米津 玄 師 lemon 歌詞。 米津玄師 泣けるおすすめ曲!!歌詞と歌の世界観に涙腺崩壊!!Lemon、orionなど

Lemon 歌詞『米津玄師』

米津 玄 師 lemon 歌詞

「 Lemon」 の 初出アルバム『』 クランベリーとパンケーキ Paper Flower リリース 2018年3月14日 2018年2月12日(先行配信) 規格 録音 時間 12:21 米津玄師• 3ミリオン(Track1、シングルトラック、)• ダブル・プラチナ(CD、日本レコード協会) チャート最高順位• Billboard JAPAN• 週間1位(5週連続・通算7週、)• 2018年度・2019年度年間1位()• 週間1位(通算36週、Billboard HOT BUZZ SONG)• 週間1位(10週連続・通算26週、)• 2018年度・2019年度年間1位()• 週間2位• 月間3位 2018年3月度• 年間18位 2018年度)• 年間34位 2019年度)• デジタルシングル週間1位(10週連続・通算26週)• デジタルシングル年間1位(2018年度・2019年度)• 合算1位• 登場回数118回• 週間1位(通算4週、オリジナルランキング)• 2018、2019年度年間1位(オリジナルランキング) シングル 年表 (2017年) Lemon (2018年) (2018年) 目次• 制作背景 [ ] 「Lemon」は「」の主題歌として書き下ろされた。 同月のに、表題曲のレコーディングを終えた旨が米津のTwitterアカウントに投稿された。 ドラマの初回放送日である1月12日、ドラマの第1話エンディングで楽曲が初めてオンエアされ、同時に「Lemon」に合わせたビジュアルワークが公開された。 楽曲に対しては主演を務めると、脚本を担当するからコメントが寄せられた。 ドラマ第2話放送後、シングルリリースが告知された。 リリースは米津にとって「」以来9ヶ月ぶり、また2018年最初であった。 同時にジャケットワークが公開された。 過去作品と同様に米津のイラストが使用されており、枝から垂直に生ったレモンの果実が描かれている。 フィジカルはドラマの最終話が放送される3月14日、初回限定盤の2種類 Lemon盤・DVD盤 と通常盤の合計3形態がリリースされた。 通常盤はCDのみ。 Lemon盤にはレターセット、DVD盤にはMVとライブ映像を収録したDVDがそれぞれ特典として付属する。 「Lemon」は『』の主題歌として書き下ろされたが、劇中では人の死を多く扱っており、楽曲も同じテーマが重要視されて制作された。 制作当初の仮タイトル「Memento」(日本語で「形見」「記憶」などの意 )であったが、あまりに直接的過ぎるという理由で変更された。 タイトルや歌詞に用いられた「」については、の『』やの『』(「レモン哀歌」)などから無意識的に自分の頭の中にはあったものから生まれたもの、という面はあるかもしれないと述べている。 また、楽曲制作中に祖父が他界し、自分の中での死に対する価値観が変わったことで、かなり悩んだことや完成までにかなりの時間がかかった事を明かしている。 カップリングの「クランベリーとパンケーキ」は、米津が二日酔いの状態の時に制作された。 批評家の反応 [ ] テレビ雑誌『』が主宰する第96回において「Lemon」はドラマソング賞を受賞した。 読者票・ザテレビジョン記者票・審査員票の項目で競われ、「Lemon」はそれぞれ2位・1位・2位を獲得した。 また、「Lemon」が使用された『』は、作品賞、主演女優賞()、助演男優賞()、脚本賞()、監督賞(、竹村謙太郎、村尾嘉昭)の、9部門中6部門で最優秀賞を獲得した。 チャート成績 [ ] 先行配信された表題曲は、2018年2月26日付ので初登場2位を記録した。 同日付のオリコン週間デジタルシングルランキングでは、約23. 6万ダウンロードで初登場1位を記録した。 また、このダウンロード数は、前年12月に正式スタートしたオリコン週間デジタルシングルランキングの、発売初週ダウンロード数、累積ダウンロード数の歴代記録を塗り替える結果となった。 オリコン週間デジタルシングルランキングでは、その後発売以来10週連続で1位を獲得し5月5日付で累計ダウンロード数100万回を突破した。 2019年11月11日付にて1位を獲得し、歴代連続1位獲得週数を85週に伸ばした。 2019年3月25日付オリコン週間カラオケランキングにて52週連続1位という新記録を樹立した後も、現在まで途切れることなく1位を獲得し続けており、1. 5年以上にわたり、前代未踏の記録を更新し続けている。 3月14日にフィジカルが発売され、26日付けのオリコン週間ランキング・Billboard JAPAN Hot 100では、の51stシングル『』に次いで初登場2位を記録した。 米津のシングルが初週10万枚以上売り上げるのは初となる。 フィジカルは1週間でおよそ30万枚が出荷され、配信数と合計してミリオンセールスを記録したと報じられた。 3月19日付けの香港、及び台湾のiTunes総合チャートで1位を獲得しており、この影響で、台湾では4月、中国では8月にCDシングルリリースが告知されている。 翌週4月2日付けのオリコン週間ランキングでは約4万枚を売り上げて2位を保持。 Billboard JAPAN Hot 100ではワンランクアップして1位を獲得した。 レコード会社調べでは、2018年10月17日までにフィジカルの出荷枚数が41万枚を突破 し、2018年12月度リリースにてダブル・プラチナ(50万枚) に認定された。 2018年12月21日付で表題曲が配信で200万ダウンロードを突破 、2019年9月23日付で表題曲が配信で300万ダウンロードを突破 した。 19年度の期間内総売上数が10月8日付で100. 1万DL(100万844DL)を記録し、「2019年度初のデジタルシングル100万DL突破作品」となった。 (JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングでは、度の年間4位 、度の年間1位 を獲得した。 2020年の金賞 を受賞している。 ミュージックビデオ [ ] 制作背景 [ ] 「Lemon」のミュージックビデオは、などのミュージックビデオを手がけたが監督、のが撮影を務めた。 本編には映像作家とダンサーを兼業するが出演している。 「」はの死を扱う法医解剖医の活躍へスポットを当てており、楽曲もまた人間同士の死別がモチーフにされた。 これに合わせてミュージックビデオは死者に捧げるを構想し、教会で撮影された。 リリース [ ] 「Lemon」のミュージックビデオはにの米津のチャンネルで公開された。 ビデオは公開から約13時間で100万回、6日間で1000万回再生を記録。 いずれも米津のチャンネルでアップロードされたビデオの歴代最速記録を更新する結果となった。 以降も際立った速度で回数を伸ばし、同年6月11日時点で1億回再生を記録した。 米津の楽曲の再生数が1億回を突破したのは「」に次いで2度目、とのコラボレーション楽曲である「」を含めれば3度目の快挙であった。 