サラゴサ 対 スポルティング ヒホン。 スポルティング・デ・ヒホン

みんなのNEWSウォッチ

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

1941-42シーズンから3シーズン続けてセグンダ・ディビシオンで優勝して昇格プレーオフに出場し、1943-44シーズン終了後には初めて(1部)昇格を決めた。 1970年代後半と1980年代前半にはクラブの黄金期を迎え、リーグ戦とカップ戦()で優勝を争った。 1970年代にはがプリメーラ・ディビシオンで3度得点王()のタイトルを獲得し、1981-82シーズンと1982-83シーズンには2シーズン連続でコパ・デル・レイ準優勝を果たした。 また、1977-78シーズンから1997-98シーズンまで21シーズン連続でプリメーラ・ディビシオンに在籍し、この期間中にはに6度出場した。 ラウンド32に4度、ラウンド16に2度進出しており、直近の出場は1991-92シーズンである。 1997-98シーズンは無残な成績でセグンダ・ディビシオン降格となり、1998-99シーズンから2007-08シーズンまでの10シーズンはセグンダ・ディビシオンでプレーした。 2007-08シーズンはセグンダ・ディビシオンを3位で終え、11シーズンぶりのプリメーラ・ディビシオン昇格を果たした。 2008-09シーズンは開幕戦から5試合で20失点を喫したが、その後は強豪のやに勝利するなど健闘した。 降格もやむなしと思われたが、34節まで引き分けゼロという攻撃サッカーを貫き、14位で残留を決めた。 敗戦数はリーグ最多タイ、失点数は断トツでリーグ最多だった。 2011年4月2日の戦 1-0 に勝利し、監督が続けていたホームで9年間負けなしという記録を途切れさせた。 クラブカラーと紋章 [ ] スポルティング・ヒホンの旗 クラブ創設当初から赤と白の縦縞のユニフォームを着用している。 現在、赤と白のユニフォームを着るとは1909年まで青と白のユニフォームを着ており、赤と白の縦縞でプレーしたのチームはスポルティング・ヒホンが最初である。 この配色はヒホン市の公式旗に由来しており、ヒホン市の公式旗は1845年に誕生したヒホン沿岸州の旗に由来している。 古い歴史を持つ多くのクラブと同じく、当初はユニフォームにいかなるバッジも付けていなかったが、1920年代に初めて公式バッジが採り入れられた。 それは伝統的に盾の形(逆三角形)をして3つのセクションに分けられ、クラブと市を象徴している。 1931年から1936年までの中は丸い盾の形をしており、最上部の王冠は城壁冠に変えられた。 現在のバッジは逆三角形をしており、赤と白の縦縞が施され、その中央に金色でS(SportingのS)とG(GijonのG)の文字が配置されている。 最上部には国王の庇護の象徴である王冠を置いている。 クラブの公式旗は縦横2:3の長方形で、赤と白の9本の横縞(一番上と一番下は赤)で構成されている。 中央右寄りにクラブのロゴがデザインされている。 サポーター [ ] たいていのホームゲームでは、大部分の席はシーズンチケット購入者か、21,000人いるソシオと呼ばれるファンクラブ加入者で占められる。 これらのソシオ以外に、スペイン国内外に240以上のファンクラブ(クラブが認知している公式のもののみ)がある。 2008-09シーズンの1試合平均観客数は21,491人であり、リーグで10番目に多かった。 スポルティングイスタス Sportinguistas と呼ばれるサポーター集団がある。 スペインのクラブの中でもっともクラブに対する忠誠心があり、アウェー戦に多く詰めかけ、活発なサポーター集団のひとつであると広く認識されており 、試合では素晴らしい雰囲気を作り上げる。 スポルティングイスタスに続くサポーター集団としてはラ・マレオーナ La Mareona がある。 2008年6月にヒホン市で行われたプリメーラ・ディビシオン昇格を祝うイベントには約30万人が詰めかけた。 練習場と下部組織 [ ] 1978年3月28日にエスクエラ・デ・フトボル・デ・マレオ(通称マレオ)という名前の練習場が完成し、下部組織も同名のマレオと呼ばれている。 