ドラゴン メイド 回し 方。 【ゼノンザード】赤単ドラゴンのデッキレシピ【zenonzard】

「ドラゴンメイド」テーマの特徴やデッキの回し方、相性の良いカードを紹介!全貌がついに判明!

ドラゴン メイド 回し 方

宇都宮でをしているぎあです。 ここ数年間ずっとオルターガイストを使っていたのですが、たまには違うデッキを使ってみるのもいいかなーと思い、新規が来たことで強化されたドラゴンメイドを使ってみたところ、とても使い心地がよかったので公認や店舗代表戦に持ち込んでいます。 しかしながらまだまだプレイミスやサイド構築の甘さなどが目立つのでひとまず自分の持っている知識を整理する意味も兼ねて、ブログを書いてみることにしました。 ゴンメイドを作りたいと思っている人の手助けになるのであれば、これほど嬉しいことはありません。 もし良かったら読んでみてください。 目次 1 代表的なカードの紹介 2 基本的な立ち回り 3 長所と短所 4 小技集 5 サンプルレシピ 6 まとめ 1 代表的なカードの紹介 下級ドラゴンメイド このデッキにおける展開の要を担う非常に重要なモンスター。 状況に応じたドラゴンメイドカードをサーチできるので、シュトラールを出したい場合はお召換えを、モンスターを展開したい場合はお心づくしを、ドラゴンメイドをサーチしたい場合、もしくは相手の魔法罠を剥がしたい場合はリゼーションをサーチします。 相手ターンにシュトラールで蘇生し、サーチ効果を使いながら返しのターンに備える動きが強いです。 自身の効果によりレベル7以上のドラゴンメイドをできるので、融合モンスターのハスキーとシュトラールもできるのが最大の強みです。 サーチと墓地肥やしを一手に担う円滑油。 自分の手札に足りないドラゴンメイドをサーチしながら墓地に上級モンスターを落としバトルフェイズ中に入れ替わって上級ドラゴンメイドを、といった流れが強力です。 ドラグーンを突破するときの起点にもなりうるカードです。 ただ、パルラとチェイムと違ってお召し換えにアクセスすることができないので、枚数は2枚でもいいかもしれません。 パルラと違って超雷に引っかかってしまうのもたまに瑕です。 ドラゴンメイドカードならなんでも墓地に送ることが出来るので、自身のレベルに対応したドラゴンメイドを落とすこともできますし、お出迎えやお召し換えなどの墓地で発動するカードを落とすこともできます。 シュトラールやお心づくしがある場合は蘇生対象としてチェイムやナサリーを落とすことがあります。 特にナサリーはシュトラールの効果で蘇生し、ナサリーの効果で蘇生と繋げていけば一気に盤面にモンスターが増えるので、狙っていく価値があります。 墓地から下級ドラゴンメイドを釣り上げることが出来るので、展開する時によく使います。 また、相手ターンにこのカードをシュトラールやハスキーで蘇生し盤面を厚くする、なんてこともよくあります。 ただ、初動にはならないので採用枚数は1枚でいいと思います。 上級ドラゴンメイド 打点あげるマン。 このカードがいるおかげで割とあっさりドラグーンを沈めることが出来るので複数詰み推奨です。 フランメに較べてそれほど効果を使う機会は無いのですが、シルキタス、マスカレーナ、雷神竜などのフリーチェーンで効果を発動してくるモンスターに対して非常に有効です。 好きなタイミングでドラゴンメイドをすることが出来るので、相手のワンターンキルを防いだり、スタンバイフェイズに任意のドラゴンメイドを手札からし、ハスキーの効果で更になんて芸当も可能です。 後攻1ターン目でも展開することが出来るので、何かと便利です。 ドラゴンメイド 魔法・罠 チェイムやパルラの効果で真っ先に持ってくるカードの筆頭。 ハスキーやシュトラールはもちろんのことスターヴヴェノムやヴァレルロードFドラゴンなどもすることができるので、デッキ構築の段階でどんなサブギミックをエクストラに仕込んでおくか考えておきましょう。 このカードも非常に強いです。 手札墓地から対象を取らずにドラゴンメイドをすることができるので、一気にライフを削ったり、聖刻印をリンク召喚しながらシュトラールをする、なんてことも可能です。 後半の墓地肥やし効果も非常に強力で、ドラゴンメイドの安定感を底上げしてくれています。 このカードの効果でパルラをした際に、ルフトを墓地へ送ったあとでパルラの効果を使い忘れて負けると非常に悔しいので気をつけましょう。 任意のドラゴンメイドを手札に戻し好きなドラゴンメイドカードをサーチできるドラゴンメイド版擬似パーソナルスプーフィング。 フリーチェーンでドラゴンメイドを手札に戻せるのでハスキーの破壊効果を好きなタイミングで発動できるのが非常に強力です。 