新型ヴェルファイア口コミ。 アルファード/ヴェルファイア 2020年に新型へ!? 王者の秘密にせまる

【トヨタの新型ヴェルファイア】外装や内装 価格や口コミは?

新型ヴェルファイア口コミ

価格も王者級で、ハイブリッドを搭載した最高級グレードは700万円を超えます。 特筆したいのは、上級グレードの2列目シートに装着されているエグゼグティブパワーシートです。 電動リクライニングに加えて、ふくらはぎから足先を乗せるオットマンも装備しています。 また、通常のミニバンですと3列目のシートに座る人は、狭さやクッションの貧弱さを我慢しなければなりませんが、アルファード/ヴェルファイアではそんなことはありません。 大人3人がしっかり座ることができ、リクライニングもスライドもできます。 納期は特別なオプションを付けなければ、1~3カ月です。 アルファードは一般向け、ヴェルファイアは尖ったモノを好む人向け、という住み分けがなされています。 このキャラクター分けは、ヴェルファイアに軍配が上がっています。 2016年9月の新車情報者販売ランキングでは、ヴェルファイアが14位、アルファードが22位となっています。 こんなに大きなミニバンを必要とするライフシーンが思い浮かばない人は、買わない方がいいでしょう。 7人が乗れるクルマが必要な人でも、アルファード/ヴェルファイアの1つ下のクラスのミニバンである ヴォクシー/ノア/エスクァイアで十分です。 ヴェルファイアとアルファードの販売台数を足すと、一気に6位にまで上昇します。 同じトヨタの小型車パッソの5位に次ぐ成績です。 不景気なのにアルファード/ヴェルファイアがこれだけ売れるのは、消費者の一点豪華主義の傾向が強まっているからでしょう。 「おカネが余っているから豪華なクルマが乗りたい」という人以外は、アルファード/ヴェルファイアはおすすめできません。 また、価格設定も高すぎます。 ZAグレードには、メーカーカスタムのゴールデンアイズというバージョンがありますが、専用アルミホイールや木目調の内装、エアロパーツを付けただけで、値段が17万円以上跳ね上がります。 5L 2WD 7人乗り 4,317,055円 ・ZA 3. 5L 2WD 7人乗り 4,145,237円 トヨタは消費者へのPRがとても巧みです。 購入時には「本当に必要な装備か?」と必ず自問してみてください。 この巨体にもかかわらず、ハイブリッド車は18. 排気量が小さい2. 5L車は、ガソリン車なのに11. 排気量が大きい3. 5Lガソリン車でも9. これはカタログ値といって、プロドライバーが最良の条件下で走ったときの数値です。 一般のオーナーが街中で走ると大体これの6割程度の数字になります。 それでも驚異的な数字であることには違いありません。 ただ、ハイブリッド車はかなり割高です。 標準装備が最も少ないXというグレードで比較すると、ハイブリッド付きのX(18. この価格差をガソリン代で取り戻すには、数十年かかります。 コスパを重視する人なら、ハイブリッドは見送った方が無難でしょう。 アルファード/ヴェルファイアの価格と装備から見るおすすめグレードは? アルファード/ヴェルファイアで最もオススメのグレードは、最下位グレードのXです。 ハイブリッド未装着車ですが燃費は11. 排気量は2. 5Lですが、182馬力もあります。 これだけあれば、日常生活でパワー不足を感じることはないでしょう。 さらに8人も乗車できます。 これで3,197,782円しかしません。 大バーゲン車といえるでしょう。 しかし、装備が劣るのでは?と心配するのではないでしょうか。 確かにXには、後部座席用のスライドドアが手動になり、ホイールは16インチと小さいサイズになります。 フロント部分の装飾品が減り、迫力がやや落ちます。 しかし逆にいうと違いはそくれいで、それ以外はXでもきちんとアルファード/ヴェルファイアしています。 街中を走るXが最低グレードと気付く人はいないでしょう。 買う前に、必ず次のことを確認してください。 アルファード/ヴェルファイアを買ったものの、奥さんが運転を嫌がって、別に軽自動車を買ったという事例があります。 大きなクルマは運転しにくいのです。 日本の交通事情では、ヴォクシー/ノアでも大きいくらいです。 しかし、それでもアルファード/ヴェルファイアじゃないとダメ!という人は、必ずアルファード/ヴェルファイアを買いましょう。 というのも、妥協してヴォクシーを買ったものの、やっぱり諦めきれずに数千km走っただけでヴェルファイアに買い替えてしまった人もいます。 「アメ車に比べたら全然小さい」と自分に言い聞かせてアルファード/ヴェルファイアを買う人もいるそうですよ。 噂が本当なのか真相を探るために、私も車の無料一括サイト()で自分の車をチェックしてみました。 下取査定で0円だった日産ノートが、10万円で売れたケースもあるのであなどれません。

次の

新型ヴェルファイアの口コミまとめ!ハイブリッドもガソリンモデルも評判良し。唯一多かった辛口意見は・・・|IKETEL

新型ヴェルファイア口コミ

この記事の内容• 2018年アルファード・ヴェルファイアの年次改良 アルファード・ヴェルファイアの年次改良がおこなわれ、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店を通じて発売されています。 今回の年次改良は外観の変更がない、 小規模な変更にとどまっています。 インテリジェントクリアランスソナーが全車標準装備となったことが最大の変更点です。 インテリジェントクリアランスソナーが装備されたことにより、価格は 全車で2万1,600円アップとなっています。 今回の改良では、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を全グレードに標準装備しました。 前後方にある壁などの障害物を自動で検知し、駐車場などでのアクセルの踏み間違いや踏みすぎによる危険が迫るとエンジン制御して自動的にブレーキをかけます。 