ウイルス 禍。 「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

「コロナ禍」という言葉はどこから来て、なぜここまで広まったのか: J

ウイルス 禍

それを問うべく、日刊SPA!上にて「コロナ禍で気づいた、良かったこと・悪かったこと」と題したアンケートを募集したところ、多くの回答が寄せられた。 まず注目すべきは、コロナ禍で気づいた「良かったこと・悪かったこと」の得票数。 当然「悪かったこと」に票が集中するかと思いきや、結果は意外にも Q コロナ禍で気づいた、良かったこと・悪かったことを教えてください。 ・良かったこと 75% ・悪かったこと 25% と、「良かったこと」に気づきを得た、という声が多く集まった。 外出できない、ストレスがたまる、仕事がない、給料が減った、目に見えないウイルスへの恐怖。 そして大局的には経済や治安の悪化など、コロナ禍において、平時と比べて悪いのは当たり前。 早速、その中身を覗いていこう。 外出自粛やテレワーク、そして保育園・学童の休園等で家族全員が家にいることが増えたことから、「家族の大切さに気づいた」とする人が多かった。 「家にいつもいるが、家族がいるのであまり孤独にもならず、退屈もしない。 料理は妻が作ってくれていつも出てくるし、子供ともゲームしたりしてよく話すようになった」(47歳・男性・大学職員) 「仕事が休業となって不安はあるが、子供と一緒にいられる時間がめっちゃ増えて最高な日々」(49歳・女性・飲食) 「夫の仕事量が減って一緒にいる時間が増えたこと。 長く続いたらよくないけど今まで忙しすぎたので、外出も出来ず家で一緒に過ごせることが嬉しいです。 一緒にお酒を飲んだり映画を観たりしてます」(30代・女性・専業主婦) 個人主義が蔓延する現代社会では、家族ですらも個人の集合という概念にすぎない。 俺の時間、俺の仕事、俺の場所、俺の成功…。 「日々の日常の大切さ」(38歳・男性・自営業)、「今までなんにもない普通の日常を退屈だと思っていたのに、それが一番幸せな事だったんだと気づいた」(39歳・女性・専業主婦)という端的な意見もあったが、まさにこういうことなのだろう。 「アウトドア派だったが、流石に警戒して外出せず 買い物、散歩等はする に、無理くりインドア派に変えただけで…金が溜まった。 具体的には一か月で5万円くらい余った。 今後も、インドア派になりそう…」(40代半ば・男性・サービス業) 「車やバイクでの通勤なのでガソリンの値段が下がって少しコストが下がった」(38歳・男性・公務員) 「ロレックスが安い」(35歳・男性・公務員) 「出掛けれないので、趣味のコレクションをオークションで捌くペースが順調」(35歳・男性・会社員) 散財しなくなった、外食しない分節約ができたといった話だけではない。 テレワークで通勤や会食の時間が圧縮されたのを機に「課金プラットフォーム型の英会話セミナー」を開設、すでに会員を獲得するなど、コロナ禍を副業チャンスに結び付ける動きも筆者の周辺で耳にする。 他にも「咳エチケットが取り上げられた」(45歳・男性・医療関係)、「日頃からの手洗い、うがい、手の消毒の大事さ」など、衛生面の強化を前向きに捉える声も目立った。 そして、「コロナ禍で良かったこと」の最後に取り上げるのは、環境、地球視点に立ったこんなメッセージ。 「イタリアの運河が見たこともないほどキレイになって、マニラの空がかつてないほど澄み渡り遠くまで見れるようになった。 パンダがストレスなく夫婦生活を送れた」(49歳・女性・会社員) 「空がきれい、空気がきれい、目やにと鼻水が少なくなった」(55歳) 「大気中のCO2が減った」(40歳・男性・会社員) 漫画『寄生獣』のメッセージではないが、未知のウイルスの蔓延に対して、人類への警告めいたものを感じてしまうから不思議なものだ。 <取材・文/日刊SPA!編集部>.

