ウィン スロー 孔 ドレーン。 照林社

腹腔ドレーンの排液の観察ポイントって何?

ウィン スロー 孔 ドレーン

ウインスロー孔ドレーンの挿入場所について知りたい|ハテナース ウインスロー孔ドレーンは、孔状の空間に挿入されるため、位置がずれたりしにくいという利点があります。 【2】術後合併症の早期発見 ウインスロー孔ドレーンは、その排液・性状から術後合併症の観察として大切な項目です。 ・ウインスロー孔ドレーン管理 ・左横隔膜下ドレーン管理 ・膵上緑ドレーン(膵周囲ドレーン) ・ngチューブ・経鼻胃管 変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。 細かいことでも結構です。 こうだったかもでも結構です。 名前は ウィンスロー孔とダグラス窩ってどこ?腹腔ドレーン留置の目的 … ウィンスロー孔とは?ウィンスロー孔ってどこの位置? ウィンスロー孔とは、網嚢孔ともいいます。 このウィンスロー孔はお腹の中にできる 隙間 です。. 腹腔の最下部にあるため、体液が溜まりやすいため消化器の術後ドレーンに適しているた めここによくドレーンの挿入にされます。 ・肝切除術後の右横隔膜下ドレーン ・胃切除後のウインスロー孔ドレーンs状結腸切除術後のダグラス窩ドレーン. 術後の出血や縫合不全を早期発見することを目的に挿入されます。 ですが、縫合不全などの術後合併症を早期に発見でき、適切な処置にもつながることから、胃切除後にドレーンを留置するケースは少なくあり また、排液が減ったと思ったら、ドレーンが屈曲していることもあります。 体位の変化によっても量が変化するので注意が必要です。 縫合不全で漏れる液体の術式による違い. 胃全摘術では左横隔膜下やウインスロー孔にドレーンが留置されます。 縫合不全 ウインスロー孔ドレーンの排液について教えてほしい|ハテナース 私は看護学生です。 実習前の事前課題があります。 膵頭十二指腸切除における2日目時点でのウインスロー孔ドレーンの排液の正常所見と異常所見が分からないので教えてください。 ドレーンの目的は、手術後に切除した部分に死腔ができその部分に 体液が貯留しやすいため ドレーンを留置して 排液 を行います。 例えば、胃全摘手術を行った場合はウィンスロー孔に腹腔ドレーンを留置しますが、ダグラス窩などには留置しません。 ウィンスロー孔【ナース専科】 ウィンスロー孔とは、肝十二指間膜の背側で網嚢腔の入り口である。 胃全摘術後や幽門側胃切除術後などにウィンスロー孔にドレーンを留置して、膵液漏出の確認や縫合不全の把握を行うためのインフォメーションドレーンとして活用する。 ウィンスロー孔 ドレーンからの正常な排液は、100ml ドレーンの排液について伺います。 ウィンスロー孔のドレーンが挿入され、腹水があります。 術後7日が経過しますが未だに排液量は1l。 性状は漿液性です。 ここで問題になるのは脱水だと思うの ですが看護 … ウィンスロー孔 ウィンスロー孔は、腹腔内の最背部にあるため、体液が溜まりやすく、またドレーンが固定されやすいため、ドレーンの挿入に適している。 ドレーンは、術後の出血、縫合不全、感染などの腹腔内の情報を得たり、体液のドレナージを目的として留置される。 腹腔ドレーンの挿入部位. 術後に死腔ができる部位に液体が貯留しやすいため、その部位に留置します。 腹腔ドレーン挿入部. 肝右葉と横隔膜の間に留置. 脾臓と横隔膜の間に留置. 正常な経過をたどれば、術後血液や浸出液は徐々に量が減ってきます。 腹腔ドレーン 1 目的と挿入部位|見てわかる!看護技術 ドレーンの挿入部位. 右横隔膜下 左横隔膜下 ウィンスロー孔 胃・十二指腸と肝臓の間には、 小網 という膜があり、胃の下部から腸前面には、 大網 という膜が垂れ下がっている。 この間の隙間がウィンスロー孔。 医療 — 看護学生です。 ウィンスロー孔と臓器の位置関係がわかる解剖図が載ってるサイトを教えてください 「ウィンスロー孔、J-VACドレーン」に関する質問 消化管切除術直後、ウィンスロー孔にj-vacがはいっている患者さんで横隔膜下にもj-vacが入っていたのですが。 ドレーンが屈曲・閉塞しないように固定する。 自然抜去や迷入などが起きないように、また患者が苦痛にならない部位で、患者の状況に応じた方法で固定する。 5 管理法 開腹術後の腹腔内のドレーンの管理と目的とその種類 ドレーンの分類と目的 噴門側切除術後の、ウィンスロウ孔からの排液量の正常な量の基準値を教えてください! 術後から抜去するまでの量の変化はどのくらいあるのでしょうか?至急です。 ヨロシクお願いします 噴門側だろうが幽門側だろうが全摘だろう 投稿ナビゲーション.

