コンビニ おにぎり 作り方。 お弁当は節約になっている?コンビニおにぎりと自作おにぎりのコストを比較

最高のおにぎりの作り方|樋口直哉(TravelingFoodLab.)|note

コンビニ おにぎり 作り方

包丁・まな板なしでごちそうオムライスおにぎりが作れます 「おにぎりのレパートリーに困っている。 」「毎回同じものもつまらないし、でも、手間はかけたくない!」 そこで、考えましたよ〜炒めて混ぜるだけです。 しかも 包丁なし、まな板なし、冷蔵庫にあるもので作れるレシピです!では、材料と作り方を確認しましょう。 ごちそうオムライスおにぎりのレシピ 食材 分量 ご飯 1合 卵 2個 ウィンナー 3本 しめじ 50g ケチャップ 大さじ3 油 適量 3人分です。 普通〜濃いめが好みの方は、ケチャップを大さじ2足してください。 ごちそうオムライスおにぎりの作り方• 炒めた卵とご飯を入れてしっかり混ぜる ラップなどでおにぎりにしたらできあがり コンビニよりうまい 包丁・まな板なしで作れちゃいましたね!さあ味はどうでしょうか?? 「うま、うまい!」 こんなに手間をかけていないのに旨いですね。 よくあるオムライスおにぎりは、薄焼き卵で巻いたりするのでめんどうですが、 このレシピは混ぜるだけですね。 オムライスおにぎりのポイント 「ケチャップをしっかり炒める」 これをぜひやってください。 炒めたものと炒めていないものでは 味が全然違います。 ケチャップをしっかり炒めると甘みと旨味が引き立ちます、ケチャップを使う料理ならなんでも使える小技になっているので 少しオレンジ色になるまで炒めてみましょう。 今回の薄味でも満足なポイントは? きのこの旨味とウィンナーの旨味を合わせる この二つの食材は旨味が濃いです、旨味と旨味をかけ合わせると思いもよらない 旨さになります。 かつおダシと昆布だしを合わせると美味しくなるように、きのこの野菜系の出汁とウィンナーの肉系の出汁を合わせると美味しくなるんですよ。 食材は組み合わせを変えるだけで、薄味でも満足な料理を作れるようになります。 「どれとどれを合わせると美味しくなるかわからない」そこは僕にお任せください。 僕のすべてのレシピが薄味でも満足できようにできています、ぜひほかのレシピも作ってみてくださいね。 ケチャップをしっかり炒めて美味しいレシピはこんなのも 王道ですがナポリタンを作るときはおススメです。 ケチャップをしっかり炒めて酸味を飛ばすと 簡単に絶品なナポリタンが作れます。

次の

おにぎりはアルミホイルで包むと◎コンビニ風パリパリ海苔の包み方も伝授|mamagirl [ママガール]