特にスインとセンサー万別は刺さるとゲームエンドまで持っていかれてしまうので、場合によってはお召し換えよりも優先的にサーチすることがあります。 2 基本的な立ち回り ドラゴンメイドは下級ドラゴンメイドと上級ドラゴンメイドを自身の効果で入れ替えながらビートダウンを行うデッキです。 下級ドラゴンメイドはバトルフェイズ開始時に手札墓地のドラゴンメイドをすることができます。 下級ドラゴンメイドは今のところレベル2とレベル3とレベル4のモンスターが存在しますが、レベル2のモンスターがレベル7を、レベル3のモンスターがレベル8のモンスターをすることができます。 レベル4のドラゴンメイドチェイムはレベル7以上のドラゴンメイドならなんでもすることができます。 上級ドラゴンメイドはバトルフェイズ終了時に自身を手札に戻すことで、自身のレベルに対応したドラゴンメイドを手札からすることができます。 この際にそのターン効果を使用していないドラゴンメイドモンスターをすることで返しのターンのリソースを確保できるので使い忘れないように気をつけましょう。 ただ、二ビルを重く踏んでしまう、もしくは増殖するGが適用されている場合は無理に入れ替わり効果を使わない方がいいです。 あとこの入れ替わり効果について注意点が二つあります。 まずこの上級ドラゴンメイドの入れ替え効果によって手札からチェイムをすることはできません。 もう1つは下級ドラゴンメイドを墓地からすることができない、ということです。 にアップされている動画で墓地から下級ドラゴンメイドをしているシーンが多く見受けられたので一応書いておきますね。 このようにドラゴンメイドはバトルフェイズ中に下級と上級を入れ替えながら戦います。 そして下級にはサーチ、蘇生、墓地送りといったアドバンテージを得る効果、そして上級には手札から捨てることて打点を上げたり、モンスター効果を封じたり、手札からモンスターをしたり、墓地のモンスターをデッキに戻したりする効果が備えられています。 下級ドラゴンメイドで墓地から上級ドラゴンメイドを使い回しながらアドバンテージを得ていくのがこのデッキの勝ち筋の1つです。 そしてもう1つの勝ち筋がドラゴンメイド・シュトラールによるです。 シュトラールが登場したことによって先行でやることがなかったドラゴンメイドに明確に先行を取る利点が生まれたのでデッキ構築の幅が広がりました。 更にお互いのスタンバイフェイズ時に手札墓地からドラゴンメイドモンスター一体を選んですることが出来るので、相手からすれば動けば効果を封じられるし、動かなかったら毎ターンアドバンテージを得られ続ける厄介極まりないモンスターです。 融合素材の条件も非常に緩く、ドラゴンメイドモンスターとレベル5以上のドラゴン続モンスターを素材にすればよいので、効果を使用したファンタズメイや超融合の効果でしたスターヴなんかも融合素材にすることができます。 特にファンタズメイはサブテラーやサンダードラゴンを相手にするときは腐りがちなのであまりがめずに専用融合魔法のドラゴンメイドのお召し換えで素材にしてしまうのも一つの手です。 お召し換えは何度でもサルベージができる強力な魔法カードなので、パルラやチェイムで真っ先に持ってくるカードの候補です。 先行はとりあえずシュトラールを立てて相手ターンに備えながら相手のスタンバイフェイズで迎撃体制を整える感覚です。 3 長所と短所 先でも後でも安定して戦うことが出来るのがドラゴンメイドの強みです。 これは個人的な感想ですが、今の環境で活躍しているデッキは、当然のことながらそのデッキにしかない強みがあります。 そしてそれと同時に弱点もあります。 たとえば自分がいつも使用しているオルターガイストというデッキですが、このデッキは先行を取ってしまえば相当有利なのですが、後攻から相手の盤面を捲りに行くことが非常に困難なデッキです。 もちろんメリュシークが絡んだり誘発が絡んだ場合はその限りではないのですが、無理な時は無理なので割り切っていくしかないです。 オルフェゴールは盤面を捲る力は高いのですが、誘発で初動を止められてしまった場合にそのままゲームセットまで持ち込まれてしまう脆さがあります。 他のデッキな関してもそうした要素はもちろんあります。 ドラゴンメイドもそうしたデッキと同じように強みと弱みがあるのですが、どれをとっても、まあまあなんですよね。 良くも悪くも。 先行を取った時はシュトラールを立てて何枚かカードを伏せてエンドが基本ですし、後攻の場合は下級ドラゴンメイドでアドバンテージを取りながら上級ドラゴンメイドで殴りに行くといった感じで、絶対にワンキルしてやる、であるとかエクストラリンクを決めてゲームセットしてやるぞ、といった感じのギラギラ感は皆無です。 