アルファード・ヴェルファイアには8つのセンサーが備えられています。 さらに、安全装備の充実を求めるニーズに応し、ナビゲーションとのセットオプションとしていたブラインドスポットモニター(BSM)を、デジタルインナーミラーとの組み合わせとしました。 特に、ユーザーの目がますます厳しくなってきている国内の自動車市場では、希望の車を買えるのなら、納車に時間が掛かっても構わない。 少しくらい価格が値上げされても、必ず良いものを手に入れたいという意識が強いようで、そうしたチャンスを逃さないメーカーの販売戦略には、周到としか言いようがありません。 市場での売れ筋は ハイブリッドよりも2. 5L 4気筒ガソリン車です。 5Lガソリン車もラインナップが充実しており、圧倒的に価格が安くなっています。 5Lモデルにも、装備の充実したグレードもあるため、コスパの高さで選択するユーザーが多いとみられます。 また、力強い走りが魅力の3. 5L V6エンジン車も、販売台数はそれほど多くありませんが、LクラスミニバンにはV6が良いというユーザーも多く人気が高いです。 ヴェルファイアが、ガソリン車10種、ハイブリッド8種の計18グレードとなっています。 結構複雑なのでまずは、大まかなグレード構成を確認しましょう。 アルファード エンジン グレード 2. 5L直4DOHC VVT-i X G S S Cパッケージ 3. 5L直噴 V6 DOHC VVT-iW GF Executive Lounge SC Executive Lounge S 2. 5L直4 DOHC VVT-iハイブリッド X G G Fパッケージ Executive Lounge S SR SR Cパッケージ Executive Lounge S ヴェルファイア エンジン グレード 2. 5L直4DOHC VVT-i X V Z Z Aエディション Z Gエディション 3. 5L直噴 V6 DOHC VVT-iW VL Executive Lounge ZG Executive Lounge Z 2. アルファード エンジン グレード 乗車 定員 駆動 方式 車両本体価格 2. 5L直4 DOHC X 8人 乗り FF 3,520,000円 4WD 3,774,000円 G 7人 乗り FF 4,539,000円 4WD 4,793,000円 S 7人 乗り FF 3,908,000円 4WD 4,163,000円 8人 乗り FF 3,864,000円 4WD 4,119,000円 S Cパッケージ 7人 乗り FF 4,664,000円 4WD 4,918,000円 3. 5L V6 DOHC GF 7人 乗り FF 5,185,000円 4WD 5,383,000円 Executive Lounge 7人 乗り FF 7,269,000円 4WD 7,466,000円 SC 7人 乗り FF 5,260,000円 4WD 5,457,000円 Executive Lounge S 7人 乗り FF 7,421,000円 4WD 7,619,000円 2. 5L直4 DOHC ハイブリッド X 7人 乗り E-Four 電気式 4WD 4,590,000円 8人 乗り 4,547,000円 G 7人 乗り 5,344,000円 G Fパッケージ 7人 乗り 5,507,000円 Executive Lounge 7人 乗り 7,599,000円 S 7人 乗り 4,799,000円 SR 7人 乗り 5,491,000円 SR Cパッケージ 7人 乗り 5,654,000円 Executive Lounge S 7人 乗り 7,752,000円 ヴェルファイア エンジン グレード 乗車 定員 駆動 方式 車両本体価格 2. 5L直4 DOHC X 8人 乗り FF 3,520,000円 4WD 3,774,000円 V 7人 乗り FF 4,539,000円 4WD 4,793,000円 Z 7人 乗り FF 3,908,000円 4WD 4,163,000円 8人 乗り FF 3,864,000円 4WD 4,119,000円 Z G Edition 7人 乗り FF 4,664,000円 4WD 4,918,000円 3. 5L V6 DOHC VL 7人 乗り FF 5,185,000円 4WD 5,383,000円 Executive Lounge 7人 乗り FF 7,269,000円 4WD 7,466,000円 ZG 7人 乗り FF 5,260,000円 4WD 5,457,000円 Executive Lounge Z 7人 乗り FF 7,421,000円 4WD 7,619,000円 2. 5Lガソリン車のベースグレードX(標準ボディ8人乗り・FF車)が、352万円、3. 9万円、ハイブリッドの最上級車Executive Lounge S(Z)が750万2,760円(エアロボディ7人乗り)となっています。 ガソリン車には、全グレードでFFと4WDを選択でき、ハイブリッド車はすべて後輪にモーターを搭載した、電気式4WDのE-Fourとなります。 エントリーグレードの2. 両側パワースライドドア、スマートエントリーやUVカットガラスなどは全車標準のため、パワートレインを除けばインテリアの加飾やセカンドシートの材質や機能がグレードの差となります。 最高級グレードのExecutive Loungeは クラウンを超える高額車で話題を呼びましたが、2列目のエグゼクティブパワーシートの居住性と豪華さはトヨタ車トップといってよいでしょう。 標準のキャプテンシートより100mmシート幅が広く、表皮はホワイト色も選べるようになったナッパレザーに変更、電動オットマン、アームレストに収納された机やエアコンやエンターテインメントシステムを操作できるリモコンなど旅客機のビジネスクラス並みに贅を尽くしたシートです。 