これを記念して、8月11日ににて開催される「東京花火大祭2018〜EDOMODE〜」にて、楽曲と花火のコラボレーションが決定している。 以降はに2億回、には3億回を突破した。 YouTubeにおいて日本のによるミュージックビデオが3億回再生に達したのは史上初のことであった。 また6月16日時点で4億回、12月17日時点で5億回再生を記録。 いずれも日本ミュージシャン史上初のことであった。 ライブ・パフォーマンス [ ] 米津の歌唱が行われたシスティーナホール 2018年12月31日に放送されたに米津が白組として出演し「Lemon」を歌唱した。 米津はNHKからの出演依頼に対し「祖父が暮らした故郷で歌唱することに大きな意味があるような気がして」 と、祖父の死から1年を経た節目で祖父に想いを込めた曲を地元で歌うことに意義を感じ、出演を承諾。 米津は番組後半の全体における24番手、白組における20番手として、主会場であるではなく、郷里のにあるシスティーナホール()からの生中継で歌唱した。 システィーナホール内に無数のキャンドルが設置された幻想的な空間で「Lemon」をフルコーラスで歌唱し、演奏中にはのがの振付によるダンスを披露した。 米津はテレビでのメディア露出が他の出演者と比較しても非常に少ないことで知られており、歌唱後にはこれまでテレビ番組の生出演がなかった米津が「この場を用意していただいたすべての方に感謝の気持ちを述べたいと思います。 本当にどうもありがとうございます」と挨拶したこともあり、大きな反響を呼んだ。 収録内容 [ ] CD 全作詞・作曲: 、全編曲: 米津玄師、編曲協力:( 1)。 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「Lemon」 ドラマ『』主題歌 4:16 2. 「クランベリーとパンケーキ」 3:30 3. 「Paper Flower」 4:35 合計時間: 33:42 なお、米津がライブ映像をDVD化するのは初めてである。 演奏 [ ]• Lemon• 米津玄師:Vocal, Guitar• 堀正輝 ARDBECK, SCAM CIRCLE :Drums• , :Piano• ストリングス:Strings• クランベリーとパンケーキ• 米津玄師:Vocal, Guitar• 須藤優 ARDBECK :Bass• 堀正輝 ARDBECK :Drums• Paper Flower• 米津玄師:Vocal 特典DVDサポートメンバー [ ]• 米津玄師:Vocal, Guitar• 中島宏士:Guitar• 須藤優 ARDBECK :Bass• 堀正輝 ARDBECK :Drums• :Guest Vocal 「灰色と青」• :Guest Dance 「LOSER」 脚注 [ ] []• 音楽ナタリー ナターシャ. 2017年12月14日. 2018年1月19日閲覧。 rockinon. 2018年1月12日. 2018年1月19日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2018年1月12日. 2018年1月19日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年1月12日. 2018年1月19日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年1月12日. 2018年1月19日閲覧。 BARKS BARKS. 2018年1月26日. 2018年1月27日閲覧。 2018年3月17日閲覧。 Billboard Japan Hanshin Contents Link Corporation. 2018年3月9日. 2018年3月18日閲覧。 rockinon. com. 2018年2月16日. 2018年12月26日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年3月13日. 2018年12月26日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年3月28日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2018年5月2日閲覧。 2018年2月21日閲覧。 2018年2月21日閲覧。 rockin'on. com rockin' on holdings. 2018年2月20日. Musican-NET F. Communications. 2018年5月8日. 2018年5月10日閲覧。 SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2019年11月26日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年11月26日閲覧。 PRTIMES PRTIMES. 2018年3月27日. 2018年3月27日閲覧。 Billboard JAPAN Hanshin Contents Link Corporation. 2018年3月28日. 2018年3月28日閲覧。 、PR TIMES(ソニー・ミュージックレーベルズ)、2018年10月17日 22時37分。 、rockin'on. com、2018年10月18日 13時。 なおソロアーティストによるシングルCD50万枚突破としては、2011年6月度『』以来、7年6か月ぶりとなった。 、rockin'on. com、2018年12月21日 17時。 、ドワンゴジェイピーnews、2019年9月30日。 、日本音楽著作権協会、2019年。 、日本音楽著作権協会、2020年。 、日本音楽著作権協会、2020年。 Twittr. 2018年2月27日閲覧。 musicman-net F. Communications Inc. ,Ltd. 2018年3月5日. 2018年3月6日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2018年6月15日. 2018年6月17日閲覧。 プレスリリース , 株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ, 2018年11月5日 , 2018年11月25日閲覧。 オリコン. 2019年2月9日. 2019年2月10日閲覧。 オリコン. 2019年6月16日. 2019年6月16日閲覧。 オリコン. 2019年12月17日. 2019年12月17日閲覧。 スポーツニッポン. 2019年1月1日. 2019年1月1日閲覧。 徳島新聞 The Tokushima Shinbun. 2018年12月31日. 2019年1月2日閲覧。 Yahoo! ニュース MUSIC VOICE. 2019年1月1日. 2019年1月2日閲覧。 外部リンク [ ]• ソニーミュージックによる紹介ページ•

