どんな とき も wifi 届か ない。 どんなときもWiFi届いたら絶対やってはいけない注意点あり!後悔したくない!|どんなときもWiFi快適生活

どんなときもWiFiが違約金無料補償を発表。乗り換えなくても必ず申請を!

どんな とき も wifi 届か ない

GlocalMeとグローカルネットとは? 中国・深センに拠点を構える uCloudlinkは クラウドSIMという独自の技術を開発しました。 この技術が開発されたことによってクラウドサーバー上に各国のキャリアSIMを保管し、 国内外でのデータ通信を可能としました。 uCloudlinkはこのクラウドSIMを受信するためのWiFiルーターを販売するブランド、 Glocalmeを「個人ユーザー向け」に提供しています。 日本ではグローカルネットという会社が uCloudlinkから販売特許を獲得し、クラウドSIMルーター (クラウドWiFi)を販売しています。 グローカルネットを調べると、「Glocalmeの正規代理店である」という記事をよく見かけますが、それは間違いです。 U2sというクラウドSIMルーター(クラウドWiFi)は上記2社の販売端末の一つとなります。 Glocalmeとグローカルネットの違い Glocalme・・・クラウド技術の開発元であるuCloudlinkの「個人ユーザー向け」ブランド。 グローカルネット・・・uCloudlinkによって販売特許を獲得し、サービス提供を行っている。 Glocalmeの U2sはAmazonなどで購入することもでき、 17,990円で販売されています。 グローカルネットでは 17,980円で販売されており端末の本体価格にはほとんど差がありません。 Glocalmeは端末購入後に専用のアプリをスマホにダウンロードする必要があります。 アプリから必要な分のパッケージを購入し、データ通信を行います。 グローカルネットは端末の購入と同時にプランへの加入が必要となります。 加入内容は海外通信プランの容量と、国内通信プランの有無を決めます。 また、 Glocalmeは契約の縛りがありませんが、 グローカルネットは 2年の契約縛りがあり料金システムも全く異なります。 上記2社からではなく、 レンタルサービスを行っている事業者から U2sを借りることもできますので後ほど紹介します。 U2sの特徴とは? U2s 製品名 Glocakme U2s 製造元 uCloudlink 発売日 2018年8月 ディスプレイ — 重さ 151g 通信速度 上り最大:50Mbps 下り最大:150Mbps 連続通信時間 12時間 同時端末接続台数 5台 バッテリー容量 3,500 mAh SIMスロット個数 1 x Standard SIM slot、1 x Micro SIM slot モバイルバッテリー機能 — 端末カラー ゴールド、グレー U2sはクラウドSIMに対応したクラウドWiFiです。 従来のポケットWiFiとは異なりディスプレイがありません。 ディスプレイがないことで「使いにくそう」「どうやって使うの?」と思うかもしれまんせが、ボタンは2つしかなく 操作方法も 簡単です! また、スマホくらいの大きさで薄型、軽量と持ち運びにも適しています。 この章では U2sの特徴や使い方について紹介します。 クラウドSIMルーター(クラウドWiFi)とは? 従来のポケットWiFiは端末に直接SIMカードを挿入し、契約しているキャリアの現在地近くの電波塔から電波を受信してネットを利用することができます。 一方、 クラウドSIMルーター(クラウドWiFi)はクラウドSIMを受信するための制御SIMが端末内に内臓されていてます。 その制御SIMは、クラウドサーバー上に保管されている世界各国のキャリアSIM情報を現在地に合わせて自動的に選択してくれます。 電源をONにした時点で電波を受信するため、とても利便性の高い通信端末機器であると言えます! U2sの使い方 従来のポケットWiFiはディスプレイ上にいくつものアイコンがあり、設定方法で迷ってしまうことがあります。 操作方法と確認方法がとてもシンプルなのもU2sの特徴と言えます! ただし、 データ通信量の確認のみ手持ちのスマホやPCのWebブラウザに「192. 168. 1」を入力し、ログインページから確認する必要があります。 電源ON: 3秒間押す• 電源OFF: 5秒間押す• 再起動: 18秒間押す• 点灯: インターネット接続可能状態• 消灯: インターネット未接続• 点滅: インターネット接続中 点滅 :電波を掴んでいない。 