サンダー 徹底攻略。 【ビッグサンダー・マウンテン】待ち時間・速さ・怖さを徹底解説!

サンダー : 【眼鏡型】サンダー

サンダー 徹底攻略

もくじ• サンダーフォースVってどんなゲーム? 2D横スクロールSTGの名作、サンダーフォースシリーズ第5作目。 3Dポリゴンの横スクロールSTG。 キャッチコピーは 「2Dの操作性、3Dの迫力。 圧倒的な支持を受けた理由はキャッチコピーの通り。 格好よさを追求した3Dグラフィックと、2DのSTGらしい爽快感にあります。 メカ、瓦礫、宇宙、サイバー空間などソリッドな雰囲気を徹底。 その上で、軽快な動きでテンポ良く敵を撃ち落とすシンプルな面白さを磨き抜いています。 後述する フリーレンジで俺ツエー!の爽快感は他のゲームには無いもの。 システムの解説 演出と爽快感の魅力を語る前に、まずはシステムを解説。 特別なシステムは武器切り替えぐらいなので、すんなり遊べます。 状況に応じていつでも切り替え可能です。 ・ツインショット 初期装備のショット。 ステージ5以降はブレイド に強化。 ・バックショット 初期装備。 後方にもショットで攻撃。 ステージ5以降はレールガンに強化。 ・ウェーブ 地形や敵を貫通するのが特徴。 ・フリーレンジ 照準を展開し、入った敵を自動でレーザー攻撃。 近距離ほど威力が高くなります。 後述するように、 本作最大の売りであり賛否両論の的。 ・ハンター ホーミング弾を鬼のように連射。 クロー装備数に応じて自機の攻撃が強化。 さらにクローが敵弾を防ぎます。 アイテム入手するたび追加され、最大3個装備可能。 耐久力があり、小さい赤球まで弱った状態で敵弾を受けると消滅。 耐久力は時間経過やクロー回収で回復します。 ボスを瞬殺できるほど強力なので、クローの耐久力は攻撃に使う必殺技ゲージのような役割です。 格好よさを追求した3Dグラフィック 倒したと思ったらドォーン! どうですこの太さ! 3Dポリゴンを生かした演出がシビれます。 元がサターンなので画は粗いし、半透明エフェクトが無い。 でもその画作りがソリッドな雰囲気で格好良いです。 STGでありがちなキモい敵がいないのも良い。 ウネウネした触手とかを出さずにソリッドな雰囲気を徹底。 いちいち言及するとキリが無いぐらい、端々まで細かい演出が効いてます。 ステージ1終盤に飛んでくる、速度を変えながら糸を引いて絡み合うミサイルの独特な軌道とか。 どの場面をとっても他のゲームとは一味違う作り込み。 ハードロック調の疾走感あるサウンドも素晴らしい。 サウンドとステージ展開を同調させているので、動と静のリズムでゲームが盛り上がります。 (反面、たまに間延びが気になる区間あり) 一方、3DグラフィックのSTGでありがちですがポリゴンモデルが背景に溶け込む上に画が粗いので視認性が悪いです。 敵弾・敵機体の当たり判定がわかりにくい。 なんで撃破されたのかわからないことが多々あります。 こればかりは何度もやられて体で覚えるしかないかと。 敵が出現する場所に「DANGER」と表示。 緊張感があって格好いいし、初見殺しを防いでる秀逸な演出だと思いました。 ただし、難易度が上がるほど表示場所が減ります。 ボスの攻撃がパターン豊富で個性的。 さらに、倒したと思ったらパーツを分離し「それで勝ったつもりか!」的な感じでより強力な形態になり、強烈な攻撃を繰り出してきます。 ステージ5の演出が熱い! 強化支援ユニット「ブリガンディ」を装備して成層圏突破! デンドロビウムのような大型追加装備をつけて宇宙に上がり、ビームで敵を薙ぎ払う。 弾に当たろうが敵に接触しようが高い耐久力でお構いなし。 敵の猛攻でいよいよ大破すると、中から新機体が登場!自慢のフリーレンジが火を吹くぜ! ステージ5ボスは前作の自機との対決する熱い展開。 