強いて言うなら平均点を取り続けることに長けたデッキと言えます。 なので先行展開で盤面を一気に作りに行くデッキが好きな人にはあまりおすすめできませんが、オルターガイスト、サブテラー、などのコン系の低速ビートダウンを好む人なら結構好きになれるんじゃないかと思います。 ドラゴンメイドもその例に漏れず、増殖するGが直激してしまうデッキです。 しかし、立ち回り方次第では本来きついはずの増殖するGを最小限の被害で済ますこともできます。 たとえば、自分のフィールドにパルラがいて、手札墓地にルフトがいるような状況で、出来ることなら墓地に存在するチェイムをお心づくしで蘇生しお召し換えをサーチしたいといった状況になったら、メインフェイズ1で動くのではなく、まずバトルフェイズに入り、パルラの効果を起動させます。 もし仮にここで相手が増殖するGを投げてきたらドロー枚数を一枚で抑えることが出来るので被害が最小限になる上にフィールドには打点2700のルフトが残るので、他に相手の行動を妨害するカードがあるのならそうしたプランを取ることも選択肢の一つです。 もちろん、他に相手の行動を妨害する手段がないのであれば、増殖するGを貰うのは割り切ってシュトラールを立てに行くことをオススメします。 その後、ハスキーの効果で下級ドラゴンメイを対象に取ることで、下級ドラゴンメイドを更にすることができます。 このコンボは主にハスキーをシュトラールの融合素材として墓地へ送った時に使うことが多いです。 相手ターンにシュトラールの効果でハスキーを蘇生、エルデの効果で下級ドラゴンメイド特殊、ハスキーの効果で下級ドラゴンメイド特殊ーーって流れです。 この連鎖にナサリーが絡んだ場合、合計5体のドラゴンメイドが並ぶこともあるので、狙えるときは狙っていきましょう。 5 サンプルレシピ 今現在使用している構築です。 メイン 40 モンスター 25 3 ドラゴンメイド・パルラ 3 ドラゴンメイド・チェイム 2 ドラゴンメイド・ティルル 1 ドラゴンメイド・ナサリー 2 ドラゴンメイド・フランメ 1 ドラゴンメイド・ルフト 2 ドラゴンメイド・エルデ 3 幻創龍ファンタズメイ 1 原始生命体二ビル 2 エフェクト・ヴェーラー 2 灰流うらら 3 増殖するG 魔法・罠 15 3 強欲で金満な壺 2 超融合 3 ドラゴンメイドのお心づくし 1 ドラゴンメイドのお召し替え 3 神の通告 2 神の警告 1 ドラゴンメイド・リゼーション エクストラ 3 ドラゴンメイド・シュトラール 3 ドラゴンメイド・ハスキー 2 スターヴヴェノム・ドラゴン 1 捕食植物ドタペリア 1 アースゴーレム イグニスター 1 ストラードラゴン 1 クロシープ 1 ブルート 2 天球の聖刻印 サイド 3 ・ロンギヌス 2 ダイナレスラー・パンクラトプス 1 コアキメイル・ドラゴ 1 エフェクト・ヴェーラー 1 原始生命体二ビル 1 粘糸壊獣ク 1 海亀壊獣ガメシエル 2 ツインツイスター 1 ハーピィの羽根帚 2 システム・ダウン メインとサイドは主にオルフェゴールやドラグーン系統のデッキを重く見て組みました。 メインにコアキメイル・ドラゴを入れるかどうかですごく迷いましたが、なくても勝てる試合も結構ありましたし、素引した時に召喚権がダブつくのも気になったので今回は不採用としました。 ただ、サンダードラゴンやオルフェゴールのようなデッキに対しては維持出来れば勝ち確になるので環境の変遷やメインギミックの微調整次第ではメイン投入も全然ありだと思います。 6 まとめ 以上がドラゴンメイドの諸々についての自分の考えです。 まだ使い始めて2週間しか経っていないので、自分のプレイや考え方構築に関してもまだまだまだまだ発展途上にあると思っているので、もつしつこいくらいに店舗代表戦やランキング戦に持ち込んで行きたいと思います。 出来ることならCSにも持ち込みたいなあ、などと、などと。 最後までお付き合いいただきありがとうございました! bunngakamaru.

次の

「ドラゴンメイド」テーマの特徴やデッキの回し方、相性の良いカードを紹介!全貌がついに判明!

ドラゴン メイド 回し 方

