夏風邪 早く治す 食事。 夏風邪が長引く原因はウイルス!?食事で早く治す方法!

一刻も早く鼻風邪を完治させるための8つの方法

夏風邪 早く治す 食事

(1)ビタミンC 「ビタミンCは風邪のひき始めに摂ると、治るまでの期間が短くなるといわれています。 体内にウイルスが侵入すると、白血球がこれを撃退する役割を担いますが、ビタミンCは免疫細胞を活性化し、白血球のはたらきをサポートしてくれるのです。 また、ビタミンCは過剰に摂取しても不要な分は通常、尿として排出されるので、摂りすぎによる害もありません。 手軽にビタミンCを摂取したいなら、顆粒のビタミンC飲料に頼るのもアリでしょう」 (2)みかん 「みかんはビタミンCが豊富で抗酸化作用もあるため、風邪をひいた際に積極的に摂ってもよい食品の1つです。 成人の場合、ビタミンCの推奨量は1日あたり100mg。 みかん1個には35mgのビタミンCが含まれるので、1日3個食べれば推奨量を満たします」 (3)しょうが 「しょうがはからだを温めるはたらきがあるので、風邪を予防するにも早く治すのにも有効だといえるでしょう」 (4)ビタミンA 「緑黄色野菜などに含まれるビタミンAは、気道の粘膜を保護・強化するはたらきがあります。 風邪のウイルスは気道粘膜からからだに侵入しますから、そのバリア機能を高めるために、ビタミンAを積極的に摂るようにしましょう」 (5)栄養ドリンク 風邪をひいたときには、しっかり栄養をとるべきとはいえ、体調が悪いなか食事の準備をするのもなかなか大変……。 また、食欲がなくて食事が喉を通らないこともありますし、栄養ドリンクに頼っても大丈夫でしょうか? 「栄養ドリンクの主成分であるタウリンやビタミンBには、疲労回復や粘膜を正常に保つ効果があるので、風邪の症状改善に有効だといえます。 また、タウリンには肝臓のはたらきをサポートする効果も。 肝臓は、栄養をエネルギーに変換したり、老廃物や毒素を排出したりする臓器なので、風邪でからだが弱っているときに、栄養ドリンクでタウリンを摂取するのはよいと思います。 「卵酒が風邪によいとされるのは、卵が高級食材だった頃のなごりかもしれません。 栄養価の高い卵と、体を温めるお酒を組み合わせたものですから、昔の人は風邪のときに卵酒を重宝したのでしょう。 ただ、卵酒を飲めば風邪が早く治るという医学的なエビデンスはありません。 このため、ブルッと悪寒がするような風邪のひきかけ段階では有効だといえるでしょう。 他方、すでに発熱してしまった状態では、あまり効果が期待できません。 「市販の薬には、風邪の諸症状を緩和するさまざまな成分が含まれていますが、なかには患者さんの健康状態に悪影響を及ぼす可能性があるものもあります。 たとえば、先日、高齢の男性患者さんが、前立腺肥大が増悪して来院されました。 抗コリン作用のある市販の風邪薬を服用したのが原因です。 このほか、市販の風邪薬のなかには、緑内障など眼圧が高いかたは避けたほうがよいものもあります。 たしかに、市販の風邪薬は便利ですが、患者ひとりひとりの症状や体質などに合ったものとは限らないので、より安全を期すなら病院で処方してもらうほうが望ましいでしょう」 最後に、「風邪を早く治すために最も気をつけたいことは?」と質問したところ、「十分な栄養と休息」とのことでした。 うっかり風邪をひいてしまったら、今回ご紹介した方法で、できるだけ症状を長引かせないようにしましょう。

