膀胱 炎 治す に は。 膀胱炎はどう治す?知っておきたい原因や治療・予防法|尿もれ・頻尿お役立ち情報|UUI(切迫性尿失禁)相談室|ファイザー

辛い膀胱炎を繰り返さないためには?予防と自力で治す方法

膀胱 炎 治す に は

Contents• 膀胱炎は自然治癒できる? そもそも、膀胱炎は自然治癒することができる病気なのでしょうか? 膀胱炎の原因は様々ですが、中でも細菌性のものはその細菌をやっつけるまでは治ったとは言えません。 細菌が膀胱内で繁殖し、• おしっこすると痛くてたまらない• 残尿感やムズムズが酷くて寝れない• 寒気や腹痛で歩くのもつらい• 血尿が出ている このような症状まで悪化している場合、自然治癒で治そうと思うのは危険です。 できるだけ早く病院へ行きましょう。 では、膀胱炎は自然治癒できない病気なのかというと、そうとも言い切れません。 「ほっといても治った!」という人もいるのは事実です。 このような人たちがどうして自然に治ったのかというと、同じ膀胱炎でも、それが 初期症状だったからです。 膀胱炎は、 初期症状であれば自然治癒することができる確率が高いのです。 初期症状がどのようなものかというと、• いつもよりトイレが近い気がする• なんとなく下腹部がモヤモヤする• おしっこする時少し痛いような違和感がある• トイレのあとスッキリしない気がする こういった、いつもとちょっと違うな、と気付く程度のものです。 これ以上症状が進んでいるときは、悩まずに早めに病院へ行ってくださいね! 膀胱炎を自然治癒する方法は? 膀胱炎の初期症状を感じたら、自然治癒するためにすぐできる方法があります。 水分をたくさんとって菌を押し流す まずはできるだけ水分を摂りましょう。 そしてどんどん尿を作りましょう。 まだ菌が繁殖していなければ、尿と一緒に身体の外へ押し流すことができます。 飲み物は、 常温の水や白湯がおすすめです。 緑茶やほうじ茶など温かいお茶も利尿作用があり効果的です。 身体を温め冷やさないようにする 身体が冷えると、 免疫力が落ちたり血行が悪くなったりして症状が悪化してしまう可能性があります。 温かい飲み物、靴下やブランケットなどで、身体を温めるようにしましょう。 夏はタオルを腰に巻くだけでもお腹周りを温めることができますし、すぐに冷えをとりたい場合は冷えている部分をドライヤーの温風で洋服の上から温めることもできます。 あまり温めすぎると汗をかいてしまい、逆に汗が引くときに身体が冷えてしまうので注意しましょう。 たっぷりと睡眠をとる 心身の疲労やストレスは膀胱炎の大敵です。 ストレスをため込まないよう、自分の好きなことをしたりリラックスする時間を作ることや、ゆっくりと深い睡眠をとることも重要です。 疲れた身体と心の状態を回復するために、しっかりと睡眠をとりましょう。 スポンサーリンク 膀胱炎の自然治癒にかかる期間は何日くらい? このように膀胱炎の初期症状を感じてすぐに対処を行った場合、 1~2日で良くなる人もいれば、徐々に症状が緩和されて2週間ほどで元気になった、という人もいます。 ですがこれはあくまで初期症状の場合です。 規則的な生活を心がけ、上記の対策をしても全然良くならない・・・という人はすぐに病院へ行きましょう。 治らないけど悪化もしなくて一ヵ月くらいモヤモヤした感じが続いている、という人の話を聞いたことがありますが、 自覚症状がなくても膀胱炎が進行していることもあります。 (細菌が腎臓まで上がってくると腎盂腎炎という病気になることもあります) もっと早く病院に行っていれば・・・と後悔することのないように、変だなと思ったらきちんとお医者さんに診てもらってくださいね! おすすめ関連記事.