次の

Lemon 歌詞『米津玄師』

米津 玄 師 lemon 歌詞

ドラマ内容が「不自然死研究所」を舞台とする「死」を扱ったものであることと、米津さん自身が雑誌インタビューにて「この曲を作っている最中にうちのじいちゃんが死んだんです。 それで今まで自分の中で作り上げてきた『死』に対する価値観がゼロになった。 結果、『あなたが死んで悲しいです』とずっと言ってるだけの曲になりました」と語っていることから、 「大切な人との死別を歌った曲」と考えている方も少なくないようですね。 また、この曲が当初より「アンナチュラルの主題歌」という決定ありきで作られたものであることも、やはり「死別」がテーマだと推測する根拠になっているようです。 しかし、歌詞に登場する二人のストーリーについて、私個人の考えは少し違います。 なぜなら、この楽曲の歌詞には、想いをつづった対象者が現在進行形で存在していることが示唆されているからです。 ただ、たとえ二人が生きていて互いを想い合っていたとしても、さまざまな理由から「永遠の別れ」が訪れることはありますね。 それは、物理的な距離が離れた場合かもしれませんし、どちらかが「完全なる別の未来」を選択したときかもしれません。 ですからこの曲は、米津さんが「身内の死」にインスパイアされた、「永遠の別れ(その原因は死と限定されていない)」を主軸に置いた曲であると考えます。 スポンサーリンク? においに関する記憶は色あせにくい 次に、楽曲名でもあり、歌詞の中にも登場する「Lemon」についての考察です。 「においに関する記憶は色あせにくい」という事実をご存知でしょうか? ヒトの嗅覚に関するシグナルは、視床を通らずダイレクトに大脳へ流れ込むため、何らかの香りを伴った記憶は、心にとどまりやすいんだそうです。 私にも経験があるのですが、ある特定のにおいを嗅いだときに、瞬間的に同じにおいをまとっていた知人との思い出がフラッシュバックされた…なんてことがないですか? おそらくこの歌の主人公は、彼女(全体の流れから察するに、私はこの曲は恋愛の歌だと思っています)との思い出に「レモンの香り」が紐づいていたのでしょう。 歌詞では「あなたとの思い出=レモンの匂い」という関連性が示唆されていますから、彼女がレモンや柑橘系の香水を好んでいたのかもしれませんし、レモンティーをよく飲んでいた、なんてこともあり得るかも。 そのため、今もふとレモンの香りを嗅ぐと、彼女のことが胸に浮かんでしまうのではないでしょうか。 また、「1/2の林檎」という話があるように、二つに切り分けられたフルーツなどは、「別れてしまった運命の二人」の象徴として比喩表現に使われる場合があります。 歌の主人公は、「本来一つのものであったほどに大切な片割れ」との永遠の別れを憂い、そこから進むことができないでいるのかも知れませんね。