目次 現代人は時間が無い あー忙しい、忙しい。 え?何?ブログ? ごめん今忙しいから無理。 何がそんなに忙しいのって? 遊戯王が忙しいんだよ言わせんな恥ずかしい。 どうもこんにちは、しらこです。 遊戯王、1ヵ月に1個は新パックかストラクチャーデッキが発売するし、その度に新テーマが登場するでしょ?環境デッキは日々新しい展開ルートが発見されたり、大会で入賞したデッキレシピ見ては「は?なにこのサイドカード」とか言っちゃって。 でもこちとら社会人、お客様からのクレームは墓穴で無効にできないし、納期は召喚条件無視して降臨するし、会社はタイムコントロールがうますぎて毎日ETに入れてくる・・。 現代人は時間が無い。 社会人もそうだし、学生も大変。 遊戯王したいけど週末しか時間が無い、大会出たら次の対戦相手のデッキが環境外のマイナーテーマで焦ってwikiでテキスト確認・・・ なんて経験誰もがあるんじゃないでしょうか? それだけ遊戯王の情報ゲーは加速していて、いかに効率よく情報収集して吸収するかという能力が求められているように思います。 今回はそんな時間のない現代人YPのために最新テーマ「ドラゴンメイド」の特徴や動きを効率重視で紹介していこうと思います。 最新パック「デッキビルドパック-ミスティック・ファイターズ-」の中でも特に人気のあるテーマであるため、環境入りする、しないに関わらず目にする機会は多いのではないかと思います。 ドラゴンメイドについて勉強したい時にポチっと開いてテキストと動きを学べる、そんな記事に仕上げてみました。 それでは、さっそく紹介していきます。 時間が無いからね! 後でデュエルリンクスのイベントもしないといけないので ドラゴンメイドってどんなテーマ? まず、大まかなイメージを掴んでもらうためにドラゴンメイドの特徴をざっくりと伝えます。 『下級のメイドと上級のドラゴンが次々入れ替わりながら戦うテーマ』です。 これだけ聞くとKozmoとか剣闘獣をイメージするかと思いますが、概ね間違いではありません。 バトルフェイズ開始時とは、すなわちバトルフェイズのスタートステップと同義でありターンプレイヤーが「メイン終了、バトルフェイズに入ります。 」からバトルステップの「このモンスターで攻撃宣言します。 」と宣言するまでのステップのことです。 このスタートステップ バトルフェイズ開始時 にはバトルフェイズ開始時にしか発動できないカード 例 《封魔の矢》 やスペルスピード2の効果を使用できます。 《SNo. 39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》が活躍した時代によくあった「バトルフェイズ開始時に強制脱出装置でライトニングをバウンス」ってのがここですね。 バトルステップに入ってしまうとライトニングの効果で何も発動できなくなってしまいますから。 下級メイドはみな、このバトルフェイズ開始時にそれぞれ対応するレベルの上級ドラゴンに変身します。 ちなみに勘違いされがちですが「バトルフェイズ開始時」とは日本語で言ってもその一瞬ではなくスタートステップの間を指しているので複数体下級メイドが場にいても問題なく全て別チェーンブロックで発動が可能です。 次に『上級ドラゴン』ですが、こちらもレベル7が2種、レベル8が2種となっており下級メイドの属性と対応するようになっています。 拮抗勝負や剣闘獣と同じですね。 それでは各カードを一枚ずつ見てみましょう。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ドラゴンメイド・パルラ」以外の「ドラゴンメイド」カード1枚を墓地へ送る。 2 :自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、 自分の手札・墓地からレベル8の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 つまり「1人ドラゴンメイド」、、、、ワンオペですね。 ちなみにですが、『ドラゴンメイドカード』なのでモンスター以外も墓地に送れます。 ドラゴンメイドはモンスターへのアクセス手段は多いのですが、魔法罠をサーチする手段がが乏しいのでこのカードでドラゴンメイド魔法罠を落とすことで間接的にアクセスできるのは重宝します。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。 2 :自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、 自分の手札・墓地からレベル7の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 運要素の高い効果のため初動ではなく中盤以降で展開に絡めてアドを取る機会を増やす目的での使用となりそうです。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ドラゴンメイド・ティルル」以外の「ドラゴンメイド」モンスター1体を手札に加える。 その後、手札から「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで墓地へ送る。 