次の

風邪を早く治す方法はコレ!【栄養ドリンクや食べ物は?】

夏風邪 早く治す 食事

夏風邪は暑さによって抵抗力が低下している為に起こります。 大量に汗をかいて水分が少なくなったり、暑さから夜眠れず寝不足になってしまう等。 これらの状態が重なって免疫力や抵抗力が弱まり、体内のウイルス撃退に時間が掛かり夏風邪は長引きます。 なので、 夏風邪を治すには水分補給、栄養の高い食事、しっかりとした睡眠が効果的な対策です。 夏風邪を市販の薬を飲まないで治す! 夏風邪そのものに効く薬は実はありません。 咳・鼻水・頭痛にそれぞれ効果的な薬はありますが、一時的に症状を抑えているだけに過ぎません。 なので、夏風邪だからと薬を飲むと症状を抑えているだけなので根本的な回復には繋がらず、逆に夏風邪を長引かせる原因になることも。 もし症状が辛くてどうしても薬を飲みたい場合は病院で診てもらい処方してもらうのが良いでしょう。 ですが夏風邪を治すのに一番良いのは、水分補給、栄養の高い食事、しっかりとした睡眠です。 なので薬を飲む場合でもこの3つはしっかりと取り入れましょう。 夏風邪を早く治す方法 「水分補給」「栄養の高い食事」「しっかりとした睡眠」 この3つは夏風邪を早く治すのに欠かせない要素です。 スポンサーリンク 夏風邪を治すのには水分補給が大切 夏は汗をよくかくのでまずは脱水症状にならないように水分を取ることが大切。 ですが夏風邪は身体を急に冷やしすぎるのも原因のひとつなので、冷たすぎる物はNG。 あと、お茶は利尿作用が高くたくさん飲んでいるのに脱水症状が起きてしまった、なんてこともあるので保水効果のあるスポーツドリンクか普経口補水液が一番のおすすめです。 夏風邪には栄養の高い食事を 夏風邪には「ビタミンA」と「ビタミンC」を摂るのが効果的です。 ビタミンAは油と一緒に摂取すると吸収率がアップします。 特にはちみつレモンは夏風邪に効果的で、薄く輪切りにしたレモンにはちみつをたっぷり浸したのを毎日1枚ずつ食べると夏風邪予防にもなるのでぜひ試してみてください。 夏野菜も夏風邪に効果的な食べ物です。 トマト・ナス・ピーマン・きゅうり・カボチャ・枝豆・しそなどに夏風邪を防止する栄養素がたくさん含まれています。 食べ方にコツがあり、夏で暑いからと言って冷たい食べ物ばかりを取ることはおすすめできません。 夏風邪をひいてしまった場合は身体を冷やすのではなく、温めることを意識して食事を取りましょう。 夏野菜をたっぷり使ったスープが夏風邪にはおすすめです。 夏風邪にはしっかりとした睡眠を取ろう 睡眠は体力や免疫力を高める為に必要。 寝苦しいと良質な睡眠は取れないのでエアコンや扇風機を使って快適な空間作りが大切です。 しかしクーラーの当たり過ぎも夏風邪の原因になるので、おすすめのエアコンの使い方は、窓を開けて除湿か温度を高めの冷房。 扇風機を弱く首振りでつけ部屋全体に涼しい風を送るのがおすすめ。 乾燥も夏風邪によくないので、夏でもエアコンを使うときは加湿器を使うのが良いです 夏風邪が長引くのはなぜ?薬を飲まないで早く治す方法のまとめ いかがでしたでしょうか? 薬を使わずに辛い夏風邪を早く治すには「水分補給」「栄養の高い食事」「しっかりとした睡眠」が大切です! 1日でも早く夏風邪が良くなりますように。

次の

鼻風邪に効く食べ物ランキングBEST10!