次の

新型コロナウイルス禍と学校教育:オンライン学習の可能性と課題

ウイルス 禍

住宅ローンを見直して家計支出の削減を コロナウイルスの影響から家計を守る術 営業自粛や外出自粛が続くことで自宅待機が増えています。 自宅でテレワークができる人はまだよいかもしれません。 飲食店やエンタメ業界の人など、業種や業態にもよりますが、売上高が大きく落ち込み、閉店も余儀なくされている会社もあります。 「今は、耐える時期」といわれますが、企業ではなく、個人はどう耐えれば良いのでしょうか。 どうやって家族の笑顔を守ればよいのでしょうか。 住宅ローン支払い中の現役世代の多くの人は、年収の中から2割や3割を住宅ローンの支払いに充てています。 つまり、住宅ローンを抱えているご家庭であれば、家計最大の支出は住宅ローンだと思います。 そこで家計最大の支出である住宅ローンについて、家計を守るための支払軽減方法をガイドからお伝えします。 勤務先の倒産や解雇に備える住宅ローン 住宅ローンを契約すると、ほぼすべての人が「団体信用生命保険」に加入します。 この団体信用生命保険について、保管してある申込書を確認してください。 あなたの住宅ローンにはどのような保険が付いていますか。 この機会に、団体信用生命保険を含めた、保険の内容を見直すことも家計を守る術のひとつです。 さて、もしもですが、住宅ローン返済中に勤務先が倒産してしまった場合に、あなたが支払っている住宅ローンはどうなりますか。 毎月の支払いは待ったなしで銀行の口座から引き落としが掛かります。 給与の入金がなく、残高不足で引き落としがされなければ、そのうち督促状が届きます。 そのような事態に備える団体信用生命保険があります。 住宅ローン返済中に勤務先の倒産や会社事由での解雇等で失業した場合に、最長6カ月間、ローン返済を保険金でサポートしてくれる保険です。 この保険が付いている団体信用生命保険にご加入であれば、大きなリスク対策になります。 しかも、この6カ月間の中に「ボーナス返済」があればそのボーナス月の増額返済分も保険金がでます。 自営業者や会社役員の方は、本人の責めに帰すべき事由によらない、やむを得ない事情により廃業する場合等には保険金が支払われます。 まずは、あなたの保険内容を確認してください。 現在契約している住宅ローンにこの失業等の保険が付いていなければ、この保険が付いたローンに換えることで大きなリスク対策になります。 ですが、団体信用生命保険はローン返済期間の途中から契約内容を変更することはできないため、契約内容を変更したい場合には、住宅ローン自体を変更する必要があります。 つまり住宅ローンの借り換えが必要になります。 住宅ローンの借り換えは、今まで住宅ローンを支払っている金融機関とは別の金融機関で新たにローンを組むため、団体信用生命保険も新たな内容となります(これまでに契約していた保険は解約することになりますので、現在の保険を継続したい人は現在のローンを継続することをお勧めします)。 毎月の支払いを下げる住宅ローン 毎月の住宅ローンの支払額を下げるには次の3つの方法があります。 金利引き下げ• 返済期間の延長• 繰り上げ返済 「1. 金利引き下げ」は、現在ローン返済中の金融機関でも対応可能かもしれません。 しかしながら、「2. 返済期間の延長」を今の金融機関に依頼すると、思惑とは裏腹に金利が上がってしまう可能性があります(返済困難な人の返済猶予のお願いとなれば金利は上がる可能性があります)。 そこで、検討したいのが借り換えです。 借り換えの費用対応効果を検証し、その上で現在のローンを継続するか否かを判断します。 繰り上げ返済」は、手元の自由にできるお金を減らす行為です。 今すべきことではありません。 それでは、ガイドが相談を受けた住宅ローン借り換え事例をご紹介します(ガイドは貸金業務取扱主任者でもあるので、法律に則って融資の実務支援をしています)。 数値は実際の相談事例を参考に加工しています ガイドがアドバイスした事例 《相談前》 ローン残高:1960万円 返済月額:125,901円 金利:1. 70%[固定金利] 残り期間:14年8カ月 総返済予定額:22,158,709円 団体信用生命保険:一般的な保険 《相談後(効果)》 ローン残高:2050万円(+90万円) 返済月額:73,603円(-5万2298円) 金利:0. 60%[変動金利](-1. そこで、今回のケースでは「諸費用」も借り換え後のローンに含めて試算しています。 [保証料] 既存のローンを一括繰り上げ返済すると、保証料の返金も見込めますがこの度の試算には入れておりません。 [金利タイプ] 借り換えに伴い住宅ローンの金利タイプが「固定金利」から「変動金利」に変わっています。 よって、将来に金利上昇があれば金利上昇のリスクがあります。 その反面、将来に金利上昇が無ければ総返済額は抑えることができます。 借り換え後 住宅ローンを見直したことで、毎月5万円の現金が手元に残ることになります。 年間で60万円。 この自由に使える「お金」があなたを支えます。 住宅ローンの借り換えで家計がラクに 【借り換えの効果】 ・毎月の資金繰り:5万円以上の余裕 ・生活費の足しにできる ・教育費に廻すこともできる ・老後の生活資金の貯えに、積立てや運用に回す こともできる ・失業してしまった場合、次の職を探す間の半年間は保険でローン返済される ・お金にゆとりが持てれば、気持ちもゆとりが持てます。 ガイドからひとこと お伝えしたいことは「今までの常識」を取り除くことです。 ひとりひとり、ローンとのつき合い方は異なるため、ローンを60歳までに完済することが一律にベストとは言えません。 ローン返済が60歳以降に続いても、遣り繰りする手段は残っています。 住宅ローンを積極的に返済していくことで、結果として、生活資金や教育資金、老後の生活資金が足りなくなっては本末転倒です。 リスク対策の視点で考えたときに、「低金利」かつ「保険」が付いている住宅ローンは急いで返す必要はないのです。 銀行への支払利息の多寡を悩むより、お金がある安心感を手に入れることを優先して考えたいものです。 【関連記事をチェック】.