次の

看護師向け|術後のドレーン排液の色と性状の変化、対処法を一覧で解説!

ウィン スロー 孔 ドレーン

看護大学の教員です。 「学生です」とかかれると、教員としてそのまま答えを書くのは憚られますので、ヒントにとどめておきましょう。 ドレーンを入れる目的は通常ドレナージとモニタリングですよね。 ・・・例えば一時間に数百mlも出血があったら異常、というか、生命の危機かも。 何がドレナージされるのでしょうか? どうしてドレナージされるものが出てくる・増えるのでしょうか? ・・・これが術式や挿入部位・種類などによって変わるから一概に言えないわけです。 手術をしない状態(正常な状態)で、もし腹腔ドレーンを入れたとしたら、出てくるものはあるのでしょうか? ・・・これと術後の状態との差をみることになりますよね。 腹部の手術も色々あるわけで、単純に数値を覚えるだけでは後々大変ですよ。 はっきり何日とか何CCとかいえませんが、出ないに越した事は無いですよね。 どこのなんの手術とか、術式にもよってくるし。 実習中で、特定の患者さんがいるなら、看護師に聞けば優しい人なら教えてくれるけど、大抵は自分で調べなさいって言われるし。 へたしたら「あの学生は自分で調べもしないで聞いてばっか」なんて言われちゃうし。 聞くときは疾患とか術式とかも踏まえてある程度調べて「この場合はこうですけどこの方のこう言う場合はわからなかったのでどうでしょうか?」みたいに聞くと「勉強してるのね」と思われて教えてもらえやすいです。 でもこの質問の答えは難しいです。 ドクターと話せる機会ありますか?ドクターに聞ければきっと優しく教えてくれますよ。 でも、やっぱり術式やドレーンの入ってる場所にも寄るので、対象の患者さんがいればその人についてですが。 学生さんが質問してくるのは喜ばれます。 なかなか話せないと思いますがそんなに怖くないですよ。 でもあまりドクターに話かけすぎると看護師に目をつけられるかも。 学生って大変ですよね。 回診につけるならその時の医師と看護師の会話に気をつけてみてください。 熱が出て抗生剤が出たり、処置が増えたら良くない事です。 回答としては一概には言えません。 ということではっきりしなくてすみません。 勉強・実習がんばって!! Q 婦人科系の手術をしました。 「部分麻酔」で術中から痛みがありました。 その時も、本当に痛いから「痛い痛い」と言っていたら先生に「あなたほど痛みに弱い人も珍しいね」などと言われてしまいました。 それはいいとして、20日経った現在、切った部分はもちろん腹部が全体的に痛い感じがします。 場所によって違う痛みで切った部分はキリキリ、それ以外の部分は筋肉痛みたいな我慢の出来る程度の痛みです。 退院診察の内診でお腹を押された時も、痛くてこわばっていたら「ちゃんと見れない。 もういいや。 」と言われたりしたので、なんとなく主治医の先生には質問もしずらいのです。 普通の人は、開腹手術後どの位で痛みが無くなるのでしょうか。 知っている方がいらっしゃったらどうぞ教えて下さい。 私がおかしいのかと悩んでいます。 A ベストアンサー こんにちは 術後の痛みは不安ですよね 実は私も昨年12月に婦人科系の手術で子宮を摘出しました 私の場合手術は下半身麻酔で(腰椎麻酔)手術室に入る前に緊張を和らげるための注射もされたので 手術中の記憶は殆どなく当然痛みもありませんでした 手術室から出る時に先生から声をかけられて覚醒するといった感じです 頭痛もなくすっきりと目覚めたのでおそらく 麻酔の量や対応がとても上手だったのだと思います 術後は2、3日 痛み止めの注射を背中に打たれていたので切った後の痛みもそれ程意識する事もなく どちらかというとその注射のせいで一日ウトウトして眠っているような感じ 実際に退院後、痛みを完全に意識しなくなったのはやっぱり1ケ月位たってからでしょうか しばらくは 何をするのも恐々で 少し動くと体力ないし お腹を切ったので腹筋も落ちて(もともとあんまりないんだけどね)腰が痛くなったりしました 寒い日などはお腹が突っ張ったような感じで トイレが近いとお腹がポンと膨れたりしましたよ 日にち薬で 日毎に楽になると思いますが あんまり 痛みが酷い様なら 先の方が書かれた様に看護士さんとかに聞いてみると良いかと思います 