こちらの強化ユニットとは比較にならないデカさの装備と合体。 破壊されても次から次へと新しい装備とドッキング。 メカVSメカの全力を尽くした戦いが味わえます。 フリーレンジで俺ツエー! ボタン押しっぱで敵が溶ける! 武器はフリーレンジ1強。 武器の使い分けが楽しいゲームのはずが、効率を求めるとフリーレンジ一択です。 照準を動かす独特の操作性で、最初は使い勝手の悪い武器のように感じます。 でも慣れると、ゲームバランスをぶっ壊すほど強いことに気づいてしまう。 広範囲、高威力。 どの角度で撃ってもフル火力が出ます。 敵が出る方向に照準を向けておけば、あとはボタン押しっぱで敵が消し飛んでいく。 自機を動かす必要も無いです。 ザコだけでなくボスも溶ける! フリーレンジは接近すると威力が高くなるため、 張り付いてオーバーウェポンを撃ち込むとボス瞬殺できます。 ボスは戦いが長引くほど強烈な攻撃を出してきますが、フリーレンジで瞬殺すれば厄介な攻撃に付き合わなくて済みます。 フリーレンジはザコ・ボス両対応の最強武器。 この圧倒的な攻撃力は他では味わえない爽快感。 ただしフリーレンジにも弱点はあります。 近距離ほど攻撃範囲が狭いので、複数方向から大量の敵に囲まれると対応しにくい。 そんなときは 準最強武器ハンターの出番。 ホーミング弾を鬼連射して敵を殲滅。 どんな状況でもフリーレンジとハンターの使い分けで乗り切れます。 でも最後はしっかり難しい 「ではフリーレンジでゴリ押しするだけの雑なゲームなのか?」 といえばそんなことはないです。 フリーレンジを使いこなすにも慣れが必要。 ミスしたときは使用中の武器が無くなります。 そのためフリーレンジに頼りっぱなしだと、ミスって装備中のフリーレンジを取り上げられたときに立て直せない。 フリーレンジは「照準を置く」必要があるため、敵のパターンを覚えてナンボの武器。 初見では死角の敵に対応できず、すぐミスって他の武器を使うことになります。 ボスを接近オーバーウェポンで瞬殺できるとはいえ、慣れないうちはいつ攻撃を仕掛けてくるかわからないし、当たり判定がデカいので近づくのはリスキー。 安易に接近すると攻撃する前に叩き落とされます。 また、 フリーレンジを使っても、 後半の5、6面とラスボス戦はしっかり難しいです。 元も子もないことを言えば、フリーレンジがバランスブレイカーだと思うなら使わなければいいわけで。 腕に自信がある方はフリーレンジ縛り。 ついでにハンターも縛りましょう。 ラスボスが強い!硬い! 基盤のような背景が高速スクロールする中に、デカい&高速で動くボスが保護色で溶け込んでもう何が何やら。 硬いからフリーレンジ&オーバーウェポンでも瞬殺できない。 まともにボスの攻撃を受けることになり、はじめてボスとガチの勝負を強いられます。 武器アイテムが出ないから、早めにやられると絶望。 第2形態まではパターン化できますが、第3形態の攻撃がめちゃくちゃ。 回転ノコギリに追われる中、速すぎて見えない平行弾が飛んでくる。 運ゲーで回避したと思ったら、今度は見てから反応できないサンダーソードで画面7割をブン! PS版はこれでもSS版に比べて弱体化してるというから驚き。 ラスボス戦は歴戦のSTGプレイヤーにとっても歯ごたえのある戦いになると思います。 まとめ: 6週連続1位もうなずける傑作 サタマガ読者レース6週連続1位もうなずける傑作。 ソリッドな格好良さを追求した3Dグラフィックと、2DのSTGらしい爽快感で「質実剛健」という言葉が似合う一品。 飾り気がない本物です。 STGの中では簡単な方なので、STGの腕に自信のない方にもおすすめ。 フリーレンジの爽快感をぜひ味わって頂きたい。 本作が気に入った方へ、次におすすめするのは3Dグラフィック+2DSTGの超大作。

次の

サンダーVスペシャル 徹底攻略!