次の

新型コロナウイルス禍の今こそ考えたい住宅ローンの正しい利用法

ウイルス 禍

ミリタリー/航空 2020年1月17日にカリフォルニア州サンディエゴを発ち、インド太平洋地域での任務の途中にグアムに立ち寄った後、乗組員の新型コロナウイルス感染が明らかになった空母セオドア・ルーズベルト(CVN-71)。 一種の閉鎖環境である艦内で感染が拡大し、急遽グアムに引き返して感染者を病院に収容するとともに、感染が確認されなかった残りの乗組員も隔離されました。 入院した乗組員の代わりとなる人員の異動が発令され、同時に艦内では徹底的な洗浄・消毒が実施されました。 隔離期間が終了した乗組員も復帰し、船を動かす訓練を経て、航空機を受け入れての運用試験をグアム近海で実施したセオドア・ルーズベルトは、最終的に任務への復帰が認められました。 これは米英戦争中の1813年6月1日、ボストン港沖でアメリカ海軍のフリゲート「チェサピーク」がイギリス海軍のフリゲート「シャノン」に捕獲された際、瀕死の重傷を負ったチェサピーク艦長のジェイムズ・ローレンスが乗組員を鼓舞した有名な言葉です。 このローレンス艦長の言葉は、戦友のオリバー・ハザード・ペリー(黒船で日本に来航したマシュー・ペリーの兄)が1813年9月の「エリー湖の戦い」で、アメリカ艦隊旗艦のローレンス(戦死したローレンス艦長にちなんで命名)に旗として掲げ、友の魂と一緒に戦い勝利した、というエピソードで伝説的なものとなりました。 空母セオドア・ルーズベルトが任務復帰のため、グアムを出航した6月4日がローレンス艦長の命日だというのもまた、意識されたものなのかもしれません。 セオドア・ルーズベルト艦長のカルロス・サルディエッロ大佐は「インド太平洋での任務に復帰することは、我々にとって大きな節目となります。 この日を迎えるまでの使命は、船を元の状態に戻し、そして乗組員たちを復帰させることでした。 そして今、我々は乗組員の健康を維持し、安全で、戦闘への備えが万全な状態にあります」と語っています。 新型コロナウイルスの感染拡大を経験し、セオドア・ルーズベルトでは再度の感染を防ぐため、万全の対策が講じられています。 任務中、乗組員はマスクを着用し、ソーシャルディスタンシング(適切な対人間隔の確保)の原則に基づいて、適切な間隔を確保しています。 サルディエッロ艦長は「セオドア・ルーズベルトが海での任務に復帰することは、希望とインスピレーション、そして国力の象徴です。 そして新型コロナウイルス感染症から回復した乗組員たちは、ウイルスに対する勝利の象徴ともなります。 彼らは陸に残り、最高の医療体制のもと、治療を続けています。 これを支えているグアム海軍基地、グアム海軍病院、そしてカリフォルニア州キャンプ・ペンドルトンの医療施設の皆さんに感謝しています」ともコメントしています。 グアムを後にした空母セオドア・ルーズベルトとその空母打撃部隊(CSG-9)は、今後インド太平洋地域の平和と安定を維持するための哨戒活動に入ります。 <出典・引用> Image:U. Navy (咲村珠樹).

次の