鬼 滅 カナヲ。 【鬼滅の刃】剣術「花の呼吸」全型まとめ!受け継がれし諸刃の剣技【ネタバレ】【鬼滅の刃】

鬼滅の刃の炭治郎とカナヲは今後くっついてしまうのでしょうか?

鬼 滅 カナヲ

栗花落カナヲとは 栗花落 つゆり カナヲ 鬼殺隊隊員の少女で、主人公・炭治郎の同期です。 蟲柱・胡蝶しのぶの継子として幼いころから鬼殺の訓練を受けています。 使用する流派は花の呼吸です。 幼少のころ、親に売られたところを胡蝶姉妹に助けられます。 幼少期の過酷な暮らしの影響で感情を失っており、自分の意志を持ちません。 そのため、カナエからもらった銅貨を投げてその裏表を自分の意志として行動していました。 そんな状態でしたが、カナエたちとの触れ合いで次第に温かい感情を取り戻していき、 炭治郎の「心のままに生きる」という言葉を聞いて以降は少しずつ自分の意志で行動するようになります。 現在は感情を表に出すことも増えてきています。 また番外編での描写から、『鬼滅の刃』という作品の恋愛面でのヒロインポジションでもあると思われます。 作品のヒロインは禰豆子 これだけの設定を持ちながら、 出番は異様に少ないです。 カナヲって強いの? カナヲはいままでほとんど戦闘シーンの描写がなく、その実力は謎に包まれていました。 そして現在、ジャンプ本誌にてついにカナヲ初の本格戦闘がはじまりました。 相手は敵幹部のNo. 2「 十二鬼月 上弦の弐・童磨」です この戦闘についてさまざまな議論が交わされています。 事の発端は最新話の童磨のこのセリフからです。 「この娘 ややもすると 今喰った柱の娘より実力があるのかもしれない」 このセリフから「 ふぁ!? 柱クラスの実力なの!? 」「 師匠のしのぶさんより強いとかないやろ」「 カナヲとか同期で一番弱いと思ってたわ」などといった様々な声が上がっています。 たしかに一見、ご都合主義で無理やり強キャラ設定にしたように思えるかもしれませんが、読み返すとその強さを裏付ける描写がいくつか存在しています。 1つずつ振り返っていきましょう。 最近ちょうどアニメでやっていたとこですね。 最終選別の合格条件は 鬼の放たれた山の中で7日間生き延びること。 鬼との戦闘は避けられません。 20人以上参加していたにもかかわらず、合格者は4名のみ。 他参加者は全員死亡し、炭治郎、善逸、玄弥は傷だらけの状態で生き残りました。 そんななかカナヲは 傷がないどころか着物に汚れすらついていません。 笑顔でちょうちょと戯れるほどの余裕もあります かわいい。 おそらく最終選別の相当前からしのぶ、カナエにより鬼殺の訓練を受けてるため、 そもそものスタートラインが他の隊員とはまったく違うと考えていいでしょう。 すでに全集中・常中を習得している可能性も高いです。 那田蜘蛛山 那田蜘蛛山編で再登場です。 間が空きすぎです。 はじめてセリフを発するのもここになります。 事後処理部隊・隠に指示を出している様子から、そこそこ高い階級にいることが推測されます。 踵落としで炭治郎の顎を割るという活躍も見せています。 主人公との初絡みがこれて 蝶屋敷での隠によるカナヲ評は以下のようになっています。 「継子ってのは柱が育てる隊士だよ 相当才能があって優秀じゃないと選ばれない 女の子なのにすげぇよなあ」 柱の継子に選ばれている時点で逸材ということがわかります。 余談ですが、蝶屋敷編のカナヲの作画は非常に気合が入っています かわいい。 機能回復訓練 現状、カナヲの強さがはっきりと描写されたのは機能回復訓練のみです。 この回が実質、カナヲの強さの答え合わせのようなものです。 反射訓練、鬼ごっこでカナヲに挑む炭治郎たち。 さらに極めつけは炭治郎のこのセリフです。 「匂いからしてまず違う 柱の人たちに近い匂いがする」 さりげないシーンのセリフですが、鼻の利く炭治郎からのこの評価です。 ここで炭治郎が強さを測り間違っていたというのは話の構成上なんの意味もないため、 この時点でカナヲは柱に近い実力があることは確定と考えていいと思います。 最後に炭治郎がカナヲに勝ちますが、 汗だくの炭治郎に対しカナヲは汗一つかいていないため、全力度合いには差がありそうです。 炭治郎がカナヲの実力に近づいたことは間違いないですが また、カナヲの目に関する伏線も張られています 現在も未回収。 