ローション ガーゼ pixiv 漫画。 BL小説

ローションガーゼ/ストッキング攻めを試してみた【彼女目線の感想】

ローション ガーゼ pixiv 漫画

涙が溢れて 快楽で 【skur】• うらたside 服を脱がされた俺の前にいるさかたが手に持っているものは、ローションがたっぷり染み込んだガーゼ。 そして、それを見て頭に浮かぶのはどこかで聞いたことがある『ローションガーゼ』というプレイ。 たしか、人によっては漏らしちゃったり潮吹いちゃったりするとかいうやつ。 あれ、待って、これ、もしかしなくても絶対やばい状況? ベッドから逃げようとするが、許してもらえるはずもなく。 精一杯の抵抗も虚しく足は開いたままさかたの足に絡ませて固定された。 「じゃあうらさん、始めるな?」 「待っ……ひゃぁあっ!!?ぁあああっ!!待っ、て!んぁあっ!!待って待って!!!!ぅああぁっ!!」 ローションの染みたガーゼで亀頭を擦られた途端襲ってきたのは強すぎる快感。 頭が一瞬で真っ白になって、足もすぐにガクガクして、何も考えられなくなってしまう。 ただ唯一分かったことは、 これ、やばい。 本当に、刺激が強すぎる。 「ぁああっ!んぁあぁ!も、やだっ!やだぁっ!!ひぁあぁああっ!!はぁ…ぁああぁっ!」 喉枯れるから声我慢しなきゃ、なんて考える余裕すらもない。 体をよじって快感から逃れようとしても、下半身はがっちり固定されているため全く動けず、ひたすら、暴力的なほどの快感に溺れるしかなかった。 ガーゼが何往復もしていくうちに亀頭の感覚がなくなってくるが、刺激は脳まで直接伝わってきて頭の中も蕩けていく。 「ひぃっ…!さかっ、…!!やぁ…あああっ!!んぁあああっ!」 力の入らない手でさかたの腕をぐーっと押さえようとしてもさかたの手は止まるはずはなく、ガーゼは一定の速さで亀頭を擦り続ける。 それは、速く動かされるよりも正直とんでもなく気持ちよくて、今まで感じたことのなかった快感に恐怖を覚えた。 一番恐ろしいのはこれほど気持ちよくておかしくなってしまいそうなのにも関わらず、亀頭しか刺激を与えられていないため出せそうな気配がこないことだ。 しかしその代わり何か別のものがせり上がってきていて、でもきっとそれは壊れそうなほど強い快楽で、その刺激を体感するのは危険だと本能的に察知した。 「んぁああっ!!さ、かたぁ!!ほんとに!!ぅああつ!む、むり!!!ぁああっ!!ひゃぁああっ!!」 突如、自分のそれから透明な液体が勢いよく飛び出した。 射精と排尿のときの感覚が混ざったような、中々終わらない絶対的な快感。 体を押さえられているものの、腰はビクビクと跳ねる。 「はぁ……はぁ……」 気絶してしまいそうなほど強く慣れない刺激のせいか瞼が重くなってきて、「後はやっとくからええよ」という言葉に甘えて意識を手放した。 その後、さかたが汚れた寝具やらを片付けるよりも先にトイレへ直行したのは誰も知る由もない。 坂田談 「ちなみにうらさん終わったあとめっちゃ敏感で、寝とるくせに拭いてあげたり服着せてあげただけで喘いでてやばかったで。 犯そうかと思ったもん。 まぁ1回イかせたけどな。 あ、中は触っとらんで?そんなんやったら挿れたくなっちゃうもん。 前触っただけやで。 いやぁ可愛かったなぁ……あんな涙目でいやいや言いながら潮吹いて、その後も寝ながらイっちゃうとか反則やわぁ……挿れるの我慢した僕偉い。 そういえば、うらさんあれからしばらくの間ガーゼ見るだけでびくーってなっちゃっててな、あれもほんっと可愛いかった…………………ひぇっ!!うらさん!!え、いつから居たん!?わあああああ!!ごめんなさいごめんなさい!!いだだだだ!!!」•

次の

ローションガーゼ/ストッキング攻めを試してみた【彼女目線の感想】

ローション ガーゼ pixiv 漫画

男が泣いていい時は限られているとよく言いますよね。 では、大の大人が おしっこを漏らしていい時とはどんな時でしょうか? そう、 ローションガーゼ攻めオナニーをした時です。 ローションガーゼ攻めのやり方はこの通りです。 男にとっては恐怖と先走り汁のエロ凄ワザ ローションガーゼ・ローションストッキング — 壁埋まり夫 toQto3 このために新品のガーゼハンカチをわざわざ買い意気揚々とやってみました。 ここでワンポイントアド。 初めのガーゼにローションをしみこませる工程では、ローションの粘度のためガーゼにしみこみにくく、私はつい洗面器に全てをドボンと入れてしまいました。 しかし、ガーゼの持ち手部分もヌルヌルになってしまったため、できれば端の部分は濡らさないようにしたほうがしっかりグリップを利かせて擦れると思いました。 準備も整い、いざ開戦です。 2分で決着、無事おしっこを漏らしました。 敗北は分析し、次に繋げなくてはなりません。 頭から振り返ってみましょう。 まず、ガーゼによる最初のスライドで感じたのは強烈な刺激です。 しかし、この刺激は忘れもしない「炭酸水チャレンジ」の痛みの刺激とは異なるものでした。 ローションの滑りによって切れないチェーンソーを押し当てられたような刺激が亀頭を包み込みました。 これはヤバい方法に手を出したなと実感しつつも、この時点ではまだ炭酸水の方が辛かったぜと余裕すらありました。 しかし、少しずつ2往復、3往復と連続でスライドするコンビネーション技を決めていくと事態は一変しました。 なんと亀頭の感覚がなくなっていくのです。 スライドを止めると亀頭はちゃんと感覚を取り戻してくれますが、往復させるとあら不思議と言わんばかりに亀さんは感覚の世界から脱走します。 そして、それと同時に声が出そうになります。 亀さんがいなくなっても刺激はきっちりと脳に届いているらしく、歯を食いしばっても唸ってしまう程でした。 よくエロ漫画とかで女の子がバカになるぅぅっとか叫びながら喘いでるじゃないですか、声を出せる環境だったら間違いなく同じように叫んでました。 3往復程度でもあまりの刺激のためスライドさせる手が緩んでしまうのですが、これ以上やったらどうなるのだろうという好奇心が打ち勝ち、射精するまで連続往復してみました。 すると、何かせりあがってくる感覚がありました。 耐えようと力を入れましたがまるで別の管から流れているかのように全く止めることができず あえなく放尿していました。 射精かと思っていたので驚いたもののその瞬間は充実感すらありました。 新品だった汚れたガーゼの後始末をしている時は流石に死にたくなりましたが… 振り返ってみるとこの方法は気持ちいいというより 圧倒的な刺激の暴力という印象でした。 しかし、決して不快なものではなく、大の大人がおしっこを漏らすに相応しいと思えました。 射精とは異なる 放尿の達成感をぜひ体験してほしいですね。 (ストッキングは買う勇気がありませんでした。 ) Dpon.