個人差はあると思いますが 普通は段々と気にならなくなると思いますので・・ 手術中に痛みがあったのは 素人考えですが 麻酔の量が少なかったからかなとも思います でも、麻酔の量が少ない方が体力の回復が早いとも聞きますよ どちらにせよ まだ20日ですから焦らずに ゆっくり休養なさってください あんまり無理しては 体力が回復していないのだから後で堪えますよ 身体にメスが入ったのは間違いないのだから ご自愛くださいね ちなみに私は今術後4ケ月以上過ぎましたが 今は殆ど気になりません 今は手術のレベルも上がっているので 傷跡もそれ程目立たないようですね こんにちは 術後の痛みは不安ですよね 実は私も昨年12月に婦人科系の手術で子宮を摘出しました 私の場合手術は下半身麻酔で(腰椎麻酔)手術室に入る前に緊張を和らげるための注射もされたので 手術中の記憶は殆どなく当然痛みもありませんでした 手術室から出る時に先生から声をかけられて覚醒するといった感じです 頭痛もなくすっきりと目覚めたのでおそらく 麻酔の量や対応がとても上手だったのだと思います 術後は2、3日 痛み止めの注射を背中に打たれていたので切った後の痛みもそれ程意識す... A ベストアンサー 私の文章が悪かったようです。 白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。 字が似ていて混乱するのはやむを得ません。 腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。 そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。 と言い換えることができます。 「肝腫瘤」という言い方はあまりしません。 また、「肝臓についている」という表現を拝見すると誤解なさっているようです。 肝臓の内部にかたまり状の病変があるときは、「肝内に腫瘤を認める」という表現をします。 というような例文が正しいのです。 私の文章が悪かったようです。 白血病を除く殆どの腫瘍は腫瘤を形成します。 字が似ていて混乱するのはやむを得ません。 腫瘤という呼び方をやめて、単に「かたまり」と言い換えてもいいでしょう。 そうすれば、腫瘍と区別するとかしないとか考えずに済みます。 と言い換... Q 5日前に胆嚢炎&胆石で入院し、翌日経皮的胆嚢ドレナージを行いました。 翌日午後に医師から食事の許可がおりましたが、本人が不安で同意しなかったため、手術後3日後の昼食からの食事となりました。 食事は野菜や照り焼きチキンなどのおかずもでていたのですが、おもゆの上澄みのみ採りその後処方されていた、(おそらく消化を助けるものと思われる)漢方薬を飲用しました。 しばらくは、食事もおいしかったと言っていましたが、その後トイレに間に合わず水様便だということで絶食になりました。 ドレナージ後、食事はとれるように医師から聞いていたのに、痛みが発生してから5日も絶食の上、上記のような状態で今後の回復が心配です。 ドレナージ後に食事がとれなくなることがあるのでしょうか? 他に、一人でいる間は手術後から酸素をつけたままで、熱は37度少しの微熱ですが、氷まくらをし、見た目はかなり重病人のようにしていますが、面会時には酸素をはずしても普通におしゃべりし、元気そうにしています。 つけている管から出る液もにごりもなく綺麗な状況です。 今後、回復を待って胆嚢全摘の手術も予定しており、ドレナージ後は比較的早く回復するように聞いていたのですが、様子が違うので心配です。 本人は、神経的なものも弱く、心配性で、このまま寝たきりになって食事もとれなくなると思い込むようにまでなっています。 なんとか安心させてあげたいのですが、何が原因で食事がとれないのかもわかりません。 ドレナージをされた方や、何でも参考になることがあれば教えていただければ助かります。 よろしくお願いします。 5日前に胆嚢炎&胆石で入院し、翌日経皮的胆嚢ドレナージを行いました。 翌日午後に医師から食事の許可がおりましたが、本人が不安で同意しなかったため、手術後3日後の昼食からの食事となりました。 食事は野菜や照り焼きチキンなどのおかずもでていたのですが、おもゆの上澄みのみ採りその後処方されていた、(おそらく消化を助けるものと思われる)漢方薬を飲用しました。 