二 次元 彼女 初心者 応援。 【新作】二次元だけど中身はガチ!現役キャバ嬢の意見を盛り込んだアプリ『酔わせてキャバ嬢3』 [ファミ通App]

第17話 二次元病

二 次元 彼女 初心者 応援

どうも。 タキシードマンです。 私は中学生、高校生の時、数は少ないですが友達がいました。 何故か、私の周りには個性的な友達がよく集まり、その中にはいわゆる重度の オタクと呼ばれる人たちも含まれます。 いや、むしろそういう人たちが半分以上を占めていたかもしれません。 私は特別 アニメやゲームをする人間ではなく(昔のアニメやゲームは大好きですが)俗にいう ラノベと呼べれるものも全くと言っていいほど読みません。 しかし、やはり友達付き合い上、そういうラノベやアニメの話を完全な素人の立場からすることがよくありました。 そんな私の友達ですが、よくオタク仲間たちとつるんだ時に当たり前のように話していることがあります。 「俺の彼女のOOちゃん(アニメのキャラ)なんだけど…」 冗談としてはとても面白いですし、(気持ちは全然わかりませんが)たまに話に乗って、私がこの娘可愛くない!?とか言ってゴリゴリのおっさんキャラをさして笑いに変えることも結構ありました。 私はだいぶ冗談半分でその話に参加していたのですが、彼らがその話をしているときの 目はマジなのです。 まあ、この日本のサブカルチャーであるアニメやラノベを支えているのは彼らオタクであるのは確実ですし、彼らがつぎ込むアニメグッズなどで経済が回っている部分があることも否めません。 もはやオタクという文化は日本人のマジョリティぐらいまでのし上がってしまったので、彼らの本気の二次元に対する愛情を語られた時、むしろ私が間違っているのではないかと思ってしまうくらいです。 しかし、ある日私はそんな二次元の彼女の話をしている最中、彼が彼女だと言い張っているキャラクターを指さして こんな一言を言い放ってしまったのです。 「アニメの女の子のキャラクターって、全員顔おんなじじゃない?」 その時、 第一次二次元、三次元合戦の火ぶたが切って落とされたのです。 申し訳ないな、と思い、「悪かったよ」と謝る一方、 「なんで謝らなあかんねん!?」 と二つの気持ちが交錯してしまいまいした。 彼らの主張としては、キャラクターには一人ひとり ストーリーや背景があり、声も違う。 (ここまでは分かる。 ) だから 顔も違うし、表情だって異なるんだ! これは分からん。 本屋に行ったときにラノベの表紙なんかを見ると、女キャラクターの顔が書かれていますが、 どれをとっても 同じ顔にしか見えない。 皆 可愛く描かれています。 何の個性もありません。 手に取ったラノベを少し読んでみると、これがまたオタクに 都合がいい性格の女の子なんだ。 これが。 主人公はたいていダメ人間か、スーパー能力者。 それをいつも支えてくれるすごく 純粋な子ばかりです。 そんなんばっか読んでたらそら現実の女性には興味をもたなくなりますよ。 現実の世界には自分に完璧にマッチした女性はいないです。 カワイイ人もいれば可愛くない人もいる。 性格のよし悪しもあります。 でも可愛い人がいるから 可愛くない人はピュアな性格になるし、 性格の悪い人がいるから 性格の良い人にひかれるのです。 ばらつきがないと、その人の 本質は分からないでしょうよ。 それが人間というものです。 ちなみに、私は少し可愛くないぐらいが好きなんですけどね。 それはオタクによっては、二次元の中で 一夫多妻制をを採用していることです。 彼らは二次元キャラに対して、現実の人と同等に愛しているという割には、いろんなキャラに 不倫してアニメの画質が上がって行ったら昔の女は捨てるというような、現実にいたらなかなかのくず人間です。 想像の世界に法律なんてありませんから、別に彼らの自由ではあるのですが、個人的には それがどうしても気にくわないのです。 おそらく、アイドルオタクのいわゆる箱推し(全員を応援すること)いうものと心理は似ていると思われます。 空想という名の自由の中では、何をしても許されます。 だから彼女も持ち放題なのです。 自分の空想の中では、自分は決して傷つくことはありません。 しかし、いづれくる現実の恋愛、女性とのコミュニケーションでは 絶対に傷つきます。 その時に精神的に耐えられるのかどうか、また 二次元に引きこもってしまうのではないかとすごく(友達に対して)心配しているのです。 危害を加えない分、まだ安全だといえますが。 また、現実と想像の区別がつかなくなり、 自分のルールを現実に持ち出してしまうことが一番の懸念点です。 将来彼らは結婚したり、家族を育むことができるのかということもものすごく気になります。 私は友達に対してそんな一抹の不安を感じているのです。 そのため、友達の(二次元の)彼女のほとんどはなんか10歳くらいの女の子です。 現実世界の10歳の女の子なんて、言っちゃ悪いですが、 クソガキです。 でも漫画やアニメの世界だとどうしてもかわいいと思ってしまう魔法にかかってしまうのです。 そしてそんな彼の一押しは 幼女戦記というラノベらしいのですが… 日本もとうとうここまで来てしまったかという感じですよね。 小説だとはいえ、幼女を戦いに出すなんて世も末だなと第一印象で思っていました。 と思ってさわりだけペラペラと読んでみたのですが、中身は がちがちの戦闘系で、意外にもしっかりした内容。 構成やストーリーもちゃんとしていて全然読めるんですよね。 だったら、 幼女の要素いる!? と思ったのですが、幼女という名前を出すだけで、記憶に残ったり、読んでみようと思ったり、 釣り的な効果があるんですよね。 これがただの戦物語だったら誰も読みませんから。 中身をよりファンシーなものにするためには必要だと感じました。 やっぱり世も末かな。 話をもどしますが、やはり現実世界では、少女や幼女を好きになることは犯罪ですし、そもそもクソガキです。 私の主張は犯罪になるから見てはいけないということではなく、ロリをすきになることによって、さらに 現実と空想との分裂が進んでいってしまうのです。 つまり、 さらに深い現実逃避に身を置いてしまうのです。 別に彼らがそれで満足しているのであれば無理やりやめろとはいいませんが、ぜひとも現実を見つめなおしてほしいと思います。 最後に:夢と現実の区別をつける いかがだったでしょうか。 これらのことを友達言ったら、 「自分のことなんだからいいじゃないか」 とふてくされてしまいました。 それはその通りです。 私にどうこう言える筋合いはありません。 ですが、 現実と想像の区別はしっかりつけてほしいと思うのです。 他人に干渉しすぎだと思われてしまうかもしれませんが、将来、あなたの長い人生が二次元の女の子だけで終われるとは到底思えません。 いつかは自分の現実と向き合わなくてはならないのです。 その時に苦しまないように、ほどほどに、二次元とつきあっていってほしいものです。 それではまた次回。