次の

○○しないと出られない部屋

ローション ガーゼ pixiv 漫画

BL小説 ナノ 彼氏の渚は普段は温厚だけど怒らせるとすごく怖い。 今回は渚が何年も愛用しているマグカップを割ってしまったことが逆鱗に触れたらしい。 「お仕置きを受けてもらうよ」そう言って渚は俺を真っ裸にしてベッドに大の字で両手足を拘束した。 「こっ…ここまでやる?」 「うん。 大事なコップだったからね」 「だからっ、同じやつ買うってば!」 「司は何もわかってないね。 あれは3年前に司が初めてプレゼントしてくれた物なんだよ。 同じデザインだからって思い入れのあるあのコップの代わりになんてならないよ」 「うっ…」 あの安いコップをそこまで大事に思ってくれていたのは正直嬉しかった。 でもこの状況じゃ素直に喜びきれない。 「うあっ…!んんっ…!」 奥までくわえられ、ねっとりと舌が絡み付く。 慣れ親しんだ愛撫にたちまちそこは血液が集中して固くなっていった。 「んっ…ンッ く…うぅ!」 唾液をたっぷりと含ませて上下に擦られる。 俺の弱い所を知り尽くしている渚はあっという間に俺を追い詰めていく。 「…あっ…!出るっ…、っは!ぁ…っ!」 数分も経たずに俺は渚の口の中に欲を解き放った。 肉棒の痙攣がおさまってから渚はゆっくりと口を離して口内の白濁を飲み込み、唇をペロリと舐めた。 何年も一緒にいるけれど渚が時折見せる妙な色っぽい仕草には毎回ドキドキしてしまう。 「これで終わりだなんて思ってないよね?」 「え゙っ…?」 色香を漂わせていた顔が冷淡な笑みに変わる。 渚は立ち上がって戸棚を開けるとローションを取り出した。 あともうひとつ手にしているのは…ガーゼ? 「なんだよ、それ…っ?」 「俺もネットで見ただけだからどうなるかわからないけど…。 こう、ローションをいっぱい含ませて…」 ガーゼをローションでヌルヌルにさせると渚はそれで果てたばかりの俺のモノを包んだ。 「ひあぁっ!?」 亀頭を擦られた瞬間、腰が抜けそうなほどの快感が弾けた。 ただでさえイッた直後で敏感になっているのに、濡れたガーゼの感触はあまりにも強烈すぎる。 もはや気持ちいいを通り越して暴れたくなるほどくすぐったい。 「いっあ…ッ!待って、待って!これ無理っ!」 「だめ。 やめない」 「ああ゙ぁーっ!!」 亀頭をガーゼが端から端までズズズズと滑っていく。 稲妻みたいな刺激が腰元から全身に走って俺は今まで出したことがないような悲鳴を上げて悶絶した。 「ひぃっ…あぁあっ!無理っ、無理、だってば…渚っ…!あ゙っああぁ!」 拘束されている手足を無我夢中で振り乱して暴れても渚は手を止めようとしてくれない。 それどころか一層楽しそうに笑っていた。 尿や射精とは違う痺れるような排泄感に頭の中が真っ白に溶けていく。 「わ、これおしっこじゃないね。 もしかして潮?」 「ひぃッ!? なんでっ…まだっ…あぁああっ!」 とっくに限界を突き抜けているのに渚は尚も亀頭を擦り続ける。 恐悦の電流が絶え間なく身体中を駆け巡って頭が壊れてしまいそうだ。 「本当に男でも潮って吹けるんだ。 すごいね」 「やあぁっ!ひああぁあっ!ごめんっごめんなひゃいぃっ…もう許ひてぇっ!」 「わー…今の司、すっごく可愛い。 もう少し苛めさせて?」 「やらっ!もぉやらあぁっ!あぁッうあぁあーーっ!」 また下半身が波打って生温かい液体の感触が広がった。 涙をこぼす俺の頬に口付けながら渚はビショビショになったガーゼで絶えず股間を弄ぶ。 「ふゃああぁあっ!またでるっ止まんなぃ…っああ!やあああッ!!」 身体を精一杯仰け反らせて襲い来る衝撃に耐える。 永遠に続くかのような快楽地獄。 いつしか俺は完全に思考を失って喘ぎ狂い、渚に抱かれながら意識を手放した。

次の