きめつのやいばたんじろうかなお。 【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』136話(16巻)【感想】

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』136話(16巻)【感想】

きめつのやいばたんじろうかなお

前回、玄弥に反復動作について教えてもらい、ついに岩を一町先まで運ぶことができた炭治郎。 続いて伊之助も「天ぷら天ぷら!猪突猛進!!」と意識を集中させて岩を動かすことに成功しましたw 一方、善逸はスズメから手紙を受け取って・・・? それでは気になる続きを見てみましょう! 136話の感想とあらすじ ご飯を食べる隊員たち。 「悲鳴嶼さんもなんだかんだでいい人だからな。 才能ないから継子にしないって言ってたけど、鬼喰いしてるの察して弟子にしてくれたし」と玄弥。 炭治郎はこの後義勇さんのところに行くけど玄弥も一緒にくるかと誘いました。 「いや行けねぇよ。 岩を一町も動かせてないし。 呼吸使えねぇからな」と玄弥。 その言葉に「お前呼吸使えねえのか!雑魚が!」と伊之助。 (悪気はないの。 ないのよぉおお!!w) 殴り合いの喧嘩になる2人www 炭治郎は伊之助を自分のお尻に敷くと、「風柱の・・・お兄さんのことなんだけど、あの人は・・・」と玄弥に告げました。 (なんだろ?) その後、岩の上に座る善逸の元を訪れた炭治郎。 「大丈夫か?ここしばらく喋んないし、心配で・・・」と炭治郎。 「俺はやるべきこと、やらなきゃいけないことがはっきりしただけだ」と善逸。 「何かあったのか?」と声をかけますが 「これは絶対に俺がやらなきゃダメなんだ」と善逸。 その頭からは血が流れていました。 (手紙に何が書いてあったんだろう・・・) 義勇の元へ向かう炭治郎。 屋敷の中では義勇と実弥が対峙していました。 ゴゴゴゴゴゴゴゴ 先に技を仕掛けた実弥。 風の呼吸 壱ノ型 塵旋風・削ぎ!! その速さに驚く炭治郎。 技を仕掛けた義勇。 水の呼吸 肆ノ型 打ち潮!! 技を出し合い、お互いの木刀が折れてしまいました。 「じゃあ次は素手で殺し合うか」と実弥。 その言葉を聞いて炭治郎が飛び出しました!! 「おはぎの取り合いですか!?」と、おはぎで喧嘩してると思った炭治郎。 実弥からずっとおはぎの匂いがしていたので、好物だと知っていたのです。 怒って炭治郎を殴り飛ばした実弥w 炭治郎が目覚めると、横に義勇がいました。 「不死川は怒ってどこかへ行ってしまった」と義勇。 炭治郎はなぜ喧嘩していたのか尋ねました。 「柱同士は稽古の一環で手合わせをするんだ」 「どうりで木刀だったし・・・そうか」 その頃、床に伏せているお館様の元にある人物が訪れました。 「やあ・・・初めましてだね。 鬼舞辻・・・無惨」とお館様。 「・・・なんとも醜悪な姿だな産屋敷」 つづく スポンサーリンク.

