退職 後 国民 健康 保険。 国保に未加入!過去にさかのぼって保険料を払わないで済むケースを確認

退職後の国民年金&国民健康保険の手続きに必要な書類は?手続きを忘れると負担がまとめてやって来る?!

退職 後 国民 健康 保険

国民健康保険以外は、それぞれ加入条件があります。 健康保険の被扶養者については別サイト「」をご参考ください。 ここでは「国民健康保険」と、「健康保険の任意継続」について解説します。 国民健康保険に切り替える 国保へ切り替える場合は、社会保険の喪失日(退職日の翌日)以降にお住まいの市区町村で手続きをします。 手続きには「身分証明書」と「印鑑」、また「退職日が確認できる書類」が必要な場合があります。 退職日が確認できる書類とは、「社会保険の資格喪失証明書」、または「雇用保険の離職票」などです。 但し、これらの書類を必要としない市区町村もありますので、手続き前にご確認されることをお勧めします。 「」に該当する方は年金証書も必要になります。 健康保険の任意継続に切り替える 健康保険には政府管掌の「協会けんぽ」と、企業等が運営する「健康保険組合」があります。 健康保険組合に加入の方が任意継続を希望する場合は組合へ申請します。 ここでは協会けんぽの任意継続について解説します。 任意保険の手続きは 退職日から20日以内に行う必要があります。 これを過ぎるといかなる理由があっても手続きを拒否されますのでご注意ください。 任意継続は社会保険の管轄です。 手続きを行う際は、お住まいの住所地を管轄するで、「健康保険任意継続被保険者資格取得申出書」、また扶養家族がいる場合は「健康保険被扶養者届」を提出します。 任意継続に切り替える為には、在職中の社会保険加入期間が2カ月以上あり、退職日から20日以内である方に限られます。 「国民健康保険」と「任意継続」はどっちがいいの? 保険としてのサービス内容はどちらも一緒です。 どちらがいいかは「 保険料の違い」で判断することになります。 以下のページをご参考ください。 ・ ・ ・ なお、退職後は健康保険の切り替えと同時に、 国民年金の切り替えも必要です。 国民年金の切り替えについては、当運営者サイトの「」で解説しています。

次の

退職後の国民健康保険の保険料を調べる計算方法

退職 後 国民 健康 保険

日本では、国民皆保険制度(こくみんかいほけんせいど)といって、すべての国民が勤務先の社会保険、または国民健康保険のいずれかの医療保険に加入することが義務付けられています。 勤務先で社会保険(健康保険、厚生年金)などに加入している方は問題ありませんが、退職後や離婚などで扶養から外れた後に国民健康保険に加入せず、 未加入のままという人もいると思います。 その国保に未加入の人が気になるのは 「未加入期間の保険料はどうなるか?」ではないでしょうか? 例えば、次のようなケースです。 ・途中で国保に加入した場合は、未加入期間の保険料も請求されるのか? ・就職して社会保険に加入したときに、国保未加入期間の保険料は請求されるのか? ・結婚して扶養に入るときに、国保未加入期間の保険料は請求されるのか? ・就職するときに、就職先や市区町村にバレるか? そこで今回は、 「国保未加入期間の保険料の扱い」と 「未加入期間の保険料を支払わないで済むケース」を市役所の国保担当課で確認してみましたので、よろしければ参考にしてみてください。 国保未加入期間の保険料はどうなる? 日本では、国民皆保険制度(こくみんかいほけんせいど)といって、すべての国民が勤務先の社会保険または国民健康保険のいずれかの医療保険に加入することが義務付けられていますので、退職後または扶養から外れたあとに(現在も)国保に加入していない人は、(本来は)すぐにお住まいの市区町村で国保に加入する必要があります。 「わかってはいるけど、、、、保険料が高いから払えないよ~」ということで、国保の加入を躊躇している人もいると思います。 確かに、保険料を支払うは 国保の加入手続きをした月からではなく、退職した月(勤務先の健康保険の資格を喪失した月または扶養から外れた月)からとなりますので、未加入期間が長ければその分保険料も高額になります。 (さかのぼって支払うことになるからです。 ) ですが、 国民健康保険には時効があるのをご存知ですか? つまり、時効を過ぎている保険料については、請求されないことになっています。 そこで、まずは 「国保の時効」について確認していきましょう。 時効は下記のとおり、 国民健康保険 料と 国民健康保険 税で異なっています。 ) 例えば、東京都大田区の場合は「国民健康保険料」となっていますので、時効は2年です。 仮に、国保に3年間加入してない方が国保の加入手続きをすると、下の図のように2年間さかのぼって保険料を支払うことになり、残り1年分が時効となります。 時効で1年分は支払わなくて済むといっても、今から2年分を支払うのは負担が大きいですよね。 また、過去にさかのぼって保険料を納める必要もありません。 ご自身にとっても特に不利益になることはないので、そのままで大丈夫です。 」 という回答でした。 つまり、現在、国保に未加入の方で、このあと(未加入のまま) 「就職して勤務先の健康保険に加入する」または 「家族や配偶者の扶養に入る」ことができれば、今までの国民健康保険料はさかのぼって払わなくても良いということです。 ) さかのぼって保険料を払うことが難しいという方は、参考にしてみてください。 本来、国民健康保険は、74歳以下の方で、勤務先の社会保険などに加入している方、生活保護を受けている方以外は、必ず加入しなければいけません。 生活に余裕がなくても、国保に加入して保険料を支払っている方がいるということを忘れないでくださいね。 国保未加入が就職先にバレたらどうなる? 国保に未加入のまま就職をして、 「就職先に国保の未加入がバレたらどうなるか?」を心配している方もいると思いますが、ご安心ください。 基本的に会社は、入社後 「社会保険(健康保険・厚生年金など)の加入手続き」を行いますが、このとき国民健康保険の資格などを確認することはありません。 また、国民健康保険の脱退手続きも、社会保険の加入手続き後(保険証が発行されてから)、ご自身で行うため、会社に知られることもありません。 (私は総務部に所属していますが、新入社員の国保加入・未加入についてはチェックはしていません。 ) 最後に 現在、国保に未加入の方はご存じだと思いますが、国保に未加入の場合、病気やケガをして病院で受診したときの医療費は全額自己負担となります。 しばらく就職や扶養に入る予定がない方は、やはり国民健康保険に加入することをおススメします。 (義務でもあります。 保険料については、少しずつ分割で払うことも相談することができますので、よろしければこちらの記事も参考にしてみてください。