サンダー 徹底攻略

カーニバルクイーンとは カーニバルクイーンはタイトルから分かるようにカーニバル(=お祭り)をモチーフにしたビデオスロットです。 一般的なビデオスロットとは異なりリールというものは存在しません。 スピンボタンをクリックすると床が抜けたかのように現在表示されているシンボルが下に落下し、上から新たなシンボルが降ってくるといういわゆる「落ちゲー」タイプの演出を採用しています。 落ちゲータイプのビデオスロットといえば大手プロバイダであるプレインゴー社のイメージが強いですが、カーニバルクイーンを開発したサンダーキック社もまた高品質な落ちゲータイプのビデオスロットを数多く手掛けています。 サンダーキック社は2012年に設立されたばかりの比較的新しいプロバイダです。 そのユニークなデザインとシンプルなゲーム性は世界中のオンラインカジノプレイヤーから大きな支持を集めており、今もっとも注目されているプロバイダのひとつだといっても過言ではありません。 カーニバルクイーンの主なスペックは以下のとおりです。 1 オートプレイ 5・10・20・50・75・100・250・500・1,000・5,000 高速スピン なし ジャックポット なし RTP 約96. 配当の大きさは別としてスロットはペイライン数が多いほど当たりの出る確率が高くなる傾向にあります。 回しているだけで楽しめるビデオスロットを探しているという方にはぴったりの機種だといえるでしょう。 またオートプレイの回数も5回から5,000回まで幅広い設定が可能です。 隙間時間を有効活用したいという方からガッツリと腰を据えて遊びたいという方までプレイスタイルに合わせてストレスを感じることなく快適にプレイを楽しめます。 高速スピンこそ搭載されていませんが、1スピンあたりにかかる時間がそもそも短いので、少ない時間の中で効率良くプレイしたいという方にもおすすめです。 もちろんオートプレイは停止ボタンを押せば好きなタイミングで停止できる他、ボーナスに突入したら自動に停止するように設定することもできるなど使い勝手にも優れています。 カーニバルクイーンの特徴 カーニバルクイーンに登場するシンボルと配当は以下のとおりです。 シンボル 配当 x2 配当 x3 配当 x4 配当 x5 配当 x6 王冠 1. 0 2. 5 5. 0 10. 0 20. 0 女性(レッド) — 1. 0 2. 0 2. 5 7. 5 男性(ブラウン) — 0. 5 1. 0 1. 5 2. 5 男性(グリーン) — 0. 4 0. 7 1. 0 2. 2 女性(ブルー) — 0. 3 0. 6 0. 8 2. 0 A — 0. 2 0. 4 0. 6 1. 7 K — 0. 2 0. 4 0. 6 1. 5 Q — 0. 1 0. 2 0. 5 1. 3 J — 0. 1 0. 2 0. 5 1. 2 10 — 0. 1 0. 2 0. 4 1. 1 9 — 0. 1 0. 2 0. 4 1. 0 上の表をご覧になっていただければ分かりますが、 カーニバルクイーンはペイライン数が多い反面、一般的なビデオスロットと比べて配当が小さい傾向にあります。 一見すると小さな配当をコツコツ積み重ねていく堅実派のプレイヤーに適したゲームのように思えます。 しかし、他の落ちゲータイプのビデオスロットと同様、揃えたシンボルが消えて上から新たにシンボルが落下し、さらにシンボルが揃ったらふたたび新たなシンボルが落ちてくる……といったように、 運が良ければ1度のスピンで数ラウンド分の配当を獲得することが可能です。 またカーニバルクイーンにはマルチプライヤー機能が搭載されており、 連鎖するたびに配当が増えていき、最大で通常の7倍もの配当が獲得できるので、一攫千金を狙うプレイヤーにもおすすめのビデオスロットだといえるでしょう。 フリースピンボーナス カーニバルクイーンでは上の表に記載したシンボルの他に、女性の顔にBONUSと描かれたスキャッターシンボルと大きなWの字が特徴的なワイルドシンボルが存在します。 3つ以上のスキャッターを揃えることでフリースピンボーナスに突入します。 フリースピンボーナス中にスキャッターを揃えるとフリースピンの回数が加算されていき、数十回単位に膨れ上がることも珍しくありません。 また通常のプレイでは連鎖が終わるとマルチプライヤーはリセットされますが、ボーナス中は連鎖が終わってもマルチプライヤーがリセットされず連鎖するたびに配当の金額が大きくなっていきます。 カーニバルクイーンのフリースピンは高い爆発力を秘めたボーナスだといえます。 実際に遊んでみました ここでは実際にプレイする様子を画像付きで紹介しながら、カーニバルクイーンの遊び方について解説していきます。 プレイを開始する前に、まずは1スピンあたりのベット額を調整しましょう。 ベット額を設定するときは画面右下にあるチップのアイコンをクリックします。 チップのアイコンをクリックすると利用可能なベット額が表示されるので、任意の金額を選択してください。 