またはSIMカードを装着した際に認識された状態• 早い点滅 :バッテリーが少ない• 遅い点滅 :充電中 電源ボタンを軽く押すと電池残量が最初の3秒表示されます。 その後は電波の強さを表示します。 U2sは国内利用時にSoftbank回線のLTEがメインとなりますが、下り最大速度は150Mbpsです。 WiMAX05とは約4. 7倍ほどの差があります。 しかし、普段の通信速度はエリアや周辺環境によっても異なりますが、10〜30Mbps程度となります。 動画視聴やオンラインゲームでも10Mbps程度くらいでていれば快適に利用できますので、U2sでも全く問題ありません! 筆者自身でもU2sを使って通信速度のスピードテストを行いました。 東京都大田区付近 東京都渋谷区付近 東京都新宿駅地下 LTE回線を利用しているため、下りの平均が 約20Mbpsほどとなりました。 建物の地下では電波が繋がりにくかったり、圏外になることがありますが、新宿駅の地下でテストを行ったところ 10Mbpsを超えて問題なくネットを利用出来ました。 下記は用途ごとに必要な通信速度の目安となりますので、参考にしてみてください。 利用用途ごとの通信速度の目安• メールやLINE:0. 5Mbps• Webサイトの閲覧:1Mbps〜3Mbps• Youtubeの中画質程度:0. 7Mbps〜1Mbps• Netflixなどの動画ストリーミング(HD 1080p):5Mbps• オンラインゲーム:5Mbps U2sの連続通信時間 従来のポケットWiFiは 6〜11時間でバッテリーが切れます。 一方、U2sは3500mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、 12時間という 長時間の連続通信が可能です! また、バッテリーが切れても 3. 5時間でフル充電が完了します。 屋外利用時にバッテリーが切れてしまうと、役に立たない荷物となります。 その点で、長時間利用できるU2sは従来のポケットWiFiよりも優れています。 U2sの接続台数 従来のポケットWiFiは 10台前後の同時接続を可能としている機種が多いですが、U2sは最大 5台までとなります。 これを見て「少ない!」と感じる方もいらっしゃるかもしれません・・・ しかし、国内外で重宝する通信端末機器であり、他の特徴を考えると普通に使用するには充分かと思います! U2sの良い口コミと悪い口コミ ここまでU2sの特徴を紹介してきましたが、実際の利用者の口コミはどうなのでしょうか? もし、U2sを使ってみたいという方は参考にしてみてください。 国内利用時にはSoftBank回線のLTEがメインとなるため、安定した通信速度でサクサク 快適なネット利用ができそうです! クラウSIMという新技術のサービスが始まり、U2s自体に興味を持っているユーザーがいることも納得できます! 悪い口コミ U2sにはどんなデメリットがあるのでしょうか? 下記のようなツイートがありました。 どんなときもWiFiのD1はucloudlinkという中国にある企業が製造しているu2sという端末 なおバッテリーが熱くなりやすく形状が壊れやすいとの評判 バッテリー交換はできず新品交換という対応になります。 対象国: 台湾、ベトナム、マカオ、ミャンマー ご迷惑おかけしており申し訳ございません。 現在復旧作業中ですので追ってお伝えしてまいります。 U2sは 長時間のデータ通信も特徴の1つとなりますので、 充電しながらの使用を控えてなるべくバッテリーの劣化を防ぐことが重要です。 回線混雑や基地局などの故障により通信障害は常につきまといます。 ただし、ごく稀に起こることなのでそこまで気にする必要はありません。 U2sを使用したい!お得な契約方法は? Glocalmeやグローカルネット以外で U2sを お得に契約できる方法があります。 それはクラウドSIMルーター(クラウドWiFi)を取り扱っている レンタル会社です。 Glocalmeやグローカルネットでは端末代金を支払う必要や契約の縛りがあります。 国内利用時は トリプルキャリアのLET回線が利用でき、最低でも 100GB〜無制限となっています。 海外料金の設定や対応国はレンタル会社によって異なりますが、空港でのレンタルや現地でSIMを購入するよりはお得にレンタルできます。 以下の記事ではU2sを取り扱っているレンタル会社5選を比較しました! 気になった方は、ぜひお読みください。

