いったい何なのでしょうか? 「ニキビ」といえば、プクッと腫れて、痛みを伴うことも多い、あの「 赤ニキビ」のことをイメージする人も多いでしょう。 しかし、今回話題にしているニキビは、痛くなくてもかゆくないもの。 皮膚疾患と呼ぶには「まだ早い」状態のものです。 毛穴に汚れがギッシリと詰まったものである 白ニキビやコメド(角栓)は、言うなれば、 毛穴に汚れがギッシリ詰まったものです。 詰まりに詰まって、毛穴で柱状になり、皮膚の表面に顔を出しているのです。 その汚れとは何か?というと、• 皮脂や古い角質• メイク成分 といったもの。 これらが毛穴に落ち、混ざって固まることによって、白ニキビへと進化していきます。 そういった毛穴がいくつもあれば、額やエラ、頬のあたりに、いくつも細かなブツブツができるということになります。 もちろん、それ以外にも「湿疹」であったり「顔面毛包性紅斑黒皮症」 (顔にできる「毛孔性苔癬」のようなもので、あまり白くはない)などの場合もあるので、一概に白ニキビと断定することはできません。 判断がつきにくいなら、皮膚科にかかるのが一番です。 でも、白ニキビというのは 実に多くの人が持っていて、悩んでいる人も多いものです。 インナードライ肌や自浄作用不安定を疑え!• インナードライ肌(乾燥性脂性肌)• 毛穴の自浄作用の不安定 これらの状態だと、白ニキビのブツブツができやすい傾向にあります。 以上のことを防ぐには、正しいケアが必要です。 逆に言えば、正しいケアさえ続けていれば、白ニキビはできにくくなる、ということになります。 乾燥性脂性肌(インナードライ肌)とは? インナードライ肌とは、肌の表面は皮脂があるのに、肌の内部はカラカラの砂漠のようになった肌のことをいいます。 文字どおり「肌の中が乾燥した状態になっている肌」のことをいいます。 逆に、肌の表面は皮脂が多く、 一見、うるおっているかのように見えることもあるでしょう。 なぜそうなるのか? というと、肌が乾燥してしまったことにより、肌自身が「これではいけない!いざ、肌を守らねば!」と判断し、皮脂を大量に分泌するようになるからです。 思春期の子はいざ知らず、大人の場合はこのケースが多いようです。 パッと見は脂性肌なのですが、正体は 紛れもなく「乾燥肌」というわけです。 したがって、乾燥肌対策をきっちしないといけない、ということになります。 関連記事:「」 乾燥していると、毛穴の自浄作用も狂う 乾燥肌(インナードライを含む)であると、毛穴の自浄作用も狂いかねません。 肌の乾燥が進めば、肌機能の低下をきたします。 ほか、加齢や体調の悪化、ホルモンバランスが不安定になることなども要因にあるかもしれません。 肌機能が低下すると、ターンオーバーも狂いますし、毛穴汚れもつまりやすくなります。 毛穴の汚れを自ら吐き出す機能(自浄作用)が低下するということですから、毛穴に汚れが詰まりやすくなってしまい、白ニキビもできやすくなるのです。 当然、放置すれば赤ニキビとなってしまうことがあります。 白ニキビ さよなら対策(セルフケア) やっとここから、白ニキビの対策(セルフケア)のお話です。 長くてすみません! でも、これも肌をキレイにするため。 どうか深呼吸して、リフレッシュし、続きをご覧になってみてくださいね。 さて、上では白ニキビの原因をお伝えしてきました。 小さいブツブツ白ニキビの 対策は、「原因を打ちのめすためのもの」だと思っておいてOKです。 セルフケアとしての主な対策は以下のとおりです。 クレンジングは保湿成分の入ったものを使う• 洗顔は欠かさずに正しく行う• 保湿をしっかりと行う• 程良くマイルドピーリングを行う• 体や心をいたわって生活を送る それでは、ひとつずつ解説していきます。 クレンジングは保湿成分の入ったものを使う メイクをしたときは、必ずクレンジング料で落とす必要があります。 でも、 やたらめたら落とせばいいってものではありません。 あまりに洗浄力の強いものを選んでしまうと、必要な皮脂分まで取り除いてしまうことになり、過乾燥状態になってしまうことがあります。 例えば、「オイル系のクレンジング料」は、刺激性や洗浄力が強いので、今回の肌の状態にはあまりふさわしいとは言えません。 程良い洗浄力と保湿成分のあるクレンジング料を選ぶことがコツかと思います。 下記のクレンジング料は、肌の上でバターのようにドロ~ッと溶かして毛穴の汚れを浮かす物です。 美容成分もたっぷりで、ハリとうるおいも与えてくれます。 ぜひチェックされてみてください。 >>> 洗顔は欠かさずに正しく行う 洗顔は、クレンジングで落とし切れなかった細かい汚れや、クレンジング料そのものの細かい粒子を落とすために大切な作業です。 強くやり過ぎても控え目にしすぎてもいけません。 こするのはタブーと言えましょう。 ですが、ブツブツのできやすいおでこやアゴ下(顔下)まで、隙間なく洗っていくことが大切です。 