「あとは…目か? 目が違う気がする」 「投げる手元は見てた 小細工はしてなかったはず……」 炭治郎たち同期は、それぞれ 五感に関する特異体質を持っています。 他の同期を見るに、ただ動体視力がいいだけでなく目に関する特殊な力がある可能性も高そうです。 特殊な目を持つキャラってだけで強キャラ感ないですか。 柱稽古 ここから、現在連載中のお話と同じほぼ最新の時間軸です。 上弦との戦いに備えて開始された柱稽古。 ここでもカナヲの実力は垣間見えます。 隊士たちが柱を順番に巡って稽古をつけてもらうという内容です。 蝶屋敷にて、カナヲとしのぶが会話するシーン 尊い に注目してみましょう。 「私はこれから風柱様の稽古に行って参ります」 この時点のほか同期は炭治郎が療養中、善逸、伊之助、玄弥は柱稽古には参加していますが進捗具合は不明です。 しかし、この後炭治郎が風柱の稽古で善逸と合流した時にはすでにカナヲはいません。 岩柱の稽古で伊之助、玄弥と合流したときも同様です。 よって、 カナヲが同期内最速で柱稽古を終えていることはほぼ確定となります。 カナヲの強さの描写が機能回復訓練以降ないため、炭治郎たちの成長についていけてないのではと思われることも多いようです。 ですが、現在も同期の先を行くカナヲは 非常に さりげなく描写されているのです。 結論 このような描写の数々から、カナヲが同期の中でトップの実力というのは初期からブレていないことがわかります。 本誌最新話での上弦の弐・童磨の「柱より強いかも」発言もご都合主義や後付けではないんです。 ワニ先生はけっこう考えているんです きっと。 ただ、鬼滅の刃でいう「強さ」は 敵との相性や気持ちの状態、痣の発現等で大きく変わります。 殺しあったら誰が一番強いのかって考えるとまた別の話 というか答えはない ように思います。 単純な戦闘力で同期を比べるとこんな感じですかね。 カナヲVS. 童磨はどうなる!? ただ、援軍が来るかといわれるとあまり来る気もしません。 VS童磨は蝶屋敷との因縁が深すぎて他のキャラが入る余地がないような。 だからといってカナヲが死ぬとも思えません。 キーになるのは以下の3つでしょう。 しのぶがカナヲに伝えた「童磨の殺し方」 2. しのぶの遺した指文字 3. しのぶの毒 「童磨の殺し方」と毒については、 しのぶさんのモノローグが最期まで余裕ない感じだったので正直あまり期待できない気がしてしまいます。 でもなにもないと本当に救いがなさすぎるし報われなさすぎるし、作劇的に考えられません。 1番ベタかつ現在予想されているのは しのぶさんが「人間に戻る薬」を体内に仕込んでいて、それごと取り込んだ童磨にこれから効果が出てくる。 指文字は「薬が回る時間を稼げ」。 ってやつですね。 しのぶさんと珠代さんが共同で「人間に戻る薬」を完成させたことはおそらく確定といっていいので、十分あり得る展開です。 微妙な点としては、しのぶがカナヲに「童磨の殺し方」を伝えた時点では 「人間に戻る薬」は完成していないということでしょうか。 「やはり良い頃合いだわ」と言って話し始めたことから、以前から考えていた殺し方だと思われます。 そうなると、しのぶさんが伝えた殺し方と今回の作戦は一致しないことになります。 でも「童磨の殺し方」が未回収のまま終わるとも思えないんですよね…。 というわけで当サイトの予想は 今回はカナヲと童磨の決着はつかず。 しのぶさんが仕込んだ遅効性の毒で童磨の動きが鈍り、カナヲは殺されずに済む。 指文字は「逃げろ」。 しのぶが伝えた「童磨の殺し方」は今回は実行されていない なんか条件があるとかで。 因縁と「童磨の殺し方」は次章へ持ち越し。 ・・・微妙。 カナヲ:感情があるが、それを表に出すことができなかった。 姉2人を童磨に殺される。 童磨:感情がまったくないが、創った表情や言動であるふりをしていた。 カナヲの姉2人を殺す。 という対比がしっかりできている2人なので 童磨の頸を斬るのはカナヲという結末は揺るがないと思うんですよね。 そもそも今章が最終章かどうかも意見が分かれてるんですが。 個人的には、この戦いの後作中で数年経ち 「柱編」開幕だと思ってます。 というか終わらないで… なにはともあれ、来週からの連載は見逃せないですね。 カナヲかわいい! おわり。