次の

【新作】二次元だけど中身はガチ!現役キャバ嬢の意見を盛り込んだアプリ『酔わせてキャバ嬢3』 [ファミ通App]

二 次元 彼女 初心者 応援

ビバ社長ライフ。 放置しているあいだヒマだから自分でも働きたい、という社長にはこちらの副業がオススメ。 そう、 スロットです。 スロットではマニーやスタッフガチャチケットが獲得可能。 1日100回まで、いつでも遊ぶことができます。 一見するとボンクラ社長が会社の金で遊んでるようにも見えますが、 資産運用と新たなスタッフの雇用を同時に進めることのできる大事なお仕事です。 罪悪感なんか捨てて楽しく遊びましょう。 キャバクラで女の子と楽しくトーク! 十分に軍資金を稼いだら、いざキャバクラへ出陣です! 最初の来店時には女の子たちが順番に席に着いてくれるので、その中からいちばん仲良くなりたい女の子を指名しましょう。 以降は来店するたび、指名した女の子が応対してくれるようになります。 女の子が席に着いたら、いよいよ楽しいトークタイム。 女の子に質問したり、お酒を注文したりしながらハッピーなひとときを過ごしましょう。 女の子を楽しませることができれば、画面上のラブ度ゲージや貢献度ゲージが上昇していきます。 女の子にプレゼントを贈ることも可能です。 ドレスやアクセサリーを贈れば、女の子が実際に身に着けてくれることも。 もっとも好みに合わない安物なんかを送ると、歯切れの悪い反応をされちゃいますが……。 4回のトークが終了した時点でラブ度と貢献度の両方がMAXになっていると、イベント発生。 女の子とのストーリーが進行します。 ストーリーは1章につき10話、全10章構成と大ボリュームです。 ストーリーを進めて女の子との仲が進展していくと、アフターや店外デートに誘われることも……!? 「こちとらゲームじゃ百戦錬磨のプレイボーイだぜ、キャバ嬢のひとりやふたりチョロいもんだろ」って。 女の子を指名するときも「金髪の子のほうがキャバ嬢っぽくて見栄えするよなー」ぐらいの気持ちで適当に選んだぐらいです。 でもプレイすると不思議なことに、会話のテクニックでグイグイ引き込んできて、なんというか 強引に惚れさせてくれるんです。 たとえばこの場面。 これ、こちらのファッションを褒めるときの一幕。 ファッションについては一家言ありそうな彼女にこんな言いかたされると、お世辞じゃなく本気なのかなって、うれしくなっちゃいますよね。 後はベタですが、仕事へのプライドを見せるシーンもいい。 軽そうに見えて仕事のことは真剣に考えてるんだなって、ドキッとしちゃいます。 彼女たちって、こちらが相手に対して抱いている印象とか、すべてお見通しなんですよね。 そのうえで乗るところは乗っかりながら、要所要所で気持ちよく裏切ってくれるんです。 そこにコロリとやられてしまう。 異様なまでにリアリティがあるなぁと思ったら、本作では ゲーム内容から会話にいたるまで、現役キャバ嬢の意見をふんだんに取り入れているそうなんですね。 ゲームで 二次元の女の子を相手にしていると思いきや、中身はガチのキャバ嬢。 甘く見てると大怪我させてくれるパワーを秘めています。 プロのトークテクニックを味わってみたい人は、ぜひプレイしてみてください。 そうそう、いくらリアルだからと言っても「俺このゲームでキャバクラの良さわかった!」なんて安易に夜の町へ飛び出していくと、最終的に ケタの違う重課金をする可能性があります。 まずはゲームで安全に楽しみましょう。