マイナーチェンジでExecutive Loungeでもワイルドなエアロ仕様が選べるようになり、ショーファードリブンだけでなくオーナードライバーにも需要が広がるかもしれません。 有償色では他に、アルファード専用色としてラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、ヴェルファイア専用色のバーニングブラッククリスタルシャインガラスフレークがあり、こちらも3万2,400円となります。 5L 4気筒と3. 5L V6の二種類のパワーユニットがあります。 リアにマルチリンクサスペンションを搭載し、家族で使うミニバンとして、乗り心地に優れているのが、エルグランドの魅力です。 現在も日産の最上級ミニバンとして健在ですが、ハイブリッド車がラインナップされないことなどから、かつての人気は影を潜め、現在の販売台数は年間8,000台程度と低迷しています。 価格は、2. 5Lのベースグレード250XG(FF)が321万3,000円、3. 5L V6エンジンを搭載したエアロスタイルの豪華仕様、350ハイウェイスターSアーバンクローム(4WD)が583万4,160円。 上級グレードのVIPパワーシートパッケージ(4WD)が、806万7,600円となっています。 スポーツハイブリッドi-MMDとは、基本はエンジンが発電してモーターによって走行しますが、高速道路巡行時にはエンジンのみで走行して燃費を稼ぎ、力強い加速が必要な時はモーターとエンジンの両方で走行する3モードハイブリッドを採用。 ハイブリッド特有のモーターによる発進からのスムーズな加速や、峠道などではモーターとエンジン両方の力を使って、軽快な走りを実現し、カタログ値26. 価格は、ガソリン車のベースモデルG AERO・Honda SENSING(FF・7人乗り)が306万6,400円、ハイブリッドの上級モデル、HYBRID ABSOLUTE EX・Honda SENSING(FF・7人乗り)が415万円です。 アルファード・ヴェルファイアの評価、口コミ トヨタの高級ミニバン、アルファードとヴェルファイアが2018年10月にマイナーチェンジされています。 アルファード・ヴェルファイアといえばミニバンの中でも大型で高額なモデルですが、月約7,000台以上を販売する人気モデルです。 今回のマイナーチェンジは、内外装の変更や安全装備の充実、パワートレインの刷新など大規模です。 エクステリアの評価、口コミ 大型のメッキグリルを採用した押し出しの強いフロントフェイスは、 メッキパーツの面積が増えより 一層力強い(アクが強い)デザインへ変更されています。 アルファードのフロントマスクで印象的なのは、格子状のメッキが施されたグリルのデザインで、押し出しの強さとともに、Lクラスミニバンにふさわしい品格を思わせます。 ヴェルファイアは、フロントマスクのメッキ加飾が高級感を演出し、バンパー両サイドの大型インテークが、スポーティーなイメージで若々しさを与えています。 標準仕様とエアロパーツを装着した仕様から選べるようになり、アルファードのエアロ仕様はフロントグリル下部が大きく変わり、最も大きく変化を感じるデザインです。 シーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)の採用、リアバックドアガーニッシュやコンビランプのデザイン変更などのディテールも、高級車らしく向上しています。 Executive Loungeシート 最高級グレードに装備される、専用のExecutive Loungeシートは、電動式のスライドリクライニングとオットマンを搭載した贅沢なもの。 乗車中に足元の疲労を大幅に軽減する、電動パワー式のオットマンは、最大140mmまで伸縮が可能で、幅広い体格の人に対応が可能です。 左右の座席で独立して設置されたアームレストには、シートの機能やエアコン操作などが行える集中コントローラーが装備され、航空機のビジネスクラスのような機能性の高さを誇ります。 シート素材は、最高級のナッパレザーを使用したプレミアムな本革製で、カラーはフラクセンと呼ばれるアイボリーとブラック、ホワイトの三色があります。 エグゼクティブパワーシート アルファードのG Fパッケージ・SR Cパッケージ・GF・SC・S Cパッケージ、ヴェルファイアのV Lエディション・ZR Gエディション・VL・ZG・Z Gエディションに装備される、エグゼクティブパワーシートも贅沢です。 このシートは、前後500mmまでのスライドが可能で、センター部には格納式のサイドテーブルが装備されています。 こちらも、カラーはフラクセン・ブラック・ホワイトの3種類が選択できます。 リラックスキャプテンシート 新型アルファードのG・X(7人乗り)・SR・HYBRID S・G・S Aパッケージ・S(7人乗り)、新型ヴェルファイアのV・X(7人乗り)・ZR・HYBRID Z・VL・Z Aエディション・Z(7人乗り には、リラックスキャプテンシートを装備。 このシートは、前後最大830mmのロングスライドが可能となっており、まるでリビングルームみたいな、広々とした足元空間でくつろげます。 スライドやリクライニングは手動式ですが、オットマン(手動式)やアームレストも装備されています。 シート素材は、アルファードのSR・G、ヴェルファイアのV・ZRがが合成皮革で、他はすべてファブリック(布製)となります。 素材はすべてファブリックで、スライド・リクライニングともに手動で、オットマンは装備されませんが、センター部に格納式のアームレストがついています。 機能性の高い三列目シートで広々した荷室 機能性の高い三列目シートで広々した荷室 写真はヴェルファイア 三列目シートにも、スライド・リクライニング機能が装備される他、シートに薄型構造を採用したことで、左右にはね上げして格納した際の荷室空間を拡大。 荷室床下には148Lという大容量の収納スペースを備え、分割脱着式のデッキボードを外せば、観葉植物といった高さのある荷物も、十分に積み込みが可能です。 