コンビニ おにぎり 作り方

おいしい三角おにぎりの基本の握り方を復習してみましょう。 ご飯の炊き方や、海苔がパリパリのまま包む方法もご紹介します。 おいしい三角おにぎりの握り方! おにぎりは、固めに炊いたご飯を、力を入れ過ぎず抜き過ぎずに、両手でふんわり包んでキュッと握ります。 そして、すぐに食べるなら塩は控えめに、後で食べるなら多めにまぶしましょう。 おいしく握ったおにぎりをお弁当にする時は、くしゃっと丸めて伸ばしたアルミホイルで包みます。 パリパリ海苔おにぎりが好みなら、海苔だけをフリーザーバックに入れて持つといいです。 面倒でなければ、アルミホイルでコンビニおにぎりのように包む方法もおすすめです。 おにぎりは素手で握った方がおいしく、形よく作れますが、ラップを使った方が、水を使わないので傷みにくく、衛生面でも安心です。 作ってから食べるまでの時間や季節などを考えて、素手かラップかを決めるのが得策かもしれません。 米は40分前にといでザルに上げて置き、炊く直前に釜にあけ、やや少なめの水加減で炊く。 きつく絞った濡れ布巾で拭いたすし桶に、炊き立てご飯を移してほぐす。 すし桶に移し変えることで、余計な水分が飛び、熱さも和らいで握りやすくなる。 ごはん、海苔やゴマ、具、塩、水、ラップ、アルミホイル、清潔なまな板等を並べて、おにぎり作りの準備をする。 具は入れやすい大きさにしておく。 梅干しの種は取り除いた方が安心。 手は綺麗に洗う。 まな板はきつく絞った清潔な濡れ布巾で拭く。 手に水を少しつけてのばし、両手の平全体をしめらせる。 水をつけ過ぎると、おにぎりがまとまらないので注意。 手の平にご飯をのせ、中央をくぼませて具をのせ、具を包みこむように両手で握る。 ご飯の量は、手の大きさにもよるが、三角おにぎりなら90~100gが握りやすい。 上になっている手の平と指に角度をつけて曲げ、下になっている手で受けて回転させ、三角形に握る。 丸いおにぎりなら丸く、たわら型なら平らに、要するに、上になってる方の手の形(角度)を変えれば、おにぎりの形が変わる。 3本の指に塩をつけて、手の平の上で伸ばしてなじませたら、両手でおにぎりを軽く握って転がして、塩をまぶしつける。 ご飯粒がくっつきそうになったら、塩と同様に指先に水を少しつけて、手のひらを湿らせてあげるといい(つけすぎない)。 握ったおにぎりは、清潔な木のまな板にのせて置くと、おにぎりの余分な水分が抜け、蒸れずにおいしくなる。 全部握り終わったら海苔を巻く。 ゴマをまぶす場合は表面が乾かないうちに。 画像は左から三角、たわら型、丸型、ラップで握った三角おにぎり。 おにぎりをのせるまな板は、肉や魚などの調理には使わないものを使うこと。 ない場合は、木の落とし蓋を利用するといい。 清潔さに自信がなかったら、まな板を使うのは止めましょう。 できれば、抗菌性と通気性に優れている竹皮で包みたい。 パリパリ海苔のおにぎりが好みなら、板海苔を3等分に切ってフリーザーバックに入れて添える。 写真ではおにぎりが見えていますが、出ている部分が乾燥するので、すっぽり包みましょう。 ラップの上にご飯を半量のせ、中央をくぼませて具を入れて、その上にご飯半量をのせ、ラップを寄せて、好きな形に握る。 お茶碗の上にラップを敷き、そこにご飯と具を入れて握ってもいい。 ラップを開いて塩を振り、ラップの上で転がして裏側にも振り、もう一度ラップを寄せて包んで軽く握る。 おにぎりはラップで包むより、アルミホイルで包んだ方が断然美味。 しかも、くしゃくしゃにしてから伸ばしたアルミホイルで包むと更にいい。 コンビニのようなパリパリ海苔おにぎりの包み方コンビニに売っているようなパリパリ海苔おにぎりの包み方を紹介します。 アルミホイル、おにぎり、海苔、セロハンテープを用意する。 板海苔は半分に切り、アルミホイルは海苔の幅の2倍より大きく切る。 アルミホイルを半分に折って広げ、海苔をのせる。 海苔は裏側を上にする。 両側を折って重ねる。 この時、海苔ギリギリに折ると、開ける時に海苔が破れるので、5~8mmあけて折る。 ホイルは裏でも表でもいい。 裏を返し、真ん中にセロハンテープを貼りつける。 この時、片側の端を2cmぐらい長くし、そのテープを半分に折ってくっつけ、1cmぐらいのつまみ部分を作る。 裏返したら、開ける時におにぎりがくっつかないように、油を少量つけたキッチンペーパーで拭く。 この時、テープが貼ってあるのは裏側で、つまみは上。 油はごま油でもサラダ油でもいいが、ここでは米油使用。 おにぎりをのせる。 アルミホイルの下方を持ち上げ、おにぎりの上に折り返す。 隙間ができないようにおにぎりを包み、折り込む。 裏側も折って形を整える。 できあがり。 つまみを持って下に引き、ぐるりと裏まで引っ張る。 片方のホイルを外す。 もう片方のホイルを外し、海苔でおにぎりを巻く。 ワンポイントアドバイス おにぎりは清潔な素手で握るのが理想ではありますが、衛生面を考えれば、ラップか使い捨ての手袋で握るのがいいでしょう。 すぐに食べるなら素手でもいいですが、お弁当にするならラップでが良さそうです。 なお、所要時間に炊飯にかかる時間は含みません。