しばらくは、食事もおいしかったと言っていましたが、その後トイレに間に合わず水様便だということで絶食になりました。 ドレナ... A ベストアンサー 最後の文面「何でも参考になることがあれば・・」に胸打たれ、思わず回答のボタンを押しました。 私の意見が少しでも力になれるなら嬉しいです。 まず、経皮経肝胆嚢ドレナージ術 以下PTCD というのは「根治療法」ではなく「姑息的治療」です。 姑息=つまり一時しのぎの治療なわけです。 言葉の印象が悪いですが、いい加減な治療をしているというわけではありませんよ。 胆嚢炎の場合、あなたが書かれている通り最終的な治療目標 =根治療法 は手術です。 しかし術中・術後の合併症発生のリスクを考えると、炎症の極期にこれを行うことはできません。 そこでPTCDを施行することにより感染胆汁を速やかに排出し、炎症症状 発熱や疼痛等 を緩和し、また血液データを改善させた上で手術にもっていこうというのがこの治療の意義なわけです。 そういう意味で、根治療法にもっていくための「一時しのぎ」であり、このチューブは近々抜去することを前提に挿入しているわけです。 見た目が派手なので、ぱっと見はかなりの濃厚治療をしているように見えますけどね。 一口に胆嚢炎と言っても程度はさまざま。 胆嚢炎になったからと言って誰もがお腹にチューブを入れられるわけではありませんよね。 私の少ない経験から言っても、抗生剤の点滴をして脂肪制限食を食べて安静をとってもらうことで、治って笑顔で退院される方が大多数です。 そういう意味ではあなた のご家族? はもともとの状態が少々重症であったということができるように思います。 そういった重症の胆嚢炎に対しPTCDを行うと多くの場合劇的に症状や血液データが好転します。 主治医の説明でも比較的早く回復するという話があったようですが、確かに比較的早く回復するという印象を、少なくとも医師達は持っています。 恐らくあなたの主治医が使った「比較的」という言葉は、私が実際に自分の担当する患者さんに説明する時に用いる「比較的」と同じ意味合いなのだろうなと思います。 要は、PTCDをした方が良いと思われる患者さんにこれを行わなかったことを考えると、その自然経過で予想される重篤さから比べてはるかに劇的な改善を得られるという印象を我々は持っているのです。 確かに本当にチューブを入れたとたんスルスルと良くなって、数日でチューブが抜けるという方もおられますが、もともとの強い炎症のために改善が遅かったり、チューブが胆嚢の壁を押して胆汁が抜けにくかったり、時にはチューブを入れた場所に二次感染を起こしてそちらがこじれたり、皆が皆一筋縄でいくわけではありません。 治療方針を疾患ごとにコンピュータに入力しておいて、「胆嚢炎」と入れれば治療の方法が出てきてそれで治るのなら医者が治療するよりコンピュータが治療した方がよっぽど正確でしょう。 しかし一人として同じ人がいないから、医者は考え、患者さんに向き合うのです。 そこに医師の存在価値があるのだと私は思っています。 私はあなたの書かれた文面からしか判断することができませんが、排出胆汁もきれいになっているということですし、病床で普通に会話が出来るようになり 更に笑ったりできるのだとすればかなり疼痛も改善しているはずです 、微熱程度で経過しているのなら、そうは言ってもまだ入院してから一週間足らずですから、ひとまずPTCDについては「やって良かった」と言えるのではないでしょうか。 PTCDという手技は誰もができる手技ではありません。 非常にデリケートな技術を要求される特殊な手技です。 PTCDをしたほうが良いと思っても、すぐに「PTCDするから用意して!」と言える医師はそれほど多くはありません。 良い主治医にめぐり合うことが出来て本当に良かったですね。 あなたが重症胆嚢炎の患者さんとして、このまま順調に経過すれば恐らく勝ち組に入れそうなのは、最初にその病院に飛び込んだことが最大の勝因かもしれません。 逆に近くの開業医の先生がとっさの判断でその病院を紹介したのだとすれば、限られた医療設備の中で的確な判断を下したその開業医の見立ての良さは賞賛に価するものだと思います。 