2 :自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、 自分の手札・墓地からレベル8の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 デッキから上級をサーチしつつそのまま墓地に送ればパルラと同じことができますし、既に上級が手札にいれば後続や展開用のモンスターをサーチができます。 一見パルラの上位互換なのですが、魔法罠にアクセスできない 墓地に送れない という点でパルラとは差別化されます。 この子もワンオペ要因ですね。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、 「ドラゴンメイド・ナサリー」以外の自分の墓地の レベル4以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを特殊召喚する。 2 :自分・相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、 自分の手札・墓地からレベル7の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 このテーマはメイドと冥土をかけてるのか分かりませんが墓地蘇生効果が多いので活躍する機会は多いです。 蘇生札でこのカードを蘇生し、この効果で別のドラゴンメイドを蘇生、と連鎖させることで 《堕天使スペルビア》のような横展開ができますね。 初動と言うよりも中盤以降の盤面強化に力を発揮します。 上級ドラゴンメイドの紹介 次に上級ドラゴンの4種を紹介します。 1 :このカードを手札から捨て、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。 2 :自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、 このカードは効果では破壊されない。 3 :自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、 手札からレベル3の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。 このテーマ、4属性の下級メイドにそれぞれ対応する4属性の上級ドラゴンがいるので何らかのシナジーがあるのかと思えば、 ない 手札から捨てることで場のモンスター効果の発動を防ぐことができるので、相手の場に 《ヴァレルロード・S・ドラゴン》や 《オルターガイスト・シルキタス》のようなこちらに妨害を飛ばしてくるような置物モンスターがいても安全に展開が出来るようになります。 1 :このカードを手札から捨て、 自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、 このカードは効果では破壊されない。 3 :自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、 手札からレベル3の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。 上級ドラゴンにはどれも手札から捨てて発動する効果が備わっているのですがこのカードと地属性の 《ドラゴンメイド・エルデ》のみ相手ターンに発動できるようになっています。 そのためドラゴンメイドがバトルするダメージステップに使え、相手の大型モンスターを突破したり、返り討ちにできますね。 1 :このカードを手札から捨て、自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。 2 :自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、 このカードは効果では破壊されない。 3 :自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、 手札からレベル2の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。 1 :このカードを手札から捨てて発動できる。 手札からレベル4以下の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。 この効果は相手ターンでも発動できる。 2 :自分フィールドに融合モンスターが存在する限り、 このカードは効果では破壊されない。 