次の

総務省がグッド・ラックに行政指導 「どんなときもWiFi」について

どんな とき も wifi 届か ない

こんばんは、のだめです。 職場がネットにつながっておらずかなり不便を感じていたため2月にどんなときもを契約しました。 過去に何度かを契約してきましたが、色々あり今回はあえては選択せず他社のモバイルにしてみました。 使い始めてからそろそろひと月が経ちます。 実際に使ってみて感じたことなどをまとめてみました。 参考になれば幸いです。 またスペックなどの詳しいことは殆ど書いていません。 使ってみた感じがメインになります。 ストレスをあまり感じないほどの快適さ 実際にどんなときもをひと月使ってみて感じたことは、 めちゃくちゃ速度が速いわけではないけれど、ストレスが感じるほどではなく使い勝手はおおむね良好ということです。 そもそも動画をめちゃくちゃ見まくったりゴリゴリに大容量のオンラインゲームをしまくるわけでもなく、でページを幾つか開いてみたり、音楽を聴いてみたり、アプリを開いてみたりと基本的な通信状態のことがほとんどでしたので、特別通信が遅くてイライラする、ということはあまり感じませんでした。 公式サイトを見れば載っていますが、下りの最大150mbpsとなっており、数値的にもめちゃくちゃ早いわけではありませんし、実際に計測してみてこの数値が出たことはまだ一度もありません。 大体こんな感じです。 最大速度の30分の1くらいの速度です。 基本的に周辺では大体こんな感じです。 もっと都市部では早くなるのかもしれません。 速度計測では低速と表示されていますが、で動画視聴をしても途中で止まったりすることもなくストレスはありません。 計測の時間帯や日によっても変わってくると思います。 このあと再度計測したら10mbpsほど出ました。 新幹線に乗ると繋がらないがある 毎週岡山の嫁さんのところに戻るのですが、その際にもどんなときもは持っていきます。 小倉から岡山までは大体1時間半かかります。 その間でドラマを見たりします。 しかし、新幹線に乗ると通信状態が良くないがあることに気がつきました。 広島と岡山の中間地点に白丸がありますが、ここが福山になります。 この福山周辺になると山間部を頻繁に通過するため、通信が途切れがちになります。 走行上どうしても山を貫通する場所では通信が厳しいようで、頻繁に通信が切れます。 時間にして10分前後といったところでしょうか。 もうこればっかりはしょうがないなと思っています。 バッテリーの持ちは良好だけど2日は持ちません 1日使い倒したわけではないので正確ではありませんが、18時間ほど使用してバッテリー残量が25%残っていました。 充電を忘れてそのまま寝てしまい翌朝起きたらバッテリーが切れていたので24時間は持たないということですね。 動画を見まくったり大容量の通信を長時間続けたりしていたらもう少しバッテリーの持ちは悪いかもしれませんが、通常のとネットサーフィンぐらいだと概ね18時間〜20時間が限界と見た方が良さそうです。 ちなみにバッテリーがゼロの状態から満タンになるまで大体3時間半ほどかかります。 寝るときに電源を落として充電すれば朝起きたときに満タンになっているため、それでも大きな問題にはならなそうです。 また、公式では充電時は電源を落として下さいと告知がありますが、電源を入れたままでも特にバッテリーの劣化が加速するわけではなさそうなので、電源入れたままでも良いかもしれません。 2月の通信トラブルの件 2月20日頃から3月1日位まで通信状態が極度に悪い症状が起きました。 日中大体10mbps前後出ていた通信速度が0.05mbpsとかほぼ通信が出来ない状態にまで落ち込みました。 原因は、、のどこかの回線で通信トラブルが発生して、それが原因でどんなときもに影響が出ている、そんな感じのメールが届きました。 運営会社からはトラブルの進捗についてメールでお知らせしてくれたり、回復予定日を宣言してくれたりとトラブル時の対応に関してはしっかりと行ってくれていたので、今後似たようなトラブルが起きても安心して経過を見守ることができると思います。 限がないことを考えれば料金は高くはない 料金は月3480円なので、以前使っていたに比べたら2000円ほど安くなりました。 そしてと大きく異なるのが3日で10Gという縛りがありましたが、どんなときもは無制限だということです。 3日で10Gというのは微妙に超えなさそうでやっぱり超えちゃう絶妙な容量だと思ってます。 一昨年を契約した日の夜、電源を入れたまま寝て朝起きたらと2台、そしてが自動アップデートされており、ひと晩で軽く10Gを超えてしまい翌日からが使えないという無慈悲なことが起きました。 どんなときもではそのような不慮の事故?が起きても限がありませんので、朝起きてガックリくるという事態にはならないので安心できますね。 まとめ どんなときもはめちゃめちゃ速度が早くてヌルサクでネットにつなげられる、とまでは絶対に言えませんが、ストレスフリーの生活を送る上ではよりも十分快適な生活ができるのは間違い無いと思います。 たまたま住んでいるところが微妙なため、10mbps前後の数値しか出ませんがそれでも不便を感じずに容量無制限で使えるというのは非常に助かります。 もし同僚に何がおすすめか聞かれたら、ではなくどんなときもを勧めようかな、と思えるくらいには自分の生活には役に立っていると思います。 それでは、のだめでした。 heyaganodame.