何と16色ものカラーバリエーションが選択可能で、運転席のマルチインフォメーションディスプレイと、後部座席のスイッチで、明るさも4段階に調節でき、家族旅行やアウトドアレジャーといった楽しみを一層盛り上げてくれるでしょう。 「インテリアの豪華さはクラウンを超える。 ゆったりした室内も満足」 「LLミニバンのサイズならではの大空間で、ゆったりとした移動ができる」 とインテリアに関する不満はほとんどありません。 1,160mm助手席を移動できるスーパーロングスライドシートや、サードシート下の大容量床下ラゲッジ収納などユーティリティー面も工夫されています。 また後方や側方から接近するクルマなどを検知し警告するリアクロストラフィックアラートやブラインドスポットモニター、デジタルインナーミラーなど大柄なボディによる運転のしにくさを軽減する装備も充実させました。 4気筒の2. 5Lガソリンエンジンは変更ありませんが、3. 5LのV6エンジンは新設計の直噴アトキンソンサイクルエンジンへ変更し、ATも6速から8速のDirect Shift-8ATに換装しています。 ハリアーに搭載された2. 0Lのダウンサイジングターボは見送られましたが、総じてパワーに関する不満は小さいようです。 パワーユニット パワー 燃費 ハイブリッド (システム出力192ps) 直列4気筒2. 2kgf・m ガソリン V型6気筒3. 8kgf・mへパワーアップしつつ燃費も向上した最新ユニットです。 ガソリン車はFFと4WDの選択ができ、2. 5LはCVT、3. 5Lは6速ATから8速ATへ変更されています。 ハイブリッドはフロントのモーターに加えて、リアもモーターで駆動するE-Four 電気式4WD の設定となっています。 ミラーサイクルとは、吸気バルブの遅閉じを行って実質的な圧縮比を低く抑えることで、燃焼室内が高温になりすぎて発生する、ノッキングといった異常燃焼によるトラブルを防ぎます。 圧縮行程の際に、バルブを閉じるタイミングを遅くして圧縮力を抑えた分、膨張比を高くすることで、熱効率を向上させた新世代のパワーユニットです。 クラッチもギアボックスもトルクコンバータもないこのシステムは、この動力分割機構一つでエンジンとモーターのパワーを分割し、走行しながら発電を行うことができる画期的なハイブリッドで、EVのようなスムーズな走りが可能です。 通常は前輪のみで走行し、前輪(駆動輪)が滑り出した際には、リアのモーターが作動して後輪を駆動させて車の姿勢を制御し、安心したドライブが可能です。 遊星歯車機構(動力伝達機構)とは 遊星歯車機構(Planetary gear mechanism)とは、太陽の周りを周回する天体にヒントを得た動力伝達装置で、1781年にイギリスの発明家、ジェームズ ワットが開発したものです。 遊星歯車は、中央に太陽に見立てたサンギア、その周りを周回する3つの遊星ギア(プラネタリーギア)、さらにその周囲をぐるりと取り囲む内歯車(アウターギア)で構成されています。 トヨタのハイブリッドシステムは、中央のサンギアにジェネレーター(発電機)、その周りの遊星ギアにエンジン、さらに外側の内歯車にはモーターを接続。 5kgm) リア モーター最高出力・最大トルク50kw(68ps)139N・m(14. 2kgm) システム最高出力145Kw(197ps) 3. 5L V6エンジンは、直噴とポート噴射式という両方の燃料供給システムを搭載した、D-4Sシステムを搭載した新しいパワーユニットです。 このD-4Sにより、直噴のデメリットである、エンジン内でのスス(カーボン)の発生によるトラブルを防ぎ、直噴ならではのハイパワーと低燃費を実現。 さらに、吸気側・排気側ともにバルブタイミングを幅広い回転域で可変させる、デュアルVVT-iWを採用し、低回転から高回転までレスポンスに優れた軽快な走りを楽しめます。 5L 直列4気筒DOHCの2AR-FE型で、こちらはハイブリッドの2. 5Lとは異なる、一般的なオットーサイクルを使用したエンジンです。 吸気・排気と両方のバルブを可変させる、デュアルVVT-iを搭載し、最高出力182ps・最大トルク235N. アイドリングストップ搭載車は、12. エンジン カタログ燃費 (JC08モード) 実燃費 2. 5L直4 DOHC VVT-i ハイブリッド 18. 5L直噴V6 DOHC VVT-iW 10. 5L直4 DOHC VVT-i 12. ライバルのホンダ オデッセイハイブリッドは、カタログ値26. 5L直噴V6がカタログ値が10. 5L直4が12. 5 V6が実燃費で2. 5直4をやや上回っています。 これは、直噴とポート噴射を組み合わせたD-4Sや最新の可変バルブタイミング機構デュアルVVT-iW、高性能8速ATといった先進技術によるもので、走りの良さを考えれば十分納得できる燃費性能です。 ハイブリッド車の価格は、440万円~750万円と、2. 5Lガソリン車に比べてかなり高く設定されていますが、販売数は全体の20%とそれほど人気がありません。 ハイブリッドは、2,240kg(Executive Lounge)という車両重量の重さから、実燃費は11. 走行性能についても、たとえ143ps・270N. mという強力なモーターを持ってしても、この重すぎるボディでは、高速道路への進入時や追い越し時の加速にはやや不満が残ります。 5L直噴V6 DOHCエンジンを搭載したモデルです。 このエンジンの魅力は、従来型の3. 5 V6から最高出力で21ps・最大トルクで17N. m向上したスペックにより、あらゆる状況で重いボディを物ともしない、スムーズでパワフルな走りを実現しているところ。 特に実用域でのトルクが非常に強力で、デュアルVVT-iWによる優れたレスポンスと、最新の8速多段式オートマチックトランスミッションによる緻密なパワー制御が絶大な効果を発揮し、気持ちよくドライビングすることができます。 