次の

「二次元コスパ」より『魔法少女育成計画』新商品!過酷なゲームに巻き込まれてしまった彼女たちを応援するのにもピッタリなTシャツなど新グッズが続々登場!

二 次元 彼女 初心者 応援

私は女性アイドルが好きです。 アイドルという存在やファンという現象については、大学の授業で扱うことが多いトピックで、以前からよく曲を聴いたり映像を観たりしていたのですが、昨年末に決定的にあるグループのファンとなりました。 「女性が女性アイドルを好き」って今でこそ一般的な現象ですが、それでも時々「どうして男性じゃなくて女性なの?」みたいなことを聞かれることがある。 女性アイドル周りの大人たちが第一にターゲットとするのはやはりオタと呼ばれるような男性ファン。 そのイメージゆえ、女性が女性アイドルのCDを何枚も買ったり、握手会に行ったりする行動に対しては、疑問を感じる部分があるのでしょう。 アイドルってそもそもは男性のリビドーを刺激するような存在として出てきたものだし。 これについてはなかなかうまく言語化できず、いつも「可愛い女の子が一生懸命に闘っている姿を見るのが好きだから」と答えていました。 が、ちょっと前に、そんな心情をすっきりと例えてくれた一言と出会ったのです。 音楽クリエイターのさんが毎回ゲストを招いてガールズポップ(というかアイドル)についてひたすら語る「のガルポプ!」というラジオ番組がありまして、そこにの振付師であるさんがゲストとして来ていた回にまさにこの話が出ててまして。 そこでの竹中さんの例えが非常に秀逸だったのです。 女性が女性アイドルを好きになる感覚は、女性がを好きになる感覚に近い。 竹中さん自身が女性アイドルファンの女性であり、自分がアイドルを好きな気持ちを言語化するとこうなるのだそう。 何それめっちゃわかる。 なんと言ったらよいのだろう…寸分の違和感もなく言い当ててもらったというか、ぴったりな表現を拾い上げてくれたというか…とにかく、この感覚には全面的に同意できるなあと思う。 一概にと言っても「?」となる方が大半だと思うので、ここではもうちょっと細分化してみようと思います。 竹中さんがゲストだったこの回を聴きつつ取っていたメモが残っていたので、そちらを元に項目を書き出し、勝手に考察してみました。 (ちなみにこのお二人に氏を加えた鼎談がROLaという雑誌に載っていて、そこでもまさに同じような話をされていたので、そちらも参考にしています。 ) ・闘う女の子の成長 アイドルが「闘う女の子」であることは自明だと思うのですが、よく言われるようにファンの醍醐味のひとつはその成長を見守ることだと思います。 長年応援してきた推しの子に対して、「こんなに立派になって…!」という感情を抱くことは、オタとしてかなりの生きがいを感じる瞬間であると思う。 で、この「闘う女の子が成長する」という構図はまさににも当てはまる。 アニメを観たことがある方はわかると思うのですが、同様に何シリーズも続けて放送されているんですね。 彼女たちは戦士としても、思春期の女の子としてもちょっとずつ成長して行く。 最終的にはセレ二ティになる。 視聴者(原作の場合は読者)は成長の過程を一緒になって追うことになるわけです。 ・衣装の非現実性 たち、ミニスカートだし、マーズに至ってはヒール履いているし、それで闘えるのかよっていう服装している。 機能性よりデザイン重視なわけだけど、幼少期にから多大な影響を受けた身としては、それにこそ憧れる気持ちがすごくわかる…。 アイドルも一緒。 ステージに立つ彼女たちの衣装は二次元っぽいというか、見るからに非現実的なんだよね。 「強くありつつも可愛い」ことが重要なのだと思います。 