次の

どんなときもWiFiの初期設定方法。設定しないとアプリのダウンロードができないなど制限あり

どんな とき も wifi 届か ない

総務省のニュースリリース 指導の概要 先述の通り、今回の行政指導は2月と3月にどんなときもWiFiで発生した通信障害を巡るもので、以下の事実認定に基づいている。 極めて例外的な場合にのみ帯域制御を行う旨を留保しつつ 「無制限」をうたって利用者を誘引したが、3月下旬に相当数のユーザーにおいて通信速度を著しく制限した(電気通信事業法第1条の「利用者利益の保護」の趣旨に反する)• 通信総容量逼迫(ひっぱく)を受けて、一定基準を超過したユーザーに対して「月間25GB」の容量制限を実施したが、 その制限を受ける具体的な基準を示さず、問い合わせにも一律で回答しなかった(電気通信事業法第27条と同条の2第1号に違反)• どんなときもWiFiの提供に必要な情報などを認識せず、提供体制を整えずにサービスを提要したことなどによって、ユーザーの利益が損なわれ、社会的にも大きな影響を及ぼした(電気通信事業法第1条の「利用者利益の保護」の趣旨に反する) このことから、同省は同社に対して以下の要請を行った。 利用者利益を保護するための措置の速やかな実施• 電気通信事業法第27条と同条の2第1号の規定の順守徹底• 再発防止措置の実施と実施状況の報告(報告は7月16日まで) なお、今回に指導に当たり、同省では他の電気通信事業者に対してもユーザーに誤解を与えるような宣伝などを行わないよう注意喚起を行っている。 関連記事• uCloudlinkは4月3日、同社のクラウドSIMを活用した通信サービスの障害について声明を発表した。 ここ最近、使い放題をうたうWi-Fiサービスで通信障害が発生している。 ネット上では、上記の通信障害は、クラウドSIMそのものに原因があるかのような声が聞かれるが、「これらの内容は事実無根」と同社は主張する。 エックスモバイルが提供している通信サービス「限界突破WiFi」で、3月上旬から通信速度が低下する現象が起きている。 原因は、一部ユーザーが膨大な通信をして、SIMサーバが不安定になったため。 4月以降は「使い放題」とはならず、制限付きでのサービス提供となる。 4月3日から「どんなときもWiFi」が新規受付を停止。 2月と3月に通信障害が発生しており、まだ復旧のめどが立っていない模様。 3月分の返金や、解約金免除などの措置も発表している。 最近増加傾向にある「容量無制限」をうたうモバイルWi-Fiルーターに、「つながらない」「速度が遅い」といった声が散見される。 一体それはなぜなのだろうか。

次の