夏風邪 早く治す 食事

・関節の痛み ・発熱 ・下痢や腹痛 ・のどの痛み、咳 ・鼻水やくしゃみ そして、夏風邪の原因ウイルスに対する特効薬はまだないため、症状別に対症療法を行い、免疫力をつけながら体が内側から自然に治すのを待つしかありません。 (関連記事:) (関連記事:) (関連記事:) ただ、体はウイルスと戦うことで体力を消耗し、同時にのどの痛みや腹痛などで食欲が低下してしまって栄養が足りなくなると、なかなか治らなくなってしまいます。 そこで、夏風邪の症状に効果的な次のようなポイントをおさえたレシピで食事をとり、体の再生能力を高めるようにしましょう! 1)軽めのメニュー 胃腸が弱っている夏風邪の症状に、肉類を多用したり揚げ物や油を多く使う料理は向きません。 そのため、できるだけさっぱりとしていて軽いメニューを選び、適量にし、食欲が低下していても食べたくなる盛りつけの工夫をしてあげると良いでしょう。 2)風邪に効果のある食材を使う ・スイカ スイカは利尿作用がありむくみに効果的で、風邪の治りを良くするリコピンが多く、スイカの果肉部分を絞った時に出る水分を煮詰めたスイカ糖はのどの痛みに効果的です。 ただし、冷やしたスイカを食べ過ぎると体を冷やしてしまい逆効果なので、適量を食べるようにしましょうね。 そして、最近はあまり見かけなくなりましたが、スイカ糖が手には入ったらヨーグルトに混ぜて食べたり、紅茶に入れると食べやすく、オススメです。 ・生姜やネギ 夏風邪の時には、適度に体を温め、血行促進によって代謝をアップさせる生姜やネギがオススメです。 ただし、のどの痛みや咳を伴う場合、生姜の刺激が強すぎるので使用をやめた方が良く、代わりに煮ると柔らかく甘味のあるネギを使うと良いでしょう。 ・ニンニク ニンニクにも血行を促進して体を温める効果があり、代謝機能を活発化させて弱った細胞の抵抗力をアップさせ、体内に侵入したウイルスを退治してくれます。 ただし、生で食べると刺激が強いので、必ず加熱して食べるようにしましょう。 ・柑橘系の果物や緑黄色野菜 レモンやキウイフルーツやみかん、グレープフルーツなどの柑橘類に含まれるビタミンCは風邪の治りを良くする作用があります。 また、じゃがいもや赤ピーマンもビタミンCが多く、人参やほうれん草や春菊などの緑黄色野菜もオススメです。 ・豚肉やレバー 細胞を修復するレバーや、タンパク質をエネルギーに変える豚肉なども栄養満点で、特に大豆製品は良質なタンパク質を含んでいるので、豆腐と一緒にとると良いでしょう。 3)消化の良いもの 夏風邪ではお腹を下して胃腸が弱ることが多いので、消化の良い食材を選ぶようにし、麺類なら蕎麦を選んだり、食物繊維の豊富な食材もすり下ろしたりして工夫しましょう。 (関連記事:) (関連記事:) 4)簡単なレシピ 長時間立って料理をすることも体力を消耗することになるので、自分自身が夏風邪にかかってしまっても短時間で簡単に作れるレシピを知っておきましょう。 そして、もしも本当に自分で作るのが大変な場合は、コンビニでも同じようなレシピで作られた出来合いの商品が数多く手に入るので、コンビニも頼ると良いでしょう。 夏風邪に効く食事の簡単レシピ10選! 1) 梅ほうじ茶がゆ 解毒作用のある梅で風邪のウイルスを体から排出することができ、またクエン酸も含み、疲労回復効果が期待できます。 それから、番茶に含まれるビタミンは熱に強く、脳をリラックスさせる効果もあるのでオススメです。 2) 大根と落とし卵のお味噌汁 加熱した大根は辛味がなくなり、胃腸に優しくのどの痛みも緩和してくれますし、卵にはタンパク質やアミノ酸やビタミンなど豊富な栄養素がバランス良く含まれています。 そして、味噌を溶いただし汁に落とし、半熟のとろとろ卵にして食べると食べやすく、ゆっくりと体を温めるのでオススメです。 3) 夏野菜のしそ入り豚肉巻き オクラや赤ピーマンなどの緑黄色野菜で好きなものを豚肉に包み、少量の油で焼いて塩で味付けするだけでOKの簡単レシピです。 そして、紫蘇やミョウガなど薬味も加えると、食欲を促進させてくれるので、食欲が低下しているときにもぱくぱく食べられそうでオススメです。 4) サラダ奴 豆腐に含まれる良質なタンパク質は、元気な体作りに欠かせません。 そのため、寄せ豆腐を手でくずし、パプリカやセロリ、ウリといった夏野菜を刻んで軽く混ぜ合わせ、めんつゆやだし汁を調味した調味液で食べるレシピがオススメです。 ただし、冷たい豆腐を食べ過ぎると体を冷やすので適量にしておきましょう。 