00に設定しておきます。 00になっていることを確認したら、スピンボタンをクリックしてプレイを開始します。 1スピン目は空振りでした。 ちなみにシンボルの下に表示されている数字はマルチプライヤーの倍率を表しており、現在は通常の1倍、つまり通常時と同じ配当額を獲得できることを表しています。 8の配当を獲得しました。 さらに連鎖。 6の配当を獲得です。 ここでマルチプライヤーが「x2」となっていることに注目してください。 6の配当を獲得することができました。 0の配当を獲得しました。 0に増えていることから、マルチプライヤーの強力さが窺い知れます。 4でした。 0であることを考えると充分にうれしい金額だといえるでしょう。 続く3スピン目。 8の配当を獲得しました。 8を獲得。 前回に引き続き、設定したベット額を超える配当を獲得することができました。 これはかなり幸先の良い滑り出しです。 4スピン目も当たりでした。 0の配当を獲得です。 残念ながら連鎖ならず。 0の配当を獲得しました。 今回も連鎖とはなりませんでしたが、これで2スピン目から数えて4連勝です。 4,096本というペイライン数の多さを実感します。 6スピン目。 8の配当を獲得しました。 連鎖はありません。 6の配当を獲得です。 今回も連鎖はしませんでしたが、小さいながらも当たりが続き、収支はプラスを維持し続けています。 6連勝の反動か8スピンから12スピンまでは当たりが出ず、5連敗を喫してしまいました。 6の配当を獲得して、連敗を脱します。 6の配当を獲得しました。 15スピン目は外れ。 3でした。 17スピン目。 2です。 良くない流れが続き、プラスだった収支がここにきて初めてマイナスに転じてしまいました。 0の配当を獲得しました。 連鎖はしませんでしたが、兆候としては悪くありません。 このまま良い流れに転じることを祈ります。 19スピン目では当たりが出ず、続く20スピン目。 0の配当を獲得です。 連鎖でさらなる配当の獲得を期待しましたが、残念ながら連鎖せず。 単発の当たりが続き、次第に焦りが募ります。 流れが良くなることはなく、21スピンから23スピンまで外れが続きます。 4当たりが出ましたが、おそらく今回も連鎖にはならないでしょう。 かと思いきや、ここで小さいながら久しぶりに当たりが連鎖しました。 8と小さかったものの、久しぶりの連鎖はやはりうれしいものです。 この調子で悪い流れが断ち切れると良いのですが……。 2を獲得。 そしてまたもや当たりが連鎖しました。 良い流れが戻ってきたような気がします。 25スピン目も当たりでした。 予感したとおり、ここでも当たりが連鎖。 次はマルチプライヤーが3倍となるため、さらなる配当への期待が高まります。 残念ながら連鎖は止まってしまいましたが、流れは悪くありません。 26スピン目も当たり。 今回も連鎖するかと思いきや、単発で終わってしまいました。 なかなか思いどおりにはいきませんね。 当然リスクは高まりますが、当たった時の配当も大きくなるので、ここは思い切って勝負に出ることにします。 ベット額を増やして初めてのスピンは残念ながら空振りでした。 27スピン目も外れて、続く28スピン目。 0を獲得しました。 今回は単発で終わってしまいましたが、連鎖が続けば高額配当も夢ではありません。 0の配当を獲得しました。 しかし今回も連鎖はならず。 勝てそうで勝てない状態が続き、焦りは募る一方です。 34スピンから36スピンまで外れが続いて、37スピン目。 0の当たりが出ました。 0の配当が加算されます。 0が加算されました。 そして今回初となる3連鎖。 0という比較的大きな配当を獲得することができました。 なんとか収支をプラスに戻したところで、プレイを終了します。 1回あたりの金額は小さいもののかなり高い確率で何らかの配当を獲得できました。 これほど当たりが出やすいビデオスロットは珍しいので、プレイしていて楽しいスロットを探しているという方はぜひ1度プレイしてみてください。 もちろん勝ちやすいスロットで遊びたいという堅実なプレイヤーにもおすすめです。 カーニバルクイーン攻略のコツ ブラックジャックやポーカーなどのカジノゲームと違い、カーニバルクイーンをはじめとするビデオスロットはプレイヤーのテクニックが介在する余地がほとんどなく、 基本的には運次第のギャンブルだといえます。 運がすべてを左右するためこれといった攻略法は存在しませんが、ゲームの流れを読んで勝てなそうだと判断したら直ちにプレイを止めて、損失を最小限に抑えるよう心掛けると良いでしょう。 また、プレイを止めないまでも勝てなそうなときは1スピンあたりのベット額を小さく設定しておいて、ここぞというときにベット額を増やして利益を最大化することも戦術として非常に有効です。 前項のプレイレポートでもゲームの流れを意識してベット額を調整しながらプレイしているので、ぜひ参考にしてみてください。