次の

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』136話(16巻)【感想】

きめつのやいばたんじろうかなお

前回、玄弥に反復動作について教えてもらい、ついに岩を一町先まで運ぶことができた炭治郎。 続いて伊之助も「天ぷら天ぷら!猪突猛進!!」と意識を集中させて岩を動かすことに成功しましたw 一方、善逸はスズメから手紙を受け取って・・・? それでは気になる続きを見てみましょう! 136話の感想とあらすじ ご飯を食べる隊員たち。 「悲鳴嶼さんもなんだかんだでいい人だからな。 才能ないから継子にしないって言ってたけど、鬼喰いしてるの察して弟子にしてくれたし」と玄弥。 炭治郎はこの後義勇さんのところに行くけど玄弥も一緒にくるかと誘いました。 「いや行けねぇよ。 岩を一町も動かせてないし。 呼吸使えねぇからな」と玄弥。 その言葉に「お前呼吸使えねえのか!雑魚が!」と伊之助。 (悪気はないの。 ないのよぉおお!!w) 殴り合いの喧嘩になる2人www 炭治郎は伊之助を自分のお尻に敷くと、「風柱の・・・お兄さんのことなんだけど、あの人は・・・」と玄弥に告げました。 (なんだろ?) その後、岩の上に座る善逸の元を訪れた炭治郎。 「大丈夫か?ここしばらく喋んないし、心配で・・・」と炭治郎。 「俺はやるべきこと、やらなきゃいけないことがはっきりしただけだ」と善逸。 「何かあったのか?」と声をかけますが 「これは絶対に俺がやらなきゃダメなんだ」と善逸。 その頭からは血が流れていました。 (手紙に何が書いてあったんだろう・・・) 義勇の元へ向かう炭治郎。 屋敷の中では義勇と実弥が対峙していました。 ゴゴゴゴゴゴゴゴ 先に技を仕掛けた実弥。 風の呼吸 壱ノ型 塵旋風・削ぎ!! その速さに驚く炭治郎。 技を仕掛けた義勇。 水の呼吸 肆ノ型 打ち潮!! 技を出し合い、お互いの木刀が折れてしまいました。 「じゃあ次は素手で殺し合うか」と実弥。 その言葉を聞いて炭治郎が飛び出しました!! 「おはぎの取り合いですか!?」と、おはぎで喧嘩してると思った炭治郎。 実弥からずっとおはぎの匂いがしていたので、好物だと知っていたのです。 怒って炭治郎を殴り飛ばした実弥w 炭治郎が目覚めると、横に義勇がいました。 「不死川は怒ってどこかへ行ってしまった」と義勇。 炭治郎はなぜ喧嘩していたのか尋ねました。 「柱同士は稽古の一環で手合わせをするんだ」 「どうりで木刀だったし・・・そうか」 その頃、床に伏せているお館様の元にある人物が訪れました。 「やあ・・・初めましてだね。 鬼舞辻・・・無惨」とお館様。 「・・・なんとも醜悪な姿だな産屋敷」 つづく スポンサーリンク.

次の

【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』136話(16巻)【感想】

きめつのやいばたんじろうかなお

前回、玄弥に反復動作について教えてもらい、ついに岩を一町先まで運ぶことができた炭治郎。 続いて伊之助も「天ぷら天ぷら!猪突猛進!!」と意識を集中させて岩を動かすことに成功しましたw 一方、善逸はスズメから手紙を受け取って・・・? それでは気になる続きを見てみましょう! 136話の感想とあらすじ ご飯を食べる隊員たち。 「悲鳴嶼さんもなんだかんだでいい人だからな。 才能ないから継子にしないって言ってたけど、鬼喰いしてるの察して弟子にしてくれたし」と玄弥。 炭治郎はこの後義勇さんのところに行くけど玄弥も一緒にくるかと誘いました。 「いや行けねぇよ。 岩を一町も動かせてないし。 呼吸使えねぇからな」と玄弥。 その言葉に「お前呼吸使えねえのか!雑魚が!」と伊之助。 (悪気はないの。 ないのよぉおお!!w) 殴り合いの喧嘩になる2人www 炭治郎は伊之助を自分のお尻に敷くと、「風柱の・・・お兄さんのことなんだけど、あの人は・・・」と玄弥に告げました。 (なんだろ?) その後、岩の上に座る善逸の元を訪れた炭治郎。 「大丈夫か?ここしばらく喋んないし、心配で・・・」と炭治郎。 「俺はやるべきこと、やらなきゃいけないことがはっきりしただけだ」と善逸。 「何かあったのか?」と声をかけますが 「これは絶対に俺がやらなきゃダメなんだ」と善逸。 その頭からは血が流れていました。 (手紙に何が書いてあったんだろう・・・) 義勇の元へ向かう炭治郎。 屋敷の中では義勇と実弥が対峙していました。 ゴゴゴゴゴゴゴゴ 先に技を仕掛けた実弥。 風の呼吸 壱ノ型 塵旋風・削ぎ!! その速さに驚く炭治郎。 技を仕掛けた義勇。 水の呼吸 肆ノ型 打ち潮!! 技を出し合い、お互いの木刀が折れてしまいました。 「じゃあ次は素手で殺し合うか」と実弥。 その言葉を聞いて炭治郎が飛び出しました!! 「おはぎの取り合いですか!?」と、おはぎで喧嘩してると思った炭治郎。 実弥からずっとおはぎの匂いがしていたので、好物だと知っていたのです。 怒って炭治郎を殴り飛ばした実弥w 炭治郎が目覚めると、横に義勇がいました。 「不死川は怒ってどこかへ行ってしまった」と義勇。 炭治郎はなぜ喧嘩していたのか尋ねました。 「柱同士は稽古の一環で手合わせをするんだ」 「どうりで木刀だったし・・・そうか」 その頃、床に伏せているお館様の元にある人物が訪れました。 「やあ・・・初めましてだね。 鬼舞辻・・・無惨」とお館様。 「・・・なんとも醜悪な姿だな産屋敷」 つづく スポンサーリンク.

次の