ギプス シャーレ。 ギプスが取れた。そしてリハビリ1回目(長編)。 : 今日も今日とて。

ギプスの点数と算定の仕方、レントゲン下で整復を見破ろう 医療事務向けレセプト算定技術 病名略語でレセプトチェックしよう

ギプス シャーレ

ギプスをつけているとき・手術したとき 療養中の注意点と快適に過ごすためのポイントを紹介します。 患部を高くあげる(挙上) 骨折部の周辺は、炎症による腫れと、固定して動かせないためにむくみが生じます。 むくみ対策の基本は、患部を心臓よりも高くあげる(挙上する)ことです。 上肢(腕や手)・下肢(脚や足)の骨折では、固定した部分から先をできるだけあげ、腫れがひくのを促して末梢(手や足)がむくむのを防ぎましょう。 とくに夜眠るときは、枕やクッションをあて、心臓よりも高い位置にあげます。 下肢の骨折では、日中もときどき横になり、脚をあげるとむくみが改善します。 ギプスの縁などがあたって、血行を妨げないよう、枕やクッションのあて方を工夫しましょう。 スキンケア こんなときは診療所・病院に連絡を ギプス固定中はギプスの中を直接見ることができないので、痛みなどの感覚、ギプス周辺や末梢の皮膚の様子を観察して、ギプス内でトラブルが起こっていないかどうかチェックします。 次のような場合は診療所・病院に連絡しましょう。 痛みがだんだん強くなる• 腫れなどのためにギプスがきつい• ギプスがあたる場所がありつらい 縁、内部• 手足の場合、末梢が冷たくなったり、紫色になったり、感覚が鈍くなったりしたとき• 指など、動かせていたところが動かせない 場合によっては、ギプスを一度はずして中の状態を確認し、新たに固定し直す必要があります。 ギプスがあたっている皮膚に傷ができたり、神経が圧迫されていたりすることもあるので上記のような症状があるときは遠慮なく診療所・病院に相談しましょう。

次の

ギプス固定中の過ごし方

ギプス シャーレ

スポンサーリンク 骨折した場合の治療方法は固定することによって行っていきます。 基本的な治療は固定して安静にして行っていきます。 痛みが強い場合には痛み止めを使用することもあります。 動かさなければほとんど痛みが出ないことも多いです。 ギブスの種類についてお話していきましょう。 まず治療方法ですが上述したように固定して安静にすることによって行います。 また骨の変形やズレがある場合には手術をする場合もあります。 切開手術だけでなく、医師の手によって骨のズレを修正する徒手整復を行うこともあります。 基本的にはズレなどがなければ真っすぐにくっつきます。 その際に固定する方法としてギブスなどを使用して行っていきます。 ギブスというのは正式にはギプスと言います。 最近ではグラスファイバーで出来ており、強く軽い濡れても壊れないということでグラスファイバーが使用されています。 昔は石膏を使用していましたが、現在では細かい部分にのみ使用することがほとんどです。 スポンサーリンク ギブスの種類にはグラスファイバーで完全に覆ってしまうギプス、他にはシーネとシャーレがあります。 シーネというのは添え木のようなものでギブスを半分に切った形をしています。 これは骨折だけに使用するものではなく捻挫などの治療にも使用することがあります。 シーネと言ったら添え木と覚えておけばよいでしょう。 シャーレというのはギブスを半分に切ったものです。 半分に切断して患部を挟み込むように固定します。 治療の過程でがっちりと覆う必要がなくなった場合に使用されます。 これらのギプスを作るために使用されるのがギプス包帯です。 これは塗る湯につけることによって患部に巻き付けて固めていきます。 このように種類というのはいくつかありますが基本的に治療で使用するのは完全に覆うギブスです。

次の

骨折の治療法

ギプス シャーレ

ギプスとシーネは、なんとなく似ているので覚えるまでに結構時間がかかったりします。 一度覚えてしまえばわかるけど、自分で理解するまで算定するときにいつも混乱してしまう項目ですよね。 先日もこのようなツイートをしました。 ギプスとシーネ… いつになっても苦手な算定項目です😓 使う材料によっても算定方法が異なってくるので迷ってしまうときもありますよね。 可能な状況であれば、仕入れ業者さんに保険請求方法を聞いてみるのもアリかもしれません。 また、シーネの意外と知らないかもしれない算定方法についてもまとめていきます。 単純な骨折や捻挫、脱臼、筋肉、腱や靭帯の損傷、血管や神経などの保護、術後創部の保護などで比較的短期間に用いることが多いです。 シーネは、木・金属板・針金みたいなやつ、プラスチックの副木やギプスなどが材料にもちいられています。 一般的には、はしご状の針金に包帯を巻いたラダーシーネ、アルミ板にウレタンを貼り付けたアルミシーネを多く使用しています。 ギプスとは 簡単に言えば、 傷病部位をガチガチに固めるものです。 足の捻挫、靭帯損傷においてもシーネ固定で安静保持することができない場合や、強固な固定が必要な場合は医師の判断によりギプスを用いることがあります。 ギプスとシーネの使い方(巻き方)の違い 2つの大きな違いとしては、 受傷部位への巻き方になります。 それらについて、使い方も含めて説明していきます。 シーネの使い方 受傷部位の 一部に、添木として特定保健医療材料などのアルフェンスなど(添木として使用する材料)を巻きつけて 簡単な処置に使うことが多いです。 それぞれの算定方法 医療事務にとっては、算定方法が一番重要なところかと思います。 先に注意点をあげると、 算定方法は使い方や巻き方とは別になります。 では、どのような算定方法かというと、メインは 使った材料で判断して算定します。 例を挙げていきますね。 例1:【巻き方】ギプス固定 + 【材料】ギプス材料 【巻き方】ギプス固定 + 【材料】ギプス材料(ガチガチになるやつ)を使った場合 = ギプスで算定。 これは結構分かりやすい例かと思います。 ギプス材料はオールワンスプリントやGRスプリントなど 例2:【巻き方】シーネ固定 + 【材料】添木材料 【巻き方】シーネ固定 + 【材料】添木材料 = シーネ固定で算定(創傷処置+特定保健医療材料(添木の材料)) これもよくあるパターンですよね。 例3:【巻き方】シーネ固定 + 【材料】ギプス材料 【巻き方】シーネ固定 + 【材料】ギプス材料 = ギプスで算定 (処置の内容としては、ギプス材料を棒状で固めて、それを添え木の役割として使用している場合です) これが結構な割合で間違えて算定しているのではないかと思われる例ですね。 簡単に言えば、固定方法+ 使った材料 の 『使った材料』だけを見ていけばよいのです。 シーネ固定をギプスで算定する根拠 シーネ固定で、なぜギプスが算定できるのかと疑問に思われたり、この算定情報怪しいと思われる方もいらっしゃると思いますが、実はこれ、ギプス材料を販売している業者さんのホームページの商品情報のところに載っていたりするんですよね。 ちなみに、こんな感じでホームページに載っています。 参考 それでも信じられないと思う場合は、直接ギプス材料を販売している業者さんの担当に算定方法を聞いてみるという手段もあります。 私はよく業者さんに算定の方法を問い合わせします。 業者さんにとっては迷惑なんでしょうが・・・ まとめ ギプスの算定自体は簡単なので、そこまで気にしない部分かとは思います。 しかし、 シーネ固定は材料によって算定方法が異なってくるので注意が必要ですね。 ギプスやシーネの算定方法は検索すればでてくるけど、材料のことまで載っているサイトはあまりないように感じました。 これを機会に、医療材料を販売している会社のホームページを見てみるのも面白いかもしれませんよ。

次の