練習場としてのマレオは市街地から7kmの距離にあり、112,000m 2の広さを誇る。 マレオではトップチームの練習と下部組織のチームの試合が行われている。 現在、マレオには8つのグラウンドがあり、屋内練習場や医療センターを備えた建物も併設している。 スポルティング・ヒホンの下部組織は優れた選手を数多く輩出することで知られている。 1968年にトップチームデビューしたFWはプリメーラ・ディビシオンで3度、セグンダ・ディビシオンで2度得点王()のタイトルを獲得し、を経てスポルティング・ヒホンで現役引退した。 1984年にはGKがトップチームデビューし、1999年までスポルティング・ヒホン一筋であった。 アブラネードはスペイン代表キャップこそ少ないが2度のに出場している。 MFは1989年にトップチームデビューし、その後はFCバルセロナとでプレーした。 ルイス・エンリケと同じく1989年にトップチームデビューしたDFは、やはりルイス・エンリケと同じく優勝メンバーのひとりであり、2度のFIFAワールドカップに出場した。 FWは2000年にトップチームデビューし、やFCバルセロナなどで活躍している。 スペイン代表として出場したとで得点王に輝いた。 最高位 2位 : 1978-79• 最高位 2位 : 1981 , 1982• 優勝5回 : 1943-44, 1950-51, 1956-57, 1969-70, 1976-77 個人タイトル [ ] ピチーチ賞 [ ]• : 3 1973—74, 1975—76, 1979—80• : リカルド 1956—57 , ソラバッリエタ 1966—67 , 2 1969—70, 1976—77 サモラ賞 [ ]• : 3 1984—85, 1985—86, 1989—90• 42シーズン• 47シーズン• 6度出場 欧州の成績 [ ] シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー 合計 1978-79 1回戦 3-0 0-1 3-1 2回戦 0-1 1-1 1-2 1979-80 1回戦 0-0 0-1 0-1 1980-81 1回戦 2-1 1-3 3-4 1985-86 1回戦 1-2 0-0 1-2 1987-88 1回戦 1-0 0-3 1-3 1991-92 1回戦 2-0 0-2 2-2 3-2 2回戦 2-2 0-1 2-3 現所属選手 [ ] 2019年7月19日時点 No. Pos. 選手名 1 4 5 7 9 10 11 13 14 15 16 17 No. Pos. 選手名 18 20 21 22 24 25 -- -- -- -- -- ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 4 7 14 20 No. Pos. 選手名 25 -- -- out No. Pos. 選手名 -- -- No. Pos. 選手名 -- 歴代会長 [ ] 2010年8月25日時点• アルセルモ・ロペス・サンチェス 1905-1915• フェルナンド・キロス 1915-1917• マヌエル・ゴンサーレス・リエラ 1917-1919• エンリケ・ギサソーラ・マルティネス 1919-1921• イスマエル・フィガレード・エレーロ 1921-1928• ロベルト・G・デ・アグスティーナ 1928-1930• ペドロ・ガルヌング・ポルティーリャ 1930-1934• エミリオ・トゥージャ・ガルシア 1934-1935• フェリクス・ギサソーラ 1935-1938• ペドロ・ゴンサーレス・デル・リオ 1938-1940• セクンディーノ・フェルゲローソ 1940-1945• フアン・ベラスコ・ネスプラル 1945-1946• ヘスス・フェルナンデス・エルナンデス 1946-1947• ホセ・マリア・フェルナンデス・アルバレス 1947-1948• セクンディーノ・フェルゲローソ 1948-1949(2度目の就任)• パウリーノ・アントン・トレスパラシオス 1949-1954• ホアキン・アロンソ・ディエス 