次の

サンダーVスペシャル 徹底攻略!

サンダー 徹底攻略

ビッグサンダー・マウンテンとは 画像引用: ビッグサンダー・マウンテンとは、東京ディズニーランドの「ウエスタンランド」というエリアにあるジェットコースタータイプのアトラクションです! 、スプラッシュ・マウンテンと合わせて 三大マウンテンと呼ばれているのでご存知の方も多いのではないでしょうか?• 身長制限:102㎝以上OK• 所要時間:約4分• 定員:30名• ファストパス:あり• シングルライダー:対象 シングルライダー対象アトラクションです! 知らない人と相席でも問題なく一人で乗れる方にはうれしいですね! ビッグサンダー・マウンテンは足元が広く、荷物が多くても問題ありません! ただ遠心力で飛ばされそうな物はしっかりと中に入れておきましょう! 利用制限 ジェットコースタータイプのアトラクションなので利用制限が多数あります。 必ず確認しておきましょう! 【利用不可】• 身長102cmに満たない方• 乗り物に1人で座って安定した姿勢を保てない方 【控えたほうが良い方】• 高血圧の方、心臓・脊椎・首に疾患のある方• 乗り物に酔いやすい方• その他アトラクションのご利用により悪化する症状をお持ちの方• 妊娠中の方•

次の