5) 鰻ごはんの冷製とろろ茶漬け 鰻はビタミンA、C、Eが豊富ですし、とろろの長芋にも免疫力を向上させる高い効果があり、合わせて食べることで体の再生能力を高めてくれます。 そして、スーパーでも安価な鰻が売っているので、タレと一緒にごはんで混ぜて、だし汁で溶いたとろろをかければ食べやすく、たちまち元気がわいてくるのでオススメです。 6) トマトとオレンジのゼリー オレンジにはビタミンCが多く含まれ、トマトはビタミンだけでなく、ペクチンやカリウムなどの高い栄養価と、食欲を促進させる効果もあります。 そのため、これらの二つの食材を合わせてゼリーなどにすると、小さい子供でも食べやすくオススメです。 7) ホットジンジャー・ハニーミルク 生姜が持つ体を温める効果に加えて、ミルクには安眠作用もあるので、眠る前に飲むと良く、ハチミツでほんのり甘くすることで小さな子でも飲みやすくなりオススメです。 8) 大根のハチミツ漬け 生の大根を小さく切り、ハチミツに漬けた液のうわずみを飲むと、風邪の初期症状ののどの痛みによく効いて、咳の症状を抑えてくれます。 そして、余った大根は浅漬けなどにすれば使い残しがなくオススメです。 9) 卵とネギの雑炊 卵の雑炊は風邪の時の定番レシピですよね。 さらに、食物繊維が豊富なキャベツを細かく刻み、体を温めるネギや、解毒作用のある梅干しを加えるとさらにオススメなのでぜひ試してみて下さいね。 10)イチゴヨーグルト 甘酸っぱいイチゴを小さく刻んでヨーグルトと混ぜ合わせただけの簡単デザートです。 そして、飾りのペパーミントには頭痛などに効く鎮静作用があるので、ひとつ添えてあげると良いでしょう。 夏風邪の時のレシピでダメな例はコチラ! 反対に、ダメな例としては、食欲が低下しているのに重たい食事や、刺激の強すぎる香辛料を使った次のような食事です。 ・焼き肉 暑気払いといえばビールに焼き肉、という方も多いと思いますが、夏風邪で免疫力が低下している体には胃腸への負担が大きくオススメできません。 また、香辛料をたくさん使った料理や冷たいビールのとりすぎも、のどへの刺激が強すぎたり、お腹を冷やす原因となるので、風邪を引いたときには控えるようにしましょう。 ・天ぷらなどの揚げ物 緑黄色野菜をたくさん使っていても、揚げ物をたくさんとりすぎては、弱っている胃腸へさらに負担をかけることになるので、天ぷらなどの揚げ物もオススメできません。 また、ビタミンB1が豊富な豚肉も、衣をつけて揚げ焼きにするなどのレシピはあまりオススメでなく、できればしゃぶしゃぶなどでさっぱりと食べるようにしましょう。 ・炭水化物のみなどの偏った食事 お米などの炭水化物は、エネルギーに変えてくれるビタミンB1などの他の栄養素が必須です。 そのため、白がゆなどは、脱水症状の対策になるので食べてはいけない料理ではないですが、梅干しを加えたり、可能であれば豚肉などと一緒にとると、なお良いでしょう。 スポンサーリンク 夏風邪の時はエアコンを上手に使おう!オススメの使い方はコチラ! このように、夏風邪の時には体を適度に温める食材などが効果的とお伝えしましたが、よく、風邪の時は温めるのが大事!とエアコンを止めて厚い布団にくるまる方がいます。 しかし、夏風邪の場合は無理して厚い布団にくるまるのはNGで、通気性の良い衣服を着て、タオルケットなどでお腹や手足をくるんで眠るようにしましょう。 それから、エアコンを止めて高温多湿の環境下にいると、原因となるウイルスが繁殖しやすくなり、症状が悪化し、脱水症状の心配もあります。 (関連記事:) まとめ いかがでしたでおしゅか? 今回は、夏風邪を早く治すために効く食事の簡単レシピ10選と、ダメな例を詳しくお伝えしました。 まず、夏風邪を早く治すには、体を適度に温める生姜やネギや、ビタミンが豊富で免疫力を上げる豚肉や鰻や緑黄色野菜がオススメですが、スイカものどの痛みに優しく効くので、これらを組み合わせた簡単レシピを10個ご紹介しました。 そして、反対にオススメできないのは肉や香辛料や揚げ物などといった胃腸への負担が大きい食事で、栄養バランスが偏った料理も風邪への効果が半減するとのことでした。 それから、食事で栄養をとった後には、エアコンを上手に使って部屋を適温で適度な湿度に保つと良く、厚いおふとんにくるまって無理して汗をかくのもオススメではないとのことでしたね。 夏風邪をひくと体力がどんどん消耗されていくので、1日も早く回復できるよう、体を労った簡単なレシピで、元気な体に戻してあげるようにしましょう! スポンサーリンク (関連記事:) カテゴリー•

次の