1954-1955• エウスタキオ・カンポマネス・ゴンサーレス 1955-1957• アレハンドロ・ピダル・ギルオウ 1957-1959• ラモン・ゴメス・ロサーナ 1959-1960• アウレリオ・メネンデス・ゴンサーレス 1960-1961• フランシスコ・キロス・ロドリゲス 1961• ビクトール・フェルゲローソ 1961-1967• アントニオ・ロイバス・デ・インサ 1967-1968• カルロス・メンデス・クエルボ 1968-1973• アンヘル・ビエホ・フェリウ 1973-1977• マヌエル・ベガ=アランゴ 1977-1986• ラモン・ムニョス・フェルナンデス 1986-1989• プラシード・ロドリゲス・ゲレーロ 1989-1992• エロイ・カルボ・カペリン 1992-1994• マヌエル・カルボ・プンピード 1994• ホセ・フェルナンデス・アルバレス 1994-19997• アンヘル・ガルシア・フロレス 1997-1998• ヘルマン・オヘーダ・グティエレス 1998-1999• フアン・アランゴ 1999-2002• マヌエル・ベガ=アランゴ 2002-(2度目の就任)• 1939-1942• 1942-1943• 1943-1944• 1944-1945• 1945-1946• 1946-1947• 1947-1948• 1948-1950• 1950-1951• 1951-1952• 1952• 1952-1954• 1954-1955• 1955-1956• 1956-1958• 1958-1959• 1959• 1959• 1959-1960• 1960-1961• 1961• 1961-1962• 1962-1966• 1966• 1966-1968• 1968• 1968-1972• 1972• 1972-1973• 1973• 1973-1975• Pierre Sinibaldi 1975-1976• 1976-1979• 1979-1980• 1980-1982• 1982• ヴヤディン・ボシュコヴ 1982-1984• 1984-1988• 1988-1989• 1989-1990• 1990-1992• Bert Jacobs 1992-1993• 1993• 1993-1995• 1995• 1995-1996• 1996• 1996• 1996-1997• 1997• 1997• 1997-1998• 1998• 1998• 1998-1999• 1999• 1999• 1999-2000• 2000• 2000-2001• 2001-2002• 2002-2003• 2003-2005• 2005-2006• 2006-2012• 2012• 2012• 2012• 2012-2014• 2014-2017• 2017• 2017• 2017-2018• 2018-2019• 2019-• SpanishFootball. info. 2011年5月24日閲覧。 Goal. com 2011年4月3日. 2011年10月6日閲覧。 Real Sporting. com. 2009年10月8日閲覧。 RealSporting. com. 2009年10月8日閲覧。 2009年10月8日閲覧。 2010年1月20日閲覧。 Goal. com. 2009年10月8日閲覧。 Goal. com. 2009年10月8日閲覧。 Lowe, Sid 2008年9月22日. London: The Guardian. 2009年10月8日閲覧。 Goal. com. 2009年10月8日閲覧。 Marca. 2009年10月8日閲覧。 RealSporting. com. 2010年8月25日閲覧。 RealSporting. com. 2010年9月21日時点のよりアーカイブ。 2010年8月25日閲覧。 外部リンク [ ] 公式ウェブサイト• 公式ウェブサイト• LFPによる公式紹介ページ• UEFAによる公式紹介ページ ニュースサイト• Futbolme• Marca• Canal Rojiblanco• Polish Site.