3 :自分・相手のバトルフェイズ終了時に発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、 手札からレベル2の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。 ドラゴンメイドの展開補助役です。 手札から捨てたこのカードで出した下級メイドがバトルフェイズに入ると手札に戻りつつこのカードを蘇生できるので実質タダで展開ができますね。 相手ターンにも発動できるので奇襲性も高いです。 悲しいですが手札から捨てた時の効果は個性があるのですが、場にいる時はどのドラゴン体も同じでただのアタッカーとなってしまいます。 下級メイド&上級ドラゴンの効果をまとめるとこうなる 各下級メイドは対応するレベルの上級ドラゴン2種類と相互に特殊召喚し合います。 そのため、優秀な初動である 《ドラゴンメイド・パルラ》、 《ドラゴンメイド・ティルル》を採用する場合はレベル8の上級ドラゴンが採用必須であり、そこまで重要ではない 《ドラゴンメイド・ナサリー》や 《ドラゴンメイド・ラドリー》を採用する場合でも対応するレベル7上級ドラゴンは少なくとも採用したいところですね。 これまで紹介した効果からドラゴンメイドの戦い方をまとめました。 そのため来たるバトルフェイズに備えてメインフェイズに下級メイドを展開、上級ドラゴンを墓地に準備することが基本となります。 ドラゴンメイドのポテンシャル 皆さんは遊戯王の新テーマが来た時にどんな所に注目しますかか? 私は環境デッカーなのでどうしても「新テーマが強いのか?」というところに重点を置いてカードを見るのですがその際に以下の3点に着目します。 基本展開が下級メイドで上級ドラゴンを墓地に送り、下級メイドを手札に戻しながら上級ドラゴンを展開。 下級メイドが手札に戻るということは後続確保にもつながるので安定感も高く息切れもしにくいテーマだと言えます! また、サポートカードも充実しています。 《ドラゴンメイドのお心づくし》通常魔法このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分の手札・墓地から「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。 その後、特殊召喚したモンスターと同じ属性でレベルが異なる「ドラゴンメイド」モンスター1体をデッキから墓地へ送る事ができる。 出典: ドラゴンメイド限定死者蘇生&おろかな埋葬 最近のカードおまけ効果多くね?1枚で制限カードである 《死者蘇生》と 《おろかな埋葬》を行うことができるパワーカード。 蘇生札は1ターン目から使いづらいというのがあるあるなのですが、このテーマだと初動となるカードが墓地肥やしなので使い勝手のいい札となります。 《ドラゴンメイドのお出迎え》永続魔法このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 2 :自分フィールドに「ドラゴンメイド」モンスターが2体以上存在する場合、 自分の墓地の「ドラゴンメイドのお出迎え」以外の「ドラゴンメイド」カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 3 :このカードが墓地へ送られた場合に発動する。 このターン、自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスターは相手の効果の対象にならない。 出典: 攻撃力アップの永続効果&墓地のドラゴンメイドカードを回収 墓地に行ったら効果対象耐性付与 お出迎えされたのにホイホイ行ったらボコボコにされましたみたいなイラスト。 このテーマ、ドラゴンメイドモンスターへのアクセスは簡単なのですが、ドラゴンメイドカードをサーチする手段が少ないので、 《ドラゴンメイド・パルラ》で墓地に送ってこのカードで回収という使い方をするパターンは重宝します。 唯一の妨害手段がこの 《ドラゴンメイド・ハスキー》になります。 そのモンスターよりレベルが1つ高い、またはレベルが1つ低い 「ドラゴンメイド」モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで守備表示で特殊召喚する。 2 :このカード以外の自分フィールドの表側表示のドラゴン族モンスターが自分の手札に戻った時、 相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 でも融合テーマってわけでもないです。 ドラゴン族が手札に戻ると破壊ということなのですが、要はバトルフェイズの開始時の下級メイド効果とバトルフェイズ終了時の上級ドラゴンの効果でメイドとドラゴンが入れ替わった時にモンスターを破壊できるということです。 