5L V6モデルは、スムーズで力強い走行性能や優れた静粛性、ゆったりとしたゴージャスな室内に快適な乗り心地など、ミニバンの形をした一種のドリームカーと言えるでしょう。 そのため、市場で販売の中心となるのは、335万円~415万円とリーズナブルな2. 5Lモデルで、販売数の50%以上を占めています。 トヨタのコンパクトカークラスに採用されている、トルクコンバーター付きのCVTと組み合わせられる2. 5Lエンジンは、決してパワフルではないものの、通常の走行でそれほど不満を感じることはありません。 ハイブリッドやV6と比べて車両重量が軽く、それが乗り心地にも貢献しており、静粛性も高く快適なため、購入して十分に満足のできる車となっています。 ダブルウィッシュボーン式は、1930年代にアメリカのGMが開発したサスペンション形式で、走行安定性と乗り心地を高度にバランスさせることが可能な、セッティングの自由度が高いことで当時は主流となっていました。 安全装備の目玉は トヨタセーフティセンス(第2世代) 2017年末に行われたマイナーチェンジの目玉が、次世代型トヨタセーフティセンス (第2世代)の 全車標準装備化です。 従来のトヨタセーフティセンス Pと同じく単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた方式ですが、性能や機能は大幅にアップしアルファード・ヴェルファイアが初の搭載となります。 障害物を検知し自動ブレーキを行うプリクラッシュセーフティーは、対応速度域が拡がり、自動車や歩行者だけでなく複雑な動きをする自転車も検知し、これまで苦手だった 夜間の歩行者検知能力も向上しています。 全車速対応のレーダークルーズコントロールやアダプティブハイビーム(グレードによってはオートマチックハイビーム)の他、ステアリング操作支援付きの車線維持支援を行うレーントレーシングアシスト、 道路標識を認識するロードサインアシストはトヨタ初の機能です。 道路標識を認識するロードサインアシスト トヨタ セーフティセンス衝突回避支援パッケージの内容 ・LTA(レーントレーシングアシスト) 走行中に車線から逸脱する可能性を車が自動的に察知し、警報ブザーや、マルチインフォメーションディスプレイの警告表示によってドライバーに知らせ、ステアリング操作の一部を支援して走行車線を維持する(トヨタブランドでは初採用)。 走行中に車のふらつきを察知した場合も、メーターパネル内の、マルチインフォメーションディスプレイに警告灯を表示させ、注意を促す。 ・プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ) 前方の車両や歩行者(昼・夜)、自転車(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラが自動的に察知し、警告アラームと警告表示によりドライバーに知らせ、必要な場合はプリクラッシュブレーキアシストを作動させてブレーキを踏む力をアシスト。 ブレーキ操作がされない場合は、プリクラッシュブレーキ(自動ブレーキ)を作動させて、衝突を回避もしくは被害を軽減させる(トヨタブランドでは初採用)。 ・レーダークルーズコントロール 高速道路走行時に、ミリ波レーダーと単眼カメラにより前走車との距離を自動で把握し、アクセル操作をしなくても、車が自動的に適切な車間を保ちながら走行を維持(高速道路走行時のみ使用可能)。 高速クルージングや渋滞時に、ドライバーの疲労を軽減する。 ・自動ハイビーム 夜間走行時に、車がLEDヘッドライトの点灯・消灯を細かく制御し、前走車や対向車のドライバーがまぶしさを感じないよう、自動的に遮光を行う。 ドライバーが、ヘッドライトの操作をしなくても、安全な夜間走行が可能。 ・ロードサインアシスト 単眼カメラが、走行中に認識した道路標識を、ドライバーが見落とさないよう、ヘッドアップディスプレーに表示させる(トヨタブランドでは初採用)。 ・先行車発進アラーム 信号待ちや渋滞時に、先行車が発進したことをアラームによって知らせる。 インテリジェントクリアランスソナーとは、車体の前後合わせて8か所に搭載された超音波ソナーによって、駐車場などでの低速取り回し時に、アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく衝突の回避と被害の軽減をする装置です。 超音波ソナーが、前後進行方向にある壁などの障害物を検知し、衝突の危険性がある場合は、エンジンならびにハイブリッドシステムの出力を抑制。 さらに、障害物との距離が縮まり危険が高まった時には、自動ブレーキによって衝突の回避、もしくは衝突被害の軽減を行います。 前後に4つずつ、計8個のソナーを装備しているため、障害物を検知する範囲を拡大し、安全性を高めています。 インテリジェントクリアランスソナーの注意点 1. インテリジェントクリアランスソナーは、衝突の危険がある場合に、自動ブレーキが機能しますが、必ずしも停止できるわけではありません。 道路状況や車両の状態、悪天候時には作動しないことも。 衝突の可能性がない場合でも、システムが作動する可能性があります。 超音波ソナーが障害物を検知する範囲や、作動する速度には目標がある。 走行中にドライバーが車線変更などを行う際に、後側方(ドアミラーの死角)の安全確認を支援するために、レーダーセンサーで車両を検知し、ドアミラー上のLEDインジケーターを点灯させて警告します。 ブラインドスポットモニターの注意点• レーダーセンサーが検知できる車両の大きさは、小型二輪車以上です。 一部、特殊な道路状況では、静止している物体に反応することも。 悪天候や道路状況、車両の状態によっては、使用が不可能な場合があります。 ブラインドスポットモニターは、あくまで車線変更時などの安全確認をアシストするもので、安全なドライブのために、ドライバーがきっちりと安全確認を行う必要があります。 「大空間高級サルーン」を目標とした乗り心地や静粛性も、大きな魅力です。 