男性ファンからもてはやされるだけでなく、女の子からの憧れも得やすい。 ・グループ内の人間関係 これはAKBメンバー卒業イベントなんかに顕著かと思う。 マリコ様の卒業にあたって、長年一緒に活動してきたたかみなが感極まって泣く、というようなアレです。 チームでやっている以上、友情が芽生えたり、確執が起こったりするのは必然なわけで、その関係性を眺めることもファンにとっては楽しみのひとつだと思います(もちろん、最終的にはプラスの方向に回収される関係性に限るのだけど)。 だとうさぎとレイちゃんの関係性が象徴的だよね。 ケンカばっかりだけど、心の底ではしっかりとお互いを認め合っているみたいな。 女の友情には、女の子も共感できる。 あとキャラ立ちも大事。 ・変身前と変身後 ひとたび変身すれば地球の平和のために闘うですが、普段はごく普通の学生として日常生活を送っている。 これにアイドルを当てはめるとどうなるか、竹中さんは「ブログや上での姿が変身前にあたる」とおっしゃっていました。 女性アイドルのブログやが男性アイドルのそれよりもはるかにもてはやされるのはそこに理由があるのだと思う。 ライブ後や出演番組の収録の合間の写真がアップされるのは、まさにこの「変身前」を意識的に見せているのではないかと。 ・戦闘時に男性は必要ない これ、大事です。 アイドルに男の影があってはいけないのは自明だけれど、も戦闘時に男性の手はほぼ借りていない。 タキシード仮面は直接的に役に立っていないんですね。 闘うのに男は必要ない。 女の子だけで敵と対峙して、打ち勝つ。 そういう姿をなんてかっこいいのだろうと思ってしまう。 女性が自立して困難に打ち勝つのに男性は必要ないわけです。 と、上記のように、意識している以上に 二次元的に捉えているのだなあと思う。 しかし、幼少期にが大好きだった自分の過去を振り返ると、20年近く経っても憧れるものって変わらないのかとちょっとびっくりしてしまった。 ちなみに私はセーラーマーキュリーこと亜美ちゃんが一番好きでした。 色で言うと青。 当時から知的で品のある女性に憧れがあったのだと思う。 以上、備忘録として好き勝手にまとめてみましたが、最後に、2014年にブレイクしそう、かつ私が個人的に好きなアイドルグループが昨年発売した名曲をこれも好き勝手に2つほど挙げてみようと思います。 一つ目。 私が愛してやまないの『でんでんぱっしょん』。 彼女たちは元々「を歌うアイドル」というコンセプトで始まったらしいのですが、そんななのがまさにこれ。 とにかくこのMVが素晴らしい。 オタクっぽい要素はあまりなくて、観た最初の印象は「めちゃくちゃオシャレ!」でした。 おそらくファン層を拡大する戦略の一環だと思うのですが、的な原宿っぽい感じが強い。 カラフルでいろんな要素がぎゅっと詰まっている、他のカルチャーと接続性の強い彼女たちの特性をよく表した映像だと思います。 彼女たちのバックグラウンドとか活動歴とか知った上で聴くと、サビの「世界中につれて行っちゃうけど 普段通りにね」っていう歌詞がもうね…泣けて泣けて…。 二つ目。 新潟発アイドルの『アイドルばかり聴かないで』。 わかる方は聴けばピンとくると思うのですが、この曲、プロデュースが元の氏なのです。 だから曲も歌詞もこのMVもまさにピチカートといった感じ。 個人的には2番歌い始めの「ふつうの人はCDなんて もう買わなくなった」という歌詞に時代の変遷を感じてしまう。 の先がけとして一時代を築いたピチカートの小西さんがそんなこと言うなんて…。 自然体な見せ方が多いの中では珍しいタイプの曲だと思います。 「ざんねーん!!」がたまらなく癖になる。 future43.

次の