少々話がずれるかもしれませんが、折角良い医者にめぐり会えたのだから、是非その主治医とコミュニケーションを深めては如何でしょうか?私がいくらこのように長々と自分の考えを述べても、実際に診察していない私は、あなたの主治医にはどう転んでも太刀打ちすることができません。 先ほども述べたように我々の診ている相手は一人として同じ人はいません。 だから私はあなたの主治医以上にあなたのことを知り得ない。 私の書いていることは一般論に少々自分自身の経験のエッセンスを加えた域を出ない。 だからあなた自身の病状に対して「大丈夫です」とも「厳しいです」とも断言することは出来ません。 その上で藁をもすがる気持ちで書かれたのであろう質問に胸打たれて回答を書きました。 でも今度はその主治医の先生に、藁になってもらおうではありませんか。 その先生を藁にできるかどうかはあなた自身にかかっています。 私が気休めの言葉をいくら書いても、酸素マスクが取れなかったり、微熱とは言え熱が引かなければ不安でしょう?そんなの不安にかられるに決まってます。 医者である私でも同じ立場に置かれたら「何で熱引かないのぉ~」って心細くなること請け合いです。 自分の病状に対して不安になることは決して恥ずかしいことではないし、主治医の治療方針に背く事でもありません。 その不安を押し殺して「先生にお任せします」と言ってしまったり、またはそう言わせてしまう雰囲気が病院の空気にあること 大きい病院ほど顕著ですね 、更にその不安を知らないために信頼されていると医者が思い込んでしまうこと、そんな関係は患者さんにも不利益ですし、医者にとっても不利益です。 あなたの主治医はあなたの事を毎日考えて、その考えのもとにあなたに対して治療を行っています。 ですからその考えのもととなる根拠を沢山持っているわけです。 採血データの経過を追い、熱が下がらない理由も探っている どこが熱源か?熱は細菌によるものかそれ以外か?細菌だったら何菌なのか?などなど はずだし、酸素マスクも何らかの理由があって装着しているわけですから、その理由や現在の経過や状態を判断している根拠を是非聞いてみてください。 医療不信の多くは「任せてたのに」裏切られた、という気持ちが根底にあって発生するのだと私は思っています。 医者がお医者様であった時代は終わり、医者に命を預けるという時代は終わりました。 あなたが主治医に対し、また主治医があなたに対して、病気というたった一つの敵に相対する戦友として同等の立場でコミュニケーションを取る事で、あなたの不安の多くが解消されると私はそう思っています。 話がそれましたね。 胆嚢炎と食事制限について。 そもそも胆嚢と言うのは、肝臓で作った胆汁を蓄え、濃縮するただの袋です 「いらない」と言っては言いすぎかもしれませんが、手術で摘出してもあまり大きな問題がない臓器です。 では胆汁というのは何か?胆汁は食事として摂取した脂肪分を包み込んで体に吸収させるための消化液です。 消化液と言うからには食事の通り道、すなわち胃腸に流れ出ないと役に立ちませんね。 上でも少し述べたとおり、胆汁は胆管を通って腸に流れ出るように出来ています。 胆汁は黄色い色をしているのですが、便が黄色く着色しているのは胆汁が健康に腸に流れ出ている証拠なのです。 これを踏まえて胆嚢と食事の関係に戻りましょう。 食事を摂取すると、胆嚢は胆汁を効率よく腸に分泌して食べ物を消化してやろうとして収縮を始めます。 これが正に胆嚢炎の患者さんに食事制限や脂肪制限をする理由になります。 胆嚢炎の状態で胆嚢が収縮すると痛いのです。 また、胆石でせき止められるなどの理由で胆汁が効率よく腸に分泌されないと、脂肪の吸収が落ちます。 つまり腸の中に脂肪分が吸収されないまま残るわけです。 すると腸の壁にワックスを塗るが如く、便を肛門に向かって滑るように押し流していきます。 このような理由で脂肪便=下痢便が生じるというメカニズムです。 ですから、あなたが今困っている症状は案外一義的に説明することが出来ます。 もう少し改善を待ってみても良いのではないでしょうか。 最後に胆石と手術について書いて解答を終わります。 胆石がある人の殆どは「無痛性胆石」といって、胆石はあるが別に何ともない人です。 ですから、胆石があるというだけでは手術の理由になりません。 しかし、この胆石が理由と思われる胆嚢炎や胆管炎を起こしてしまった場合、私を含め殆どの医者は手術をお勧めすると思います。 