次の

栗花落カナヲの名言・名シーンを紹介!鬼滅の刃の可愛らしいキャラ

鬼 滅 カナヲ

それはワニ先生にしか分かりません。 質問者さんが炭治郎とカナヲにくっ付いて欲しくない!と思うのと同じように、炭治郎とカナヲには幸せになってほしい、と思う人も同じくらい存在します。 それはお互いの感性とか趣味の違いなので、質問者さんが「嫌い」と思うことが悪いわけではないですが、反面、『幸せになって』という願望を込めていろいろ想像している人たちが悪いわけでもありません。 それに関しては、質問者さんの側で徹底して『見ない』『見ても忘れる』『いちいち傷つかない』ように自衛をするしかないです。 あなたの萌えは誰かの萎え、あなたの萎えは誰かの萌え、これは鉄則です。 少しだけ原作の話をすれば、アニメ最終回の後で炭治郎とカナヲに何か『明らかに恋仲であると分かるような』進展が、と言ったことはありません。 ただ、炭治郎とコインの裏表のやりとりをして以降、カナヲは明らかに明るく、少しずつでも自分の意思をちゃんと表現できる子へ変わっていますので、何かしらの影響はあったんだろうな、何だかんだ交流はあるんだろうな、というのは分かります。 それを『恋心ゆえ』と解釈するか、そうでないかは自由です。 原作は今最終決戦真っ最中で、カナヲにしろ炭治郎にしろ恋愛沙汰どころではないです。 みんな満身創痍。