すなわちこのモンスターを融合召喚して置けば基本のドラゴンメイドの動きをしながら相手の場のモンスターに干渉できるというわけです。 そして、驚くべきポイントが今時珍しく『ターン1』の縛りがありません。 この永続効果によって 《ドラゴンメイド・ハスキー》と下級メイドを並べれば、自分のターンはメイド&ドラゴンの入替え効果によって1ペアにつきモンスター2体破壊、相手ターンもそれが可能なので相手は 《ドラゴンメイド・ハスキー》含め場のドラゴンをなんとかしないとバトルフェイズに入れないでしょう。 よって、唯一の妨害手段であるこのカード+場に下級+墓地に上級を準備することが目標になりそうですね。 ちなみにこのカードの融合召喚ですが、しっかりテーマ融合カードも登場しています。 《ドラゴンメイドのお召し替え》通常魔法このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分の手札・フィールドから、 ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、 その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 2 :このカードが墓地に存在する場合、 自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。 このカードを手札に加え、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。 このカード自体に墓地から回収効果もあるので緑色の下級メイドからアクセス可能です。 このテーマの良いところは今までのテーマなら「リリースして特殊召喚」とか「リリースして回収」みたいにカードを入れ替えるためにはコストが必要だったのですが、このテーマはコストが手札に戻すことなので純粋に手札が増え続けるところですよね。 このカードで 《ドラゴンメイド・ハスキー》を出してバトルフェイズに相手のモンスターを破壊しますが、正直バトルフェイズでの破壊効果だとタイミング的にも融通が利かないですし妨害としては心もとないですよね。 もっと能動的にドラゴン族をバウンスして 《ドラゴンメイド・ハスキー》の効果を発動していきたいところです。 《ドラゴンメイド・リラクゼーション》永続罠このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象とし、 以下の効果から1つを選択して発動できる。 フリーチェーンで場のドラゴンを手札に戻せるので 《ドラゴンメイド・ハスキー》の破壊効果を好きなタイミングで発動できる、強力な1枚です。 そしてドラゴンメイド唯一の純粋なサーチカードとなっています。 罠カードなので先攻1ターン目で使えない点と場のドラゴンメイドをコストにするのでそれなりに展開出来た後でないと使いづらいのが渋い所ですが、相手ターン自分のターンと毎ターンサーチできて尚且つモンスターだけでなく魔法もサーチできるのは強力なので3枚採用したいカードです。 《ドラゴンメイドのお見送り》速攻魔法このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールドの「ドラゴンメイド」モンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターとはカード名が異なる 「ドラゴンメイド」モンスター1体を手札から守備表示で特殊召喚し、 対象のモンスターを持ち主の手札に戻す。 この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンの終了時まで、 戦闘・効果では破壊されない。 破壊耐性が付いてるのはメイドに鍛えられてちょっと強くなったか、もしくはアクションゲームでありがちなダメージを受けた直後は一時的に無敵状態になる的なやつでしょうか。。 スペルスピード2で尚且つ速攻魔法なので自分のターンでも使いやすい札ですが、単純に手札を1枚消費することになるので 《ドラゴンメイド・ハスキー》とのコンボで使いたいところです。 ちなみにこのカードは10月12発売のパック「IGNITION ASSAULT」収録のカードなのでまだ使えません。 そんなに焦らさないで・・・・ まとめ!『うちのメイドは血の気がすごい』 あの人普段はおとなしいのにバトルフェイズの時だけ人が変わるんだよな・・・ こんな感じでバトルフェイズに大暴れするドラゴンメイドの皆さん。 何故ならこちらは忙しい現代人。 ドラゴンメイドの勉強が終わったら他にやることがあるんだよ。 あー忙し! 『ピンポーン』.