すすぎ残しをすると、洗顔料の成分が肌に残り、毛穴につまりかねません。 そのため最後は、 しっかり洗い流すことが大切 です。 これをしないばかりに、肌トラブルが悪化してしまうこともあります。 必ずよく洗い流すようにしましょう。 洗顔料は、「洗浄力」がありつつも「低刺激性」であるものがおすすめです。 なおかつ、キメ細やかな泡が立つものであれば、キュッと汚れを吸着し、やさしく洗顔することができます。 例えば、下記のようなニキビ用洗顔石けんがあります。 泡はボヨ~ンとし、天然のうるおい成分も配合されているため、必要なうるおいを残しながら洗顔することができます。 ただ、見た目はゴツいですね。 >>> 保湿をしっかりと行う 何と言っても保湿は、 命ともいえるスキンケアです。 乾燥肌由来の「乾燥性脂性肌」(インナードライ)ですと、肌の奥がカラカラの大地のようになっているわけです。 そのため、 しっかりと潤すことが必要不可欠なのです。 特に乾燥が気になる時期は、油分が多めのコスメなどでカバーすることも検討されると良いでしょう。 タイミングとしては、 洗った直後に保湿・・・これが重要です。 なぜなら、肌が最もきれい、かつ、柔軟性を持っているからです。 保湿成分の浸透の効率が高まるのです。 今回お伝えしているケアを行うには、下記「アヤナス」のような保湿化粧品がおすすめです。 うるおい即効性があります。 とろみがあって、かなりしっとりした使い心地です。 ほのかな香りにはリラックス効果もありますね。 あざやかな色で、インテリア性も優れていると思います。 >>> 程良くマイルドピーリングを行う また、洗顔や保湿だけではじれったいと感じるときは、ピーリングを行うのも一方法かもしれません。 ピーリングとは、ピーリング剤などを使って、皮膚の古い角質を落としてターンオーバーを整えるためのスキンケアのことです。 上のほうで、「こすったり削ったりする(潰す)」ことを控えましょうと言いましたが、ピーリング剤を用いて 適度に行うのであれば、白ニキビやコメド(角栓)に対しては大きな効果があるかもしれません。 ともかく、ポロポロ落ちて、気持ちが良いです。 ただ、ピーリングは肌の表面を削るケアであるわけですから、 やり過ぎ には注意 です。 過度にやると肌を傷めてしまうことがあり、肌荒れ・肌トラブルの原因にもなります。 週に1回、多くても2,3日に1回程度にとどめておきましょう。 また、どうしてもピーリングをしたいときは、マイルドタイプのものを使われるようにしてみてください。 なるべく肌に負担をかけない仕様であるほうが、ニキビのできやすい肌には安心して使えます。 下記のものがマイルドタイプです。 ただ、本気でケアを続けていく気持ちが薄い方には向きません。 >>> まあ個人的には、洗顔と保湿を日々きちんとやっていれば、ほぼ問題ないかと思いますね。 体や心をいたわって生活を送る ターンオーバーの乱れは、ストレスや体調不良からも来るということでしたね。 また、ストレスは男性ホルモンの分泌量を増やすので、皮脂が多くなり、ブツブツや固い肌の原因にもなってしまいます。 そのため、 いかに 心身共に健康的に生活を送っていけるか?という視点からも対策が必要です。 ストレスに対抗する方法は「」の記事に詳しく書いてあります。 面倒な方は、白い紙にサインペンで気持ちを殴り書きしてみましょう。 食生活や睡眠生活を改善することで、体全体としての健康を保つことができます。 すると、免疫力のUPや肌の安定化を図ることができるのです。 【美肌効果のある食べ物は何か?】 美肌効果のある食べ物を挙げると、きっとキリがないでしょう。 ビタミンA、ビタミンB1,2、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、そしてタンパク質やカルシウム等々、こういったものをバランス良く摂取していくことが大切だ、といえます。 平たく言えば、「 好き嫌いをせずに、万遍なく食べましょう」ということになります。 日本人の体であれば、できれば和食生活がおすすめです。 あまり脂質の多いものだと、胃腸に負担を来したり皮脂分泌量を増やしたりしてしまいます。 炭水化物は「ダイエットの敵だ」と言われていますが、程良く食べたほうが、集中力やモチベーションの維持につながります。 【睡眠はどうやって改善すべき?】 簡単に睡眠時間を増やせれば、それに越したことはありません。 しかし、なかなか忙しくて改善できない人も多いでしょう。 なので 「質」を改善することを優先的に考えてみましょう。 枕や布団が体に合っているか?• 部屋はリラックスできるような雰囲気か?• 寝る前にスマホやPCを触りすぎていないか? などを再確認し、できる範囲で対策を打っていけると良いと思いますね。 >>> 続きを読む >>> スポンサーリンク•

次の