それは今後同様にして胆石による胆嚢炎を再発する可能性が高いからです。 中には「またなったらなった時」と言って手術を拒否して退院される患者様もおられます。 そのあたりはその胆嚢炎の程度、患者さんの手術に対する考え、予想される再発率などなど加味して相談の上決定しています。 例えば胆管炎を起こした人で、炎症の治癒後も小さい胆石がコロコロ胆嚢内にあるようなら、 胆嚢の中でコロコロしている内は良くても またそれが胆管に流れ出て細い胆管をつめてしまう可能性が高い。 そういう患者さんに対しては、どうしても手術を勧める目に力が入ります。 今回のあなたの胆嚢炎は少々程度が強かったようですので、やはり私が主治医でも、落ち着いたら最終的には手術までもっていきましょうとお話をすると思います。 以上、長くなりましたが、最後まで読んで頂いて有難うございました。 もし、この書き込みで少しでも不安な気持ちに光をさすことが出来たとしたら、それ以上の喜びはありません。 正に医者冥利に尽きるっちゅうやつです。 この正月は残念ながら病院暮らしですね ま、立場は違いますが私も病院暮らしなのですけど。 でも何年後かには笑って話せる良い思い出になることでしょう。 その思い出話をする時には「そう言えばインターネットに書き込みしたら、だらだら回答書いたヒマな医者が居たねぇ~。 どこのどんな人か知らないけど!」くらいには思い出して下さいね。 一日も早い退院の日が来ることをお祈りしております。 最後の文面「何でも参考になることがあれば・・」に胸打たれ、思わず回答のボタンを押しました。 私の意見が少しでも力になれるなら嬉しいです。 まず、経皮経肝胆嚢ドレナージ術 以下PTCD というのは「根治療法」ではなく「姑息的治療」です。 姑息=つまり一時しのぎの治療なわけです。 言葉の印象が悪いですが、いい加減な治療をしているというわけではありませんよ。 胆嚢炎の場合、あなたが書かれている通り最終的な治療目標 =根治療法 は手術です。 しかし術中・術後の合併症発生のリスクを考えると、炎症の... A ベストアンサー 人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。 手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。 到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。 従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。 ・前方アプローチ これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。 この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行いますので、この肢位が術後にも脱臼肢位となるのです。 いわゆる前方脱臼となります。 ただ、これは非常に不自然な肢位ですので、日常生活では余り心配することはありませんが、足を後ろに残して体を反らすようにしてこけそうになったときなどがこれに当たります。 ・後外側アプローチ これは太ももの外側からおしりにかけて切開を加え、大転子の後方から股関節に進入する方法です。 この方法では下肢を屈曲・内旋して股関節の操作を行いますので、この肢位が術後の脱臼肢位となります。 いわゆる後方脱臼となります。 しゃがみ動作など、日常生活でもしばしば見受けられる肢位ですので、注意が必要です。 どちらも、股関節の構造上、外転は脱臼しにくいと思います。 内転はどちらの術式でも脱臼誘発肢位に近くなります。 外転枕を使うのは通常、後外側アプローチです。 あと、膝に関してですが、膝はよほどの靭帯機能不全がない限り、術後脱臼というのがほとんどありません(膝蓋骨脱臼は以前よく見受けられましたが)。 従って、禁忌肢位というものもほとんど提唱されていません。 強いて言うならば、枕挙上などで屈曲していると、術後リハビリで屈曲拘縮が起こりやすいと言う事から、枕挙上を嫌ったり、挙上時には膝伸展位を保持するようにする医師もいます。 以上、ご参考になれば。 