次の

お弁当は節約になっている?コンビニおにぎりと自作おにぎりのコストを比較

コンビニ おにぎり 作り方

なにを隠そう僕はおにぎりが大好きです。 しかし、おにぎりをつくることは誰にでもできますが「おいしいおにぎり」を作るのは案外、難しいもの。 最高のおにぎりに必要な要素は「ご飯がふんわりとして」「表面がベタつかずに噛むとほろほろと崩れ」「適切な塩味がついている」の3つ。 従来の作り方は ご飯がアツアツのうちに塩(または塩水)をつけた手にごはんをとり、三角形(または俵型)に握る というもの。 まず、ご飯を手で握ると雑菌が付着し、それが時間経過とともに増殖し味を損ねるのでここから見直すことにしましょう。 ラップを使っておにぎりを包むのは今では一般的ですよね。 適切な塩味を探る まず適切な塩分濃度を比較検討しました。 前述の記事にあるYuka方式を採用し、広げたラップに塩を振ったところに、ご飯をのせて軽く丸めます。 ご飯の量は100gとしました。 コンビニエンスストアのおにぎりも通常、一個100g以上に設定されていますが、大きさとしてはほぼ最適解でしょう。 これ以上、大きくなると海苔や具材とのバランスが悪くなります。 それぞれ米の重量の0. 量の関係で0. 上記のおにぎりをつくり、1時間放置し、冷ましてから比較します。 結果として 0. 具材に塩気があれば米の塩分量をもっと減らしてもおいしいのか、と思い、0. どうやら米には具材の塩分と釣り合うだけの塩気が必要なようです。 おにぎりの味にとってバランスが重要であることがよくわかります。 塩分濃度の比較から、 おにぎりに必要な塩分量は米に対して具入りのおにぎりは0. 気になったのは熱いうちに握り一時間経過しているのにもかかわらず、 塩の量が増えると溶け切らない部分、あるいは味のついていない部分が出てくる点。 塩気がないと米の甘味が弱く感じられてしまうので改善する必要があります。 味付け方法の検討 そこで味付け方法の検討を行いました。 Aはさきほどと同じく表面に塩をまぶしたもの。 Bは炊き上げた米に塩を混ぜ込んだもの、Cは塩分濃度0. おにぎりとして 圧倒的においしかったのはCの炊き込み型です。 Bも同じように塩がまんべんなくまぶさっているのですが、Cのほうが塩がより溶けているせいか、お米の甘味を強く感じます。 なにより、炊き込み型のメリットは表面がベタつかずに噛むとほろほろと崩れる食感が出たこと。 これは調味料を加えることで米の吸水が妨げられた結果、米の粘りが出なかったからです。 米のベタつき問題の解決 最後に検討したのは米のベタつき問題。 前述の記事に 今朝は家にラップしかなかったのだが、アルミホイルで握るほうがアルミとご飯の間に程よい隙間ができるため、時間が経ってもおいしいおにぎりになる。 とあったので、A、Bで比較しました。 結果は「炊きたてのご飯を握った場合、アルミホイルのほうが多少はベタつかない」程度の差しかありませんでした。 アルミホイルは吸湿性のない素材のため、内側に水分が結露する現象は変わらないのです。 ゆるく立体的に巻いてアルミホイルの表面についた水滴が米につかないようにすれば解決するかもしれませんが、持ち運ぶことを前提にしたおにぎりの場合は現実的ではありません。 ベタつき問題を解決するためには硬めに炊き上げた米をバットにうつし、うちわで仰いで表面を冷ますのが簡単です。 おにぎりの代表的な失敗パターンは「硬くなってしまう」というもの。 米が硬くなるわけではなく、原因は握る際に米が隙間なくぎっしりと詰まってしまうこと。 この状態は避ける必要があります。 うちわで扇ぎ表面の水気を飛ばすことで、米のまわりの粘着性を抑えることができます。 (ベタつきの原因は水分、というのはで も触れましたね)ベタつかせないことで米同士が面ではなく、点でくっつくようになるため、仕上がりがふんわりと軽くなるのです。 もちろん、温度を下げすぎると米がまとまらなくなるので、冷まし過ぎには注意が必要。 熱いご飯を我慢して、手を真っ赤にしながら握る必要もありません。 気づいたことはおにぎりと寿司飯の共通項です。 どちらも空気を含ませつつ、適切な形にまとまり、強い味の具材(おにぎりの場合は具、寿司の場合はネタ)とバランスがとれる適切な塩気が必要、という共通点があります。 おにぎりはなんとなく簡単そうに思えますが、一朝一夕では身につかないすし飯の作り方と似ていると考えれば、その難しさがわかる、というものでしょう。 最高のおにぎりの作り方 それではここまでの検討結果を踏まえた現時点での僕が考える最高のおにぎりの作り方をご紹介します。 最高のおにぎりの作り方 1 米 2合 は軽く研ぎ、炊飯器の内釜にうつす。 2 炊きあがった米はただちにバットや皿にうつし、うちわであおいで水分を飛ばす。 3 ラップで一個100gを目安に握る。 では、ポイントを確認していきます。 