次の

病院行かなくても、膀胱炎を2日で治す方法

膀胱 炎 治す に は

・膀胱炎とは? 膀胱炎は、膀胱に炎症が起きる病気です。 その多くは細菌が尿道を逆上って膀胱に入り、膀胱内で増殖することによって生じます。 女性が膀胱炎になりやすいのは、尿道が短いため、細菌が膀胱内に侵入しやすいから。 細菌の侵入と増殖が原因で起きる膀胱炎(単純性膀胱炎)以外に、ウイルスや排尿障害・前立腺肥大・尿路結石・腫瘍などに起因して生じるがあります。 複雑性膀胱炎の場合、感染原因や治療方法は単純性膀胱炎とは全く異なり、まずは根元にある疾患の治療が必要です。 ・膀胱炎の症状は? 膀胱炎の症状としては、以下のようなものが挙げられます。 以前よりも明らかにトイレが近くなった(頻尿)• 排尿時、特に終わりのタイミングで下腹部が痛む• 残尿感がある• 血尿が出る 膀胱炎の初期症状として顕著なのが、トイレに行く回数の増加です。 また、排尿時に下腹部にツーンとした痛みを感じるようになったり、残尿感が強くなったりします。 さらに症状が進むと、痛みがひどくなったり尿が濁ったり血尿が出たりすることもあります。 ・異常を感じたらどうすればいいの? 膀胱炎が疑われる症状が出ていても、つい見て見ぬふりをしてしまう方もいるかもしれません。 また、膀胱がんや膀胱結石などの別の病気が隠れていることも。 このような重大な病気を招いたり見逃したりしないためにも、排尿時に違和感を覚えたら、できるだけ早くクリニックを受診するようにしましょう。 最近ではドラッグストアでも膀胱炎の市販薬を購入できるので、そういったもので対処する方もいるかと思います。 もちろんそれで症状が治まることもありますが、膀胱炎の背後に他の病気が隠れている場合や複雑性膀胱炎の場合には、市販薬の服用では治りません。 本当に膀胱炎なのかどうかを調べるためにも、クリニックで検査を受けることをおすすめします。 高熱や背中や腰の強い痛み・吐き気・全身のけん怠感・脱水症状といった症状が出る。 ・クリニックでの胱炎治療とは? クリニックで膀胱炎治療する際は、まずは尿検査で尿中の白血球濃度を測定します。 白血球数が多いと尿路の炎症が疑われるので、抗生物質の投薬による治療を行います。 膀胱炎のほとんどは菌に感染したことで生じるため、菌を死滅させる抗生物質の投与によって、数日間で症状は治まっていきます。 抗生物質の投与で症状が改善しなかった場合には、膀胱炎以外の病気や複雑性膀胱炎の可能性も疑われます。 再度検査をした上で、適切な治療を行います。 なお、「治ったかな」と自己判断をして、抗生物質の服薬を中止することはやめましょう。 症状が改善されたように思えても、まだ膀胱内の炎症が治まっていなかったり細菌が残っていたりすることがあるため、処方された分のお薬は最後まできちんと飲むようにしてください。 膀胱炎を予防するためには、「膀胱内に菌を入れないようにすること」、そして「膀胱内で菌を増殖させないようにすること」が大切です。 そこで、以下の3点に気をつけてみてください。 水分をたくさん摂って、尿を出す 膀胱内の細菌は、尿とともに体外に排出されます。 細菌を膀胱内に残留させないために、水分をたくさん摂って尿をきちんと出すようにしましょう。 体の抵抗力を落とさないようにする 抵抗力が低下していると、膀胱内で細菌が増殖しやすくなります。 難しいかもしれませんが、抵抗力を保つためにも、精神的ストレスや睡眠不足・過労はできるだけ避けるように心がけてください。 陰部を清潔に保つ 排便時は、肛門やそのまわりに大腸菌をはじめとする細菌が付着しやすくなります。 大便を紙で拭く際は、後ろから前に拭くと細菌が尿道に入りやすくなりますので、前から後ろへと拭くようにしましょう。 また、おりものシートや生理ナプキンはこまめに取り換えましょう。

次の

膀胱(ぼうこう)炎の特徴と治療法(急性膀胱炎、慢性膀胱炎、間質性膀胱炎)

膀胱 炎 治す に は

まず、膀胱炎とはどんな病気なんでしょうか。 主に尿道から大腸菌などの細菌が入ることが原因で起こり、その細菌が膀胱内に萬栄することで炎症を起こしてしまう病気です。 症状としては、頻尿、排尿痛、残尿感、ひどくなれば血尿、陰部の痛み、腹痛、発熱、腰痛も出現してきます。 膀胱炎の初期症状としては頻尿、排尿痛がありますが、この時点では自然治癒も不可能ではありません。 それでは、自力で治す方法をお話していきましょう! まず 一つ目、 たくさん水分補給をすること。 水をたくさん飲むことによって尿をこまめに出し、 膀胱内の細菌も尿とともに流しだす方法です。 二つ目、 トイレに行くことを我慢しないこと。 せっかく水分補給をしっかりしているのに、排尿を我慢していると菌を排出できません。 お仕事などで席をはずすことが難しい場合もあるかもしれませんが、できるだけ我慢しないようにしてくださいね。 三つ目、 身体を温めること。 膀胱炎は、免疫力が落ちるとなりやすいと言われています。 そこで、身体を冷やさず温めることで免疫力アップです! また、 睡眠時間も十分取り、規則正しい生活をすることも免疫力アップにつながります。 生活習慣の見直しも大切ですね。 スポンサーリンク 四つ目、 デリケートゾーンを清潔に保つこと。 排尿後、トイレットペーパーで拭くときは前から後ろに拭いて、尿道に細菌が入らないようにしましょう。 何をするにしても、デリケートゾーンを清潔に保つようにしてください。 五つ目、 漢方を飲むこと。 猪苓湯や五淋散、清心蓮子飲といった漢方は、膀胱炎に効果があると期待されています。 これらを飲用する場合は、医師や薬剤師に一度相談してみることをおすすめします。 六つ目、 市販薬を服用すること。 今では市販薬も豊富で、膀胱炎に作用すると言われているお薬も多用に販売されています。 購入の際は、薬局の薬剤師さんに相談の上、購入してくださいね。 七つ目、 クランベリージュースを飲むこと。 酸っぱくて日本人には馴染みがないかもしれませんが、 クランベリーには細菌付着防止・増殖防止作用、利尿作用があると言われています。 クランベリーの他にも利尿作用を高める食材、例えばブルーベリー、ヨーグルト、玉ねぎなどもあるので、積極的に食べたいところですね。 最後に、八つ目、膀胱炎に効くと言われている ツボを押すこと。 中極(おへそより指4本分下へ下がったところ)、気海(おへそより3センチほど下のところ)、腎兪(肋骨の一番下の先端と同じ高さのところ)が膀胱炎に効くと言われています。 これらのツボを押すことで、血行不良を改善し、老廃物を血管に流してくれる効果が期待されています。 是非試してみてください!.

次の