次の

退職後の国民健康保険料は、ひと月7万円以上も払うのが一般的ですか?|保険の無料相談・見直しなら保険クリニック【公式】

退職 後 国民 健康 保険

【もくじ】• 健康保険の種類 会社を退職した後に再就職しない場合や再就職まで期間が空いた場合の健康保険には大きく分けて2つ存在します。 任意継続健康保険• 国民健康保険 の2つになります。 任意継続保険 任意継続保険とは、会社を退職した場合に務めていた会社の健康保険を退職した後でも使える健康保険になります。 加入条件 退職日までに被保険者期間が継続して2ヶ月以上あること。 退職日の翌日から20日以内に手続きをすること。 保険料• 退職前に給与から控除されていた保険料の約2倍。 保険料率が変更される場合を除き、2年間は変わらない。 国民健康保険 退職した後に、任意継続健康保険に加入しない場合はこちらの国民健康保険になります。 住んでいる市町村で運営されています。 (あまり関係なさげ) 加入条件 任意継続以外の人はこれに入る義務があります。 保険料• 加入する生体の人数や、前年の所得に寄って決まる。 保険料の軽減制度がある。 住まいの市町村により保険料が異なる。 任意継続保険を選択した理由 そんなこんなで退職当時、任意継続保険を選択しました。 なぜかというと、国民健康保険だとものすごく保険料が高かったからです。 国民健康保険は前年 1月~12月 までの収入を元に計算されます。 国民健康保険を選択していた場合 退職したのが8月末で、残り9月~12月の3ヶ月間は前年 1月~12月 の収入を元に計算されます。 もちろん、この期間はバリバリ仕事をしていたので収入はそれなりにありました。 そのため、国民健康保険を計算したら任意継続保険よりも多くの金額を支払わなければいけませんでした。 前年 1月~12月 の収入が44,66,120円だったため、これを移住してた先の那覇市での健康保険に試算すると。。 1ヶ月あたり29,780円、つまり残り9月~次の年の3月までの7ヶ月間で208,460円支払わなければいけませんでした。 こちらの計算はを使わせてもらいました。 試算式をほぼ正確に計算してくれるのでかなり役に立ちます。 おすすめです。 手元に去年の源泉徴収票を準備して計算してみてください。 源泉徴収票の「支払金額」を の「給与収入」に打ち込み、年齢を設定し、「計算する」ボタンを押せば一発で計算してくれます。 任意継続保険にしていた場合 それに比べて、任意継続保険はいくらになるかというと退職するときの手続書類の中で、「あなたが任意継続保険を選択した場合の保険料はこちらです」という書類をもらいました。 そこにはこのように書いてありました。 1ヶ月あたり25,038円、つまり残り9月~次の年の3月までの7ヶ月間で175,266円支払わなければいけませんでした。 このように比べた結果、任意継続保険の方が約3万円ほどオトクであったため任意継続保険にしました。

次の