次の

香川真司、5試合連続の先発も前半で交代…。サラゴサは前半に退場者出し4失点で3連敗

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

Contents• サラゴサ試合日程 日時 対戦相手 9月22日 1:00 ルーゴ 9月30日 1:30 オビエド 10月4日 2:00 マラガ 10月6日 23:00 カディス 10月13日 23:00 ヌマンシア 10月17日 4:00 フエンラブラダ 10月21日 4:00 ミランデス 10月28日 0:00 スポルティング・ヒホン 11月4日 2:30 ラス・パルマス 11月11日 0:00 アルメリア 11月17日 5:00 アルバセテ 11月24日 0:00 ラージョ 12月1日 5:00 ジローナ 12月9日 0:00 デポルティーボ 12月15日 5:00 ラシン・サンタンデール 12月23日 0:00 ウエスカ 1月4日 5:00 スポルティング・ヒホン 1月15日 5:30 ラス・パルマス 1月19日 5:00 ミランデス 1月25日 5:00 ヌマンシア 2月3日 0:00 カディス 2月9日 5:00 フエンラブラダ 2月16日 5:00 エルチェ 2月20日 5:00 ミランデス 2月24日 0:00 デポルティーボ 3月1日 5:00 ラシン・サンタンデール キックオフは全て日本時間です。 サラゴサのテレビ放送は? サラゴサの試合はで中継されます。 よって、 スペイン2部を視聴するなら WOWOW一択です。 WOWOWはスペイン1部を毎節最大 5試合、スペイン2部を毎節最大 3試合放送しています。 スペイン2部リーグの3試合とは、もちろん 香川真司(サラゴサ)、岡崎慎司(ウエスカ)、柴崎岳(ラコルーニャ)を中心としたものです。 最近のサッカー中継においては、ネット配信サービスに押されがちなWOWOW。 しかし、WOWOWならではの強みもあります。 それは試合を 録画できること。 一旦録画すれば、解約後でも楽しめます。 私の場合、WOWOWで放送されたユーロ2016の試合を大量に録画し、今でもブルーレイにして大切に保管しています。 日本のスター選手が活躍の場を求め、かつてないほど注目を集めるスペイン2部リーグ。 その歴史的瞬間を録画に残しておくと、のちのち貴重な映像になるかもしれません。

次の

香川真司、2試合連続の先発も前半で交代…。サラゴサは前半に退場者出し4失点で3連敗

サラゴサ 対 スポルティング ヒホン

スペインセグンダディビジョン第20節スポルティングヒホンvsレアルサラゴサの試合予想です。 ここまで19試合消化し6勝8分5敗勝ち点26で9位につけているホームのスポルティングヒホン、対するアウェイのレアルサラゴサは4勝7分8敗勝ち点19で18位となっています。 このスペインセグンダディビジョンは本当にホームアウェイの差が顕著に出るリーグと私は思っています。 上位、下位ともにホームでいかに勝ちにいくか、そしてアウェイでいかに負けない戦い方をしていくかがラリーガ昇格への道となっています。 そんな戦い方基本だろと言われればそうですが、ホームアウェイあまり関係なく勝率でているリーグもありますし、ホームは圧倒的に勝率高いリーグも存在するのも事実です。 このセグンダディビジョンは基本に忠実というかホームチーム有利なリーグだと思います。 そんな中、スポルティングヒホンvsレアルサラゴサのスポルティングヒホン勝利の予想をしたわけですが、理由としては上記にかいた基本に忠実な戦い方をスポルティングヒホンが今シーズン行えている点、ここ直近のお互いの戦績に調子です。 スポルテイングヒホンはアウェイこそ1勝4分5敗となっていますが、ホームだと5勝4分とホームだと無敗です。 まさに典型的なチームです。 そしてホームだとここ2連勝中です。 アウェイのレアルサラゴサはホーム2勝5分3敗と勝ち切れてなくアウェイでみてみても2勝2分5敗と負け越しています。 さらにアウェイ戦2連敗、勝ち、2連敗と連敗中であります。 1勝をあげたのはヒムナスティックに勝利をあげていますが今シーズンのヒムナスティックはちょっと離されての最下位となっているのでここは勝利があたりまえと考えてもよいでしょう。 そこを機に連敗がきれればよかったのですがそこからまた連敗中ですので流れをきることにはならなかったのは痛いというか負の流れ継続中でしょう。 となるとここは、ホームで負けがなく、ホーム連勝中のヒホン有利ではないかと思います、 よってスポルティングヒホン勝利と予想します。

次の