あらかじめ水を張ったボウルを用意し、ザルに入れた米を落として、指先で軽くかき混ぜてから、水を捨てます。 これを二回ほど繰り返します。 お米は水に入れた瞬間から吸水をはじめるので、最初の洗いだけは早めに水を捨てるといいでしょう。 それよりも大事なことは 「米を洗うときは軽く」ということです。 表面の酸化した部分を洗い流すだけで十分。 というのも、お米は洗うほどに表面の糊粉層が落ちます。 糊粉層とは貯蔵タンパク質を含む細胞の層のことで、イネ科の種子に特有のもの。 酒造りでは米の表面を削りますが、これはタンパク質が雑味の原因となるからで、実際、お米はしっかり研いだほうがご飯単体としてはすっきりとした味わいになります。 お食事という形で赤だしと漬け物を添えて提供するのであれば、よく研いでから炊飯したご飯を提供したほうがおいしい、と言っていただけるかもしれません。 しかし、 おにぎりの場合は話が別です。 すっきりした味わいにしすぎると後から巻く 海苔の強い風味に米の味が負けてしまうのです。 おにぎり屋さんとしてははじめてミシュランに掲載された浅草のおにぎり専門店、宿六さんも同様の理由で米をあまり研がないように心がけているという話を聞いたことがありますが、たしかに比較検討すると海苔の強さがよくわかります。 この風味と釣り合うだけの味が米にも必要なので、お米の研ぎ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。 余談ですが唐揚げやハンバーグなど油脂のコクがしっかりとした現代の食卓にあわせる場合も、お米は研ぎすぎないほうがバランスがとれると思います。 水分量は控えめに さて、お米を炊飯器にうつして、水を注ぎます。 これはすし飯と同じですが、とにかく米の粘りを出さないように気をつけます。 この高い水分量が自作おにぎりのおいしくない原因です。 ここで塩を加えます。 塩分濃度0. 塩を加えることで米のベタつきを抑えることができますし、数多く作る必要がある場合も楽です。 炊きあがったお米をただちにバットかお皿に移して、うちわで扇ぎます。 酢飯ほど温度を下げる必要はありません。 バットに移すとあとの工程がやりやすくなります。 ここでご飯を8等分すればだいたい一個100gになるので。 ご飯の半量をラップの中央に置き、具材を載せます。 上からもご飯をかぶせて、、、 三角になるようにやさしく成形します。 (成形の仕方は山口さんの記事を参照してください)形はどうでもいいので、あくまでやさしく。 出来上がり。 より完璧を目指すのであればここで一度、ラップを外します。 ラップを外して完全に冷ますことで、米のベタつきをさらに抑えることができます。 また、0. はじめに塩気を感じさせることで、全体の印象を強めることができます。 俵型のおにぎりの場合はどこから食べるか予測できないため、この技法には使えないので三角形ならではの技。 完全に冷めたらラップをするか、海苔を巻きます。 海苔はザラザラした面を内側にして、ご飯を中央に置くようにします。 ゆるく握ったご飯は崩れやすいですが、海苔が底の部分を支えてくれるので食べやすいです。 冷ましているので海苔がアルミホイルにくっつく……ということもほぼありません。 海苔がアルミホイルにくっつくのは米の水分が原因だからです。 ただ、海苔がしっとりしてしまうので、海苔は別に持っていき、食べるときに巻くという形でもいいでしょう。 いや……長い記事でした。 この作り方はいちいち塩を手につけたりする必要がないため、非常に効率よくつくれます。 他にも海苔の厚さ(薄いか、厚いか)や米の品種など考えるべき要素はいくつかありますが、とりあえずこの作り方で最高のおにぎりをつくることができるはずです。 ところで、コンビニエンスストアのおにぎりもおいしくなりましたよね。 大きな転換点は2004年〜2005年にありました。 それまでのコンビニエンスストアのおにぎりの製造工程は炊き上げたご飯を一度、冷まし、それから成形するというものでした。 ご飯の冷却には真空冷却器が使われていため、減圧環境下でご飯粒のあいだに存在する空気が抜けてしまい、ご飯が硬くなるという問題があり、口のなかでご飯をほぐれやすくするために油脂を添加していましたが、それが「茶漬けにしたら油が浮いた」という不評を招いたことも。 油脂を添加することで時間経過とともに食味も下がるため、この問題の解決は急務でした。 そこで某メーカーが開発したのがホット成形という技法です。 この技法によって、油脂を添加する必要がなくなり(現在でも、直接パッケージに入れる塩むすび形の商品にはパッケージに米粒がくっつくのを防ぐために表面に油脂が塗られていますが)おいしさが長持ちするようになりました。 とはいえコンビニエンスストアのおにぎりだけではなんとなく寂しいもの。 おにぎりは作ってから食べるまでのあいだの時間も楽しみであり=おいしさという感じがなんとなくします。

次の