先代モデルよりも車高を下げた低重心設計とし、リアサスペンションも路面追従性の良いダブルウィッシュボーンを採用しています。 マイナーチェンジで、高剛性ガラス接着剤などの使用や構造用接着剤の適用範囲を拡大し車体剛性を高め、走行安定性の確保と上質な乗り心地に磨きをかけています。 グレードやカラーにより下取り価格は変わりますが、アジアを中心に輸出人気も高くトヨタ車の中でもトップクラスのリセールバリューがあります。 高い残価率を背景とした残価設定ローンが準備されているのも、ユーザーのメリットになるでしょう。 弱みは強すぎる車の存在感? これまで弱みだった先進安全装備も、次世代セーフティセンスの搭載で弱点ではなくなりました。 それでもアイサイトやホンダセンシングなどの他社に追いついたレベルで、トヨタの実質的な最高額モデルであれば、さらに 進んだ自動運転支援機能も欲しかったところです。 大きなボディでイカついフロントフェイスは存在感バツグンですが、一方でアンチも多いクルマです。 「駐車場や高速の流入でモタモタして邪魔。 運転がヘタなら大きいクルマに乗らないでほしい」 「ドライバーの運転マナーが悪い。 1車線の渋滞した道路で煽ってくるのは大抵アル・ヴェル」 と高額車に対するやっかみ半分の辛らつな意見もあります。 アルファード・ヴェルファイアに限らす威圧感のあるデザインの車に乗り「他のクルマになめられたくない」と思うドライバーが一定数いることは確かで、追加されたエアロ仕様などはこうしたニーズに応えたものという点は否めません。 こうしたユーザーの全てがマナーの悪い運転をしているわけではありませんが、目立つクルマだけに他からよく見られています。 アルファード・ヴェルファイアが高額なミニバンから高級車として認められるためには、オーナーの品格とスマートな運転が欠かせないのは言うまでもありません。 トヨタ・アルファードの評価、口コミまとめ アルファード・ヴェルファイアのように、大型のミニバンを高級リムジンのようにしつらえたクルマは輸入車にはありません。 大空間を持つ高級サルーンは、日本独自の発想で作られたオリジナリティの高いクルマです。 航空機や新幹線のように、ゆったりとした快適な空間で移動するツールとしては、アルファード・ヴェルファイアは最高の選択肢になるでしょう。 マイナーチェンジでパワフルかつ燃費の良いV6エンジンの変更や安全装備も進化し、ほとんど弱点は無くなりました。 存在感のある派手なフロントフェイスは好みが分かれるかもしれませんが、家族のためのファミリーカーとして最高級のクルマになるでしょう。 トヨタアルファード&ヴェルファイアの商談に行く前に… 人気の新型アルファード&ヴェルファイアを少しでも安く購入するにはどうすべきでしょうか? 一般の方はディーラーの価格交渉で、 百戦錬磨のディーラー営業マンに騙されてしまうのが実情です。 そこで、 どうやって目標値引きを引き出すのか、値引きテクニックを教えます! 値引きテクニック 【新車値引き裏ワザ】面倒でもディーラーに行く前に車の査定額を出しておく ディーラーへ商談に行く前に面倒でも下取り価格の調査をして行きましょう! ネットで手軽に査定できるので商談前に査定して、 ディーラーの下取り価格が適正なのかどうか判断ができるようにします。

次の

新型ヴェルファイアの口コミはどう?評価・評判は良い?

新型ヴェルファイア口コミ

トヨタヴェルファイアは2015年1月、兄弟車のアルファードと一緒にフルモデルチェンジ! ヴェルファイアは発売以来、初のモデルチェンジでデザイン、内装、走行性、安全性、燃費などパワーアップを果たしました。 そんな新型ヴェルファイアはトヨタの誇るフラッグシップミニバン!その力強いフォルムや切れ長の2段積みヘッドライトから、 「いかつい」印象を与える迫力を持っています。 もちろん、機能やパワー、インテリアは、フラッグシップミニバンに似合った高級車と呼ぶにふさわしいものが取りそろえられています。 特に助手席のスーパーロングスライドシートは、最大1,160mmもシートをスライドさせることができ、まさにビジネスクラスを彷彿とさせる快適さを実現させるもので、他にはない魅力となっていることでしょう。 そんなヴェルファイアを購入しようと考えている人にとって、 値段や燃費、値引き相場は気になるところではないでしょうか? 詳しく解説していきます。 新型ヴェルファイアの口コミまとめ ヴェルファイアを入手された人の口コミは、どんなものでしょうか? まずはその口コミから、調べてみましょう。 満足しているところ• カスタムパーツやオプションがいろいろ揃っていて、 純正品だけで自分好みにできるのは、すごいと思います。 この 高級感はすごいです。 高級セダンやビジネスクラスに乗っているのと変わらない ゆとりと満足感を得られます。 なんといっても、 顔つきが好きでたまりません。 テンションが上がります。 5Lだからかもしれませんが、これだけ大きな車体を感じさせない 滑らかな走りはさすがです。 パーキングアシストは最高です。 大きな車だといつも駐車が憂鬱なのですけど、その悩みが消えました。 不満なところ• まさに高級車です。 ちょっと 高価すぎて手が出ません。 乗っている人は快適でいいのでしょうけど、 運転している身にはこの車体の大きさは疲れます。 燃費が気になります。 ハイブリッド車でもこのレベルですから、ガソリン車ではガソリン代が気になって 街乗りなんかできないのではないでしょうか? 口コミまとめ 購買層が20代から30代というところもありますが、走りや外観への評価が高いという点で 他のミニバンとの差別化に成功しているということが分かります。 また、トヨタ自身も高級セダンをライバル視しているので、 インテリアや室内空間は非常に高評価で、快適さを追求した開発陣の面目躍如といったところでしょう。 ただし、機能を盛り込みすぎたためか、 車体がかなり重く、それがそのまま燃費の悪さにつながっているようです。 