次の

【2020年 ドラゴンメイド】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

ドラゴン メイド 回し 方

『遊戯王デュエルモンスターズ レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション』のPS4&Xbox One版配信開始。 およびswitch版の無料アップデートを実施。 というわけで、こちら『遊戯王LotD』に追加された「ドラゴンメイド」を使ってみました。 「ウィッチクラフト」も同じパックに収録されています。 下級ドラゴンメイドには召喚・特殊召喚時にデッキから「ドラゴンメイド」を墓地に送ったり、あるいは蘇生したりといった効果があり。 上級ドラゴンメイドを自分を手札に戻して、墓地から特殊召喚する効果もあります。 つまり。 下級ドラゴンメイドを初動に、デッキからガンガン「ドラゴンメイド」を墓地に送って、墓地を経由して上級ドラゴンメイドを出せるテーマというわけですね。 この動きやバトルをサポートするための「ドラゴンメイド」魔法・罠もあります。 デッキから「ドラゴンメイド・パルラ」以外の「ドラゴンメイド」カード1枚を墓地へ送る。 」 という効果で、レベル8の「ドラゴンメイド」モンスターを墓地へ送る。 このカードを持ち主の手札に戻し、 自分の手札・墓地からレベル8の「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで特殊召喚する。 」 を発動し、墓地に送ったレベル8の「ドラゴンメイド」モンスターを特殊召喚。 ドラゴンメイド — 星崎梓 作家ライター百合ゲー製作中 hosiazuazu 「ドラゴンメイドのお心づくし」 「ドラゴンメイドのお心づくし」 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 その後、特殊召喚したモンスターと同じ属性でレベルが異なる「ドラゴンメイド」モンスター1体をデッキから墓地へ送る事ができる。 「ドラゴンメイドのお召し替え」 「ドラゴンメイドのお召し替え」 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 このカードを手札に加え、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。 こちらの魔法を使い、「ドラゴンメイド」モンスター2体を素材に「ドラゴンメイド・ハスキー」を融合召喚。 「ドラゴンメイド・ティルル」 「ドラゴンメイド・ティルル」には 「このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから「ドラゴンメイド・ティルル」以外の「ドラゴンメイド」モンスター1体を手札に加える。 その後、手札から「ドラゴンメイド」モンスター1体を選んで墓地へ送る。 」 という効果があります。 手札を経由しますが、結局はデッキから上級ドラゴンメイドを墓地に送り、特殊召喚の流れに繋げられます。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。 この効果は相手ターンでも発動できる。 このカードを持ち主の手札に戻し、手札からレベル3の「ドラゴンメイド」モンスター1体を特殊召喚する。 そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで2000アップする。 」という効果があるため、手札に戻っても使い道があります。 そのモンスターよりレベルが1つ高い、またはレベルが1つ低い「ドラゴンメイド」モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで守備表示で特殊召喚する。 そのモンスターを破壊する。 そのモンスターを破壊する。 というコンボにつながります。 相手ターンに複数特殊召喚も可能です。 強欲で金満な壺 エクストラデッキからカードを除外して、ドローするカード。 デッキレシピにあるそのほか12枚のカードは、「強欲で金満な壺」の発動条件用。 とまあ長々と書きましたが、結局は 可愛い女の子とドラゴンを出したり引っ込めたりしながら、パワーで押し切るデッキ ですね。 動きがややこしいので、『遊戯王LotD』の中で回しながら覚えていくしかないです。

次の