人工股関節手術には現在、手術のアプローチ(切開方法)がポピュラーなものとして2通りあります。 手術アプローチは股関節までの到達方法に関わります。 到達のために切開を加えた組織は解剖学的強度が落ちますので、その部分が術後脱臼の好発ルートとなるのです。 従って、アプローチによって術後の脱臼危険肢位が異なるわけで、当然、禁忌体位も異なるのです。 ・前方アプローチ これは太ももの外側に切開を加え、大転子の前方から股関節に到達する方法です。 この際、下肢を伸展、外旋させて関節の処置を行い... Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q 3週間前に子宮頸がんで開腹手術をしました。 8時間の全身麻酔でおへその上から、20cmくらい切っています。 術後のぽっこりと出たお腹が改善されません。 もともと腹筋は有る方でした。 術後、胸の下(胃の部分)から下腹部までキューピーもしくは妊婦のようにぽっこりとかなりお腹が出てしまいました。 術後数日は誰も気にしていなかったのですが、さすがに一週間もした頃から、看護師さんに「こんなにぽっこりしてたっけ」と言われ、その後先生に聞いたら「筋肉が緩んでしまったせい」と言われました。 予定より早く2週間で退院したのですが、直前に、一向に凹まないお腹を気にしていたら、先生がエコーをみてくれ、炎症でもリンパ液でもないと判断してくれました。 体重は術前より1キロ減って、でもお腹の体積はかなり増えています。 看護師さんにも筋肉が緩むだけでこんなにも体積が増えるのか疑問に思っている人、何が入っているんだろうねという人、腸は動いているけど・・・ぜんぜん凹まないねという ナドナド 3週間たった今でも全く改善されず段々腹にすらならないくらいぽっこりです。 これは普通なのでしょうか。 腸の働きが弱くなっていたということで、ツムラの漢方を毎食前に飲んでいます。 これのせいかわかりませんが、日に何度か、キューっと絞られるような痛さに襲われます。 排便前は息ができないくらい痛いこともあります。 これも先生には話したのですが、下痢のときの痛さの様と言ったせいかあまり重要視してもらえませんでした。 関連しているのかわかりませんが、このぽっこりお腹は「普通」まだ暫くは当たり前の症状なのでしょうか。 3週間前に子宮頸がんで開腹手術をしました。 8時間の全身麻酔でおへその上から、20cmくらい切っています。 術後のぽっこりと出たお腹が改善されません。 もともと腹筋は有る方でした。 術後、胸の下(胃の部分)から下腹部までキューピーもしくは妊婦のようにぽっこりとかなりお腹が出てしまいました。 術後数日は誰も気にしていなかったのですが、さすがに一週間もした頃から、看護師さんに「こんなにぽっこりしてたっけ」と言われ、その後先生に聞いたら「筋肉が緩んでしまったせい」と言われました。

次の

看護師向け|術後のドレーン排液の色と性状の変化、対処法を一覧で解説!

ウィン スロー 孔 ドレーン

この本の内容• Part 1 疾患別のギモン• 1 食道がん• VATSやHALS って何?• 術中にステロイドを投与するのはなぜ?• 胸部の手術創は右側だけでも、左右両側に胸腔ドレーンが入っている場合があるのはなぜ?• 術後に肺の合併症が多いのはなぜ? どうすれば予防できる?• 2 胃がん• 幽門側胃切除の場合、ドレーン挿入部はウィンスロー孔と吻合部後面どちらでもいいの?• ドレーン排液のアミラーゼ測定を行うのはなぜ?• 胃全摘術後に左胸水がたまることが多いのはなぜ?• 胃がんの術後に飲水や食事開始が遅いのはなぜ?• 3 大腸がん• どのようなときに術前の抗菌薬を内服するの?• 経肛門ドレーンは何のために挿入するの?• 直腸の術後に膀胱留置カテーテルを抜去するのが遅いのはなぜ?• ERAS って何?• 4 イレウス• 閉塞性イレウスで金属音が聞こえるのはなぜ?• 吐物やイレウス管排液の色が、透明、黄色、緑色、茶色などさまざまなのはなぜ?• イレウスの際に、経鼻胃管を挿入する場合とイレウス管を挿入する場合があるのはなぜ?• イレウス管は鼻で固定するほうがいいの?• 5 ヘルニア• 鼠径ヘルニアの除毛はどれくらいの範囲に行えばよい?• 鼠径ヘルニア手術で、鼠径部を切開する場合と腹腔鏡を用いる場合があるのはなぜ?