また、この購買層の多くには 手の出しにくい価格帯である点は、どうしてもマイナス評価されてしまう部分でしょう。 しかし、値段は変化するものです。 ディーラーの言い値で買わないよう、きちんと下調べしていきましょう。 もしかしたら、 大幅値引きで購入できるかもしれません。 また中古車なら、年式や走行距離によっては、手頃な価格で手に入ることもありますよ。 グレードごとの価格と燃費 まずは、ヴェルファイアに用意されているグレードについて見ていきましょう。 ヴェルファイアには、 大きく分けてハイブリッド車とガソリン車があり、ガソリン車は、3. 5Lと2. 5Lの2種類があります。 これに加えて、駆動系に2WDと4WDが揃えられています。 (ハイブリッド車は電気式4輪駆動のみ) そして、 エクステリアやインテリア、シートアレンジなどで、多数のグレードに分かれています。 それぞれの小売り希望価格と燃費(公称)を表にしたものが、以下です。 グレード 希望小売価格 燃費 HYBRID Executive Lounge 7,036,691円 18. 5L] 4,511,455円 9. 5L] 6,522,218円 9. 5L] 4,585,091円 9. 5L] 4,145,237円 9. 5L] 4,842,327円 9. 5L] 4,176,655円 11. 5L] 4,173,709円 11. 5L] 3,754,473円 11. 5L] 3,578,727円 11. 5L] 3,995,018円 11. 5L] 3,197,782円 11. 価格帯も最上級クラスになると700万円と目が飛び出るお値段です。 何が違うの?おすすめのグーレドは? たくさんのグレードがありますが、違いは 「装備」です。 高いグレードほど、外観や内装が豪華になっているのです。 例えば、ヘッドライトがLEDだったり、シートやステアリングが本革だったり、両側スライドドアそうびだったりするのです。 また、グレードによって選べるオプションも異なるので、予算とにらめっこしながら決めてください。 注意点としては、ディーラーに行くと、特別仕様車や上級グレードのものが展示車や試乗車になっています。 上級グレードを見ると、欲しくなってしまいます。 しかし 「本当に必要なのか?」と自問自答を繰り返し、決めるようにしましょうね。 実燃費はどのくらい? 燃費については、ハイブリッド車で18. とはいえ、これはあくまでカタログ燃費。 実際の燃費はもっと下がります。 車体が重いので仕方ないですが、ガソリン代は覚悟して購入しましょうね。 ライバルとの比較 このクラスのライバル車と言えば、兄弟車種のアルファード、オデッセイになるでしょう。 これら3車種を比べてみたいと思います。 ヴェルファイア アルファード オデッセイ 車体価格 320万円~700万円程度 320万円~700万円程度 290万円~410万円程度 燃費 9. 5~18. 5~18. 8~28. 大きさや足回りなどは全く同じで、フロントフェイスだけが違うと考えても間違いではないでしょう。 それに比べて、Hondaオデッセイは一回り小さくなっている分、車体が軽くなり、燃費に大きく貢献しているようです。 ただその分車内空間も一回り小さくなっていますので、快適さと燃費のトレードオフという結果になっています。 価格についてもヴェルファイアとアルファードは同じで、オデッセイは割安になっています。 ヴェルファイアと他2車種では購買層に差がありますので、数字だけで比較するのは難しいですが、ステータスとして持つ意味では、ヴェルファイアに軍配が上がると言えるかもしれません。 乗り出し価格(総額)はいくら?諸費用とオプションでびっくり 小売価格だけ見ても明らかに高額なヴェルファイアですが、さらに諸費用とオプション代がかかります。 これらの金額もさすが高級車!というくらい高額なんです・・・。 いったいいくらかかるのか見ていきましょう。 諸費用はいくら? まずは諸費用を算出します。 諸費用は、主に 税金と自賠責保険料、それに手数料です。 税金 税金には、自動車取得税、自動車重量税、自動車税の3つがあり、ヴェルファイア購入時には、 合計で 12,000円から10万円程度かかることになります。 この税額の幅は、ECOカー減税とグリーン減税の影響で、大きく減税されるハイブリッド車と、そこまで減税されない3. 5L車の違いです。 これに、37ヶ月分の 自賠責保険料が 4万円程度と、リサイクル委託金や登録代行などの 手数料が 7万円ほど上乗せされることになります。 オプションはいくら? オプション料金ですが、こちらは好みや予算に大きく左右されるため、一概にいくらとは言いにくい部分です。 そこで、一般的に付ける人の多いナビ、レーダークルーズコントロール、バイザーを付けた場合だと、20万~50万円程度かかるでしょう。 つまり、車両本体価格以外に、最低でも30万円程度かかるということです。 しかし、実はヴォクシーなどの5ナンバーミニバンとそこまで大きく違わないのです。 5L 3. 自動車税は1年に一度、重量税と自賠責保険料は2年に一度なので、月額計算すれば1000円以下です。 そう考えれば、大して変わらないでしょ!? ただ、燃費が悪いのでよく車を使う方は ガソリン代がかなりかかるでしょう。 ちなみに、ヴォクシーのガソリン車のカタログ燃費は16. 他の維持費としては、任意保険や車検代、駐車場代などがかかってきます。 これらは、車種によってそこまで大きく違いはありません。 しかし、車の維持費はかなり高いものなので、しっかりと頭に入れておきましょう。 ヴェルファイアの値引き相場 車体価格の値引き相場……38万円程度 オプション値引きと合計して 40万円以上を目標にするといいでしょう! ヴェルファイアは2015年にモデルチェンジを行っています。 モデルチェンジ後は値引きが渋めでしたが、徐々に値引きもしやすくなってきています。 値引きを最大に引き出すためには、 値引き交渉は必須です。 