空 イラスト。 【空・雲の描き方】ブラシの種類、塗り方、遠近感で簡単に上達する

【背景講座】空の描き方

空 イラスト

雄大な夏の空にチャレンジしてみましょう。 制作の際は、画面を拡大しすぎず 常に遠くから見るように心がけて進めます。 雲を描くポイントは 立体感です。 雲の形状を、球体の集合体と捉えると描きやすくなります。 STEP2.背景の空の塗り方 機械的に見えないように 画面下を明るく、画面上を暗くして色ムラをつけます。 ベタ塗りの後に、不透明度の低いブラシを使い、画面下の色をスポイトで取りながら塗った後にエアブラシで、ところどころをぼかします。 STEP3.積雲ベースの塗り方 空の上に新規レイヤーを作り、雲 積雲 描いていきます。 ブラシ、消しゴムツールを使いながら進めます。 ポイントは繰り返しになりますが「雲を球体の組み合わせ」と捉えて描くことです。 塗った部分が均一にならないように注意しながら、雲のエッジが滑らかになるように、指先ツールで均していきます。 STEP4.積雲の描きこみ方 空の色より少し明るめの色を使って雲に影を描きます。 空の色をスポイトにとり、彩度と明度を調整しながら進めた後先ほどと同様に、稜線を指先ツールで伸ばします。 稜線をエアブラシでなぞりm雲、稜線、影のそれぞれの中間色を使って立体感を強調します。 色数を増やすと難度が上がる為、こちらの工程では増やしませんでした。 (増やしたバージョンは、STEP8の小技でご紹介します) 先ほどと同様に、中間色を使って立体感を強調した後、雲の下に反射光を入れれば、積雲の描き方は完了です。 さて、ここからは応用編です。 すこし複雑な「積乱雲」の描き方を解説します。 STEP5.積乱雲のアタリの取り方 アタリは積雲と同様に、球体の組み合わせを意識して描きます。 アタリから実線を起こします。 雲全体は、気流と風の向きを意識すると良いでしょう。 空の上部:風で雲が流される(画面右から左へ風が吹いている)• 空の下部:気流が安定しているので、雲がもくもくしている というイメージです。 STEP6.積乱雲のベースの描き方 アタリ、ベースの色味は積雲と同じです。 下の雲ではもくもく感を出すため、サイズの小さな指先ツールを使いなるべく 輪郭が大きくぼやけないように描きます。 上の雲は雲の形を描くのにエアブラシを使い、 指先ツールは長く大きく伸ばします。 STEP7:積乱雲の描き込み方 影を描き、明るい部分の稜線を指先ツールで伸ばします。 積雲と同様に、エアブラシで稜線を中間色でなじませます。 その後、描写を詰めていきます。 描き込む場所は「目立つ場所」をメインに進めます。 STEP8:小技 薄い巻雲や、飛行機雲を入れると見栄えが大きく変わります。 影色にもう一色プラスすると、雲がしまって見えて立体感と雄大さが出ます。 いかがでしたでしょうか。 夏の雲、是非チャレンジしてみてくださいね。 こちらの動画では、実際の筆の動かし方も含めて、より詳しく解説されています。 ぜひ、チェックしてみてください。

次の

【背景講座】空の描き方

空 イラスト

雄大な夏の空にチャレンジしてみましょう。 制作の際は、画面を拡大しすぎず 常に遠くから見るように心がけて進めます。 雲を描くポイントは 立体感です。 雲の形状を、球体の集合体と捉えると描きやすくなります。 STEP2.背景の空の塗り方 機械的に見えないように 画面下を明るく、画面上を暗くして色ムラをつけます。 ベタ塗りの後に、不透明度の低いブラシを使い、画面下の色をスポイトで取りながら塗った後にエアブラシで、ところどころをぼかします。 STEP3.積雲ベースの塗り方 空の上に新規レイヤーを作り、雲 積雲 描いていきます。 ブラシ、消しゴムツールを使いながら進めます。 ポイントは繰り返しになりますが「雲を球体の組み合わせ」と捉えて描くことです。 塗った部分が均一にならないように注意しながら、雲のエッジが滑らかになるように、指先ツールで均していきます。 STEP4.積雲の描きこみ方 空の色より少し明るめの色を使って雲に影を描きます。 空の色をスポイトにとり、彩度と明度を調整しながら進めた後先ほどと同様に、稜線を指先ツールで伸ばします。 稜線をエアブラシでなぞりm雲、稜線、影のそれぞれの中間色を使って立体感を強調します。 色数を増やすと難度が上がる為、こちらの工程では増やしませんでした。 (増やしたバージョンは、STEP8の小技でご紹介します) 先ほどと同様に、中間色を使って立体感を強調した後、雲の下に反射光を入れれば、積雲の描き方は完了です。 さて、ここからは応用編です。 すこし複雑な「積乱雲」の描き方を解説します。 STEP5.積乱雲のアタリの取り方 アタリは積雲と同様に、球体の組み合わせを意識して描きます。 アタリから実線を起こします。 雲全体は、気流と風の向きを意識すると良いでしょう。 空の上部:風で雲が流される(画面右から左へ風が吹いている)• 空の下部:気流が安定しているので、雲がもくもくしている というイメージです。 STEP6.積乱雲のベースの描き方 アタリ、ベースの色味は積雲と同じです。 下の雲ではもくもく感を出すため、サイズの小さな指先ツールを使いなるべく 輪郭が大きくぼやけないように描きます。 上の雲は雲の形を描くのにエアブラシを使い、 指先ツールは長く大きく伸ばします。 STEP7:積乱雲の描き込み方 影を描き、明るい部分の稜線を指先ツールで伸ばします。 積雲と同様に、エアブラシで稜線を中間色でなじませます。 その後、描写を詰めていきます。 描き込む場所は「目立つ場所」をメインに進めます。 STEP8:小技 薄い巻雲や、飛行機雲を入れると見栄えが大きく変わります。 影色にもう一色プラスすると、雲がしまって見えて立体感と雄大さが出ます。 いかがでしたでしょうか。 夏の雲、是非チャレンジしてみてくださいね。 こちらの動画では、実際の筆の動かし方も含めて、より詳しく解説されています。 ぜひ、チェックしてみてください。