• 異物であるメッシュを入れても感染しないの?• 6 腹膜炎• 腹膜炎を看護師でも簡単に見きわめられる所見は?• 腹膜炎が疑われる患者に対して、水分を与えてはだめなの?• 7 消化管出血• 食道静脈瘤出血時のEVLとEISはどう使い分けているの?• ENBDやPTCDのチューブ内に空気が入るとよくないの?どのような点に注意して観察したらいいの?• 減黄術を行うと便の色はどうなるの?• 肝臓と胆道系の血液検査の項目にはそれぞれどのような意味があるの?• 8 炎症性腸疾患• 潰瘍性大腸炎の治療法はどうやって決めるの?• クローン病の治療法はどうやって決めるの?• クローン病でエレンタールを用いるのはなぜ?• 血球成分除去療法(CAP)って何? 注意すべきことは?• 9 慢性肝炎・肝硬変• 腹水穿刺において腹水はどれくらい排液できるの? 注意点は?• 「食後の安静臥床」にエビデンスはあるの?• 肝硬変患者の便秘予防に、普通の緩下薬ではなくラクツロースを使用するのはなぜ?• 10 肝がん• 手術、RFA、PEIT、TAEなど治療法はいくつかあるけれど、どのように決めているの?• 肝生検後に安静が必要なのはなぜ?• 11 胆道炎• ERCPの2 〜3時間後に採血するのはなぜ?• 閉塞性黄疸の内視鏡的胆道ドレナージと経皮経肝胆管ドレナージは、どのように使い分けているの?• PTCD、PTGBD挿入後に安静が必要な理由は?• メラサキュームなどの吸引で、持続吸引や間欠吸引などの設定はどのように決めているの?• 12 膵臓がん• 膵管チューブの完全ドレナージと不完全ドレナージは、どう違うの?• 膵管チューブの排液は、術直後は少なく、徐々に増えるのはなぜ?• 膵頭十二指腸切除後にドレーン排液のアミラーゼ値を測るのはなぜ?• 膵液瘻になるとドレーン排液がワインレッド色になるのはなぜ?しばらくすると灰色に変わる理由は?• 13 急性膵炎• 急性膵炎のときに血ガスを調べるのはなぜ?• 大量輸液を入れたり、膀胱留置カテーテルを入れたとき、循環動態に注意するのはなぜ?• 急性膵炎治療の栄養補給の際、経口摂取ではなく経鼻栄養チューブを用いるのはなぜ?• Part 2 内視鏡のギモン• 14 内視鏡検査・治療• 内視鏡検査時の絶飲食はいつから?• 検査時に抗血栓薬を止める場合と止めない場合があるのはなぜ?• 内視鏡検査時にブチルスコポラミンを使うのはなぜ? 禁忌は?• 内視鏡検査時に前投薬を行うのはなぜ?• Part 3 ケアのギモン• 15 周術期管理• 術前の喫煙がよくないのはなぜ?• 指輪は絶対に外すべき? 外れない場合はどうすればよい?• ジェルネイルはどうすればよい?• 患者が過去に使っていた弾性ストッキングを持ってきた。 今回の手術で使ってもいいの?• 16 ドレーン管理• 自然排液のドレーンと陰圧をかけるドレーンの違いは?• メラサキュームなどの吸引で、持続吸引や間欠吸引などの設定はどのように決めているの?• ドレーン排液が少し混濁していても、様子をみてもよいと言われることがあるのはなぜ?• 腹水が腹腔内に残っていてもドレーンを抜去していいの?• 17 疼痛管理• NSAIDs投与後2時間経っても痛みが強い場合、鎮痛薬を追加してもいいの?• 痛みの閾値が低い患者には、どのように対応すればよい?• NSAIDsは薬剤によって効き目が違うの?• 胃痛を訴える患者には、NSAIDsは使うべきではないの?• 18 栄養管理• NSAIDs投与後2時間経っても痛みが強い場合、鎮痛薬を追加してもいいの?• 痛みの閾値が低い患者には、どのように対応すればよい?• NSAIDsは薬剤によって効き目が違うの?• 胃痛を訴える患者には、NSAIDsは使うべきではないの?• 19 創傷管理• 創部のドレッシング材はいつまで貼っておくの?• 術後のシャワー浴はいつから行ってもよい?• 脂肪壊死と創感染の違いは?• 創部洗浄には生理食塩水? それとも水道水?• 20 ストーマケア• マーキングしたところにストーマが造設できないのはどのような場合?• 一時的ストーマと永久ストーマの違いは?• ストーマをつくっても肛門から排液がある。 これって正常?• ストーマ装具は種類がたくさんあるけれど、何が違うの?•

次の