ライバルであるアルファードと競合させたり、経営資本の異なるネッツ店での交渉をしていくといいでしょう。 値引き交渉のポイントはこちらにまとめましたので、ディーラーに行く前に見ておくと良いですよ。 ヴェルファイアの外観(エクステリア)の特徴。 アルファードと比較してみた ヴェルファイアのデザインは、 「迫力がある」「格好良い」という点に尽きます。 他社のミニバンが総じて「ファミリーカー」的な落ち着いたデザインであるのに比べて、ヴェルファイアには明らかに 攻めの姿勢が見えます。 そのため、 20代から30代という若めの購買層に受けるのでしょう。 ヴェルファイアとアルファードって何が違うの?と疑問に思う方もいると思います。 基本スペックは同じですが、 外観と内装がちょっと違うだけです。 デザインを変えてターゲット層を変えているようです。 とは言え、どっちがいいのか迷ったら見て触って乗って比べてみてください。 違いはデザインだけですので、好きな方を選べばいいでしょう。 人気色はどれ? 一般的に車のカラーはCMなどで使われているものが上位に来ることが多いですが、ヴェルファイアについては、 ホワイト系の 「ホワイトパールクリスタルシャイン」が人気を得ています。 CMで使われているブラック系の色は「迫力がありすぎて怖い」印象があるのかもしれません。 ただし、 次点には 「ブラック」があがっていますので、一定の層が格好良さを追求して選んでいるということかもしれません。 内装や居住性。 最高級の室内でくつろぎたい ミニバンですので、購買層には内装や居住性にはこだわりのある人が多いでしょう。 そのため、他の車種では得られない居住空間を存分に使って、快適な社内を目指すのは当然の流れだと思います。 トヨタもそれを見越しており、高級セダンをライバルとして、 ヴェルファイアの内装や居住性にはこだわりを見せているのです。 室内の広さ 室内空間は、 「本当に広い」という一言に尽きると思います。 全高を低く抑えた低フロア化が有効に作用しており、全体として広く高い室内を実現しています。 シートアレンジによる効果もありますが、大人7人が乗っても、ゆったりとした快適な乗り心地を得られる広さなのです。 シートアレンジ もっとも大きな特徴は、 助手席を最大で116. 0cmも後ろへ動かすことができるスーパーロングスライドでしょう。 出典: もちろん、2列目以降が手狭になりますが、助手席で横になって寝ることも可能なほどのゆとりを作ることができます。 また、そこまで動かすことなく、大人3人であれば、 オットマンを使うことで、ビジネスクラスのような快適なシートアレンジも可能です。 2列目と3列目のシートは完全にフラットに倒すことが可能ですので、大人二人が楽に横になって眠れます。 出典: 車中泊も快適に行うことができるでしょう。 荷室の広さ 荷室については、 3列目シートを動かすことで、とても大きく荷室のスペースをとることができます。 3列目のシートを標準的な位置にした状態では、荷室の奥行きは41. 0cm程度ですが、 シートをギリギリまで前へ動かすと72. 0cmまで確保できるのです。 また、といって、3列目シートを折りたたんで2列目シートを目いっぱい前へずらした状態(エクストラロングラゲージモード)にすれば、最長で216. 0cmも確保することができます。 もちろん、 大容量の床下収納もありますので、スペアタイヤを収納しつつ、その他の荷物も入れておくことができ、収納には事欠きません。 乗り心地は?パワーや静粛性、操作性 車体重量が2,000kgを超えてしまうため、 パワーが足りないかと思われがちですが、非常に力強くスムーズな加速と静粛性を実現しています。 も、そのパワーや静粛性に驚きました! 特にハイブリッド車の静粛性はすばらしく、シートの快適さも手伝って、後部席に乗っている子どもたちは車に乗っていることを忘れて熟睡することができるかもしれません。 また、3. 5L車のパワーは非常に快適で、走ることの楽しさを味わうことも十分にできるでしょう。 しかし、その重い車体をスムーズに動かすために 燃費が犠牲になっている部分が残念なところです。 5Lのガソリン車の場合、公称値で9. Lクラスミニバン全般に言えることですが、燃費を気にする人は買っちゃダメですね。 安全性能や便利機能 迫力があるフロントフェイスの「若い世代向き」の車種と思われるかもしれませんが、もちろんミニバンらしくファミリーで使っている人も大勢います。 そのため、そんな層が重視する 安全性能も先進の技術が取り入れられているのです。 事故を未然に防ぐための衝突回避や自動ブレーキなどを行ってくれる プリクラッシュセーフティシステムが装備されています。 また、万一の事故でも、 サイドエアバッグやカーテンシールドエアバッグが装備されており、後部座席の人まで守ってくれるようになっています。 これらの機能によって、ファミリー層でも安心して乗ることができるでしょう。 インテリジェントパーキングアシスト2がすごい!で価格が(汗) 一番驚いた最新技術は世界初となる、パーキングアシスト機能。 駐車場で スイッチを押すだけで自動的に駐車スペースに入れてくれるんですよ。 メーカーオプションでSDナビゲーション&JBLプレミアムサウンドシステムを付ける必要があります。 価格は56~70万円・・・・。 乗り込めば高級感あふれるインテリアで、まるでリビングで休んでいるような空間が広がります。 間違いなくいい車です。 友達にも自慢できるし、自分の満足度も高いでしょう。 ただ、 価格がネック! 車両本体価格は319万円~703万円。 オプションなどを含めるとさらに100万以上かかるでしょう。 試乗で見積もってもらった時は ZA Gエディションが603万になりました・・・。 頭金なしで5年(60回)払い、利息を3%と想定すると月々の支払いが10万円になります。 うちには無理ですわ>< ということで、ヴェルファイアを買うならしっかり予算を立てて生活費を圧迫しないように気をつけましょう。

次の