次の

栗花落カナヲ(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼 滅 カナヲ

栗花落カナヲは柱ではないのですが、胡蝶しのぶ達に助けられて 継ぐ子として活躍しています。 カナヲはあまり話さず、指示を出されるまで何も行動ができません。 しかも自分で物事を決められず、何かを決断するときはいつもコインの表裏で決めていたんです。 どうしてそんな子になってしまったのかというと、子供の頃に暴力を振るわれて感情を失ってしまったからでした。 時代が時代なので、親もいなくて売り出される子供の一人だったんです。 そして売りに出されるときにたまたま歩いていた 胡蝶しのぶと姉のカナエが助けてくれるんです。 その後は、蝶屋敷で一緒に過ごすようになり継ぐ子として育てられます。 そして物語の中では主人公「竈門炭治郎」のおかげで感情を徐々に取り戻して、最終的には自分の意志で行動できるようになりました。 呼吸法は、花の呼吸 また「花の呼吸」の使い手で、この呼吸は胡蝶カナエから受け継いだものと言われています。 物語の中では、気持ちの面で一番成長したキャラクターといっても過言ではないですね。 栗花落カナヲの名言・名シーンベスト3! 【!! 】 本日5月19日は、蟲柱に師事する、 炭治郎と同期の鬼殺隊士・ 栗花落カナヲの誕生日です。 この日を祝して、 カナヲの特別なヘッダーをプレゼント! 類稀なる身体能力で任務に臨む カナヲのヘッダー、是非ご活用ください。 セリフ自体は少ないのですが、逆にセリフが少ないからこそ言葉の重みが強く、名言に選ばれています。 第3位 どうでもいい Kanao 栗花落カナヲ — Drxppy Richh drxppyrichh これは、まだ自分の感情を持っていなかった頃の言葉ですね。 蝶屋敷での訓練の時に言っていたんですけど、一番最初の名言だといってもいいでしょう。 少しドライな性格にも見えるんですけど、 子供の頃のトラウマが原因で感情をなくしてしまい、世の中にも自分にも「どうでもいい」と思ってしまうなんて悲しいですよね。 しかし、あらためて見てみると初めて気持ちを話したようにも見えます。 本当にどうでも良かったらキャラクター的に見てもずっと無言だったのではないでしょうか? なのにあえて「何もかも、どうでもいい」と言ったという事は、もしかしたらこの時点でカナヲの中の何かが変わっていたのかもしれないですね。 第2位 目が覚めて良かった 【本日『鬼滅の刃』コミックス最新刊発売!! 】 『鬼滅の刃』最新第18巻が本日発売!!! おそらく、初めて感情を表に出した瞬間だったと言えます。 今までなら、どんな事に対しても興味がなかったのに 人を心配するくらいまで成長していたと思うと感動的なシーンですよね。 このシーンはファンの間でも話題になりネットでは 「カナヲが人間らしくなってる」 「大人になったな~」 などとたくさんのコメントがありました。 童磨は口が上手いので、あらゆる言葉で相手の同情をもらって生きてきたんです。 そしてたくさんの人を 殺してきました。 この時も、いつもどおりの言葉で相手を言いくるめようとしていたんですけど、カナヲには童磨の本性がお見通しだったんですね。 しかも相手の嘘を見抜いたあとに 「みっともないから、さっさと死んだほうがいいよ」 と言っていました。 今までのカナヲからは想像できない言葉ですよね。 だって何に対しても無関心だったんですよ? なのに、相手に暴言を吐けるくらいになるなんて、恐るべし。 普段は大人しいん性格なのは変わりませんが、童磨によって目の前で師範を失ったのでカナヲの憎しみがこもっているのが伝わってきますね。 よく、 普段から物静かな人ほど怒ったら手が付けられないという言葉を聞きますがまさに今回のシーンにピッタリな言葉に聞こえます。 カナヲの可愛らしい一面! 本日WJ21・22合併号発売! 『鬼滅の刃』第107話、掲載中です。 今号の「鬼殺隊報」では鬼殺隊の新情報が!! 柱になれる基準は?継子はどうしたらなれるの?などなど、 気になるその答えはぜひ本誌にて! そして今週のアイコンは…自分の心の声を大切に。 第3位の言葉よりも、自分の気持ちを伝えられるようになっているのが分かりますね。 この時は、いったん稽古を終わりにしようと言われるんですけどカナヲはまだ稽古をしたくて断るんですよ。 稽古って本来なら凄くきつくて辛い事だと思うんですけど、 自分から率先して続けたいという事は、よっぽど師匠との稽古にやりがいを感じているんでしょう。 また、自分のやりたい事をしっかり伝えています。 原作コミックスでは しかも漫画では「 師範と稽古したい」と言っているときものすごくモジモジしながら言っているんですよ。 徐々に素直になってきて可愛らしさが見えますよね。 また、自分を育ててくれた事を尊敬していて胡蝶しのぶのことが大好きなんだな~と思えます。 栗花落カナヲのまとめ 来週の月曜日に職場に新しい人来るんだけど、「栗花落カナヲ様だ」って言おうかな。 最初のうちは感情もなく、無関心だらけだったのに成長しているのが良く分かりますね。 改めて見ると、アクション漫画なのに人間の成長が凄く分かる漫画だったというのが感じられます。 子供だけではなく、大人も楽しめるというのも納得ですね。 この記事を読んで【鬼滅の刃】をもう一度楽しんでいただければ幸いです。

次の