次の

【空・雲の描き方】ブラシの種類、塗り方、遠近感で簡単に上達する

空 イラスト

[S-Oilブラシ] 油彩のなめらかなタッチをイメージしたブラシで、筆圧でシャープさと不透明度が変化する。 下描きから仕上げ、キャラから背景まであらゆる状況で使用する 上は暗く、下にいくほど明るくしましょう。 最初からカラーで描いてもよいですが、 慣れないうちはグレーから描いたほうが失敗しません。 次にもう1つ新規レイヤーを作成して、赤などの目立つ色でギザギザを描きます。 この線が雲を配置するガイドになります。 ギザギザは 遠くの空になるほど間隔を狭くして、 手前はたわませるのがコツです。 さらにできれば、 均一ではなく、踊るようなリズム感を意識しましょう。 雲のシルエットを描く 雲のレイヤーを新規作成して、ギザギザのガイド線に沿って、S-Oilブラシで雲を描きます。 雲のタッチは斜めに大まかな点を打ってまとめていくのがコツです。 遠くになるほど線が平行に近くなることを意識しましょう。 雲のシルエットを描き終わったらガイド線のレイヤーは消してください。 クリップレイで色を塗る [オーバーレイ]モードのレイヤーを一番上に作成して色を塗ります。 ちょっと落ち着いた彩度の低めな青がよいでしょう。 グレーで下描きしたので青一色を塗るだけで自然な空になります。 最初からカラーで描いた場合はこの段階は飛ばしてください。 色を塗り終わったら、空レイヤーと雲レイヤーにクリップレイします。 影を描く 新規レイヤーを作成し、雲のシルエットに影を描きます。 色は下図で囲ったような箇所を[スポイト]ツールで取得して使用します。 ここでもS-Oilブラシを使って、 斜めに、大まかに点を打つタッチを意識しましょう。 ブラシを使い分けて描き込む 新規レイヤーを作成し、 U-Cloudブラシを使って雲のシルエットにモヤっぽい感じを描き足します。 [G-Paperブラシ] 紙の繊維ににじむような質感を再現したブラシ。 空や雲などでアナログっぽい質感がほしいときに使用する 積乱雲(夏の雲、雲海)の描き方 日本の夏や、壮大な風景でもよく描く雲です。 タッチなどは、ほとんどが基本の雲を描く場合と同じです。 グラデーションと雲のシルエットを描く 空のレイヤーを新規作成し、S-Oilブラシを使って、グレーでグラデーションを描きます。 空の上は暗く、下は明るくしましょう。 次に雲のレイヤーを新規作成し、S-Oilブラシで雲を描きます。 雲のタッチは通常の雲と同じように、斜めに大まかな点を打つのがコツです。 ちょっとした横タッチを加えるとアクセントになります。 クリップレイで色を塗る [オーバーレイ]モードのレイヤーを一番上に新規作成して色を塗ります。 ちょっと落ち着いた彩度の低めな青がよいでしょう。 グレーで下描きしたので青一色を塗るだけで自然な空になります。 最初からカラーで描いた場合はこの段階は飛ばしてください。 色を塗り終わったら、空レイヤーと雲レイヤーにクリップレイします。 影を描く レイヤーを新規作成し、雲のシルエットに影を描きます。 色は下図で指したような箇所を[スポイト]ツールで取得して使用します。 斜めに、大まかに点を打つタッチを意識しましょう。 雲の上は斜めのタッチ 、下は横の直線タッチにすることが大切です。 タッチは流れやリズムを常に意識してください。 ブラシで描き込む レイヤーを新規作成し、U-Cloudブラシを使って雲のシルエットにモヤっぽい感じを描き足します。 しかし、U-Cloudブラシを使うだけだとメリハリがなくなってしまうので、雲の上部などシャープなエッジがほしい部分はS-Oilブラシを使ったり 、逆にもっとぼかす部分は、G-Paperブラシや G-S-Oilブラシなどを使います。 一枚絵に仕上げるプロの技術。 キャラクターの魅力を引き上げながら一枚のイラストに仕上げるために知っておきたい背景描画のノウハウを、ゲーム『バトル オブ ブレイド』(スクウェア・エニックス)のキービジュアル・背景イラスト、アニメ『甲鉄城のカバネリ』(WIT STUDIO)のコンセプトアートなどに携わる気鋭のイラストレーター、よー清水がメイキング形式でじっくり丁寧に解説。 オリジナルキャライラストを提供する。 SBクリエイティブ.

次の