次の

米津玄師 / Lemon:歌詞の意味を徹底解釈!大切なあなたを失った悲嘆の歌。

米津 玄 師 lemon 歌詞

米津玄師さん自身初となるドラマ書き下ろしの主題歌がlemonです。 ちなみに、lemonが収録されているシングルのlemonの表紙のイラストは米津さん自身が描いているそうです。 曲も作れて、歌えて、絵も上手で本当にセンスしか感じません。 "アンナチュラル"とは 出典: lemonが主題歌にもなっているドラマ「アンナチュラル」はどんな物語なのかも先に触れていきます。 の恋人・をはじめ、複数の女性を殺害した疑いのある高瀬(尾上寛之)が警察に出頭。 しかし、遺体損壊は認めたものの肝心の殺害については否定する。 殺人を立証できる証拠もなく、たちは歯がゆさを感じながらも、高瀬を殺人罪で裁くため検証を続ける。 参照: ドラマでは、 「不自然な死」を究明することで今を生きている人の未来を救おうとする主人公の姿が描かれています。 米津玄師のlemonとはどのような繋がりがあるのか 「死」「未来」といったワードで繋がってくるんじゃないでしょうか? 米津玄師が"lemon"にかけた想い Youtubeの動画でlemonの制作秘話が載っていました! 曲自体の解釈・解説を始める前に米津さんがどんな想いでlemonを制作したのかかいつまんでご説明します。 「傷ついた人達を優しく包み込むような曲」をイメージして作られた曲でしたが、作って行くにつれて 「あなたが死んで悲しいです。 という自分の気持ちをひたすら吐露する4分間になってしまった」と米津さんはコメントしていました。 米津さん自身の実体験に基づいた曲がlemonだと解釈できます。 米津さんがツアーをこなす中でlemonの楽曲制作中に、米津さんの祖父が亡くなりました。 "lemon"は亡くなったお祖父さんに向けたレクイエムなのかもしれません。 参照: "lemon"歌詞・MV解釈 lemonの解釈を進めて行く上で、私ごときが解釈をするのが恐れ多くなるぐらいに米津さんのlemonは 深く美しすぎる世界観が広がっているように感じました。 米津さんの取材で見つけた解釈の意味と私が lemonのMVや歌詞に対して感じた意味を書いていきます。 "lemon"の意味 出典: レモン 檸檬 を示す花言葉には"誠実な愛"という意味が込められています。 歌詞やMVを見ている人も "誠実な愛"の印象は伝わってくると思います。 また、レモンは有名な絵画の "最後の晩餐"にも描かれています。 キリストと弟子達が食事をする後ろのレモンの木は、レモンの効能の一つである解毒の効果を 「救済」として意味しています。 他にも有名な絵画の"パーンの神話"でも、レモンの木が愛の象徴として森の精の 「悲哀」を描いています。 「誠実な愛」「救済」「悲哀」 この意味を見ても分かるように、米津さん自身の愛する人への想いや悲しみ、誠実さが表現されていて、lemon以上にこの曲にあうタイトルはないように感じました。 失ったヒトへの想いが溢れる歌 「夢ならばどれほどよかったでしょう」と現実を受け入れられない様子が描かれていて、 「あなたのことを夢にみる」「忘れた物」「古びた思い出」にあるように、 誰か大切な人を失ったことを嘆いていることが解釈できます。 大切な人を失って夢にその人が現れたり、思い出を回想しています。 そのシーンが女性が一人の部屋で踊っている様子なんじゃないかと思います。 米津玄師を主人公として、失った女性への想いを歌やMVで描いています。 もう伝えることが出来ない過去 「戻らない幸せがあることを最後にあなたが教えてくれた」 彼女が亡くなって初めて もう戻ることができない幸せだった日々に気づけたことを表現しています。 歌詞の中で 「暗い」ではなく「昏い」の漢字は当てられています。 「昏い」は「暗い」とは違い、全く光がない状況ではなく 日が暮れて明かりが少なくなってきたことを示します。 