納税 猶予 国税庁。 新型コロナウイルスで収入減少!納税猶予制度を活用しよう【手続き方法】

身近な税 : 財務省

納税 猶予 国税庁

新型コロナウイルス感染症に関する対応等について ご自宅等から各種手続ができます 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に関連して、税務署にお越しいただかなくてもご自宅等から行うことができる国税の各種手続を掲載しています。 税務署の執務状況 新型コロナウイルス感染症に関連した税務署の執務状況について掲載しています。 新型コロナウイルス感染症に関するFAQ このFAQでは、新型コロナウイルス感染症に伴う申告手続や納付手続などに関するよくあるお問合せとそれについての一般的な回答を掲載しています。 (全般的なお問合せ)• (申告・納付期限の期限延長手続)• 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策における税制上の措置 新型コロナウイルス感染症及びそのまん延防止のための措置の影響により厳しい状況におかれている納税者に対して、緊急に必要な税制上の措置のうち、国税に関する措置の情報を掲載しています。 納税の猶予制度の特例• 欠損金の繰戻しによる還付の特例• テレワーク等のための中小企業の設備投資税制• 文化芸術・スポーツイベントを中止等した主催者に対する払戻請求権を放棄した観客等への寄附金控除の適用• 住宅ローン控除の適用要件の弾力化• 消費税の課税選択の変更に係る特例• 特別貸付けに係る契約書の印紙税の非課税 納税が困難な方へ 新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時に納付することが困難な場合の納税の猶予制度について掲載しています。 確定申告関係 新型コロナウイルス感染症に伴う申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限の延長に関する情報等について掲載しています。 納税証明書を取得される方へ 納税証明書の取得や税金の納付についてのご案内を掲載しています。 酒類事業者等の方へ 新型コロナウイルス感染症に関する対応等について(酒類事業者等向け情報)• 税理士試験関係• 国税の納付はダイレクト納付、インターネットバンキング等による電子納税、クレジットカード納付などが可能です• その他• 関連リンク•

次の

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ|国税庁

納税 猶予 国税庁

2020年04月20日 新型コロナの影響を受けた事業所等の納税を1年猶予<国税庁> 国税庁は、新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時に納付することができない場合、税務署に申請すれば、法令の要件を満たすことで、原則として1年以内の期間に限り、納税を猶予するとして、所轄の税務署へ相談するよう呼び掛けている。 また、新型コロナウイルス感染症に感染した場合など、個別の事情がある場合にも、納税の猶予が認められる場合もあることを明らかにしている。 上記の要件とは、 1 国税を一時に納付することにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれがあると認められること、 2 納税について誠実な意思を有すると認められること、 3 換価の猶予を受けようとする国税以外の国税の滞納がないこと、 4 納付すべき 国税の納期限から6ヵ月以内に申請書が提出されていること、 5 原則として、担保の提供があること(担保が不要な場合がある)、の全てに該当することとしている。 2019年分の申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の確定申告は、延長された2020年4月16日が納期限となる。 既に滞納がある場合や滞納となってから6月を超える場合であっても、税務署長の職権による換価の猶予が受けられる場合もある。 猶予が認められると、原則、1年間猶予が認められ、状況に応じて更に1年間猶予される場合がある。 猶予期間中の延滞税の一部が免除され、財産の差押えや換価(売却)が猶予される。 また、新型コロナウイルス感染症に納税者や家族が感染して医療費や治療費等がかかる場合を始め、事業所で社員が感染し、消毒作業で備品や棚卸資産を廃棄した場合や、感染の影響で事業をやむを得ず休廃業した場合、感染拡大で利益が減少等し、著しい損失を受けて国税を一時に納付できない場合など、新型コロナウイルス感染症に関連するようなケースに該当する場合は、納税の猶予が認められる。 猶予が認められると、やはり原則、1年間猶予が認められ、猶予期間中の延滞税の一部が免除される。 国税庁では、納税が困難な場合は、気軽に所轄の税務署(徴収担当)に相談するよう呼び掛けている。 納期限の前からでも相談でき、申請に当たって必要な書類があるので、事前に所轄の税務署(徴収担当)に電話して、必要な書類を確認すると申請の手続きがスムーズに行えると注意を喚起している。

次の

国税クレジットお支払サイト

納税 猶予 国税庁

<要件>• 国税を一時に納付することにより、事業の継続又は生活の維持を困難にする恐れがあると認められること。 納税について誠実な意思を有すると認められること。 猶予を受けようとする国税以外の国税の滞納がないこと。 【参考】 申請が認められた場合、 原則1年間の納税猶予、期間中の延滞税の軽減や財産の差し押さえ等が猶予されます。 具体的には、令和2年における延滞税の軽減は年8. 9%の割合が年1. 6%の割合に軽減 されます。 さらに、 新型コロナウイルス感染症に納税者(家族を含む)が罹患された場合など、新型コロナウイルス感染症に関連するなどして次に掲げる個別の事情に該当する場合は、 延滞税が軽減又は免除されます。 <個別事情>• 災害により財産に相当な損失が生じた場合。 本人又は家族が病気にかかった場合。 事業を廃止し、又は休止した場合。 事業に著しい損失を受けた場合。 【参考】 納税猶予申請書の書き方の説明 納税猶予を受けるためには、を所轄税務署長に提出しなければなりません。 納税の猶予申請書には、申請者の住所又は氏名(名称)、申請年月日、法人番号(法人の場合)、納付すべき国税の種類、猶予を受けようとする金額、一時に納付することができない事情の詳細、納付計画、猶予期間、担保の有無などを記載します。 納税猶予の特例制度 前述した制度より条件等が緩和されたが施行される予定となっております。 (関係法令が国会で成立することが前提) 特例が適用になれば、1年間、国税の納税が猶予される上担保提供や延滞税も免除されます。 対象となる方• 新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1カ月以上)において事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。 一時に納税を行うことが困難であること。 対象となる国税 令和2年2月1日から同3年1月31日までに納期限が到来する所得税、法人税、消費税等ほぼすべての税目(印紙税除く)が対象です。 申請手続等 関係法令の施行から2カ月後、又は、納期限のいずれか遅い日までに申請が必要となります。 申請書(現在準備中)、収入や現預金の状況が分かる資料を提出しますが、提出が難しい場合は口頭にて確認します。 また、 が施行される予定となっており、税目については、 個人住民税、法人県民税、法人市民税、固定資産税などほほ全ての税目が対象となります。 社会保険料の納付の猶予制度 社会保険料についても、上述した国税等と同様に1年間の納付猶予制度があります。 次のいずれかに該当する場合であって、厚生年金保険料等を一時的に納付することが困難なときは、管轄の年金事務所へ申請することにより、納付の猶予が認められる場合があります。 財産について災害を受け、又は盗難にあったこと。 事業主又はその生計を一にする親族が病気にかかり、または負傷したこと。 事業を廃止し、又は休止したこと。 事業について著しい損失を受けたこと。 納付の猶予が認められるとその 期間中の延滞金の全部又は一部が免除されます。 また、社会保険料の納付の猶予についても、 特例制度が成立すれば猶予期間中に生じる延滞金や担保の差し入れも不要になる見込みとなっております。 まとめ 納税の猶予制度は一定の期限までに申請する必要がありますので、 期限までに必ず申請をするようにしましょう。 また、コロナウイルスの影響で資金繰り等に不安がある方は、積極的に納税猶予制度を活用して延滞税を軽減することにより、自社の財務基盤の強化を図りましょう。 【参考資料】.

次の