他にも 「物がはっきりと見えづらい状態」などを意味しています。 彼女に言えないかった"もやもやした過去"が言えないままでお別れをしてしまった。 だから、伝えたかった事を言えないままでもう伝えることはできないともういない彼女に向けて言っているんじゃないでしょうか。 ハイヒールに隠された意味 そしてこのシーンのMVでは 米津さんがハイヒールを履いている印象的なシーンがあります。 私はこのシーンをみて 「忘れられない彼女を側で感じるため」彼女が愛用していた靴を履いているのかな?と解釈していました。 男性がハイヒールを履いていれば好奇の目で見られますが、周りの目を気にせずに貴方の事を全部愛しています。 ハイヒールは二人にしか分からない共通項になています。 「もう会えないけれど貴方との思い出を大切に生きている」そんなメッセージが込められています。 参照: 異質に感じるMV 「あの日の苦しみ」が示すのは大切なヒトを失った日や悲しみに溺れた日々だと解釈できます。 「あなたとともに」の歌詞があることからも、 見えないけれど貴方はずっと私の心の中にいる。 だから「今でもあなたはわたしの光」なんじゃないかと考えられます。 またMVでは米津さんの周りにいる人は、外国の方で視線が米津さんと異なっていて何か違和感を覚えます。 それは、 米津さん自身が感じている自身の異質さだったり、見ているものや支えになっている物が違う事を印象的に表現していると感じました。 綴られた暗闇の日々 「暗闇であなたの背をなぞったその輪郭を鮮明に覚えている」 覚えているというのは過去のことを示していることから、大切なヒトを失って真っ暗になっていたときのことを表現しています。 「もう会えない。 触れられない。 貴女の笑顔が見れない」そんな現実を突きつけられるたびに涙が溢れてしまうそんな過去の心境だと解釈できます。 MVの中でも、人々が円になって座っている中で女性の後ろ姿が「他とは違う何か」を感じされられます。 女性はもうこの世にはいないことが印象付けられます。 貴女のことを私は見ることができないけど、 「私が知らない 見えない 貴女は今何をして何を見ているの?」 そんなメッセージが歌詞から読み取れます。 私のことをどうか忘れて欲しい。 貴女が私のように会えなくなって寂しさの中に生きているなら、辛い思いをしているなら私のことを忘れて欲しい。 もう会えなくても大切なヒトを忘れられないで、米津さん自身が大切に思っていることが描かれているように感じます。 MVでは、女性の動きは悲しそうに激しく動いています。 また一瞬逆ピースのようなポーズをとります。 普通ピースは手のひら側が見えますが、手の甲側のピースが映っています。 そういう風に逆にすることはこの世にいないことを示すそうです。 「私も哀しいけれど大丈夫だよ」そんなメッセージが入っているんじゃないかと思いました。 息苦しさ 貴女と別れることで、 自分が思っていたよりも愛していたことに気づいた。 ずっと一緒だったのに今こうして一人になったことが信じられない。 貴女がいなくて息苦しい。 そんな想いが綴られているんじゃないかと思います。 切り分けた果実の片方の様 *歌詞が同じ部分の解釈は割愛させていただきます。 最後の歌詞の中で違うのは 「切り分けた果実の片方の様に今でもあなたはわたしの光」の部分です。 果実は二つに切っても元は一緒で別のものと考えられることはありません。 そんな風に、貴女と私も切っても切れないものでこれからもずっと貴女との思い出を大切にします。 そんな思いを檸檬に例えていると解釈しました。 解説まとめ 大切なヒトを失ってしまった苦しみ 苦味 と共に、大切なヒトとの思い出は道しるべともなるんですね。 「貴女のことが本当に大切でした」 そんな大切な人を失った悲しみと感謝を伝えるレクイエムに感じました。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の